HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

知識があれば投資の成果は99%高まる


知識があれば投資の成果は99%高まる

読むだけで株式投資の勝率が3倍に上がる秘伝の書

日本で株式投資に取り組んでいる人は少なくとも1,500万人はいると言われています。1,500万人もの人が株式投資に取り組んでいる以上、あなたの周りにも株式投資に取り組んでいる人が1人、2人はいるかもしれません。

それでは株式投資に取り組んでいる1,500万人の中の何%の人が株式投資で満足のいく結果を出せていると思いますか?この質問をすると色々な数値が返ってきそうですが、答えは多く見積もってもたったの20%でして、人数に直すとなんと300万人。

残りの1,200万人は期待した結果が残せないばかりか資産を減らす結果になっています。それでは300万人の成功者と1,200万人もの非成功者を分けたものは何だと思いますか。それは投資センスでも学歴でも投資歴でもなく、株式投資の基本を学ぶ機会に恵まれていたかどうかです。

そのため、現在1,200万人側のグループにいる人も株式投資の基本を勉強すれば300万人の側に簡単に入ることができます。もちろん株式投資の基本を学ぶのが大切だと言っても何を学べば良いか分からないと学びようが無いかと思います。

そこでこのコンテンツでは株式投資に取り組むのならばまず押さえておきたい14のポイントをまとめてみました。

目次
  1. そもそも株式投資とは何か?
  2. 超入門編-5分で分かる株取引のはじめ方
  3. 初心者が心がけたい株式投資のコツ
  4. 投資で大きな失敗をしたいためには?
  5. 9割の確率で株式投資に勝てる方法とは?
  6. 銘柄の割安度合いを診断する方法とは?
  7. たったの5秒で割安銘柄を見つける方法
  8. いくらの資金で投資を始めればよいのか
  9. 最も効果的な株取引の勉強方法とは?
  10. 知っておきたい株式投資まわりの税金
  11. どっちがよい?株式投資信託と株式投資
  12. 株式投資で役に立つ本の見つけ方
  13. 本当に役に立つ株式投資セミナーの探し方
  14. 質の高い情報が手に入るブログの探し方
  15. 株よりも利益率が高い資産運用とは?



そもそも株式投資とは何か?


株とはなに?

日本に住んでいればほとんどの方は一生に1度は「株式投資」という言葉を耳にするかと思います。ただし「株式投資」という単語は知っていても株式投資がどういうものかを友達に分かりやすく説明できる人はそこまで多くないのではないでしょうか。

株式投資をはじめとしたありとあらゆる種類の投資には資産を減らすリスクがあります。そのため、株式投資をはじめるのならば自分のお金を張る前に株式投資がどんなものであるかを他人に説明できるくらいまで理解しておいた方が良いかと思います。

⇒中学生でも分かる株式投資の基本ルール


超入門編-5分で分かる株取引のはじめ方


「株式投資には興味があるけどはじめ方が分からない・・・。」 こんなお悩みを抱えている方は結構いるのではないでしょうか。日本の義務教育では株式投資に関する授業がないので株式投資のはじめ方が分からないのは何も恥ずかしいことではありません。

学校では一切教えてもらえない株式投資ですが、始め方さえ学べば誰でも始めることができます。当サイトでは株式投資のはじめかたを中学生の方でも分かるように解説しております。株式投資のはじめ方を知りたいという方にはお役に立てる内容になっているかと思います。

⇒5分で学べる株式投資の始め方


初心者が心がけたい株式投資のコツ


基本中の基本さえ身につければ投資初心者であっても株式投資で結果を出すことができます。何故こう言い切れるかと言いますと株式投資の世界では基本的な勝ちパターンと負けパターンが体系化されているからです。

そのため、基本的なパターンを学んだ上で株式投資に取り組めば投資初心者の方でも筋の良いトレードを行なえます。そうはいっても今まで株式投資の経験がない場合、まず何を学べばよいかわからないかと思います。そんな時は株式投資の世界における基本の「き」を1つずつ押さえていくのが王道と言えます。

⇒株取引における基本の「き」


投資で大きな失敗をしたいためには?


株式投資の失敗の99%は、明確な裏付けがない場当たり的な判断で銘柄の売買に取り組むことが原因で発生しています。逆に言うと銘柄の売買時に裏付けのない感覚的な判断を行わなければ、株式投資で大きな失敗をするリスクは大幅に下がります。

その場限りの判断を避けるためには、何が場当たり的な判断であるかを理解し、その行為を行わないのがポイントになります。そのため、株式投資で大きな失敗をしたくないという方は、銘柄の売買時における場当たり的な判断というのはどういったものであるかを学び、あらかじめ対策を練ると良いかと思います。

⇒痛い失敗に繋がる3つの場当たり的な行動とは?


9割の確率で株式投資に勝てる方法とは?


9割株で勝てる

実は株式投資の世界では誰でも勝ててしまう必勝法があります。それは何かと言いますと高い確率で値上がりが見込める株式を探しだすことです。株式投資の結果は株価の値動きで決まる以上、高確率で値上がりが期待できる株式を保有すれば自ずと結果は付いてきます。

株式投資の世界では値上がりが期待できる銘柄を探すためのマニュアルが存在しています。そのマニュアルを利用すれば、誰でも簡単に値上がりが期待できる株式を購入することができます。そのため、株式投資で結果を出したい方は値上がりが期待できる銘柄の探し方を学んでみると良いかと思います。

⇒値上がりが期待できる銘柄の探し方


銘柄の割安度合いを診断する方法とは?


株式投資の世界では95%の確率で値上がりする銘柄というものがあります。そのような銘柄は、明らかに割安な価格帯で取引されているという特徴があります。割安銘柄は値上がりが期待できるので割安価格で取引されている間に購入すれば高い確率でリターンが発生します。

しかも株式投資の世界では銘柄の割安度合いを診断するための基準がしっかりと確立されています。そのため、その基準さえ学べば95%の確率で値上がりが期待できる割安銘柄を誰でも簡単に見つけることができます。

⇒割安銘柄を探すための3つのコツ


たったの5秒で割安銘柄を見つける方法


株式投資の世界では理想の銘柄をたったの5秒で探し出すことができる方法があります。その方法はいくつかの条件を決め、その条件に該当する銘柄を検索するだけなのでとてもシンプル。このように検索条件を定めて銘柄を絞り込む行為はスクリーニングと呼ばれています。

スクリーニングを利用すれば、値上がりが期待できる銘柄を簡単に探し出すことができます。株式投資の結果は銘柄選びで決まる以上、トレードで高い結果を求めるのならば質の高いスクリーニングを行うことが求められます。質の高いスクリーニングを行うコツにつきましては当サイトでまとめております。

⇒スクリーニング検索のコツとは?


いくらの資金で投資を始めればよいのか


株式投資を始めるのにいくらのお金を用意すればよいか気になりませんか? この疑問は株式投資をはじめる人ならば誰でも大なり小なり抱いているものです。正直なところ、適切な初期資金は、あなたがどれくらいの貯蓄を持っているか次第です。

そのため、株式投資の初期資金額はご自身の貯蓄額との兼ね合いから考えるのがベストと言えます。初期資金額を考える際に参考になる情報につきましてはこのサイト内でいくつか紹介しております。

⇒いくらの資金で株式投資をはじめるべきか


最も効果的な株取引の勉強方法とは?


株式投資に最適な勉強方法に興味がありませんか?株式投資の勉強の効果はやり方次第で大きく変わるので勉強方法についてはよく考えた方が良いかと思います。特に気をつけたいのは株式投資の世界では受験勉強のような知識の詰め込みがほとんど役に立たないということです。

そのため、株式投資の勉強をするのならば株式投資の世界に適した勉強法をまずは身に付けた方が良いかと思います。株式投資の世界に適した勉強法につきましては当サイトでもいくつか紹介しております。

⇒株式投資で効果的な4つの勉強方法


知っておきたい株式投資まわりの税金


株式投資の税金

日本で株式投資に取り組むと利益の20%を税金として国に納めることになります。利益の20%と聞くと税率が高いと感じる方もいるかと思いますが、ご安心ください。この20%という税率は原則的な税率であり、色々な工夫をすれば税率を下げる事ができます

税金対策を行なうだけで手元に残る利益額が大きくなるので税金周りの知識は持っておいて損はないかと思います。株式投資周りの税制度や簡単に利用できる節税方法につきましては、当サイトでもいくつか紹介しております。

⇒株式投資にはいくらの資金がいる?皆が悩む初期費用の目安


どっちがよい?株式投資信託と株式投資


株式投資と非常に良く似たものとして株式投資信託というものがあります。株式投資信託は株式投資と同様に日本国内で人気のある投資の1つです。両者の特徴はよく似ているので株式投資に興味がある方は株式投資信託の利用を検討してみると良いかと思います。

ただし株式投資信託は投資信託の1種なので株式投資とは根本的に異なる点がいくつかあります。両者の類似点と相違点について詳しく知りたい方は、株式投資信託の特徴を調べた上で株式投資の特徴と比べてみると良いかと思います。

⇒株式投資と株式投資信託の違いとは?


株式投資で役に立つ本の見つけ方


株式投資で最も役に立つ本ってどんな本だと思いますか?

実は株式投資で最も役に立つ本というのはあなたが何を学びたいかで変わります。例えば株式投資の基礎を学びたいということでしたら入門書が良いですし、複雑な銘柄の分析手法を学びたいのならば難解な専門書がベスト。

そのため、どの本を読むかを考える前にどのような分野の知識を身に付けたいのかについて明らかにした方が良いかと思います。どの分野の知識を身に付ければよいかが分かれば、自ずと今のあなたに本当の意味で役に立つ本が見つかるはずです。

⇒4ジャンル別おすすめ書籍


本当に役に立つ株式投資セミナーの探し方


本当に役に立つ株式投資セミナーに興味が無いでしょうか?

色々な団体が株式投資関連のセミナーを開催していますが、それぞれのセミナーの質はバラバラです。そのため株式投資のセミナーに興味があるのならば、セミナーの質を見極めた上で参加するセミナーを決めた方が良いかと思います。

そうはいってもどのセミナーの質が高いかを調べるのは簡単ではないかと思います。そんな時は過去の参加者の評価が高いセミナーを探してみると良いかと思います。過去の参加者のレビュー評価が高いセミナーというのは、多くの人が内容に満足しているので質の高さに期待が持てます。

⇒地域別人気株式投資セミナーの紹介


質の高い情報が手に入るブログの探し方


色々な人が株式投資に関するブログを書いております。それぞれのブログ主筆者がブログ上で公開している情報やノウハウは参考になるものもありますが、役に立たない情報もたくさんあります。そのため、ブログを読むのならば良質な情報を提供してくれるブログを厳選した方が良いかと思います。

ただし各ブログの情報の質を判断するにはある程度株式投資に関する知識が求められます。ご自身で情報の質を判断するのが難しいということでしたら良質なブログを紹介しているまとめサイトで特集されているブログを選んでみるのが良いかと思います。

⇒読んでおきたいおすすめブログランキング


株よりも利益率が高い資産運用とは?


ここまで株式投資に関する情報を14の分野に分けて紹介してきました。このコンテンツで紹介致しました14の項目を意識した上で株式投資に取り組めば株式投資の勝率は飛躍的に高まります。ただし勝率が上がっても株式投資に1つだけ大きな問題点があります。

それは何かと言いますと株式投資の期待利回りは、年間でおおよそ5%なのでそこまで高くないということです。5%という年間利回りでは物足りないということでしたら他の資産運用の利用を考えた方が良いかと思います。

利益率の高い資産運用は色々とありますが、管理人のイチオシは、ヘッジファンドにお金を預けるということです。ヘッジファンドというのは個人の資産運用を代行してくれる専門の業者であり、知る人ぞ知る資産運用のプロです。

彼等にお金を預ければ、預けたお金が1年間で30%も増えるなんてこともあります。この30%という利回りの高さは、年間利回りが5%の株式投資のなんと6倍。もちろん毎年30%の利回りが期待できるわけではありませんが、株式投資に比べると年間の期待利回りは格段に高くなります。

そのため、株式投資よりも期待利回りが高い投資方法に興味がある方はヘッジファンドについて調べてみると良いかと思います。

⇒ヘッジファンドの概要と人気業者を一挙公開

タケシが推薦!おすすめファンドランキング