HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

おすすめの1億円資産運用法(考え方編)


当選した宝くじを資産運用する理由と運用先を徹底解説


今回は1億円という大きな資金を運用していくにあたって、おすすめの運用方法や運用していく上での考え方についてまとめています。

宝くじで1億円当てた、遺産を相続した、コツコツ貯金したなど、1億円を手にした理由は様々だと思いますが、一般的に「1億円」というのは大きな金額です。

そんな1億円を運用するとなると、あまり攻めずに安全な方法で資産運用したいという心理が働くそうです。

ある程度元手が少なければなくなっても良いから大きく儲けたい!という心理が働きますが、1億円を運用するともなればそうともいきませんね。

そこでここでは、良い1億円の運用方法をお探しのあなた向けのおすすめ運用方法や1億円を運用する際の考え方について見ていきましょう!





1億円以上を持つ日本人は282万人?




先日の池上彰さんが出演するニュース番組で100万ドル(約1億円)の資産を保有している日本人は282万人と公表されていました。

実に23人に1人です。

同窓会をしたらクラスに1名か2名は1億円持っていることになります。

1億円到達のケースは様々。夫婦共働きでコツコツためて1億円を達成した方もいれば事業を売却して1億円を得た人もいるでしょう。

また昨今は大相続時代であり、親の遺産を受けることで、自ら稼がなくとも1億円を有することになった人もいます。

そんな彼らの関心はこの1億円の運用方法。1億円の運用方法についてはなかなか情報がないので、ここでまとめてみます。

もちろん10億持っている人の1億円と、1億円ようやく到達した人の1億円では資産運用の方針が変わってきますが、いずれにせよ1億円を分散投資をする対象として何がおすすめなのかまとめてみました。



現在の日本での1億円の期待利回りは4%


当選した宝くじを資産運用する理由と運用先を徹底解説


まず1億円を運用するとして、どれくらいの利回りを狙えばよいのでしょうか?

一つの指標として4%だと言われており、その理由は以下となっています。

2018年現在、都内の不動産は、2020年の東京オリンピックにめがけプチバブル。不動産投資家の目線では利回り5%前後で十分といった印象。

1億円の資産運用を試みる場合に「利回り」という概念は、勝手に決まるものではなく、時代の色を反映します。

今の時代を生きる投資家の感覚が「数値」となって表れるのです。

現に5年前の2013年時点で、都内ビルの期待利回りは6%以上でしたが、2018年現在では4%が手に入れば御の字。

ということで、1億円の目標運用利回りは4%あたりをまず目安にしましょう。

以下、1億円の運用を自分で取り組むか、他者に任せるか、に分けて解説します。とその前に、「やっていけない投資」について軽く触れておきます。



1億円の資産でやってはいけない運用先とは?


1億円を資産運用するとき、おすすめできないのは投資信託です。

一般的に資産運用といえば投資信託といわれるくらい定着していますが、こちらは手数料が複雑で高い割にパフォーマンスがよくありません。

背景として、銀行の営業マンや証券マンは最初から売るべき商品が決まっているため、1億円を運用したい顧客のニーズは度外視で、ノルマ達成のために自社一押し商品を勧めます。

これでは結果は目に見えています。選択肢から投資信託はまず外してよいでしょう。

それでは一体どんなものがおすすめなのでしょうか。


1億円の運用におすすめの資産運用方法5選


当選した宝くじを資産運用する理由と運用先を徹底解説


では実際に1億円の運用におすすめの投資商品を5つ紹介していきます。

ここではその5つの商品を、「自分で取り組む金融商品」と「他人に任せられる金融商品」の2つにわけ、それぞれに区分けしてみましたので見ていきましょう。


株式投資


株式投資
株式投資

ありきたりではあるのですが、1億円を運用するにあたって自分で取り組みたいならば、やはり「株式投資」が資産運用の王道。

割安な銘柄を自分で発掘できるようになれば、1億円を安心して運用に回せるし、長期にわたって配当を得ながらリターンを得ることが可能です。

銘柄選びを間違わず、長期的な時間を味方につけることができれば、1億円で年間5%程度の利回りは簡単に達成できるでしょう。

また株と同じくらい人気なものに「FX」や、最近では「仮想通貨」が注目されていますね。

しかし為替もビットコインも、マーケットとしてはまだまだ合理性に欠けており、チャートの動きは独特。

未成熟なこのマーケットには資産運用という概念はそぐわず、投機色の強いマーケットにまして1億円を投じるのは現実的ではありません。

それでも1億円で資産運用してみたいと考えるならば、あくまでポートフォリオの一部として例えば10%以内での分散投資をおすすめします。


不動産投資


株式投資
株式投資

株式投資と同様、一から本腰を入れて取り組みたい方向けとなるのが、「不動産投資」

ネットで情報を求めている人は「楽して稼ぐことができるお得な情報」を探しがちですが、その点不動産投資は「本気度」が試され、一長一短では結果がでないところが特徴。

不動産のイロハを学ぶには、成功者の肉声を聞いたり学びのためのセミナーに出かけたり、業者とのつながりを求めたり、デスクワーク以外の動きも重要です。

とはいえ、1億円の運用を不動産投資にうまくあてることができれば安定度は抜群です。



不動産投資の特徴はレバレッジ


最大の特徴はレバレッジです。

もし1億円を運用したいと考える方が金融機関と相性のよい属性をおもちであれば、融資を受けることもできます。

そうなれば1億円以上の資金を使って運用ができます。具体的にイメージしてみましょう。

たとえば1億円を頭金に5億円を融資してもらい一棟ビルを買うとします。

賃料から借入返済金を差し引いても3%程度の利益が年間で残ります。

この場合、5億の3%でも年間手残りで1500万円の利益が確保でき、お持ちの1億円を不動産に投資してレバレッジをかけたことで月間100万円以上の利益を創出できる。

このように、1億円の運用先を不動産に向けたことでレバレッジも利用でき、十分なリターンを生むことが出来ます。

ただしリスクとして、金融機関の融資付けの合否・物件選択の正否・不動産投資そのものにまつわるリスク(天災や事故がおき物件価値が下がる)があります。

1億円を不動産に投資するならば、株式投資と同様、本腰をいれて学ぶ姿勢が必要になります。

ただ株も不動産も王道ですので、自分で取り組む気概があるのならぜひチャレンジしてみてください。


ベンチャー投資


株式投資
株式投資

上記、株や不動産を使って1億円での資産運用を考えてみました。

ただどうしても気乗りしない、という方もいます。そこで1億円の資産運用方法としておすすめなのが「ベンチャー投資」です。

ベンチャー投資とはエクイティ投資のことです。エクイティとは英語で、「equity:株主資本」という意味。

つまりベンチャーに出資して、そのベンチャーが成長(成功)したときにリターンを得ます。

出資したベンチャーが無事に上場すれば、投資金は10倍どころで収まりません。

一方でリターンが数十倍に及ぶ分、リスクも高い投資といえるでしょう。

リスクの高い投資でもあるため1億円の運用という意味では全額ではなく、あくまでポートフォリオの一部として少額投資をおすすめします。



活気づいているベンチャー投資

ベンチャー投資
出典:「Founderandfounders.com」

ちなみにベンチャー投資は2018年上期(1~6月)は前年同期比2.4倍の509億円に達し、過去最高となっており、活気づいています。

ただしそう簡単にこの手の情報を入手することは困難で、ベンチャー企業の財務を管理するCFOや投資家とのつながりがあって初めて成立する話でもあります。

一般的に成功確率をあげるためには、大手事業会社やVC(ベンチャーキャピタル)が出資している企業に相乗りすることですが、良質なベンチャー(例えば上場前のメルカリや、ラインなど)に投資できる機会は多くはないでしょう。

上場企業が既に出資をきめていたり、銀行やVCも手をあげているようなベンチャー投資の話が目の前に来たなら、ポートフォリオの一部として是非取り組みたいですが、

ベンチャー投資は「10回に1回でも成功すれば御の字」ですので、ワンチャンスだけトライするものではありません。

夢はあるものの1億円の運用先としては少々不釣り合いかもしれませんね。



ソーシャルレンディング


株式投資
株式投資

1億円での資産運用において、最近脚光を浴びているのが「ソーシャルレンディング」です。

ソーシャルレンディングとは、貸金業を営む事業体に出資をすることであり、大手でいえば「MANEO(マネオ)」が有名です。

株式投資

ソーシャルレンディングの運営者はネットを通じ個人の投資客から資金を借り受け、担保をとって中小企業に貸し付けを行います。

ちなみにMANEOはGMOやSMBC、池田泉州銀行の子会社から出資を受け、上場を視野にいれ拡大中でしたが2018年7月に金融庁から行政処分を受けました。

次世代の金融サービスとして個人投資家も注目していただけに惜しいです。

自分では資産運用できない、したくない、そのような方にとって可能性を秘めたサービスだけに引き続き注視していきたいです。


ヘッジファンド


株式投資
株式投資


資産運用のことは資産運用のプロに任せる。

シンプルな発想に立てば、1億円の運用を「ヘッジファンド(独立系資産運用会社)」に任せるという選択がおすすめです。

ヘッジファンドは空売りから入ったり、先物をオプションでヘッジしたりと、ありとあらゆる収益機会を狙い、相場の動向に関係なく高い利益を出せるのが特徴。

関連企業から資金を供給してもらっているわけではない分、自由な裁量でリターンを狙えるというわけです。

外資の銀行などで経験を積んだエリート金融マンが独立して立ち上げるケースが多いですが、その特性上、ヘッジファンドについては情報が特に少ないので、以下特集を組んでおります。

1億円を運用するならおすすめのヘッジファンドですが、詳しく知りたい方はぜひ以下をご参考にしてみてください。

>>あまり知られていないヘッジファンドの全貌や投資方法とは?



1億円の運用におすすめなヘッジファンドの全貌





上の図は野村総合研究所がまとめた資料の抜粋です。

あなたの1億円。図をみると1億円以上から富裕層の仲間入りのようですが、5億円以上の超富裕層も存在します。

そんな彼らこそ、一体どんな資産運用を行っているのでしょうか?もし彼らのノウハウを聞くことができるなら、安定的な1億円運用の成功イメージもできそうですね。

実は、管理人タケシには大学の先輩で起業し、上場して400億を手にした人がいます。

友人にも美容室を100店舗売却して50億手にした人がいます。

彼らはほとんどの場合において、自分の資産を専門で運用する資産運用会社を個別に設立し、資産運用のスペシャリストを雇用します。

400億を手にしてシンガポールに移住してしまった先輩に聞くと、彼の資産運用会社は年間コスト1億円。

そのほとんどが人件費とリサーチ代だそうです。その中で選ばれる投資先の一つにヘッジファンドがあります。

そういえば美容室を売った彼も1億円の時計を買った後、残りの資金の大部分をヘッジファンドで運用していると言っていました。



ヘッジファンドの特徴



莫大な資産をもつ富裕層が運用の相手として選ぶヘッジファンドとは何者なのか。引き続き見ていきます。

まずヘッジファンドは大きく分けて3つの特徴があります。
①体制がしっかりしている ②運用成績がよい ③運用手法の秀逸さ

ヘッジファンドとは主に、外資系投資銀行で実務を積んだファンドマネージャーやアナリストが、特定の富裕層や企業年金等の資金を受けて独立した投資法人といえます。

最低1億円~のように投資のハードルは決して低くないです。原則的に運用手法に制限がなく、相場環境に左右されずに絶対的な利益を追求する運用方法。

1億円の運用において投資信託がおすすめできないことは既出ですが、ヘッジファンドと投資信託の違いについて興味がある方はこちらにまとめてあるのでチェックしてみてください。

>>ヘッジファンドと投資信託の違いとは?



私募ファンドの優位性

テレビCMなどで見聞きするファンドラップというのは投資信託の別称で、ヘッジファンドとは投資法人を指します。

投資信託にかかわる金融業者は金融庁から認可を受けた金融系登録業者であるのに対し、ヘッジファンドは私募ファンドが多いです。

私募ファンドは金融機関を通じて販売することが出来ない代わりに、金融当局からの規制を受けることなく自由度の高い運用が可能に。

投資信託は株式保有期限に一定の制限がついたり、資金をすべて余すことなく投資しなくてはならないという厳格なルールがあります。

投資信託の運用成績が、日経平均などインデックスと呼ばれる経済指標をベンチマークとした保守的な運用しかできないのはまさにこのためなのです。

投資信託の運用成績

一方ヘッジファンドは、顧客の資金の裁量度合が高いため、戦略的に資金を手元においておき、あるタイミングでターゲット銘柄を一気に買い上がったり、瞬間的に空売りをかけたりが可能となります。

投資信託が保有銘柄の公開を義務付けられているのに対し、ヘッジファンド(私募ファンド)は中身を公開はしません。

私募ファンドの内部が一般に公開されていないことで不安に思う投資家もいるかもしれませんが、欧米など金融先進国ではこの形は一般的で、リターンを最大限に引き出すためにも戦略上公表しないヘッジファンドが多いです。
このようにヘッジファンドは、優秀な運用チームを揃え運用資金が調達できれば、運用手法、資金管理の仕方まで、大きな裁量権が与えられますが、その分成果についても厳しいチェックをうけていくことになります。

1億円の預け先としてヘッジファンドの可能性をさらに詳しく見ていきましょう。



ヘッジファンドでの運用ポイント①:体制がしっかりしている


ヘッジファンドは資金管理の体制が特にしっかりしています。

というのも、一般的にヘッジファンドは顧客の資金を自社で管理せずに、「カストディアン」と呼ばれる管理会社と契約をします。



カストディアンと契約することによって、有価証券の保管や管理はもちろん、ファンドの運用成績や議決権に関する管理もしてくれるのです。

これは投資家にとって非常に安心で、簡単にいえばファンドが倒産しても、あなたの資金は別の管理会社のもとにしっかりと守られるのです。

ちなみに国内の投信ファンドとヘッジファンドにおける分別管理の有無は「預かり資産」の差が原因となっています。

資産運用の委託先としてファンドの認知が広まり、預かり資産が増えれば、管理報酬から、信託銀行に預ける使用料が支払えます。

使用料は年間で2000万ほどしますので、最低ファンドとしても20億以上の預かり資産がないと、コスト高になる計算です。

国内でファンドを自称しているほとんどの会社の預り資産は、平均3億円程度。なかなか10億を超えることは稀です。

このように、資産運用を考える時「ファンドの規模」は、資金管理体制の面からいえば、重要な判断材料になります。

まず、資産運用会社の口座に直接入金などしなくていいような仕組み(分別管理)がとられているかどうか、これが1つ目のチェックポイントです。

もちろん、あなたの資産運用のために捻出した1億円もそのようにしてほしいですよね?


ヘッジファンドでの運用ポイント②:運用成績




ヘッジファンドによって運用成績が異なりますが、色々なヘッジファンドの運用成績を平均すると10%~20%の運用利回りになります。

この平均値から富裕層も資産運用の委託先に年間で10~20%のリターンをだしてほしいと考えていることが分かるはずです。



ヘッジファンドでの運用ポイント③:運用手法の秀逸さ


ヘッジファンドの投資手法のなかで、近年注目も浴びているソフト・アクティビスト

企業年金や基金など保守的なところは、今まで債券などで運用をしていましたが、近年は資産運用の委託先として認め、アクティビストファンドに積極的に資金を入れています。

「企業は株主のもの」という意識が以前よりも世界規模で傾きつつあるのでしょう。ではこのアクティビストファンドとは、一体どういう手法なのでしょう。


ものすごく簡単に説明しますと・・・・


アクティビストファンドとは、キャッシュリッチで割安と判断される銘柄の株式を大量に取得し、議決権を得て、経営の改善や改革のための建設的な議論を経営陣と重ね、株価の向上を目指すファンドといえます。

市況の変動、株価の変動に直接的に影響を受けないといった意味でリスクが低く、レバレッジを用いないことからも、元本が大きく毀損することはほとんどない点が評価されているようです。

アクティビストファンドの主張は単純明快です。

・上場する際に個人投資家から資金を調達したのに、新しい手も特にうたず、毎年毎年利益を貯め込んでいますよね?

・それが毎年、役員報酬という形で経営陣に支払われるだけでなく、しっかりとそのお金を会社の成長(株価の向上)に寄与すべく使って下さい

・そうでなければ事業に投資か成長性のある企業を買収してください

・もしこのまま使わないなら、既存の株主に分配してください(増配の提案、自社株買いの提案)


大体このような流れで主張していくのです。

その結果、自分たちの目標とする株価まであがれば、株式を売却して利益を確定させます。
アクションを起こす前でも、安く仕込んだ株が、何かをきっかけに市場で反応して高値がつけばマーケットで売却もします。

仮に株価が下がれば、さらに買い増しをして議決権を増やし、経営陣にとって無視できない株主としての存在感を強めていきます。

株式を購入した後、「上がるのをじっと待つだけ」の一般投資家とは違い、アクティビストファンドは、企業の経営陣に様々な提案を直接的に行いながら利益の創出を試むのです。

例えば当サイト内のランキング表で紹介しているヘッジファンド「M&S」は2016年に設立されたアクティビスト型の国内ヘッジファンド。



設立の翌年にあたる2017年には年間利回りで27%を記録しています。

そもそも1口1億で資産家・富裕層のみを相手にしていたヘッジファンドが、個人投資家向けにサービスを開始したのが2014年10月。

ここでは1億円以上の投資について書いているので、億単位の資産運用をお考えの方は、資料を取り寄せて具体的な手法や過去の事例などについて調べてみることをおすすめします。


まとめ


投資を考えるとき、多くの人のマインドは、以下の3つのどれかに当てはまります。



もしあなたが1億円を資産運用してみたいけど、上記のような不安を抱えているのでしたらおすすめの運用方法は2つしかありません。

債券や不動産で数%の利回りを狙うか、ヘッジファンドのような戦略的投資会社に直接契約をするかのどちらかです。

なぜならば、上記の運用は株価の上がり下がりの影響を受けづらいという特徴があるからです。三つ(投資信託・株式・FX)のストレスはどれも、値動きが予測できないことに起因しています。

明日の株価が上昇せず、暴落することはいつでもあることですが、そのたびに一喜一憂していては生活が成り立ちません。アクティビストファンド相場の変動に関わらず、合理的に利益を出すことができます。その点が富裕層や機関投資家から注目をあびる理由といえるでしょう。

以上から、大きなリスクを冒さずに着実に1億円を増やしたいということでしたらヘッジファンドの利用が一番です。

1億円の資産があれば腕利きのヘッジファンドに資産運用を任せることができます。なお人気のヘッジファンドについては当サイトでまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

>>1億円の運用におすすめのヘッジファンドランキングはこちら


ここまで1億円に特化したおすすめの資産運用の手法について解説しました。
いかがでしたでしょうか?

ちなみに3億円や5億円保有している富裕層もいるでしょうが、基本的には1億円も3億円も5億円もそこまで変わりはないかと思います。

今回紹介したヘッジファンドは1億円の運用のみならず3億円の資産運用にも5億円の資産運用にも使えます。

億単位の資産運用を考えている方にとってヘッジファンドはとても頼もしい運用先といえるでしょう。


タケシが推薦!おすすめファンドランキング