HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

プロとアマチュアの差は管理能力


資産運用の結果を左右する事前シミュレーション

投資の世界で「プロとアマチュアの差」の1つに自分の運用に伴うリスクとリターンの管理があります。

資産運用の失敗のほとんどのケースは、自分の運用に伴うリスクとリターンの大きさを把握せずに資産運用に取り組んだことが原因になっています。

プロの投資家は、何度もシミュレーションをした上で取引に臨むので大きな失敗をほとんどしません。

事前シミュレーションを利用して期待できる結果と最悪のケースを想定した上で資産運用に取り組めば、アマチュアの方でもプロのような運用ができます。

今回のコンテンツでは、資産運用の結果を事前に予測できる事前シミュレーションについて特集しております。資産運用に伴うリスクとリターンの大きさを運用前に把握したい方におすすめのコンテンツです。

資産運用シミュレーション

目次



資産運用でシミュレーションが必要な理由


資産運用を始める人の中には、誤ったシミュレーション結果に基づいて銘柄を選んでしまう人がいます。そこでこのコンテンツの手始めに資産運用の世界における「シミュレーションとは何か」と「シミュレーションが大切な理由」について特集します。

資産運用における「シミュレーション」は、その運用を行なうとどういう結果になるかを資産運用に取り組む前に予測することです。

例えば、100万円を年利0.327%の10年物の国債を使って資産運用に取り組んだ時の期待損益のシミュレーションをしてみます。この場合、毎年3270円の利益が発生し、10年後の時点では100万円が戻ってきます。元本保証が付いているので損失リスクはありません。

この資産運用は、資産を守りたい人には都合が良いですが、資産を増やしたい人には相性がよくありません。例えばあなたが、10年後に手元の100万円を300万円に増やしたいのならば、国債での資産運用は目標達成に繋がりません。

10年後に手元の100万円を300万円に増やしたいのならば、10年間で200万円、単年で20万円の利益を出す必要があります。毎月20万円稼げる方法で資産運用に臨まないと最終的な目標を達成することはできません。

このように資産運用でシミュレーション行えば、自分が取り組もうとしている資産運用が自分のゴールの達成に繋がるかが事前に分かります

事前に自分の運用の結果をある程度予測できれば、自分が考えている資産運用の良し悪しを判断することができます。それに事前にシミュレーション行えば最悪のケースも想定できるので、リスクの背負い過ぎを防ぐことにも繋がります。

資産運用の世界では、計画段階のミスは、運用の失敗に直結するので事前のシミュレーションは大切になります。


シミュレーションで大切な4つのポイント


ここでは、資産運用で質の高いシミュレーションを実現するための4つの手順を紹介します。


1:目標金額を設定する
まずは、資産運用でいくらのお金をいくらに増やすのかを考えましょう。

例えば、手元の10万円を1億円に増やすのと30万円に増やすのとでは、やるべきことが大きく変わります。運用計画のスタートとゴールを数値化することがシミュレーションで一番はじめにやることです。


2:運用する期間を設定する
資産運用で目指すべき目標金額を決めた後は、その目標をどの期間で達成するかを考える必要があります。

例えば、手元の100万円を30年で200万円にするのと3日で200万円にするのとでは、適切な資産運用の方法や覚悟しなくてはいけないリスクの大きさが変わります。

このように目標金額を決めた後には、「いつまでに」という達成期限を明確にすることが大切です。この金額と期限が決まれば、毎年稼ぐ必要のある金額がわかるのでシミュレーションの骨格が決まります。


3:期待する年利を決める
資産運用の目標と達成期限が決まれば、毎年いくらお金を増やせばよいかが分かります。

例えば、手元の500万円を10年で1000万円に増やしたいのでしたら単利運用で毎年50万円の利益を出すことが求められます。仮に複利が利用できる金融商品で資産運用に取り組むのでしたら年利が7.2%以上の金融商品で運用する必要があります。

このように目標金額と達成期限が決まり、狙うべき年利が分かれば、適切な運用方法を選ぶことができます。


4:予想されるリスクを考える
目標金額・期限・狙うべき年利が分かれば、自分にとって最適な金融商品を見つけることができます。自分にとって最適な金融商品が見つかりましたら、その金融商品を使って資産運用に取り組む際のリスクについてシミュレーションしてみましょう。

例えば、3年で手元の500万円を1,000万円に増やすのでしたら年利24%で運用することになります。その場合、年利24%の運用に伴うリスクを背負うことになります。

シミュレーションによって算出されたリスクが自分の許容できるリスクを上回るのならば、運用計画を再考した方が良いかと思います。


ここまで紹介してきましたようにシミュレーションを行うには、目標金額・運用期限・期待利回り・リスクという4つが鍵になります。 特に4つ目のリスクに注目することで実際に資産運用に取り組む前に最悪の状況についてシミュレーションしておきたいものです。


自動シミュレーションツールの紹介


ここまでシミュレーションの大切さを説明してきましたが、自分で運用結果のシミュレーションをするのはとても大変です。そこで、資産運用のシミュレーションを自動で行ってくれるツールを無料で提供している3つのサイトを紹介します。


複利計算なら「モーニングスターの金融電卓」



モーニングスターというサイトが提供している金融電卓を利用すれば、目標達成に繋がる期待利率がすぐに分かります。

この金融電卓の特徴は、元金・目標金額・目標期限という3つの項目を入力するだけで達成すべき利率が自動計算されます。利率計算以外にも色々なシミュレーションを行えるのでとても便利なシミュレーションツールと言えます。

モーニングスターの金融電卓


リスク・リターンが瞬時に分かる「ファンドの海」


ファンドの海というサイトが提供している長期投資予想/アセットアロケーション分析は、資産運用のシミュレーションに大いに役立ちます。

資産クラスの分類、配分、金額を入力すれば期待リターンとリスクを自動で分析してくれます。自分が取り組もうとしている資産運用には、どの程度のリスクがあり、どの程度の年利が期待できるかのシミュレーション結果がひと目で分かります。

システムの都合上、算出されるシミュレーション結果は資産クラスにまとめられているので大まかですが、運用に伴うリスクとリターンを瞬時にシミュレーションできるのでとても役に立ちます。

運用期間を設定すれば年利のばらつきまでわかるので、自分が運用することになる期間の目安も掴むこともできます。資産配分のシミュレーションを行いたいのでしたら、「ファンドの海」が提供しているシミュレーションツールの利用をおすすめします。

ファンドの海


最適な資産配分が分かる「わたしのインデックス」


わたしのインデックスというサイトが提供している資産配分ツールを使えば、年利のシミュレーションをすることができます。このシミュレーションツールに自分の資産配分を入力すれば、平均リターンと想定リスクのシミュレーション結果が出てきます。

複数の資産配分を保存することができますので、自分の求める年利に近い資産配分の比較ができます。自分にとって最適な資産配分を考える際にわたしのインデックスが提供しているシミュレーションツールは大いに役立ちます。

このツールを利用するには、サイトへのユーザー登録が必要になってきますが、登録にはお金がかかりません。資産配分のシミュレーションやリスク・リターンのシミュレーションに興味がある方は、登録することをおすすめします。

わたしのインデックス


今回紹介した3つのシミュレーションツールを利用すれば、質の高い資産運用のシミュレーションを自動で行えます。それぞれのツールは操作も簡単なので資産運用で結果を出したい方は、利用してみてはいかがでしょうか。


期待利回り別おすすめの資産運用の紹介


せっかく資産運用のシミュレーションをしても適切な運用方法を見つけることができなければ、結果に繋がりません。

一口に資産運用といっても色々な運用方法があるので、シミュレーション通りの結果が期待できる運用方法を見つけるのは簡単ではありません。ここでは期待利回り毎におすすめの運用方法をまとめてみましたので、ご自身の資産運用の参考にしてみてください。


期待利回り:1%未満
期待する利回りが1%未満の場合は、リターンが低い代わりに損失リスクがほとんどありません。

色々な運用方法がありますが、定期預金や国債で資産運用に臨むことをおすすめします。国債や定期預金には、元本保証がついているので資産を守りたい人と相性が抜群です。


期待利回り:3%程度
3%程度の小さな利回りを資産運用で求めるのならば、安全性の高い金融商品で資産運用に臨むことおすすめします。

例えば、投資信託やJ-REITをはじめとした堅実に利益を出せるタイプの金融商品を購入すれば、大きなリスクを冒さずに3%程度の利回りが狙えます。

とりわけJ-REITは、安定して3%~4%の利益が狙えますし、少額から始められるので人気が高い金融商品です。


期待利回り:5%~8%
毎年の期待利回りを5%~8%とする場合は、自分で運用するか他人に任せるかで話が大きく変わります。

自分で資産運用に取り組む場合は、6%程度の利回りが期待できる日本株不動産投資で資産運用に着手することをおすすめします。

株や不動産というとリスクを恐れる人も多いですが、分散投資等を利用すれば損失リスクを効果的に下げることができます。

他人に資産運用を任せる場合は、国内で実績があるアクティブファンドにお金を預けるのが良いでしょう。

例えば、鎌倉投信というファンドは、毎年4%強の配当を安定して投資家に還元しています。アクティブファンドは、大きな損失リスクを冒さない傾向があるので、堅実に年5%程度の利率を期待する人と相性が抜群です。


期待利回り:10%~30%
10%~30%の期待利回りを求めるのならば、ヘッジファンドというプロに資産運用を任せてみるのが良いでしょう。

実績のあるヘッジファンドに資産を預ければ、10年で資産が3倍~4倍に増えることは珍しくありません。ある程度の損失リスクを理解した上で資産運用で大きなリターンを狙うのでしたらヘッジファンドの利用を考えると良いでしょう。


期待利回り:30%強
30%を超える高い利回りを資産運用で狙うのでしたらレバレッジ機能が使えるFXや先物取引で資産運用に取り組むことになります。

30%を超える利回りを安定して資産運用で出すのはプロでも困難なので、本気で狙うのならば、それ相応のリスクを背負うことになります。

目を当てられないような失敗をしないためにも、資産運用に取り組む前に最悪な状況のシミュレーションをすることをおすすめします。


事前予測のまとめと予測の限界


ここまで資産運用のシミュレーションに関してまとめてきました。

事前シミュレーションを念入りに行えば、資産運用に伴うリスクとリターンを運用前にある程度把握することができます。まさにシミュレーションの質が資産運用の質を分けると言っても過言ではありません。

もちろん実際に資産運用に取り組む中ではシミュレーション通りにいかないことが多々あります。それにシミュレーションの結果は過去のデータをベースとした数値であるのでシミュレーション結果から未来が見えるわけではないのです。

現実の資産運用ではシミュレーションでは想定できないような事態が起こり得るのでシミュレーション結果を信じ過ぎるのはあまりおすすめできません。あくまでシミュレーションというのは予測であると理解することもまた大切になるのです

資産運用には不測の事態が起きることがあると理解し、失っても大きくは困らない余剰資金の範囲で資産運用に取り組むことを心がけると良いでしょう。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング