HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

知っておきたい退職金の安全な運用方法


老後貧乏にならないために。退職金の運用はリスクに要注意!

今では、退職金の額もあまり期待できない世の中になっています。

そこで、重要になってくるものが退職金の資産運用

退職金を効率よく運用することができれば、老後の生活や、家族との生活をより楽しいものにできるでしょう。

ただ、退職金は今後の生活に関わってくるものなので、好き勝手に運用できるわけではありません。

安全に退職金を運用するためにも、運用するときの注意点やポイント、おすすめの運用先について解説していきます。

このページで、退職金の安全な運用法を理解して、家族と良い生活を送りましょう!

では、早速見ていきます。





退職金を安全に運用するためのポイント


老後貧乏にならないために。退職金の運用はリスクに要注意!

退職金は今後の生活に関わってくるものなので、安全に運用したいと考えている方が多いでしょう。

一方で、資産運用するからには資産を増やさないと意味がありません。

そこでここからは、大事な退職金を安全かつ、利益も視野に入れた運用をするためのポイント3つを紹介していきます。


分散投資が基本


退職金などの資産を運用するときに基本となることは、資産を分散させて運用するということです。

もう少し詳しく説明すると、複数の金融商品に投資してリスクを分散させるということ。

ではわかりやすいように、集中投資と分散投資のリスクと安全性を比較していきたいと思います。

例えば、複数の金融商品に投資している分散投資の場合、仮に1つの金融商品の価格が下がったとしても、投資している他の金融商品の価格が同じくらい上がっていたら、全体的な資産を見た時損失にはなりません。

一方、投資している金融商品が1つの集中投資の場合、その金融商品の価格が大きく下がってしまうと、損失額も大きくなります。

このように、分散投資は集中投資に比べて、リスクを避ける投資法になるのです。

大切な退職金を運用するためには、安全面も考慮して分散投資を行っていきましょう。


損失を抑えることを念頭に


退職金の運用を考える時に重要なことの1つとして「増やすよりも減らさないこと」という考え方があります。

増やすことだけを考えた退職金の資産運用だと、ギャンブルのような運用になってしまうことがあるからです。

そのような事態になってしまった場合、一瞬で資産をなくしてしまう結末は目に見えていますね。

そのため、退職金を安全に運用するにはまず、老後の資金がいくら足りないのか、どれくらい増やしたいのか、という目標金額をはっきりさせることが先決です。

そのうえで、最適な金融商品を見つけていくことが、退職金の安全な資産運用の第一歩と言えます。


元本保証を考えすぎない


上記のように退職金の安全を考えることは、とても重要なことです。

そこで多く人は退職金の安全ということで、元本保証の金融商品ばかりに投資してしまうことがあります。

この元本保証はもとの資産が保証されているので、安全に退職金を運用するには魅力的なものです。

しかし、リスクばかりを気にしてしまい元本保証の金融商品ばかり選択していては、一向に退職金が増えることはありません

もとより、元本保証がある金融商品は利回りがとても低い金融商品なのです。

元本保証ありの利回りが低い金融商品の代表例は、銀行預金です。

銀行預金の金利は0.001%を切ってしまう時代なので、例え2000万円の退職金があり、銀行に1年間預けていたとしても、200円の利益にしかなりません。

退職金であれ、資産を運用する時には、安全性と利益のバランスが大切になってきます。

安全性が高く、利回りも良い金融商品に退職金を運用することが良いでしょう。

そこで次は、安全と利回りの関係について解説していきたいと思います。


安心と利益の相関関係


老後貧乏にならないために。退職金の運用はリスクに要注意!

退職金の運用には安全と利益のバランスが重要と上記では説明しました。

そこで、具体的な投資法の安全と利益の関係を見て行きたいと思います。

ここで自分に合った投資法を見つけるのも1つの案です。


安全は利益に反比例


投資の世界では、安全と利益は反比例の関係にあることが多いのです。

ここから、わかりやすいように具体的な投資法の安全と利益を比較していきたいと思います。

※利率は1年間の利率で計算し、おおよその平均値を取っています
投資法 安全度 利率 解説
銀行預金 S 0.10% 銀行に預けるお金
銀行の退職金運用プラン A 6.00% 投資信託と定期預金の
銀行運用プラン
投資信託 B 4.00% 投資を資産運用会社に
委託するもの
ヘッジファンド B 20.00% 独立系の資産運用会社に
委託投資するもの
C 5.00% 企業の株式の売買
FX D 20.00% 外国のお金の売買

上記の表を見てもらうと、ヘッジファンドを省き、安全度が高い投資法は利率が低いことが分かります。

簡単に言うと、安全と利回りは反比例しているということです。

銀行預金のように高い安全度がある投資法は、元本保証があります。

しかし、利率は低いのです。

一方、FXのように利率が高い投資法は、安全度は低くなっています。

退職金の運用は、この安全度と利率のバランスが取れた運用法を行うことで、効率よく資産を増やすことができるのです。

それはつまりこの表でいうところの、ヘッジファンドといったところです。

ヘッジファンドの安全度はBであり、なおかつ利率も20.00%と高い利益が望めます。

そこで、次ではそんな安全と利率のバランスが取れたおすすめの運用法である、ヘッジファンドについて解説していきます。


おすすめはヘッジファンド


老後貧乏にならないために。退職金の運用はリスクに要注意!

上記でも記したように、ヘッジファンドは安全と利益のバランスが取れたおすすめの退職金運用法です。

大事な退職金を安全に効率よく運用するためにも、ここからはしっかり理解していきましょう。

さて、早速ヘッジファンドの話に入っていきましょう。


ヘッジファンドと投資信託の違いは?


ヘッジファンドと投資信託の違いを完全に分かっている資産運用初心者の方はあまり多くありません。

そこで、ヘッジファンドがどのようなものか投資信託と比較して説明していきたいと思います。

ヘッジファンド 投資信託
対象投資家 富裕層、機関投資家、年金基金 一般投資家
投資金額 数千万円単位 1万円から
投資対象 株式などの伝統的資産や
金融先物、商品先物など
株式など伝統的資産
収益目標 絶対収益(利益優先) 相対収益
(株価によって収益が変わる)
レバレッジ 最大で10倍 無し

ヘッジファンドと投資信託の内容を比較すると、このようになります。

ではこの表を使って安全で高い利益が出るヘッジファンドを詳しく見ていきたいと思います。


失敗のリスクが低くて大きな利益


ヘッジファンドがなぜ、失敗のリスクが低くて大きな利益を狙うことができるのかといったことは、投資信託との収益目標の違いから読み取ることができます。

まず、「絶対収益型」のヘッジファンドは株価が下がっている時でも上がっている時でも利益を上げることができるもので、「相対収益型」の投資信託は経済指標が上がっている時だけに利益を上げることができるものです。

つまり、ヘッジファンドはどんな状況でも利益を優先するということが分かりますね。

攻撃は最大の防御というように、どんな時でも利益を優先することで、安全かつ高い利益を狙うことが可能になっています。

そして、最後にレバレッジについて説明します。

まずレバレッジがどういうものか説明しておきましょう。

レバレッジとは、元々小さい力で大きいものを動かすことをいいます。

投資でいうと、少額で大きい金額を動かすことを言います。

つまり、ヘッジファンドは元々持っている資金の何倍もの金額を動かしているということです。

そうするとどうなるかというと、利益額が増えることに繋がりますね。

仮に、投資信託で持っている資金が100万円だった時、株価が+5%上がり、利益が出た時の手元の金額は105万円(100万円×1.05=105万円)です。

しかし、レバレッジを10倍にして、1000万円の資金を動かせるヘッジファンドが運用した時の手元の金額は1050万円(1000万円×1.05=1050万円)になります。

同じ資金額で運用しても10倍のレバレッジを使えば、利益もまた10倍になるのです。

こうして、ヘッジファンドは大きな利益を獲得しているのです。


>>安定して利益を得ることが可能なヘッジファンドの詳細はこちら


さて、このようにヘッジファンドは魅力がたくさん詰まった運用法ですが、資産運用の基本は上記の通り、「分散投資」です。

他にどんな所に資産を分散した方が良いのか、次には退職金を2000万円とした時のおすすめ分散投資の割合を紹介していきます。


このポートフォリオで資産を築こう


老後貧乏にならないために。退職金の運用はリスクに要注意!

ポートフォリオとは、運用資産の構成状況のことを意味します。

安全に退職金を運用するためにも、適切なポートフォリオを組んで堅実な運用をしていきましょう。

ではおすすめのポートフォリオを紹介します。


分散投資のおすすめ割合


いくらヘッジファンドがいい投資先でも、退職金の全てをヘッジファンドに費やすことはあまりおすすめできません。

そこで、ヘッジファンドに重点を置いたおすすめのポートフォリオを紹介します。

5:2:2:1=ヘッジファンド:投資信託:銀行退職金運用プラン:その他

このポートフォリオで、資産を2000万円保有している方であれば、1000万円がヘッジファンド、投資信託と銀行退職金運用プランに400万円ずつ、残りの200万円をFXなどの投資に運用するという構造になりますね。

そしてこれは、ヘッジファンドに資産の5割を運用することで、よりスピード感のある資産運用をすることが期待できるのです。

また、その他の部分でFXのようなハイリスクハイリターンで自ら行う投資に運用することで、より資金管理に現実味をもって資産運用をすることができます。

無理に利益を求めないしっかりした資金管理を行うことで、堅実な資産運用が実現します。

このポートフォリオを使って退職金の資産運用をしてみてはいかがでしょうか。


ちなみに当サイトには退職金をしっかり運用していく上で、リスク管理のポイントについてまとめた記事。

そしてあなたに合ったおすすめの運用方法を知ることができる診断ツールもありますので是非試してみてはいかがでしょうか?


>>退職金の運用はリスク管理がポイント!失敗しない投資方法まとめ

>>あなたにピッタリの運用方法がわかる診断ツールはこちら

タケシが推薦!おすすめファンドランキング