HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

株式投資

 

株式とは、企業が保有している株券のことを挿します。
企業は会社設立に関して一定量の株券を保有しており、会社の代表をはじめ各役員や、その会社に出資をした出資者がその株を保有しているのです。
株を持っている人間は全て株主となり、投資した会社が成長すれば、企業価値があがり、株に対しての価値も保有した当時より高くなります。

 

 

株の価値が高くなって、売却すれば、投資家にとって買取金額と売却金額の差額分が利益となるわけです。株式市場においての株取引とはこのような株の売買取引を指します。

 

 ・株式投資の利益(キャピタルゲインとインカムゲイン)

 

さきほど、株式投資の基本について説明しましたが、株式投資の利益は、キャピタルゲインとインカムゲインの二種類からなります。

 

まずキャピタルゲインですが、株を購入し、その株の株価があがったときに、売却して差額分の利益をあげるケースです。
そして、インカムゲインというものは、企業が株主に対して支払う「配当」のことを指します。一般的に「株主優待」とよばれるものです。

 

 

しかしながら、通常株式投資といえば、キャピタルゲインを指すことが一般的です。
株式取引は証券取引所で銘柄として扱われる企業の株を、証券会社を通じて売買されます。

 

証券会社で証券口座を開設して、資金を入れれば、すぐにでも株取引がパソコンを通じて行われるのが魅力で、うまくいけば短時間で大きな利益を得られるのも魅力の一つです。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング