HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

必読!資産運用初心者が読んでおくべきおすすめ本とは?


失敗したくない退職金運用での注意点

「資産運用初心者の自分におすすめの本ってどれ?」
「色んな本があってどれが初心者向けなのかわからないよ…」

まず本で資産運用の基本を学ぼうと考えたあなたは、このようなことを思っているのではないでしょうか?

確かに資産運用初心者の方がまず本を読むことは非常に良いことですが、実際に「初心者向け」を謳っている本の数は膨大。

その中から本当に初心者向けの良い本を自分で探し出すなんて、とてもじゃないですが無理な話だと思います。

そこでこの記事では、数えきれないほど資産運用に関する本を読んできたタケシが、「これは初心者におすすめ!」と自信を持って言える本を12冊厳選してみました。

しかも今回は、「まず読んでおきたい本」や「億万長者になるための本」など、カテゴリー分けもしています。是非この中から自分に合った本を探してみてくださいね。





では早速、見ていきましょう。


まず読んでおきたい資産運用の基本書籍


失敗したくない退職金運用での注意点

初心者が資産運用を行う前に、まずお金そのものについて知っておく必要があります。

お金にまつわる世の中の仕組み、金利や株、保険の仕組みなどを理解すれば、どのようにしてお金が世の中に回っているのかを理解できるでしょう。


金持ち父さん貧乏父さん


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・お金の基本が知りたい方
・お金が人生をどう変えるのか知りたい方

まず初めに紹介するのは、資産運用関連の本ではおなじみの「金持ち父さん貧乏父さん」です。

俗にいう、お金持ちになるためには何が必要なのかを説いた有名なベストセラー本です。

不動産投資で資産を作った著者の経歴が紹介されていますが、基本的なお金の増やし方という点では初心者でも参考になります。

この本では、人がお金を増やす手段はふたつあると紹介されており、「自分の時間を切り売りしてお金にするか」、それとも「お金を生み出す資産を買うか」のどちらか。

ちなみにこの本を読んだ方の評判はやはり良いようです。

内容もさることながら、特に資産運用初心者の方にもぴったりですので是非読んでみてくださいね。


知らないと損する 池上彰のお金の学校


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・お金について分かりやすく簡単に理解したい方
・経済の流れや仕組みも一緒に勉強したい方

次に紹介するのは、世界経済に詳しい池上彰さんの「知らないと損する 池上彰のお金の学校」です。

この本では資産作りに直接関係することではなく、マクロ経済をテーマに解説しています。

マクロ経済とは政府・企業・家計などすべてを含んだ経済全体の動きを示すもの。

中でもお金とは何か、そして銀行や保険・金利・税金などの仕組みについて丁寧に説明しています。

そのうえで、お金というものはどのように世界を回っているのかが理解できるようになっています。

ちなみにこの本の評判は以下のようになっています。

どの方もやはり「わかりやすい」ということを評価しているようで、その点資産運用初心者の方にもおすすめだと言えますね。


ウォール街のランダム・ウォーカー


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・株式投資や相場に興味がある方
・投資の手法についてある程度詳しくなりたい方

まずは読んでおきたい資産運用の基本を紹介している本3冊の中で、最後に紹介するのが、「ウォール街のランダム・ウォーカー」

この本では主に、株価の値動きというものをわかりやすく説明しています。

ランダムウォークは「千鳥足」のことであり、株価の動きは酔っ払いの千鳥足のようなものであると比喩しています。

つまり千鳥足の動きを予測できないように、過去の動きから将来の動きを予測することは不可能であるということを説明している本。

株式投資ではいかに値上がりする銘柄を探すかに注力する投資家が多いものですが、投資の本質は予測することではないということを説明しています。

ちなみに本書では、チャートから将来の株価を予想するテクニカル売買や、財務諸表などから企業価値を算出して将来の株価を予想するファンダメンタル取引の両方を批判しています。

この本の評判はこのようになっています。

有名な「敗者のゲーム」も同じような評価を得ていますが、どちらかと言えば「ウォール街のランダム・ウォーカー」のほうが初心者の方向けだと言えるでしょう。

さてここまで、まず初心者の方が読んでおくべき3冊を紹介してきました。

次に、お金というものについて詳しく解説している本を3冊ご紹介します。


初心者はまず知っておきたいお金に関する入門書


失敗したくない退職金運用での注意点

資産運用はお金を増やすことです。

一言でいってしまえば簡単ですが、それを実現するのは難しいものです。

しかしお金についての理解を深めることで、初心者もその方法を模索するために役に立ちます。


資産運用 超入門(お金のきほん)


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・漫画で簡単に学びたい方
・ポートフォリオや運用について学びたい方

お金に関する入門書として紹介するのは、「資産運用 超入門(お金のきほん)」です。

この本は、資産運用の方法を具体的に説明している本で、マンガでわかりやすく解説しているので初心者でも理解しやすいでしょう。

内容は株式投資・債券投資・投資信託をメインに、ポートフォリオや運用方法について説明するものとなります。



評判を見ても、やはり漫画なのでわかりやすいという口コミが多く、資産運用初心者の方にピッタリだと言えますね。

資産運用をどのような手段で行えばよいのか、これから決めるという初心者の方にぜひ読んでいただきたい1冊です。


お金の増やし方を教えてください


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・保険や住宅についても学びたい方
・商品の購入方法についても学びたい方

次に紹介するのは、お金についてのコラムニストとして有名な山崎元氏の著書「お金の増やし方を教えてください」です。

この本では、お金を増やす具体的な方法と、保険や住宅などに関する情報も載せています。

具体的な資産運用の方法として、本書の中ではインデックスファンドを購入することを勧めています。

さらに運用資産は生活費を抜いて、個人向け国債を購入する安全資産と、リスクを取るインデックスファンドに分けるように書いています。

具体的に金融商品の購入方法まで記述しているので、知識を仕入れる段階から資産運用を始める段階に進む初心者の方に読んでいただきたい1冊です。

ちなみに評判はこうなっています。



有名なコラムニストが著している点と大きくてわかりやすい図解がふんだんに仕様されているという点が口コミでも多く掲載されています。

お金をまず理解したいという方にはおすすめですね。


経済とおかねの超基本1年生


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・実際に損をした話が知りたい方
・リスク、リターンについて物語を通して学びたい方

3つ目に紹介する本は、「経済とおかねの超基本1年生」です。

この本では、「得をしたいのであれば損をしないこと」ということについて説明されており、儲け話を探すのではなく、損をする話を知っておこうという逆説的な内容ですが、勝つためには負けないというスタンスで資産運用を考えることができます。

この本からも、初心者はさまざまな視点から物事を見ることが大事だと学べます。

そんなこの本の評判はこちらです。

お金や経済のことだけでなく、経済の根幹や財政についても幅広く触れていると言う意味では、是非とも資産運用初心者の方におすすめの1冊でしょう。

次に目標を大きく、億万長者を目指す人に向けての3冊をご紹介します。


億万長者になりたい方向けのベストセラー


失敗したくない退職金運用での注意点

億万長者となるためには、初心者は物事の考え方から変える必要があります。

発想そのものを変えるだけで、資産運用の初心者も億万長者への道を見出すことが可能です。


となりの億万長者


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・億万長者の実態が知りたい方
・資産を効率よく使う方法が知りたい方

億万長者になりたい方向けのおすすめ本1冊名は、「となりの億万長者」です。

この本もベストセラーになった本で、億万長者とは実は質素に暮らしているものですということについて紹介しています。

資産とはお金と時間のことです。これを無駄にしないことを心がけるからこそ、億万長者は無駄な出費はしませんし、資産を生み出すためにはお金を惜しむことはしません。

つまりプライベートで無駄な消費ばかりしていると、その発想が抜けることがないので資産運用でも無駄が発生するようになります。

初心者はまず自分の心構えを変えること、毎日の習慣を見直すことから資産運用に取り組むことが大事ではないかと思います。

ちなみに評判はこちらです。



この本を読んだだけで価値観がガラリと変わるとまで言わしめていますので、是非初心者の方も読んでみてはいかがでしょうか?


億万長者思考


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・億万長者になりたい方
・生活に役立つマインドが知りたい方

次に紹介するのは「億万長者思考」です。

この本では、億万長者になるためには何が必要なのかというと、ずばり「億万長者のマインドである」と説明しており、逆に貧乏人マインドを持ち続けている限りは、決して億万長者にはなれないともいっています。

貧乏人マインドはたとえば、食費を切り詰めるというようなものなど。

食費を切り詰めるのは、手っ取り早くできるコスト削減ですね。

しかし長期的に見ればこれは、生産性を減少させることに繋がっており、食費を削ると十分な栄養を摂取することができません。

すると健康を維持できなくなり、仕事をするための大事な健康という資産を失うことにつながります。

他にもスーパーで値下げ品を買うために待っている時間も無駄だと本書では説いており、「時は金なり」ですから無駄にしてはいけません。

このように日常生活の中でも役立つマインドがいろいろと紹介されているので、これから億万長者になろうと考えている初心者の方にも役立ちますね。


億万長者 専門学校


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・億万長者になりたい方
・お金を扱う上で感情のコントロール法が学びたい方

億万長者になりたい初心者の方におすすめの本として最後に紹介するのは、「億万長者 専門学校」です。

この本ではずばり、億万長者になるための7つのルールを紹介しています。

このようなハウツー本は読んで面白いとは思うものの、実際には役に立たないものが多くありますが、この本では具体的に「行動力を生み出すエネルギー」について解説しています。

資産運用の具体的な方法ではなく、そのために必要なエネルギーをいかに確保するかということです。

モチベーションとも言い換えることができると思いますが、本書では行動力を生み出すためには感情に訴える必要があるとしています。

つまり億万長者は何度でもゼロからお金を生み出すことができるとしています。

初心者の方はゼロからお金を生み出すマインドを鍛えるために、自分の感情をいかにコントロールすればよいのかを学ぶことができるでしょう。

ちなみにこの本の評判は以下のようになっています。



闇雲に稼いでいれば億万長者になれると思っている方は根幹から覆されるようで、非常にためになるという評判が多く見受けられました。

さて次は、資産運用をしているブロガーが書いた本を3冊ご紹介します。


資産運用ブロガーが出版している本


失敗したくない退職金運用での注意点

実際に資産運用で成功している人の話を聞くことも必要です。そこでおすすめの3冊をご紹介します。


なぜ投資のプロはサルに負けるのか?


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・実体験をもとにした生の声が知りたい方
・インデックスファンドについて知りたい方

ブロガーさんが著している本として最初に紹介するのは、「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」です。

この著者は「金融日記」というブログも運営しており、外資系投資銀行でのクオンツ(数学・物理学を活用して資金運用する人)としての経験から、投資というものを俯瞰して解説しています。

投資のプロである外資系金融会社のトレーダーも、実は長期的に見れば負けていると語っています。

ではプロが勝てない金融市場で、資産運用の初心者はどのように資金運用すればよいのでしょうか。

結論をいえば、著者は「インデックスファンド」に投資することを勧めています。

インデックスファンドとは、たとえば日経平均やTOPIXに連動した成績を目指す投資ファンドのことです。

長期的に見れば細かな上下動はありながらもこのような株価指標は上昇しています。

その理由は、株価指数は構成銘柄を適時入れ替えて、常に業績のよい企業の株価で成り立っているからです。

投資銀行も同様に、成績のよいトレーダーが残り、成績を出せないトレーダーは去っていくのでインデックスファンドの運用成績は上昇を続けることになります。

簡単にいえば、良いとこ取りをする形で資産運用をしようということです。

ちなみにこの本では、初心者は最初から自分で運用することを目指すよりも良いとこ取りができる「インデックスファンド」で運用するように、とも結論付けています。

そんなこの本の評判はこちらです。



「アクティブファンド」など、初心者の方には馴染みのない単語が出てきているかもしれませんが、初心者にこそアクティブファンドがピッタリだという意見が多く、この本ではそれがわかりやすく書かれているという評判もありました。


年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・クラウドファンディングについて知りたい方
・お金の貸し借りについてリスク、リターンが知りたい方

次に紹介するのは、「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!」です。

この本では特にクラウドファンディングでの資産運用について記述した本で、クラウドファンディングとは簡単にいえばお金を貸してその金利をもらう仕組みのこと。

年利7%というのは、著者が実際に融資型クラウドファンディングによる資産運用を行い、4年間連続で年間利回り6.8%を実現したことを根拠にした数字だといいます。

最初に設定した金利を確実に得られるという点で、クラウドファンディングは初心者の方でも安心して運用できる投資手法といえるでしょう。

ちなみにこの本の評判はこのようになっています。



この本の著者である「けにごろうさん」が非常に人気があるようで、けにごろうさんが書いているということで非常に取り上げられています。


全面改訂 ほったらかし投資術


失敗したくない退職金運用での注意点
この本がおすすめな人

・インデックス投信について知りたい方
・どんな商品を選べばいいのか分からない方

最後に紹介するのは、「全面改訂 ほったらかし投資術」です。

この本の著者はインデックス投資を続けるブロガーで、わかりやすくインデックス投資の始め方を紹介しているので初心者の方でも資産運用の第一歩を踏み出すことができるでしょう。

ちなみにインデックスファンドは長期的に見ればパフォーマンスに優れていることは他の本でも取り上げていますが、この本では他にもどのような商品を購入してポートフォリオを組めばよいのかを具体的に説明しています。

2008年のリーマンショックや2010年の欧州債務危機をインデックスファンドへの投資で乗り切ってきた著者だからこそ、説得力のある本ではないかと思います。

そんなこの本の評判はこちらです。



この本で資産運用の基礎を学んだという初心者の方も多いようですので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。


まとめ


今回は資産運用初心者がまず読んでおきたいおすすめ本として、12冊紹介してきました。

初心者が資産運用を行うためには、まずお金に関する知識と億万長者が持っているマインドを身に付けることが大事。

正しい道を定めていかなければ、目指すゴールにはたどり着けないからです。

そして具体的な資産運用の方法としては、インデックスファンドを勧める本が多いことがわかります。

投資の初心者がプロを相手に勝負するのは無謀ですし、自分で稼ぐよりも稼ぎを生み出す商品を購入する方が効率的といえます。

もちろんインデックスファンドにもいろんな商品があるので、どのようなポートフォリオを作ればよいのかも、本を読めば参考になりますね。

ちなみに当サイトには、資産運用初心者の方におすすめの金融商品を紹介している記事もあります。上記したインデックスファンドも含めた数ある金融商品の中から特に初心者におすすめというのをピックアップしていますのでチェックしてみてくださいね。

>>資産運用の初心者がやりがちなNG行為とは?おすすめの投資術を金額別に紹介


タケシが推薦!おすすめファンドランキング