HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

国内ヘッジファンドを語る ②


日本という国家の金融システムも含め、日本人が金融知識に関して全般的に世界より足りていないという指摘は近年、内外からよく聞く言葉になりました。

銀行や大手証券会社などが販売する投資信託ばかりが名が知れ渡り、それ以外の情報は極端に少ないのが現状です。

しかしその投資信託の実態も、販売会社や営業マンが都合のいいセールストークを並べ、「分配金」という殺し文句で会社がすすめたい「おすすめ商品」を買わせ、知識の薄い投資家たちの資産を食い物にしているといっても言い過ぎではないはずです。



では、投資家たちはなぜ投資信託を購入するのでしょう?


それは、それ以外の選択肢がないからです。


端的に言って、投資信託を購入するメリットはほとんど見当たりません。ですので、新しい投資先として国内に存在するヘッジファンドに目を向ける必要があると考えます。


日本の金融は現在、金融黎明期の混沌とした時代から、少しずつ法整備も整い、成熟への道を辿っています。

詐欺まがいなファンド会社はどんどん消えていく中、本当に優秀な成績をあげることができるヘッジファンドだけが、少しずつ、その存在をあらわにしてきているのです。

ヘッジファンドの選択肢が十分にあるとはまだまだ言えませんが、そんな中でも、堅実な運用実績を積みあげているヘッジファンドもあります。

私は一投資家の目線として、資産運用のポートフォリオに、こういったものを組み込み必要があると実感しています。

トップページのランキングでも紹介してありますが、下記は実際に私自身が資産の一部の運用をお願いしている国内のヘッジファンド会社です。

今のところ、しっかりと安定した成績を出してくれている会社ばかりです。

あくまで、私の経験の上での話ですが、よろししければご参考ください。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング