HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

知識と経験があれば誰でも投資で結果を出せる?


「資産運用初心者だからこそ知っておきたい投資のコツ」

年金や会社の退職金が当てにならない現在の日本では、投資に関心を持つ人が増えてきています。あるアンケート結果によると女性の9割、男性の7割が資産運用の必要性を感じているという統計データがあります。

投資に関心を示す人が増えていますが、資産運用初心者が投資で満足の行く結果を出すのは簡単ではありません。事実、投資の世界で中長期的に結果を出している人のほとんどはプロといわれている人であり、入門者で結果を出している人は一握り。

プロと入門者の間で最も大きな差は、投資センスでも頭の良さでもなく前提知識と経験量です。ほとんどの資産運用初心者が結果を出せない理由は、運用計画の立て方や投資の世界の原理原則を理解していないからです。

逆にいえば、投資の世界の王道やコツを理解した上で運用に臨めばある一定の結果が期待できます。そこで今回のコンテンツでは、資産運用初心者だからこそ知っておきたい投資のコツや資産運用初心者におすすめの運用方法についてまとめてみました。

初心者だからこそ知っておきたい投資の7つのコツ

目次



資産運用初心者に送る4つのアドバイス


資産運用のゴールは、あなたが資産運用を通して何を目指しているかで大きく変わります。そのため、「〇〇をやればよいよ」いった画一的なアドバイスをすることは簡単ではありません。

しかしながら、資産運用初心者であるうちはどんなゴールを目指すにせよ意識しておいた方がよいことがあります。ここでは、資産運用初心者の方ならば意識しておくと役に立つ4つのアドバイスを紹介します

少額からはじめる


投資の世界における利益と損失の大きさは、最初にいくらの元手を張るのかで大きく変わります。例えば保有していた会社の株価が半額に下落したとしても10万円分しか保有しなければ損失は5万円です。しかしながら、1,000万円分保有していれば500万円の損失が発生します。

資産運用初心者であるうちは致命的な運用ミスを冒したり、リスク管理に失敗したりすることがあります。リスク管理に失敗した時のことを考えると資産運用初心者の間は、少ない元手で運用に臨むと良いかと思います。

そのため、10万円程度の比較的少額から始めて運用に慣れてくるにつれて徐々に投資金額を増やしていくことをおすすめします。

目的を持ってはじめる


何事も目指すべきゴールを何に置くかによって最適なアプローチは大きく変わります。そのため、資産運用をはじめるのならば自分が何を目指すのかを明らかにする必要があります。ほとんどの資産運用初心者が投資を始める理由はこれから紹介する2つに分かれます。

  1. 今ある財産を守るため
  2. 財産を築くため

ある一定のまとまった財産を保有している人は、今ある資産を増やすのではなく守りたいという人がいます。今ある財産を守りたい思いが強い資産運用初心者の方は、財産を減らすリスクを避けた運用を選ぶと良いかと思います。

ただし銀行にお金を預けても銀行が倒産するリスクがある以上、リスクをゼロにするというのは不可能です。その上での話ですが、限りなくリスクが低いという観点ですと元本保証があるタイプの資産運用が最適です。

元本保証がある資産運用はいくつかありますが、今ある資産を守りたいということでしたら定期預金や国債がおすすめです。定期預金や国債で今ある財産を運用してもほとんど増えませんが、財産が減るリスクを限りなく小さくすることができます。


財産を守るという目的ではなく、財産を築くという目的で投資に臨む資産運用初心者もたくさんいます。もしあなたが投資で財産を増やしたい資産運用初心者ならばできるだけ早急に投資の具体的なゴールを設定することが必要です。

この具体的なゴールというのは、「いつまでにいくらのお金を作るのか」という資産運用で達成する目標のことです。この具体的な目標設定をすることが投資の世界で本当に大切である理由を資産運用初心者の方に説明します。

手元の10万円を2倍の20万円に増やすのと10万円を1,000万円に増やすのではアプローチが大きく変わります。10万円しかない貯金を1ヶ月で2倍の20万円にするのならば、資産運用ではなくアルバイトで地道に稼ぐという選択も可能です。

しかしながら、1ヶ月で手元の10万円を100倍の1,000万円にするのならば地道に稼ぐのは不可能です。手元の資産を1ヶ月で100倍にするのはプロでも困難なので資産運用初心者の方ならば、博打のような運用をするしかありません。

ただし、手元の10万円を30年で1,000万円にするのならば資産運用初心者の方でも可能です。「いつまでにいくらの財産を築くのか」というゴール次第で最適な運用方法が変わるので目標設定が大切です。


ここまで資産運用初心者の方が投資に手を出す2つの理由について紹介しました。もちろん人によっては「財産を守る・増やす」といった理由ではなく、経済や金融の勉強をしたいといった理由で投資に手を出す人もいるかと思います。

いずれにしても投資をはじめる目的によって最適な資産運用の方法は大きく異なります。そのため資産運用初心者の方は、自分が投資を始める目的と自分が目指していく数値的な目標を明らかにしましょう

ある程度のリスクを覚悟する


投資の世界においてリスクは避けるものではなく、上手く付き合うことがポイントです。まずは、資産運用初心者の方にリスクという概念について簡単に説明します。

資産運用における「リスク」というのは、想定される値動きの大きさです。先物取引やFXのように財産を大きく増やせる運用は、大きな値動きが期待できるので「リスクが高い」といえます。

他方で定期預金や国債のように稼げない運用は、値動きが小さいのでリスクが低いです。リスクを避けることはリターンを捨てることになり、リターンを狙うのならばリスクを覚悟しなくてはいけません。

そのため、リスクはいたずらに避けるものではなく自分が目指すリターンとの兼ね合いで考えることがポイントです。ただし資産運用初心者のうちからあまりに大きなリスクを背負うのは危険です。最悪のケースを想定した上で取るべきリスクを考えることもまた重要になります。

勉強の大切さを理解する


実際に資産運用に臨むと適宜自分で調べたり、勉強しなくてはいけないことがたくさん出てきます。勉強時間が運用の結果に直接結びつくことはほとんどありませんが、お金の勉強をせずに資産運用で成功するのは困難です。

有効な勉強方法は、実際に資産運用をする中で適宜足りない知識を埋めていくことです。資産運用初心者に役立つ書籍やセミナーはたくさんありますが、自分でお金を張らないと体で理解することは困難です。そのため、少額からでも投資をはじめて運用の経験の中から足りないと感じた知識を吸収することをおすすめします。


今回紹介した4つのポイントは、投資のプロが資産運用初心者の方にアドバイスしているポイントです。資産運用初心者が投資に臨む際は、今回紹介した4つのポイントを意識すると良いかと思います。


投資未経験者に人気の3種類の資産運用方法


色々な運用方法がありますが、各運用方法で資産運用初心者の方と相性は様々です。ここでは、資産運用初心者の方と相性の良い3種類の運用方法を紹介していきます。

国債


国債は、元本保証がついているので限りなく損失リスクが小さいことが大きな特徴です。加えて利率も銀行の預金よりも高いので銀行預金よりも財産を増やせます。下記にて日本国債と銀行預金の利率の違いをまとめてみました。

国債と銀行預金の種類

年間の利率

3年国債 0.05%
5年国債 0.05%
10年国債 0.21%
普通預金(みずほ銀行) 0.02%


この表で分かるように10年国債の利率は0.21%であり、0.02%の銀行預金の10倍以上の利率です。そのため、財産の損失リスクを避けたい資産運用初心者の方にとって国債は預金よりも都合が良いです。

より高いリターンを求めるのならば、外国の国債を購入してみると良いかと思います。外国の国債にも日本の国債と同様に元本保証があります。下記にて比較的政治が安定していて利率が魅力的な外国の国債をまとめてみました。

国債と銀行預金の種類

年間の利率

米国10年国債 2.22%
英国10年国債 1.85%
南アフリカ3ヶ月国債 6.35%
シンガポール10年国債 2.47%
オーストラリア1年国債 2.03%
ニュージーランド2年国債 2.64%


この中でもシンガポールの10年国債をおすすめします。シンガポールは、日本よりも平均所得が高くてアジアの中で最も栄えている国の1つです。そのため、デフォルトリスクが限りなく低いにもかかわらず10年国債での利率は、2.47%です。

また短期的に資産を増やしたいのならば、南アフリカの3ヶ月国債も悪く無いかと思います。ただし、南アフリカはシンガポールやオーストラリアと比較すると政情に不安があるので注意が必要です。

元本保証がついていて利率も日本国債と比較して高いのが外国の国債の特徴です。政情や財政面で安心ができる国の国債ならば、安定した収益が見込めるので購入してみると良いかと思います。

ここまで国債で資産運用に臨むことについてまとめました。元本保証がある国債は資産運用初心者の方と相性がよいです。元本保証を求めている資産運用初心者の方は、国債の購入をすることをおすすめします。

投資信託


投資信託の特徴は、資産運用をプロに任せることができることです。簡単に投資信託の全体像を説明します。

投資信託を購入するには、投資信託の運営元が定める1口あたりの基準金額を支払う必要があります。例えば、1口1万円の時に1万円分購入すれば保有口数は1口、10万円分購入すれば10口保有したことになります。

投資信託の運営元は、複数の投資家からお金を募ることでまとまったお金を集めます。その集めた総額を様々な種類の資産に分けて運用してくれます。運用が上手く行けば、保有口数に基づいて発生した利益が各投資家に還元されます。

このような全体像になっているので自分で資産運用をやる必要がありません。加えて色々な種類の資産に分けて資産運用に臨んでくれるので大損するリスクも少ないです。

初期費用に関しても積立型の投資信託を利用すれば、毎月1,000円程度の少額からはじめることができます。少額から投資をはじめたい方や自分で勉強することや運用する手間を省きたい資産運用初心者の方と相性が抜群です。

不動産投資


金融商品による投資と違い不動産投資は、実物資産が手に入ります。不動産投資の全体像は、購入した不動産を他人に貸すことで賃貸収入を手に入れることです。ここでは、不動産投資が資産運用初心者の方と相性が良い4つの理由を紹介していきます


時間的拘束が少ない
不動産購入後の入居者トラブルや入居者の募集をプロに任せることができます。そのため、時間的に拘束されることが少ないので本業が忙しい資産運用初心者の方でも手を出しやすいです。


税金対策になる
実物資産である不動産は、年数が経つにつれて建物が古くなるので価値が落ちていきます。この古くなって資産価値が落ちた分を経費として税務署に申請ができます。その結果、所得税の還付を受けられることに加えて相続税や贈与税でも優遇されます。


自分で住むという選択ができる
金融商品と違って不動産は実物資産であるので価値が下がっても自分で住むという選択肢が残ります。実物資産であるがゆえに資産価値が大きく下落しても利用することができる点が大きな特徴です。


家族に財産を残せる
ローンを組んで不動産を購入すると団体生命保険に入ることが求められます。この保険に加入すれば、本人の身に何かがあってローンを支払えなくなると保険会社がローンの残金を肩代わりしてくれます。家族に不動産という実物資産を残せるので、事実上の生命保険のような役割にもなります。

不動産投資が資産運用初心者と相性が良い4つの理由についてまとめました。不動産投資は、税金対策や生命保険の代わりにもなるので何かと都合が良いです。


ここまで資産運用初心者と相性の良い3種類の投資についてまとめました。どの投資にもメリット・デメリットがありますので最後はご自身との相性で判断すると良いかと思います。


投資のプロが初心者におすすめする3冊の本


書店に足を運ぶと資産運用初心者を対象とした書籍がたくさんあります。しかしながら、本の中には投資に詳しくない人が書いたものや資産運用初心者の方には難しすぎるものもあるので注意が必要です。そこで、今回は投資初心者に役立つ3冊の本を厳選して紹介していきます

となりの億万長者


となりの億万長者

「となりの億万長者」という本は、億万長者に当てはまる行動習慣や考え方について紹介しています。本を読んだからといって億万長者になれるわけではありませんが、この本で紹介している億万長者のマインドは資産運用初心者の方にも参考になります。

いくら投資テクニックを学んでも土台となる考え方が変わらないと資産運用で成功することは難しいです。長期的に資産運用で成功したいのならば、お金持ちの考え方や行動パターンを「となりの億万長者」から学ぶと良いかと思います。

60歳までに1億円つくる術

 

60歳までに1億円つくる術

「60歳までに1億円つくる術」という本は、老後前に1億円という資産を築くための具体的な戦略について紹介しています。投資テクニック論やお金持ちの心構えに関する書籍が多い中、この本は、今何をすればよいかという具体的なアプローチについて紹介しています。

この本の中でとても参考になったのは、「一時的な値下がりを気にしないことの大切さ」を資産運用初心者でも分かるように說明してくれていることです。この本を読めば、資産運用で最も大切な長期的な目標を立ててそこから逆算して運用を考える逆算思考が身に付きます。 中長期的に資産運用で成功したいのならば、この本の内容はとても役に立ちます。

初心者のための資産運用入門


初心者のための資産運用入門

「初心者のための資産運用入門」の特徴は、資産運用初心者が身に付けておきたい知識を1冊で学べることです。この本を読めば、分散投資やポートフォリオ戦略といった投資の世界の基本概念を理解することができます。

知識量と運用結果が直結しない投資の世界ですが、基本的な理論を理解しないとスタート地点に立つこともできません。投資未経験者を対象としている本なので難解な内容はほとんどなく、資産運用に少しでも興味がある人ならさくさくと読むことができます。

絶対に知っておきたい資産運用の基礎の基礎を学ぶことが可能なおすすめの1冊です。


ここまで資産運用初心者の方なら目を通しておきたい3冊の書籍を紹介しました。個人的には今回紹介した3冊の本を使い分けて読み進めると良いかと思います。下記にてそれぞれのおすすめの活用方法を紹介します。

  • 「となりの億万長者」は、マインドセットのために利用
  • 「60歳までに1億円つくる術」は、運用計画を立てるために利用
  • 「初心者のための資産運用」は、基礎知識を身に付けるために利用

今回取り上げた3冊の内容を一字一句覚えても運用の成功は保証されませんが、成功確率は確実に上がります。


投資初心者と相性の良いセミナーの紹介


NISAが始まって以来日本全国で資産運用に関するセミナーが頻繁に開催されるようになりました。しかしながら、投資関連のセミナーの質は講師の実力によるものであり、中には誤った情報を紹介するセミナーも少なくありません。

誤った情報を信じこまないためにも資産運用初心者であるうちは質の高いセミナーを選んで参加する必要があります。ここでは、東京や大阪を中心に資産運用初心者に役に立つセミナーを主催している団体を紹介します。

NPO法人エイプロシス


NPO法人エイプロシス

エイプロシスは、株や投資信託に関する無料セミナーを東京や大阪で開催しているNPOです。この団体が主催するセミナーの特徴は、参加者を投資未経験者に絞り込んでいることです。

そのため、他の団体のセミナーよりも投資未経験者に役に立つ内容を提供しています。講師の方が懇切丁寧に資産運用を基礎の基礎から教えてくれるので投資の基礎を学ぶのに最適な勉強会といえます。

日本証券取引グループ


日本証券取引グループ

日本証券取引グループは、東京と大阪の証券取引所が経営統合した時に設立された持ち株会社です。この会社は、証券取引所がある東京と大阪を中心に株式投資や投資信託に関する初心者向けセミナーを定期的に開催しています

ほとんどのセミナーは、金融の世界の第一線で活躍している現役のプロが講師をしてくれるので質の高さは担保されています。金融の世界で活躍しているプロの話を無料で聞いてみたい方は、足を運んでみると良いかと思います。

また、日本証券取引グループはホームページ上で資産運用初心者を対象としている無料オンデマンドセミナーを公開しています。東京や大阪に足を運ぶのが難しい人には、こちらで放送されているオンデマンドセミナーの受講をおすすめします。

SBIマネープラザ


SBIマネープラザ

SBIマネープラザは、NISAや保険をはじめとした様々なテーマのセミナーを東京や大阪で定期的に開催しています。金融商品の取り扱いをしている現役の証券会社の社員が、資産運用初心者の方が抱えている投資に関する疑問に無料で答えてくれます

証券会社が主催するセミナーなので後半に自社の宣伝があるようですが、セミナーの質の高さには定評があります。SBIマネープラザは、色々なテーマで初心者向けのセミナーを開催しているので気になるテーマがありましたら足を運んでみると良いかと思います。

モーニングスター


モーニングスター

モーニングスターは、国内で投資信託の格付けや世界中の経済や金融関連の情報を提供している会社です。この会社は、定期的に株式投資・不動産投資・投資信託等に関する無料セミナーを開催しています。

モーニングスターのセミナーの特徴は、投資テクニックや投資戦略を多数紹介してくれることです。多くの資産運用初心者を対象としたセミナーと比較するとやや難易度の高い内容や専門的な話を取り上げてくれます。

投資のプロが実践している投資テクニックや最近の投資手法に興味がある資産運用初心者の方におすすめです。


ここまで資産運用初心者を対象としたセミナーを定期的に開催している4つの団体を紹介しました。今回紹介した4種類の団体は、東京や大阪を中心に資産運用初心者を対象に色々なテーマのセミナーを無料で開催しています。気になる団体がありましたらホームページを調べてみると良いかと思います。


登録しておきたい3つのブログ


色々な人が資産運用関連のブログを配信していますが、質の高いコンテンツを配信しているブログはあまり多くありません。ここでは、100種類以上のブログに目を通した上で資産運用初心者の方に自信を持っておすすめできる4つのブログを紹介します。

20代が個人で資産運用してみるブログ


平成生まれの20代のサイト管理人が資産運用初心者と相性の良い投資信託についての情報を提供しています。ブログのコンテンツのメインは投資信託ですが、投資に伴うリスクや資産運用初心者でも利用が可能な投資テクニックについても紹介しています。

難解な専門用語を知らなくてもスラスラと読めるブログなので資産運用初心者と相性が抜群です。投資信託に興味がある方や運用に伴うリスクが気になる方はこのブログを登録してみると良いかと思います。

ネットで資産運用!?お金を増やすノウハウ集


NISA関連や資産運用初心者と相性の良い株式投資や投資信託に関する情報を提供しているブログです。このブログには資産運用初心者を対象としたコンテンツが多いので、投資に関する知識がない人でも読みやすいです。

様々な種類の運用方法や有効なリスクヘッジ手法に関する情報を資産運用初心者の方にも分かりやすく紹介しています。投資に関する幅広い情報を手に入れたい方におすすめのブログです。

資産運用で1億円を目指す


資産運用で1億円を貯めることを目指している2児の管理人が情報発信しているブログです。このブログの特徴は、管理人が実際の取引をする中で感じた気づきを運用結果とともに紹介していることです。

管理人自身が投資のプロではないので管理人の運用の成功エピソードや失敗談は、資産運用初心者の方に大いに参考になります。

資産運用ブログ!タケシの1000万投資日記


資産運用ブログ!タケシの1000万投資日記

「資産運用ブログ!タケシの1000万投資日記」は、自分の資産をヘッジファンドに預けた時の運用結果を適宜紹介しています。このヘッジファンドというのは、資産運用を本人の代わりに担当してくれるプロの業者です。

色々な資産運用関連のブログがありますが、ヘッジファンドにお金を預けた際の運用結果を適宜公開しているブログはほとんどありません。プロに資産運用を任せるとどのように財産が増えていくのかについて興味がある資産運用初心者の方におすすめです。

今回紹介した4種類のブログは、資産運用初心者に役立つ情報を多数提供しているので投資関連の情報収集におすすめです。


10万円から資産運用初心者が投資に臨むには?


ここまで資産運用初心者の方に役立つ情報を提供してきましたが、投資は理論ではなく実践しないと身に付かないものです。そのため、少額からでも良いので実際に資産運用をはじめてみることが大切です。そこで、10万円という比較的少額から資産運用をはじめる際に大切になるポイントをまとめてみました。

NISAを有効に活用する


10万円クラスの少額から資産運用をはじめるのならば、NISA口座を開設すると良いかと思います。NISA口座というのは、NISAという少額非課税制度が適応される口座のことです。この口座を開設すれば、年間100万円までならば投資で発生した利益に税金が加算されません。

10万円クラスの少額で投資に臨めば、年間100万円以上の利益を出すことはないので税制面で大きなメリットがあります。NISA口座は、証券会社でNISA口座開設のための手続きをすれば簡単に利用することができます。

どんな運用方法で資産運用に臨むのであれ、まずはNISA口座を開設することをおすすめします。

少額投資に適した銘柄を買う


手元の10万円クラスの元手で資産運用に臨むのならば、その元手ではじめることができる投資に携わる必要があります。ここでは、10万円クラスの少額から着手ができで資産運用初心者と相性の良い投資銘柄をまとめてみました


株式投資
4,000銘柄ほどある上場株式の中の1/3は、10万円以下の金額で購入することができます。株式は多くの日本人に馴染み深い種類の投資ですし、株主優待や定期配当がもらえるので保有しているだけでもメリットがあります

株価が大きく上がれば、大きなリターンを手に入れることもできるので投資の勉強にもお小遣い稼ぎにも利用できます。スマホやパソコンで簡単に売買できることも含めて資産運用初心者と相性の良い運用方法の1つです。


FX
FXというと危険なイメージをする人がいますが、機械の設定を少しいじくればリスクの大きさを制限することができます。FXをはじめると世界中のマーケットの動きや経済動向に関するセンスが短期集中的に磨かれます。

勉強の面でも大変役に立ちますし、レバレッジという機能を利用すれば元金以上の取引を実行することもできます。少額の元手を大きく増やすという面でも投資センスを磨くという点でも資産運用初心者におすすめの資産運用の1つです。


投資信託
投資信託には、不動産に特化したJ-REIT、外貨を中心とした外貨MMFをはじめとして色々な種類の銘柄があります。数千円程度の初期費用で取引ができることに加えて資産運用のプロが複数の銘柄に資産を分散した上で運用をしてくれます。

そのためお金や時間の負担が少なくてすみますし、損失リスクも小さく抑えることができます。低リスクでかつ低コストではじめることができるので資産運用初心者と相性が抜群です。

運用の際に気をつけること


10万円程度の金額であろうと自分のお金を使って資産運用に臨むとどうしても目先の結果を追いがちになります。しかしながら、目先の結果に囚われすぎると資産運用の失敗に繋がることが多いです。ここでは、資産運用初心者が少額投資に臨む際に気をつけるべき3つのポイントを紹介します。


短期の結果は気にしない
競馬やスロットと違って資産運用は、短期で大きく資産を増やすことは困難です。特に資産運用初心者の方が、10万円程度の少額で運用に臨むのならば、限りなく不可能に近いです。 加えて元々の初期投資金額が10万円とそんなに多くないので大きく運用で失敗してもそこまで大きな損害にはなりません。そのため、短期的な結果にはあまりこだわらないことをおすすめします。


継続する
勉強やスポーツと同様に資産運用も継続することが大切です。ほとんどの資産運用初心者は、自分の思い描いた運用結果が出ないと投資を辞めてしまいます。自分が希望した運用結果が出ないと投資に対する熱が冷めるのはよくわかりますが、途中で辞めるのは勿体無いです。

長期的に資産運用で成功するために最も大切なことは、目先の損得に囚われずに継続することです。継続的に投資をやり続ければ、資産運用初心者の方でも運用成績が上がっていくことが多いので途中で投げ出さないのが良いかと思います。


徐々にお金を増やす
大きな金額を稼ぐためには、ある一定のまとまった金額を投資にあてる必要があります。資産運用初心者の間は、10万円程度の少額から投資をはじめることをおすすめしますが、財産を増やしたいのならば適宜投資金額を増やしていく必要があります。


ここまで10万円から資産運用を始める際に気をつけておきたいポイントを紹介しました。10万円程度の少額から運用に臨むことは、損失範囲を小さく抑えられるので資産運用初心者と相性がよいです。

ただし、少ない元金で資産運用に臨むと大きな利益を狙うことはできないので注意が必要です。一定の結果を求めるのならば、目先の運用結果がいまひとつであっても継続的に投資に充てる金額を増やしていく必要があります。


本文のまとめ


このコンテンツでは、資産運用初心者に役立つ投資関連の情報をまとめてきました。今回紹介した情報は資産運用初心者の皆様の役に立つと思いますが、この文章の内容を理解できたからといって運用で成功することは約束されていません。

本気で資産運用でお金を増やしたいのならば、自分のお金をかけて実際に運用をはじめる必要があります。資産運用初心者が投資で結果を出すには、必死に勉強して自分で運用するか信頼できる運用のプロの力を借りるかの2択です。

自分で資産運用に携わるのならば、今回のコンテンツで紹介した資産運用初心者の方と相性の良い株式投資や投資信託をおすすめします。

プロに運用を任せるのならば、このコンテンツの中で簡単に触れたヘッジファンドを利用すると良いかと思います。ヘッジファンドの詳しい情報は、下記のページでまとめておりますのでよろしければどうぞ。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング