HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

退職手当との最適な関わり方とは?


せっかくもらった退職手当をどのように運用すればよいか気にならないでしょうか?

退職金は引退後のセカンドライフを考える際に要となる資金ですので運用の結果は老後生活を大きく左右します。幸せなセカンドライフを送るためには、退職金を減らさないだけではなく上手な運用を心掛けて額面を増やすことも必要になってきます。

そこで今回は退職手当を運用する際に心掛けたい3つのポイントと運用先として人気がある資産運用についてまとめてみました。これから紹介する内容を押さえるだけで絶対に減らしたくない退職金を安全にかつ効果的に運用する方法がわかります。




投資プラン選びで失敗しないためのコツ


退職金の運用プラン選びで失敗しない3つのコツ

退職金の運用次第で老後の生活が決まる恐れがあるので退職金の運用には慎重になる必要があります。そこでまずは大切な退職金を運用する際に心掛けておきたい3つのポイントについて見ていこうと思います。

大きく減らさないことを第一に考える


退職金を運用する際に最も大切になるのは、額面を大きく減らす恐れのある運用を避けることです。当たり前のことかもしれませんが、退職金というのは会社を辞める時にもらえるお金なので2度ともらえることはありません。

それに会社を辞めた後の老後生活は毎月支給される年金と退職金をはじめとした貯蓄を頼りにした生活になります。つまり退職金の運用に失敗すると老後設計の大きな見直しをせざるを得ない状況になってしまいます。

このことを考えると退職金の運用は「大きく減らさない」ことを前提とした運用に取り組むのが王道のスタンスになります。

元本保証を狙いすぎない


大きく減らさないのが王道であるとはいえ元本保証のある運用に固執するのはあまりおすすめできません。

元本保証がある資産運用はどうしても利回りが低くなるので資産の総額を増やすことができません。例えば銀行預金の利回りは0.1%を切りますし、外国の10年ものの債券であっても2%を切るのが一般的です。

もちろん数千万円の退職金がもらえるのでしたら元本保証がある投資商品で減らさない運用に取り組むのも悪くはありません。ですがそこまでの金額をもらえる人は限られています。

十分な額の退職金がもらえないのでしたら減らさない運用を第一にしながらもある程度の利回りは求めた方がよいでしょう

狙う利回りを明らかにする


退職金の運用方法は多岐にわたりますが、どの運用方法がよいかは狙う利回り次第で大きく変わります。

例えば年間で10%を超える運用益を期待するのでしたらヘッジファンドが良いですし、数%で良いのでしたら債券がよいでしょう。

どの運用方法が良いかはあなたがどの程度の利回りを求めるかで大きく変わります。もしあなたが最適な退職金の運用方法に興味があるのでしたらどの程度の利回りが必要なのかを考えることが必要になります。

そのためにも老後生活に必要となる資金を洗い出し、現状の貯蓄額との差額を計算することをおすすめします。両者の差額が分かれば狙うべき年間の利回りが自ずと分かるので適切な運用方法の候補がわかります。


運用プランのおすすめ比較ランキング


退職金の運用プランおすすめ比較ランキング

ここでは退職金の運用方法として人気がある5種類の資産運用についてランキング形式で紹介していきます。今回紹介する5種類の運用方法をランキング形式でまとめてみましたので目を通してみてください。

  • 第1位:ヘッジファンド
  • 第2位:銀行の退職金運用プラン
  • 第3位:投資信託
  • 第4位:銀行の定期預金
  • 第5位:保険商品

今回紹介する5種類の運用方法を第5位の保険商品から紹介していきます。一番おすすめの運用方法に興味があるのでしたら第一位のヘッジファンドについて紹介しているこちらをどうぞ。

ヘッジファンドの特徴と期待損益


保険の特徴と期待利回り


保険の特徴と期待利回り

保険を使った退職金の運用には、万が一の事態の保証と事実上の元本保証がついているという特徴があります。

例えば明治安田生命が提供している終身保険ですと契約者は一生涯にわたって病気やけがの保証がされます。それに保険が不要になって保証契約を解消するとこれまで支払った金額の大半が払戻金という形で戻ってきます。

この払戻金の額は保険に加入している年数がある程度長くなるとこれまで支払った保険料を超えることがあります。増加額に関しては しかもその額は、今まで支払った保険料の1割~2割も増えることもあります。

もちろん仮戻金が元本を切ることもあるので元本保証があるわけではないのですが、元本を大きく切ることは基本的にはありません。

万が一の保証を受けながら退職金を増やすチャンスがあるのが保険を使った退職金運用の特徴です。医療費の増大や健康リスクが高まることが考えられる60歳以降の方にはこの保険を使った退職金の運用は相性が抜群なので注目に値します。


銀行の定期預金の特徴と金利


銀行の定期預金の特徴と金利

第4位は、銀行が提供する定期預金です。多くの銀行は退職金を手に入れた人たちを対象にした退職金特別プランを提供しています。この特殊な定期預金は通常の定期預金と比較すると格段に利回りが良いという特徴があります。

例えば山口銀行が提供している「退職記念」特別金利定期預金の年間の利回りはなんと2%。この2%という利回りは一般的な銀行の定期預金の利回りの約10倍です。

仮に1千万円を預けた場合ですとなんと年間で20万円の利息が付いてきます。定期預金なので元本保証がありますので、大事な退職金を減らすリスクは一切ありません。

退職金の額を減らすリスクがないのに年間2%の利回りが期待できるなんて嬉しいと思いませんか?

山口銀行の特別金利定期預金を利用するには300万円以上の金額を預金しなくてはいけませんが、退職金をもらった直後なら利用のハードルは高くないはずです。

退職金を安全に運用したい方の多くは銀行が提供している特別金利定期預金を利用しています。元本を減らすリスクを冒さずに退職金を運用したい人にとって銀行の特別定期預金は非常に使い勝手が良い運用方法と言えます。


投資信託の魅力と利回りの目安


投資信託の魅力と利回りの目安

第3位は、資産運用初心者でもはじめやすい投資信託です。

投資信託とはどういったものかといいますと資産運用会社が運用する投資信託を購入し、資産運用会社の運用結果に応じて資産が減ったり増えたりする金融商品です。

優秀な資産運用会社が運用する投資信託を買えば年間4%~5%程度の利回りを期待することができます。例えば日本国内で有名な鎌倉投信という運用会社は、元本を守ることを第一にしながら年間4%の利回りを出しております。

しかも投資信託を運用する資産運用会社は、投資信託を買った投資家のお金を様々な資産に分散して運用します。投資商品は分散投資が徹底されているので元本が大幅に減るリスクはほとんどありません

さすがに定期預金のような元本保証がある金融商品ではないですが、分散投資が行われているので安全性の高さに定評があります。資産の総額が大きく減ることはないので総額が大きく減ると大変なことになる退職金の運用にもってこいです。


銀行の退職金運用金融商品の特徴と利率


銀行の退職金運用金融商品の特徴と利率

退職金の運用方法の中で2番目に人気があるのは、銀行が提供している退職金運用金融商品です。

この退職金運用金融商品というは、投資信託と定期預金の2種類の金融商品が混ぜ合わさった銀行の運用プランです。退職金運用金融商品の最大の売りは、損失リスクを小さくしたうえで5%を超える利回りが狙えることです。

例えばみずほ銀行が提供している「退職金限定プラン」の利回りはなんと最大で8%となっています。この金融商品は預入金額の50%以上を投資信託で運営し、残りを定期預金で運用するタイプの金融商品です。

資産の半分近くを定期預金という元本保証があるタイプの金融商品で運用するので資産総額が大きく減るリスクはほとんどありません。大幅な損失リスクがほとんどないにも関わらず7%前後の利回りが期待できるので最近注目されております。

最低購入金額が300万円を超えることも珍しくないのが唯一の課題ですが、退職金を手に入れた直後でしたら問題なく利用できるはずです。退職金の運用先に迷った場合は運用先の候補の1つとして考えてみることをおすすめします。


ヘッジファンドの特徴と期待損益


ヘッジファンドの特徴と期待損益

退職金の運用先として最もおすすめしたいのがヘッジファンド。

これから紹介するヘッジファンドは、個人投資家の資産を運用してくれる独立系の資産運用会社のことを指します。よりシンプルに説明するとあなたの資産運用を代行してくれるプロの資産運用会社のことです。

腕の良いヘッジファンドに資産運用を任せれば、年間で15%~20%の利回りが期待できます。1年間15%~20%のリターンが狙えるとなるとリスクの大きさが気になりますが、ヘッジファンドはその点も安心。

実はヘッジファンドは投資家から預かったお金を複数の資産に分けた上で運用してくれるので分散投資が徹底されています。分散投資のおかげで元本全額が無くなる事態は想定できませんし、景気変動が起きても大きな損失が発生することは考えられません。

損失リスクを抑えながら年間で15%程度のリターンが狙えるのがヘッジファンドの持ち味です。資産運用を通して退職金を増やしたいのでしたらヘッジファンド程よい投資対象はほとんどありません。

おすすめのヘッジファンドはこちら


最適な退職金の運用方法はこれ!


最適な退職金の運用方法はこれ!
このコンテンツの最後に効果的に退職金を効果的に運用する大原則について紹介します。 もしかしたらご存知の方もいるかもしれませんが、資産運用の世界では「卵は1つのかごに盛るな」という言葉があります。

卵を1つのかごに盛るなとは?


この言葉が意味しているのは、資産運用は単一の金融商品で運用するのはリスクが高いということです。例えば元本保証がある国内の銀行の定期預金で退職金全額を運用するとします。

一見すると非常に安全性の高い運用に思えるのですが、元本保証がある定期預金とはいえ、定期預金一本で退職金を運用するのはリスクがあります。

極論になってしまいますが、日本が外国に侵略されて円そのものの価値がなくなってしまうとあなたの退職金の価値はゼロになります。

侵略は言い過ぎですが、インフレが起きて円の価値が下がることは十分に想定できるはずです。 円の下落リスクや円の消滅リスクを考えると退職金は複数の資産に分けたうえで運用をした方が良い結果が期待できます。

複数の資産で運用する際のポイントになるのは、稼げる資産、安全性のある資産、元本保証がある資産を1:4:5くらいの割合で分けることです。

イメージとしては9割の安全な資産で今の退職金を守り、1割の稼げる資産で今の退職金を増やすという戦略です。この1割の候補として最適なのはヘッジファンドに資産を預けることです。

ヘッジファンドに投資すれば、投資額が毎年2割程度増えることが期待できます。しかもFXのように元本以上の損失が発生することはないので大きなリスクを背負わずにすみます。

当サイトでは退職金の運用先として人気があるヘッジファンドをいくつか紹介しています。ヘッジファンドについて興味があるのでしたら目を通してみることをおすすめします。

おすすめのヘッジファンドはこちら


タケシが推薦!おすすめファンドランキング