HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

どの投資商品を選ぶかで運用結果が決まる


「あなたのリスク許容度と運用スタンスから取捨選択!
お金の不安を取り除く資産運用11種類とは?」



最初に私の恥ずかしい話に少しだけお付き合いください。

色々な種類の資産運用を探しまくっていた筆者は、このコンテンツに目を通されている皆様の状況と近いところがあるかもしれません。

私は、IT系の企業に勤めていた時に上司からの激しいパワハラにあい、毎日腹痛と目眩に苦しんでいました。

「今月で辞めてやる」と思いながらも将来のお金の不安から毎日嫌いな上司に会いに行く選択肢しかありませんでした。そんな自分が惨めで仕方なかったです。

「もう限界」と思った時に会社員を辞めてゆうゆう気ままに過ごしている友人に相談した所、「お金の不安は資産運用で消せるよ」といわれました。

その言葉を信じて色々な種類の資産運用を調べたところ、たまたま自分にぴったりな金融商品に出会いました。

「これだ!」と思い、資産運用を始めてみるとお金の不安が軽くなり、年収ダウンを覚悟で転職活動を行った結果、長年苦しんだ腹痛と目眩から開放されました。

私の話はさておき、資産運用に関心を持たれている方は、色々な事情があるはずです。例えば・・・

  • 子供の教育費を捻出したい
  • 不労所得を作って収入を増やしたい
  • 老後のためにまとまったお金を作りたい
  • 今ある資産を守りたい
  • 1日でも早く会社員を辞めたい

どんな動機で始めても問題ありませんが、運用手段の選択の失敗は絶対に避けたいものです。

私が知る限りでも100種類以上の資産運用があり、それぞれの運用方法でリスクもリターンも大きく変わります。どんな種類の資産運用を選べばよいかは、あなたの目指すゴール次第。

このコンテンツでは、100種類以上の資産運用の中から厳選した11種類の資産運用を紹介しています。ご自身の投資スタンスに合致した資産運用が見つかると思いますのでご興味がある箇所だけでも目を通して頂けますと幸いです。

資産運用商品厳選11種

目次


3種類のローリスクタイプの資産運用


銀行預金


銀行預金というのは、普段私達が利用している銀行にお金を預けることです。銀行にお金を預けるとわずかですが、預金金利でお金が増えます。

そんな預金の最大の魅力は元本保証という預けたお金がそのまま保証される制度があることです。元本保証という便利な機能がある銀行預金の特徴についてまとめてみました。

預金のメリット

  • 元本が保証されている
  • 誰でもできる
  • 普段の生活に馴染みが深い
  • 元手がなく始められる
  • 大きな失敗リスクがないこと


預金のデメリット

  • お金を増やすチャンスを失うこと
  • 資産を増やすことはできない
  • 失敗リスクが少ない分リターンも少ない


預金と相性の良い人

  • 資産を守りたい人
  • 元本保証を求める人
  • 銀行をよく使う人
  • お金をためたい人


ここで紹介したように預金は、損失リスクが基本的にないので資産を減らしたくない人と相性が抜群です

その反面大きく資産運用で稼ぐチャンスはないので資産を増やしたい人にとってはいまひとつの運用先です。もしあなたが資産運用を通してお金を増やしたいのでしたら元本保証がない種類の投資商品で資産運用に取り組みたいですね。

銀行預金


外貨預金


外貨預金は、日本円を外貨に変えて銀行にお金を預けることです。外貨に変えてお金を預けると為替差益と日本円よりも高い金利でお金を増やすことができます。

この前者の為替差益というのは、為替の変動でお金を稼ぐことを指します。

例えば、1ユーロ100円の為替相場の日に10万円をユーロで預金したとします。それから3年後に1ユーロが、120円になった場合は(120円-100円)×1000ユーロ分が利益になります。

このように為替レートの変動でお金を増やすことができます。

また、円の金利は0.02%ですが外貨の中には年1%を超える金利の通貨もあります。外貨預金を利用すれば、日本円よりも魅力的な条件の金利で預けたお金を増やすことができます。

このように為替差益と金利の両方で資産を増やせるのが外貨預金の特徴です。預金という名前がありますが、一般的な銀行預金よりははるかに大きな利益を狙うことができます。

ただし銀行預金とは違い元本保証がない上に為替の変動によっては損失が発生することがあるので安全な種類の資産運用にはなりません。そんな外貨預金という種類の資産運用方法の特徴についてまとめてみます。

外貨預金のメリット

  • 円預金よりも稼げる
  • 元本全額がなくなるリスクはほぼない
  • 銀行で手軽にできる
  • 大きな失敗リスクがないこと


外貨預金のデメリット

  • 資産を減らす可能性がある
  • 外貨の性質上流動性が低くなる
  • 預金保険の対象外
  • 円預金より失敗リスクが高い


外貨預金と相性の良い人

  • 元本全額を失いたくない人
  • 円よりも魅力的な条件で預金したい人
  • 銀行をよく使う人


外貨預金は、預金でありながらも資産を増やすチャンスがある反面、元本を減らすリスクがあります。このような特徴がある金融商品なので資産を守りたい人とは相性が良くありません。

個人向け国債


国債というのは、国が発行している債券のことです。この債権に投資をすれば、毎年一定の利息がもらえますし、満期を迎えると全額が返還されます。

国がデフォルトを起こさない限りは、元金全額と規定の利息が保証されるので失敗リスクが低いタイプの資産運用方法です。国債の3つの大きな特徴について紹介します。

元手が少なくはじめられる

個人向けの国債は、1万円から購入ができるので少額から資産運用を始めることができます。大きな元手が必要な種類の資産運用と違って気軽にスタートできます。

満期前に解約できること

通常の種類の満期債権とは異なり、満期を迎えなくても途中で解約することができます。途中解約ができるので、満期型の債権と比較すると流動性に優れています。

簡単に買うことができる

国債は、普段利用している銀行や郵便局でも販売されています。気軽に購入できるのが大きな魅力です。

日本国債を使った資産運用は人気がありますが、国債で資産運用に取り組む際に注意をしたいのは利率の低さです。日本国債の利率は、10年満期で0.24%・5年満期で0.05%・3年満期で0.05%と非常に低いので大きく資産を増やすことができません。

銀行の預金利率(0.02%)と比較すると魅力的ですが、100万円預けても年間で500円~2400円しか利息がつきません。大きくお金を増やす種類の資産運用ではないことは理解したいですね。

そんな個人国債という種類の金融商品の特徴についてまとめてみました。

個人国債のメリット

  • 円預金よりは魅力的な利率
  • 元本が保証されていること
  • 資産を減らすリスクがないこと
  • 1万円からはじめられること
  • 銀行でも郵便局でも買える
  • 失敗リスクが小さい


個人国債のデメリット

  • 国がデフォルトを起こすと紙切れになること
  • 資産を増やすことができないこと
  • 流動性が高くないこと
  • 利率が低いこと
  • 途中解約すると損する


個人国債と相性の良い人

  • 資産を守りたい人
  • 損失リスクを嫌う人
  • 元手がない人
  • 資産運用で失敗したくない人


国債を利用した資産運用は、大きなリスクがない反面資産を増やすことは難しいです。資産を増やすのではなく、守る種類の金融商品をお探しの方と相性がよいです。個人的には、銀行預金の代わりとして最適な金融商品だと思います。

個人向け国債は元本と利息が保証されている


ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品


投資信託


投資信託はファンドと呼ばれるものであり、ファンドを結成した資産運用のプロは投資家から集めたお金を分散投資した上で運用してくれます。運用の結果発生した損失と利益は、投資金額に応じて各投資家で分け合うことになります。

投資信託は、実際の運用をプロに任せるタイプの資産運用なので金融や経済の知識がない人でも気軽に利用できます。そんな投資信託の3つの大きな特徴を紹介します。

まとまったお金が必要ないこと

投資信託は積立型を利用すれば月500円程度から始めることができます。大きな元手を準備せずに少額から資産運用をはじめたい人と相性が抜群です。

元本の保証がないこと

投資信託は元手の保証がない種類の金融商品なので元手が減ることがあります。元本保証を求める方とは相性が良くない資産運用方法といえます。

毎月一定のコストが発生すること

投資信託は、プロに運用を任せる種類の金融商品なので毎年一定の信託報酬を運用会社に支払うことになります。この信託報酬は、各運用会社で大きく異なるので投資信託を購入する前に確認することをおすすめします。

投資信託には、「アクティブファンド」と「インデックス・ファンド」という2種類のスタイルがあります。それぞれの種類の詳細を紹介します。

アクティブファンド

アクティブファンドは日経平均株価やTOPIXをはじめとした基準値を決めてその基準値以上の成績を狙う種類のファンドです。このような特徴があるのでファンドマネージャーは利益率が高い投資商品に投資する傾向があります。

一般的な種類の投資信託よりもお金を増やすチャンスがある分、毎月の信託報酬や手数料が高くなります。毎月かかる諸経費を抑えたい人には、相性がよくない種類の投資信託です。

インデックスファンド

インデックスファンドというのは、日経平均株価やTOPIXをはじめとした基準値を連動した運用成績を目指す種類のファンドです。例えば基準指標を日経平均株価とした場合、平均株価が5%上昇すれば運用成績も5%あげることを目標にします。

インデックスファンドとアクティブファンドという2種類のファンドがありますが、運用結果はファンドマネージャーの実力次第。投資信託で失敗しないためにも運用会社の過去の成績やファンドマネージャーの経歴をチェックすることをおすすめします。

投資信託という種類の資産運用についてまとめてみます。

投資信託のメリット

  • 月500円程度からはじめられる
  • 自分で運用しなくて良い
  • 知識がなくてもできる
  • 分散投資をしてくれるのでリスクヘッジができる


投資信託のデメリット

  • 元本保証がない
  • 資産を大きく減らすことがある
  • 商品の内容が複雑
  • 毎月一定の手数料がかかる


投資信託と相性の良い人

  • 損失リスクを覚悟できる人
  • 少ない元手で資産運用を始めたい人
  • 資産運用に元本保証を求めない人


資産運用をプロの業者に任せるので時間や気力を使わずに気軽に始めることができます。少ない元手ではじめられることも含めてこれから資産運用を始めようとしている人と相性がよいタイプの資産運用と言えます。


ETF


投資信託の中には、ETFという種類の投資信託もあります。

ETFは証券取引所に上場した上で売買が行われる種類の投資信託でして、通常の種類の投資信託と違って価格もリアルタイムで動きます。通常の種類の投資信託とETFの違いをまとめました。

比較項目 ETF 投資信託
販売価格 市場価格 一口の基準価格
価格変動 リアルタイム 1日1回
信託報酬 0.1%前後 1%前後

通常の種類の投資信託の価格は、投資家から集めたお金を投資信託の総口数で割った基準価格で決まります。この金額は、1日に1回決まります。ETFは、リアルタイムで売買が行われるので1日の中でも価格が変動します。

それに信託報酬に関しては通常の種類の投資信託よりも格段に安いという特徴があります。

ETFは、通常の投資信託よりもマーケットセンスが求められるので結果を出すには自分で勉強する必要があります。そんなETFと呼ばれる種類の投資信託の3つの特徴をまとめました。

少額から着手可能

市場価格以上の元手があれば、購入ができます。多額の元手を必要とする種類の金融商品ではないので気軽に着手ができます。

手数料が安い

一般的な種類の投資信託と比較すると信託報酬が10分1程度です。毎月支払うコストを抑えることができるのが大きな魅力です。

すぐに売買できる

マーケットが開いているときは、株式のような感覚で売買ができるので通常の投資信託と比較すると素早く売買できます。投資信託を行いながらもディトレードのような感覚で銘柄の売買に取り組めます。

ここまで紹介したようにETFは、一般的な投資信託とほとんど同じ種類の金融商品です。ETFという種類の資産運用方法についてまとめてみます。

ETFのメリット

  • 少額から始められること
  • 価格変動がよくわかる
  • 株式とおなじ感覚で売買できる
  • プロに資産運用を任せられること
  • 信託報酬が低いこと


ETFのデメリット

  • 元本保証がないこと
  • 資産を大きく減らすことがある
  • マーケットセンスが求められること
  • 毎月一定のコストがかかること


ETFと相性の良い人

  • 損失リスクを覚悟できる人
  • ミドルリスク・ミドルリターンを望む人
  • 資産運用のプロを利用したい人
  • 少額からはじめたい人
  • 資産運用に元本保証を求めない人

通常の種類の投資信託と同様にプロに運用を任せることができるので資産運用に大きな時間を割けない人とも相性がよいです。

ETFは上場された投資信託


外貨MMF


外貨MMFは、外貨預金と似ている種類の投資信託です。一般的な種類の投資信託と違い、資産運用会社は投資家から集めた資金を外貨に両替した上で安全性の高い種類の投資商品で運用します。

イメージとしては、日本円を米ドルに変えた上で日本の国債で運用するようなものです。一般的な種類の投資信託とはやや異なる特徴を持つ投資信託の3つの特徴を紹介します。

外貨預金よりも稼げる


通常の外貨預金よりも利回りがよいですし、外貨預金と違って為替差益で発生した利益は課税の対象外。税金の面でも利回りの面でも通常の外貨預金よりもメリットがある資産運用といえます。

為替手数料が安い


外貨MMFの為替手数料は、外貨預金で求められる為替手数料の約半分です。外貨預金よりも手数料がお得なので外貨預金から乗り換える人がたくさんいます。

少額から投資できる


外貨MMFは、通常の種類の投資信託と基本的には変わりませんので通常の種類の投資信託のように少額から資産運用に取り組むことができます。

ここまで紹介したように外貨MMFは、投資信託と外貨預金を足して2で割ったような種類の金融商品です。為替の変動によって元本割れのリスクはありますが、大きな失敗リスクが少ない安全性の高い種類の資産運用と言えます。。

最後に外貨MMFという種類の資産運用の特徴についてまとめてみます。

外貨MMFのメリット

  • 少額からはじめられること
  • 外貨預金より利回りがよい
  • 大きな損失リスクが少ないこと
  • 為替手数料が安い
  • 為替差益が課税非対象


外貨MMFのデメリット

  • 元本保証がないこと
  • 為替の影響で損失が発生するリスクがある


外貨MMFと相性の良い人

  • 安定した種類の運用方法をお探しの方
  • 少額から資産運用を始めたい人
  • 元本保証を求めない人
  • 失敗リスクが低い資産運用を望む人

税制の面でも利率の面でも外貨預金よりも魅力があるので外貨預金に興味を持たれた方との相性が抜群です。安定性の高い種類の資産運用をお探しの方は、利用してみることをおすすめします。


J-REIT


J-REIというのは、投資信託と似た種類の資産運用方法です。

J-REITを運用する資産運用会社は投資家から資金を集め、その集めた資金をマンションやビルをはじめとした不動産に投資します。投資した不動産の売却益や賃料収入による利益を各投資家で山分けします。

イメージとしては不動産に特化した種類の投資信託のようなものです。そんな特徴を持つJ-REITの3つのポイントを紹介します。

利回りがよい

J-REITの利回りは、運用会社によりますが3%~5%程度の運用益を出してくれるところが多いです。国債や預金と比べると遥かに魅力的な金利を手に入れることができます。

大きな元手が必要ない

J-REITは、不動産投資と似た種類の金融商品です。通常の不動産投資だとある程度の元手が必要ですが、J-REITは複数の投資家でお金を出し合うのでまとまったお金を用意する必要がありません。

大きな失敗リスクが小さい

資産運用のプロが分散投資をした上で運用してくれるので元本全額を失うようなリスクはほとんどありません。それに一般的な不動産投資のように最初にローンを組む必要がないので投資に失敗した際の損害も小さく抑えることができます。

ここまで紹介したようにJ-REITは、不動産投資と似た種類の資産運用方法です。最後にJ-REITという種類の資産運用のメリット、デメリット、相性の良い人についてまとめてみます。

J-REITのメリット

  • 少ない元手で着手できる
  • 元本以上の損失がない
  • 大きな失敗リスクがないこと


J-REITのデメリット

  • 元本保証がない資産運用である
  • 価格変動リスクが大きい


J-REITと相性の良い人

  • 少額からはじめたい人
  • 不動産投資に興味がある人
  • 資産運用に元本保証を求めない人


J-REITは不動産投資信託


株式投資


株式投資というのは、購入した株価の変動を通して稼ぐ種類の資産運用です。

株式投資の原理は、簡単ですが株の売買で利益を出すのは簡単ではありません。安定的に株式投資で利益を出すためには、株価の値上がりが期待できる企業の株式を見つける必要があります。

株式投資を利用した資産運用の3つの特徴について紹介します。

ミドルリスク・ミドルリターン

株価が上がった時に持っている株を売却すれば、利益が手に入ります。しかも株式投資の場合は株価が短期で大きく値上がることも珍しくありません。

逆に言えば景気の変動などで株価が下がれば損失が発生するので安全性が高い金融商品とはいえません。さすがに元本以上の損失は発生しませんが、大きなリターンが見込める分相応の失敗リスクを受け入れる必要があります。

持っているだけでメリットがある

株式を持っていると定期的に株主配当や株主優待サービスを受けることができます。配当や優待サービスがあるので、株式は持っているだけで多くのメリットがあります。

自分で勉強が必要

株式投資で安定して勝ち続けるには、投資方法や銘柄選びといった勉強をする必要があります。預金や国債と違って元本保証もないのですし、会社が倒産すれば株は紙切れになります。お金の勉強を楽しめる人ではないと継続的に結果を出すのは難しいです。


最後に株式投資という種類の資産運用についてまとめてみます。

株式投資のメリット

  • 持っているだけでメリットがある
  • 大きく稼ぐチャンスがある
  • ネットで気軽に売買できる
  • 配当金という定期収入が手に入る


株式投資のデメリット

  • 元本保証がないこと
  • 元本全額を失うことがある
  • 自分で勉強する必要がある
  • 素人では失敗リスクが高い


株式投資と相性の良い人

  • 資産運用に元本保証を求めない人
  • お金の勉強が苦にならない人
  • 損失リスクを受け入れている人


比較的失敗リスクが高い種類の資産運用ですが、継続的に投資手法や会計を学べば資産を大きく増やせます。元本以上の損失リスクがないことに加えて一攫千金も夢ではないので資産運用を通してお金を稼ぎたい人におすすめです。

不動産投資


不動産投資というのは、不動産を購入して転売することや賃料収入でお金を稼ぐ種類の資産運用です。この不動産という実物を扱う不動産投資の3つの特徴についてまとめてみました。

初期投資が必要


不動産投資に取り組むには、ある程度の頭金が必要になります。

初期投資を一括で払いきれない場合は、ローンを組むことになるので事実上の借金を背負うことになります。比較的高額な初期費用が必要な種類の資産運用といえます。

定期収入が手に入る


他の資産運用にはない不動産投資の大きな特徴は、毎月の収入が作れることです。借り手を確保すれば毎月賃貸料が入ってくるので安定した不労所得が手に入ります

元金の回収に時間がかかる


空室や家賃の滞納などで思った通りに賃料が手に入らないと元金の回収に時間がかかります。トータルで黒字になるには10年程度かかることを覚悟する必要があります。

それに不動産は建築後の期間が長くなれば長くなるほど価値が落ちる種類の資産です。火災や地震で建物自体が崩壊するリスクもあるので不動産投資に手を出す前に様々な失敗リスクを想定することが必要になります。

ここでまとめたような特徴がある不動産投資のメリットやデメリットについてまとめてみました。

不動産投資のメリット

  • 不労所得が手に入る
  • 固定資産が手に入る
  • 保険で失敗リスクを下げられる


不動産投資のデメリット

  • 元手が回収できないリスクがある
  • 借金が残るリスクがある
  • 不動産の価値が落ちるリスクがある
  • 素人では、失敗リスクが高い
  • 保険加入により、毎月のコストが一定かかる


不動産投資と相性の良い人

  • ある程度お金に余裕がある人
  • 不動産投資のリスクを理解できる人
  • 資産運用を通してお金を増やしたい人
  • 不労所得を手に入れたい人


不動産の売却益や賃料収入が利益となる不動産投資


ハイリスク・ハイリターンの資産運用方法


FX取引


FXは、ドルやユーロをはじめとした通貨の売買を通して利益を出す種類の金融商品です。FXで利益を出す方法は、スワップポイントと為替差益という2種類があります。

スワップポイント

スワップポイントというのは、通貨間の金利を利用して利益を出すことです。例えば、年0.1%の金利の日本円を年5.75%の金利の南アフリカランドと交換した場合は差額の5.65%が利益になります。

為替差益

為替差益というのは、為替レートの変動を利用して利益を出す方法です。

1ドル100円の時に100ドル分購入したドルの単価が、半年後に1ドル130円にまで値上がりしたとします。この状況で保有しているドルを売却すれば、3,000円の利益が発生します。

ここまでFXにおける2種類の利益を紹介しましたので、これからはFXを使った資産運用に見受けられる3つの特徴について紹介していきます。

ハイリスク・ハイリターン

FXには、レバレッジという機能があります。

このレバレッジ機能を利用すれば、元金以上の取引を行うことができます。例えば、100倍のレバレッジを使って資産運用に取り組めば1万円の元手で100万円分の外貨取引を行えます。

100倍のレバレッジを使えば発生する利益は本来の100倍になりますが、発生する損失も本来の100倍に増えてしまいます。このように大きくお金を増やすことができる反面、大きな損失を出すリスクもあるのです。

短期間で手持ち金を増やせる

レバレッジ機能を使えば、短期間でお金を大きく増やすことができます。

例えば100万円の元手と100倍のレバレッジを使った上でドルと円を交換したとします。交換して3日後にドルの価値が2円上がれば、200万円の利益が発生します。

リスクは調整できる

FXは、一般的には危険度が高い種類の資産運用方法ですが、リスクを調整することができます。レバレッジレートを調整することや損失を制限するロスカット機能を利用すれば、失敗リスクを事前にコントロールできます。

ここまで紹介してきましたようにFXには大きなリスクがありますが失敗リスクは自分で調整することができます。最後にFXを使った資産運用の特徴についてまとめてみます。

FXのメリット

  • 短期で大きく資産を増やせる
  • 元手以上の取引ができる
  • 資産運用で大きな資産を作れる


FXのデメリット

  • 全財産を失うリスクがある
  • 借金を背負うリスクがある
  • 多額の損失リスクがある


FXと相性の良い人

  • 失敗リスクを理解している人
  • 感情的にならない人
  • 資産運用に元本保証を求めない人
  • 大幅に資産を増やしたい人


先物取引


先物取引は、現物商品や有価証券が将来のある時期にいくらで売買されるのかを予測するタイプの投資商品です。例えば、現在10万円で取引されている100キロの穀物を半年後に10万円で売却する権利を買ったとします。

半年後の穀物の相場価格が6万円に下落した場合は、4万円の利益が発生します。逆に100キロの穀物の相場価格が20万円に上がれば、10万円の損失が発生します。

このように先物取引は、将来の価格を予想して売買する種類の投資商品です。将来価格の予測で利益を狙う先物取引にはこれから紹介する3つの特徴が見受けられます。

短期で大きく稼げること

先物取引は、レバレッジを利用することができるので元金以上の取引をすることができます。短期間で大きな利益が狙える種類の資産運用に興味がある人におすすめです。

失敗リスクが大きいこと

穀物や資源関連は、世界情勢で大きく相場が動くので多額の損失が発生することがあります。仮に高いレバレッジレートを利用していたら目も当てられない損失が出てしまう恐れもあります。先物投資に取り組む前に投資に伴うリスクはきちんと理解したいですね。

素人には難しい

景気の変動は、プロでも読めないことが多いので素人が当てることが相当困難です。ある程度経済や金融や社会情勢を理解していない中で手を出すのはあまりおすすめできません。

その上先物取引はFXと同様にレバレッジが使えるので元金以上の取引を行える金融商品です。なので先物取引を利用するのでしたら大きな損失リスクを理解した上で適切なリスクヘッジを行う必要があります。

FXと同様にレバレッジが使える先物取引を利用した資産運用に伴うメリットやデメリットについてまとめてみました。

先物取引のメリット

  • 短期で大きく資産を増やせる
  • 元手以上の取引ができる
  • 莫大なお金を稼ぐことができる


先物取引のデメリット

  • 元金を失うリスクがある
  • 借金を背負うリスクがある
  • 多額の損失リスクがある


先物取引と相性の良い人

  • 投資を長年やっていた人
  • 損失リスクを受け入れている人
  • 経済や世界情勢に詳しい人
  • 資産運用で大きく稼ぎたい人



11種類の金融商品のまとめ


いかがでしょうか。ここまで11種類の資産運用を紹介してきました。

今回紹介した11種類の資産運用の期待リターンと損失リスクは、それぞれで大きく異なります。11種類のどの運用方法が最適であるかは、一人一人の資産運用に取り組むスタンス次第です。

例えば・・・

  • 資産を守りたい人は、ローリスクタイプ
  • 今ある資産を増やしたい人は、ミドルリスクタイプ
  • 短期で資産を大きく増やしたい人は、ハイリスクタイプ

どの資産運用が自分に合うかを判断するためにも資産運用に取り組む際のゴールや方針についてはきちんと明らかにしたいですね。

ちなみに資産運用のゴールを今ある資産を増やすということに置くのでしたらヘッジファンドと呼ばれる会社に資産運用を任せるのが一番

ヘッジファンドについてはこのコンテンツでは取り上げませんでしたが、言うなれば個人の資産運用を代行してくれるプロの業者です。ヘッジファンドに資産運用を全面的に任せれば、数年で彼等に預けたお金が倍に増えるなんてことも普通に起こり得ます。

数年で資産が倍になるとなるとリスクが気になるかもしれませんが、その点もご安心を。なぜならヘッジファンドを利用するリスクは、このコンテンツで紹介したミドルリスク型の資産運用と特に変わらないからです。

ヘッジファンドに少しでも興味を持たれた方は、ヘッジファンドに関する情報を集めてみるのが良いでしょう。当サイト内にはヘッジファンドについてまとめているページや国内の人気ファンドを特集しているページが数多くあります。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング