HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資だけで食べていく方法とは?


夢の資産運用生活

定年を待たずして資産運用をしながら「セミリタイア生活」を夢見る人は多いです。もしかしたらあなたもそんな一人かもしれません。

誰もが一度は夢に見る資産運用だけで生活をすることですが、実はやり方次第では不可能ではありません。現にこれから紹介する5つのステップを踏めば、現在はそこまで大きな資産を持っていない人でも夢の資産運用生活を実現することができます。

夢の資産運用生活の実現に繋がる5つのステップの詳細についてはこれから時系列順に紹介していきます。




理想とする生活にはいくらかかるかを計算する


資産運用だけで生活を実現するためにまずやることは、自分の理想の生活には一体どの程度の生活費がかかるのかを明らかにすることです。

仮に理想の生活を普通に暮らせて年に2回の海外旅行に行けて、程よく外食が出来る生活だとします。この順富裕層クラスの生活を送るためには、最低でも年間で700万円のお金が必要だと言われています。

もちろん年収ではなく手取りで700万円の生活費が必要である以上、年収ベースで考えると1,000万円程度の所得が必要になります。毎年1,000万円の所得を資産運用だけで手に入れるのは一見すると難しそうですが、コツを掴めば決して不可能な話ではありません。

年収1,000万円を資産運用だけで実現するための具体的なアプローチ方法についてはこれから紹介していきます。


まずは資産運用で1千万円を作る


毎年1,000万円を資産運用で稼ぐためにまずやることは、資産運用の元本を1,000万円に増やすことです。

1,000万円という金額はなかなかの大金ですのでこのコンテンツをお読みのあなたは現在手元に持ち合わせてないかもしれません。仮に今1,000万円の元手がないのでしたらこれから紹介する3つを心がけてまずは1,000万円の資産を築くことが最優先事項になります

ちなみにもしあなたが既に1,000万円の元手があるのでしたら夢の資産運用を実現するための第一関門を突破したことになります。1,000万円の元手を作る方法を読み飛ばして次のフェーズである資産運用だけで毎月の生活費を稼ぐ方法についてまとめているこちらをどうぞ。

毎月の固定費を分配金で稼ぐ

複利を利用して徐々に元手を増やす


資産運用生活の第一関門である1千万円の元手を準備する際の鍵は複利を利用することです。

複利というのは、一定期間ごとに支払われる(利息、分配金、配当金など)を元本に足して「元本+新しいお金」で運用していく方法です。

この方法で資産運用に取り組めば、一定期間ごとに元本が増えることにより、年々発生する利息や分配金の額が高まります。その結果として単利で資産運用に取り組むよりも効率よく1,000万円の資金を作ることが出来ます。

複利効果の凄さを実感していただくために単利と複利で1,000万円を年5%の利回りで5年間運用した際の利益額を比較してみます。

運用の種類単利複利
1年目1,050万円1,050万円
2年目1,100万円1,102.5万円
3年目1,150万円1,157.6万円
4年目1,200万円1,215.5万円
5年目1,250万円1,276.2万円

ここで一覧にしましたように5年後の時点では単利では1,000万円は1,250万円に増え、複利では1,276万円にまで増えています。たったの5年で26万円もの差が出たことになりますよね。

複利の利用は資産運用のペースアップに繋がるので夢の資産運用生活に欠かせない1千万円を用意する際に複利効果を使わない手はありません。

利幅が大きな投資商品を選ぶ


現在資産運用の元手がほとんどない人でも夢の資産運用生活の第一難関である1,000万円の元手は10年で準備出来ます。具体的にやることは、毎年5%の以上の利回りが狙える投資商品に毎月6万円を投資して複利運用をするだけ。

5%の資産運用生活なんてとても無理だと思われがちですがリターンの大きい資産運用法を選ぶといとも簡単に貯まることができます。例えば株式投資の場合、安いものなら5万円で買える上に利回りも5%~7%程度狙えます。

毎月5%の利益が狙える株式を6万円ずつ買い足していけば、10年後には1,000万円の資産が出来上がります。この話を聞くと1,000万円の資産を築くのはそんなに難しくないことが分かるのではないでしょうか?

配当金や利息を運用に回す


株式投資やFXのような投資商品には売買利益の他に配当金や利息による利益が発生します。定期的に発生する配当金や利息はいわゆるボーナスのようなものなのでついつい現金化したくなりますが、現金化せずに資産運用の元本に回すことをおすすめします。

どうして配当金や利息を元本に回すかというと夢の資産運用生活の実現に欠かせない複利運用の成功には元本の額が鍵を握るからです。

例えば100万円を年利5%で3年間運用した際に発生する利益の総額は15万7千円です。その一方で50万円付け足した150万円を同じ年利で3年間運用した場合、利益の総額は23万6千円になります。 資産運用に回した金額が50万円違うだけで約8万円も利益が変わってしまうのです。

元手の額で利益の額が変わる以上、配当金や利息は現金にせず資産運用の元本に付け足すことをおすすめします。


毎月の固定費を分配金で稼げるようにする


1,000万円の資産を作った後に目指すことは、毎月の固定生活費を分配金や運用益で稼げるようになることです。この目標を達成するためにも一般的な家庭では毎月の生活にどの程度のお金がかかるのかについてまとめてみました。

費用の項目支出額の目安
家賃7万8千円
食費6万7千円
光熱費1万9千円
通信費2万3千円
生命保険2万円
その他雑費1万円
税金(固定資産税) 6千円


ここで一覧にした金額は最低限かかると仮定すると毎月最低でも22万円のお金が生活費として必要になります。それに車を所有している場合は更にガソリン代や駐車場代、保険代、車検代が加わります。

逆に言えば、22万円程度のお金を資産運用で稼ぐことができれば、働かなくても資産運用だけで生活できてしまいます。これこそまさに簡易版の夢の資産運用生活ですよね。

毎月固定にかかる生活費を資産運用で稼ぐ際に注目しておきたいのが定期的に何もせずに発生する分配金です。

分配金で毎月の生活費を稼ぐことができれば、仕事を辞めても生活に困らないので夢の資産運用生活の実現にかなり近づいたことになります。

分配金は月々いくらもらえるのか?


夢の資産運用生活を実現する際の鍵になる分配金ですが、分配金だけで22万円を稼ぐためにはどの程度の投資商品を買えば良いか気になりますよね。

この点に関して1つ鍵になるのが高配当の投資信託の存在です。現在日本で販売されている投資信託の中で高配当のものは、基準単価が1万円で毎月の分配金が100円前後のものがあります。

仮に1万円あたり100円の分配金が出る投資信託を選ぶと10万円で1,000円、100万円で1万円という金額の分配金が毎月発生します。毎月保有総額の1%の利回りが発生する以上、夢の資産運用生活で不可欠な22万円という生活費は2,200万円分の銘柄を買えば手に入ります


投資活動を継続して元本を1億にする


元本1億円

現時点で資産運用だけで最低限の生活を送れる水準になっています。ですが、あなたが夢とする資産運用生活は最低限の生活ではなく、資産運用だけで今以上の水準の生活を送ることですよね?

資産運用だけで今以上の生活を送るためには、1千万円クラスの元本では不十分。それではいくら必要になるかというと大抵の場合は最低でも1億円になります。この点について少し詳しく見ていきます。

1,000万円では120万円が関の山


例えば先程紹介した1万円につき毎月100円の分配金が狙える投資信託を1千万円分買ったとします。この場合、毎月発生する利益は10万円であり、年間で発生するトータルの利益額は120万円となります。

生活費の補填や田舎での生活ならなんとかなるかもしれませんが、都会で理想の生活を送るとなると厳しいですよね。1千万円ではかなり厳しい資産運用生活ですが、元手が1億円になれば十分に生活することが出来ます。

例えば先程の投資信託を1億円分買ったとします。この場合、毎月100万円、年間で1,200万円もの分配金が発生します。これだけのお金があれば、生活には困りませんし、95%の会社員よりも豊かな生活を送ることが出来ます。

もちろん1億円という資産を築くのは誰もが出来るわけではありません。そこでごく普通の生活水準の個人が1,000万の元手を1億円にまで増やすコツについてこれから紹介していきます。

1千万円を1億円に増やすコツ


夢の資産運用生活に欠かせない1億円を準備する際に必ず心がけたいのは資産運用の期間です。1千万円を10年で1億円に増やすのと30年で1億円に増やすのでは資産運用に取り組む際のスタンスは大きく変わります。

例えば20年で1千万円を1億円に増やすとします。この場合、年利12.3%ほどの利益を毎年出し、出した利益を複利運用に回すことになります。

年利12.3%というのはかなりの数値ですが、ある程度のリスクを許容すれば実現できないわけではありません。

例えばレバレッジが使えるFXなら年間で20%の利回りは十分に狙えます。それに元本保証が付いている債権の中でも一部の外国債券の中には年間の利回りが10%を上回るものも少なくありません。

他にもヘッジファンドと呼ばれるファンドに1,000万円を投資すれば、年間で15%~20%の運用益を出してもらえます。12.3%という利回りは資産運用で決して不可能な数値ではありません。

ちなみに変動性が高い運用を嫌うのなら1,000万円を1億円に増やす時間を長くするという手もあります。これを行えば、より価格の変動幅が狭い投資商品で夢の資産運用生活を送るのに必要な1億円の軍資金が貯まります。


複数の投資商品を保有してリスクヘッジをする


夢の資産運用生活に欠かせない1億円が出来上がれば、仕事を辞めても資産運用一本で生活ができます。ここまで来てしまえば、仕事をしなくても生活が出来るので夢の資産運用生活の90%は達成したことになります。

この段階に来た時点で着手することは、資産を増やす戦略から不用意に資産を減らさない戦略に変えることです。特に「卵は1つのカゴに盛るな」という言葉あるように運用で資産総額を減らさないように複数の投資商品に分散投資することが求められます。

例えば株式と債券という逆の動きを金融商品を買ったとします。この場合、経済が不安定になって株価の価値が全般的に下がっても経済の不安に乗じて高騰する債権の値上がりでカバーが出来ます。

減らさないを第一に資産運用に取り組めば、余程のない限り資産運用で大きな損失を出すことはありません。資産運用生活に必要になる1億円という元手を手に入れた上で負けない戦略にシフトすれば、一生資産運用だけで生活することができます。


夢の資産運用生活の5つのステップのまとめ


ここまで内容で夢の資産運用生活を行うために必要なステップがなんとなくでもわかったのではないでしょうか?

そこでこのコンテンツの最後に改めて資産運用だけで生活をする「夢の資産運用生活」を実現するための5つのステップを振り返ってみます

  1. 理想とする生活の生活費をイメージする
  2. まずは1,000万円を作る
  3. 固定の生活費を分配金で稼げるようになる
  4. 1千万円の資産を1億円にまで増やす
  5. 減らさない資産運用に切り替える

ここでまとめた夢の資産運用生活の実現プランの中で特にポイントになるのは、1番目と3番目と4番目。つまり1千万円の元手を作り、毎月の生活費を資産運用に稼げるようになり、利益を出すことで元本の総額を1億円に増やすことです。

この3つを段階的にクリアーすれば、誰でも夢の資産運用生活が実現できます。資産運用だけで生活をする資産運用生活は多くの人にとっては夢でしかありませんが、工夫次第で十分に現実にすることができるのです。

もしあなたが資産運用だけで生活する資産運用生活に興味があるのでしたらまずは1,000万円を作ることに取り組むのが良いでしょう。それができれば、資産運用生活の実現の可能性が「グッと」高まる上に今よりも豊かな生活が送れます。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング