HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

100万~300万円を上手に運用するコツ


100万をうまく運用するには

このサイトは1000万円を資産運用することに対してのおすすめを管理者なりに書き記していますが、100万円や300万円で資産運用に取り組むことはできないかと考えている人も多くいるようです。

ですので、ここでは、100万円の資産運用と300万円の資産運用について簡単にまとめてみます。

100万円や300万円を運用する前に、そもそも資産運用と投資の違いって何?というあなたはまずこちらで「資産運用とは何か」を把握しておきましょう。

>>知っておきたい資産運用の基本や投資との違い、おすすめの運用方法はこちら



では早速見ていきましょう。

まず100万円や300万円の資産運用を行う場合、自分自身で取り組むのか?その道のプロに任せるのか?そこが一つの大きなポイントとなります。

それに100万円や300万円をいつまでにいくらに増やしたいかという目標によっても、資産運用で取るべき選択肢が変わってきます。

資産運用の選択肢

まず簡単にまとめてみます。
これから紹介する表を見てください。

  自分で運用する プロに任せる
ジャンル FX 225オプション 投資信託 ファンド
利益率 2位 1位 4位 5位 3位
リスク
おすすめ度(100万) Good Good   Bad  
おすすめ度(300万)       Bad Good

管理人の考え方をお伝えしますと、資産運用額がいくらであっても投資信託はお勧めできません。

貯金が貯まり、資産運用に取り組む際に今ある資産を手堅く増やそうとして投資信託を選択する人はたくさんいます。投資信託も悪くはありませんが、資産運用について少し調べれば、投資信託より魅力的な資産運用がたくさん見つかります。


自分で取り組む場合、資産運用のスキルを長期的に向上できるのはです。したがって、株を資産運用の対象にすることをお勧めします。

その一方でプロに任せる場合は、投資信託は運用成績が全然ダメなので、ヘッジファンドが最適でしょう。

まとめますと、100万円~300万円を自分で学びながら資産運用をするなら「株式投資」。100万円~300万円をプロに任せて資産運用をしてもらうなら「ヘッジファンド」がおすすめになりますね!

ちなみに、自分で資産運用に取り組むかプロに資産運用を任せるかを考えるだけでなく、リターンがどれくらいほしいかについても考えてみましょう。

資産運用で狙うリターンによっておすすめの資産運用方法は大きく変わりますからね。あなたは、自分の資金を元手に、年間でどれくらい儲けたいと考えていますか?

年間で倍を狙う?それとも30%を狙う?


話を戻します。例えば2000万円や3000万円を資産運用しようとする場合ならまだしも、今は桁が一つ違う100万円や300万円ですから、年間利回りも、かなりアクティブに狙ってよいでしょう。

⇒2000万円以上のおすすめの運用方法はこちら

 
ちなみに資産運用で狙うことになる利回りに関しては、大きく分けるとこのような3つのパターンに大別できます。

三つの運用パターン画像


A:年間倍を狙う


もしあなたが資金を一年で倍に増やしたいのなら、自分自身でリスクを取りながら資産運用に取り組むことになります。その場合は、株かFX がおすすめです。

特に利益率という観点で考えると海外FXがベストの選択肢になります。なぜなら海外のFX口座でFXに取り組めば100倍を超えるレバレッジを利用できるので短期間で資金を倍にできるからです。

現に2017年7月5日現在、XMの最大レバレッジは888倍、GEMFOREXの最大レバレッジは1,000倍になっています。最大レバレッジが高い海外FX口座を利用すれば、短期間で運用資金を2倍はおろか10倍に増やすことも不可能ではありません。



→GEMFOREXのFX口座の開設はこちら


断っておきますが、年間で倍に増やすというのはギャンブルに近いのでリスクがあります。運用に回した金額が全て無くなるリスクがある以上、最初はなるべく少ない資金でレバレッジをきかせて取り組んでみましょう。

こうすれば損失リスクを少ない元手の範囲内に抑えながら資金を倍に増やすチャンスが手に入ります。トレードに回す資産を少額にすることでリスクを最小限にし、レバレッジで資産を増やすチャンスをうかがう。

最大レバレッジが高い海外のFX口座ならではの資産運用ですのでこの条件を利用しない手はありません。

年間で30-40%のリターンを狙う


多くの投資家がえがく、資産運用における期待リターンは一般的に30%程度です。30%であれば、FXだけでなくオプション取引で取り組むことも現実味を帯びます。

ただしオプション取引は簡単ではないので素人が年間で30~40%を出そうとすると大きな損失を出す恐れがあります。こういった素人ならではの失敗を避けるコツはオプションで高い利回りを出しているファンドを利用することです。

こういったファンドを利用すれば、自分でオプション取引に取り組まずともオプション取引で年利30%程度の利回りが期待できます。オプション取引で年利30%程度の利益を出しているファンドにつきましては文末でランキング化してまとめています。

どのファンドも資料請求を受け付けているので気になる会社があれば、資料を請求してみるのが良いかもしれません。




年間で10%以上を狙う

金銭感覚は人ぞれぞれですが、100万円を年間数%程度で運用しようと考える人はあまり多くはいません。ただし資産運用に取り組む際の資金が数千万円クラスでしたら10%程度の利回りでも十分な利益が発生します。

例えば年利10%で5千万円を運用すれば、資産運用で発生する毎年の利益は500万円になります。つまり年間で10%程度の利回りは、2000万円や3000万円といった資金を運用する投資家が良く狙うゴールになります。

資産運用を通して1年間で元手を倍にしようというのはやはりリスクがあります。

リスクを考えると年100%の利益を求めるのは資産運用に取り組む金額が100万円程度の時に留めるのが良いでしょう。その結果2000万円や3000万円といった大金で資産運用に取り組むのでしたら狙うリターンが低くなるのは至極当然のことです。

運用資金が300万なら?


次に300万円という初期資金で資産運用に取り組むケースを考えてみます。

一般的には300万円で資産運用に取り組む際には資金の一部をオプションに回して大きくレバレッジを効かせて運用します。その一方で徹底的に日本株を勉強して割安株に仕込んでいくという2段階の資産運用戦略が人気です。

もちろん株の勉強には時間がかかるので勉強する時間も情熱ない、という方は株を投資対象としている資産運用のプロに預けることをおすすめします。300万という元手があれば資産運用を代行してくれるプロは十分にいます。

プロに運用を委託するという選択


国内の資産運用会社は、海外ファンドや投資信託と違って、運用責任者と直接話ができるところが最大のメリットではないでしょうか。

日本語が通じ日本国内ですべて説明を受けた上で資金を預けることができるので、実は投資信託と同じか、それ以上に安心できる投資商品であると管理人は考えます。

投資信託もその中身を紐解いていくと、大手の銀行や証券会社が窓口になって個人投資家のお金をかき集め、最終的にはどこかの資産運用会社に託しているのです。

投資信託イメージ

このことを考えると、コストでしかない銀行や証券会社というブローカーの存在を外して、直接資産運用会社と契約するほうがよっぽどお得です。

このサイトでは、実績や経歴からいって十分信頼に足る資産運用会社を紹介していますが、それは個人投資家にとって一番効率がよい運用先といえるからです。

資金量が増えますと、なかなか自分自身で資産運用に取り組むのは大変です。

100万円や300万くらいなら、リスクをとって大きく増やそうとトライされてもいいですが2000万円や3000万円以上となれば、あなたの心理的負担が変わることにより、急に100万円のころよりも運用成績が悪くなるのが一般的です。

その反面資産運用会社は、大きな資金を運用するノウハウをもっています。

もちろん2000万円や3000万円を運用するケースだけではなく、4000万や5000万といった金額のノウハウも豊富。つまり資産運用に取り組む資金が数千万円単位になるのでしたら資産運用をプロに任せることをおすすめします。


▼ 関連コンテンツ ▼


⇒1000万~5000万ぐらいまでの運用ならここをチェック

⇒5000万以上の高額資産の運用ならここをチェック

⇒大きく1億以上の資産運用なら

⇒100万円以下のおすすめの運用方法


タケシが推薦!おすすめファンドランキング





特別編 100万円以下の資産運用?


このコンテンツを見ている人のなかで、資金が100万円ない方、または100万円程度までしか投資に使えない方は方針変更する必要があります。

簡単に言えば方向性は2つ。

  • ・もっと貯める
  • ・資産運用するのではなく、資産形成を狙う

それぞれのケースについて見ていきます。


もっと貯める場合


こちらはシンプル。もっとお金貯めてから資産運用を考えようという話ですね。
このサイトは「1000万円資産運用ドットコム」というタイトルのとおり、1000万円を資産運用でいかに効果的に増やすかがテーマです。

資産運用で20%の年間リターンがあれば、1000万円の場合200万円の利益となり、手ごたえがあります。一言で言えば「やった感」が得られます。

しかし100万や300万程度では、20%のリターンでは20万円~60万円ということで、「悪くはないが、あっさりなくなってしまう」金額と言えます。

やはり1000万に近ければ近いほど、いや、1000万よりもっと多ければ多いほど、お金はお金を生みます。この点を考えると一定期間散財せず集中してお金をためて、とにかくまとまった貯金を作るというのは理にかなっています。

「B:資産運用するのではなく、資産形成を狙う」


いまの条件、つまり預貯金100万円以下の状態で、それでも「お金にまつわる何かプラスなことをしたい」というのであれば、資産運用ではなく資産形成を考えることをおすすめします。

繰り返しになりますが、資産運用ではなく、資産の「形成」です。これはどういうことかというと、不動産を所有するようにこれから資産を築くことを意味します。

特に資産形成を考えるなら、不動産が最適です。

なぜなら、あなたが100万円前後の貯金額だとして、資産運用の場合、「株やFXをやるから金を貸してくれ」と銀行に言っても相手にされませんが「不動産を買うから」と言えば融資してもらえる可能性があるからです。

そこまで年収が高くなくとも、大企業に勤めていなくても、ワンルームマンション投資のための融資を、銀行は前向きに考えてくれます。

金融緩和時代、政府の政策もあって、時代も後押ししていますね。

この場合、手元にあるお金をいかに増やすかという発想ではなく、10数年後に資産を築くために今何するか、という発想です。

マンション投資が合理的で、誰にとってもチャンスなのはあなたの社会的な属性(年収や勤め先、貯金額)にかかわらず、他人資本(=銀行からの融資)で資産を買い、他人の支払い(=入居者が支払う家賃)で返済できる点です。

10数年後に返済を終えれば、あなたの資産が形成でき、月々の家賃分が丸ごと収入になります。年収350万でも、うまく資産をふやしワンルームを5戸でも所有できれば、老後に月々35万円程度の権利収入を得ることは可能です。

「銀行融資」を「他人が払う家賃」で返済し資産を作り、あとはこれを繰り返すだけ。資産形成にもってこいな不動産投資ですが、リスクはもちろんあります。よくありがちなのが、

マンションを銀行から金を借りて買ったはいいが、返済のアテにしていた、入居者が退居した!結局自分で月々の返済を払う羽目に・・・

なんてケースです。このような状態に陥っては最悪です。

ですので、不動産投資家の評判が良い不動産会社から情報をもらう必要があります。またはたくさんの不動産オーナーを輩出している実力派コンサルタントから情報を受けましょう。

貯金が100万円以下の人は、資産運用はまだできずとも、資産形成はすぐ実行可能なので、積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。


⇒ ワンルームマンションで資産形成するにはこちら



タケシが推薦!おすすめファンドランキング