HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

資産を作りたいのか、資産を増やしたいのか?

資産運用と投資の違いは?

このコンテンツでは現役の投資家でも意外と理解していない投資と資産運用の違いについて特集しています。

いきなり質問をしますが、「資産運用と投資の違いって何だと思いますか?」

この質問をすると「え!?何が違うの?」と思うかもしれませんが、投資と資産運用は見かけ上は似つつも実態は全くの別物です

資産運用は投資のように短期間で大きなリターンを狙うことはできませんし、投資は資産運用のように安全に資産を増やすことはできません。

このコンテンツでは資産運用と投資における目的と期待利回りの違いについてまとめています。今回紹介している内容に目を通すだけで投資と資産運用のどちらがあなたにぴったりなのかが分かります。

目次



投資と資産運用の違いとは何か?

投資と資産運用の違いを説明

多くの人は資産運用と投資は同じものと考えていますが、実は両者には大きな違いがあります。資産運用と投資の違いを知るためには、資産運用はどのような行為を指し、投資はどういった行為であるかを知る必要があります。

まず最初に投資について説明しますが、投資とは「資産を作ることを目的にリスクのある投資商品を買うこと」になります。つまり、投資というのは今ある資産を増やすのではなく、これから資産を築くことを指す言葉になります。

逆に資産運用は、「今ある資産を具体的な目標を決めた上で増やす行為」を指します。これは投資のようにゼロから資産を築くのではなく、今ある資産をできるだけ安全に増やすことに重きを置いています

資産をゼロから作ることに重きを置くのか、今ある資産を増やすのかという方針の違いが投資と資産運用の違いを考える際のポイントになります。

資産運用と投資のどちらが良いかはあなたがどのくらいの期間でどの程度の利回りを求めるかで変わりますのでどちらが良いかは一概には言えません。


両者の期待利回り、安定度、達成確率の違い

両者の期待利回り、安定度、達成確率の違いは?

次に資産運用と投資における期待利回り、安定度、達成具合の違いについてそれぞれ紹介していきます。

期待利回りはどう違うのか


まず最初に期待利回りですが、資産運用の場合ですと今ある資産をできるだけ安全に運用することになるので年間で数%~10%程度になっています。今ある資産を現実的に増やすので年利80%とか期待利回り300%といった非現実的なリターンは見込めません。

逆に投資の期待利回りに関してはどの投資商品で投資に取り組むかで変わります。例えば比較的安全性の高い投資信託ですと年間で3%程度の利回りしか見込めませんが、新興国の株式やレバレッジが使えるFXや先物投資ですと年利300%も夢ではありません。

期待利回りの大きさは資産運用に関しては現実的、投資に関してはあなたが選ぶ投資商品次第で大きく変わります。

安定度の高さの違い


次に紹介するのは資産運用と投資における安定度の違いです。

資産の安定度は、資産総額の変動幅のことを指しますので大きな利回りを求めると必然的に安定度は下がります。安定度と期待利回りの幅は反比例の関係にあり、安定度に関しては投資よりも資産運用の方が格段に優れています。

このことをご理解頂くためにも資産運用の目的と投資の目的を改めて振り返ってみます。

繰り返しになりますが資産運用は、資産を減らすリスクを最小限に抑えながら資産の総額を増やす行為です。逆に投資はこれから資産を作ることを目指すことになるのである程度のリスクを取ることになります。

この点を考慮すると安定性という点において資産運用は投資の遥か上をいくことになります。損失リスクを最小限にしたいのでしたら投資よりも資産運用に取り組むことをおすすめします。

目標達成確率の違い


資産運用と投資でどちらが運用目標を達成しやすいかといえば言うまでもなく資産運用です。資産運用の基本方針は、目標を定めた上でその目標を安全に達成できる運用手段を選ぶことなので投資と比べてはるかに簡単に目標を達成することができます。

逆に新たな資産を築くことを基本方針としている投資の場合はとにかく目の前の資産の総額を増やすことに終止しがちです。特に株やFXのような変動性の高い投資商品にはどうしてもギャンブルのように結果が運に左右される要素があります。

目標から逆算して取り組める資産運用とギャンブルに似ている要素がある投資では明らかに目標達成の難易度が変わります。計画的に資産を増やしたいのであれば、ゴールから逆算して無理のないペースで取り組める資産運用に取り組むことをおすすめします。


資産運用をしたいのか投資をしたいのか

投資と資産運用どっちを選ぶ?

ここまで資産運用と投資における目的の違いや期待利回りの違いについてまとめてきました。ここまでのポイントから言えることは、資産運用と投資というのは似ていますが実態としては全くの別物だということです。

資産運用にも投資のいずれにもメリットとデメリットがありますし一重に投資商品といっても様々なタイプがあります。

例えば土地や不動産投資のように実物を運用する投資商品もあれば、国債や海外債権のように元本保証が付いているものもあります。他にも安全性が高くて程よい利回りを狙える保険のような投資商品もあれば、莫大な利回りを狙えるFXのようなものもあります。

投資を選ぶのか、資産運用を選ぶのか、そしてどういった投資商品を買うのかで狙える利回りも許容するリスクも大きく変わります。

投資が良いのか資産運用が良いのかはあなたが目指すゴール次第です。選択を誤らないためにもあなたが目指すゴールは投資と資産運用のどちらの方が実現しやすいかを考えてみることをおすすめします。

なお、あくまで個人的な見解ですが、もしあなたが100万円を超える資産をお持ちの方でしたら投資ではなく資産運用に取り組んだ方が良いと思います。資産運用は投資と違って計画的に取り組めるので今ある資産が大きく目減りするリスクを最小限にできます。

おそらくこのコンテンツをお読みのあなたは今少なからず資産があると思います。資産額が100万円という1つの大台を超えているのでしたらギャンブルの要素を少なからず含む投資よりも資産運用を考えてみましょう。

ここからはおすすめの資産運用手法について紹介していくので資産運用に興味があるあなたにぴったりな内容になっています。


初心者と中級者におすすめの運用手法

資産運用初心者と中級者におすすめの3種類の方法

ここでは、熟練の投資家ではないサラリーマン投資家や資産運用初心者におすすめしたい3種類の資産運用手法について紹介していきます。

ヘッジファンドを利用する

超一流に任せるヘッジファンド

最初に紹介するのはヘッジファンドを利用するという方法です。

資産運用の初心者や中級者が資産運用で高い結果を出すためには、ヘッジファンドの利用以上に理に適ったものはありません。ヘッジファンドが資産運用初心者にいかに役に立つのかを理解していただくためにもヘッジファンドとは何かについて説明していきます。

ヘッジファンドをシンプルに言い表しますと資産運用の世界における超一流の代行業者です。投資家の資産運用を請け負うヘッジファンドは投資家からお金を集めて彼らの代わりに資産運用に取り組んで投資家のお金を増やしてくれます。

ヘッジファンドは資産運用業界で「プロの中のプロ」と一目を置かれているだけあって期待利回りは一般的な投資商品をはるかに凌駕します。

驚くかもしれませんが、ヘッジファンド業界全体の平均的な年間利回りは13%~15%になっています。それに優秀なファンドになると年間で20%、場合によっては20%以上もの利回りを出してくれます

ヘッジファンドの資産運用サービスは、ファンド側が掲げる最低金額を用意すれば資産運用の経験が全くない人でも利用できます。

最低公募金額は1000万円を超えることが多いですが、利回りの高さは注目に値するので資産運用に取り組む際の有力な選択肢の1つになります。最低公募金額を準備すれば誰でも利用できるヘッジファンドはここ最近ですと非富裕層の方にも注目されています。

セミナーや本を読んで自力で勉強する


次に紹介するのは本やセミナーで資産運用に関する勉強をし、教科書やセミナーで学んだ通りの運用を自分で行う方法です。この方法は資産運用に取り組む人の多くが採用しますが、1点だけ大きな問題があります。

それは資産運用関連の本やセミナーは日本国内には無数にあるので質がイマイチな本やセミナーも少なくないことです。 この点を考えると本やセミナーを参考に資産運用に取り組むのでしたら読む本や参加するセミナーの厳選が欠かせません。

そこで今回は筆者イチオシの東京開催のセミナーと本当に役立つ資産運用の知識が身につく本を紹介していきます。

東京開催のおすすめセミナー


  1. エイプロミス主催の資産運用セミナー
  2. ファイナンシャルアカデミーの有料セミナー
  3. SBIマネープラザ主催の無料資産運用講座


おすすめの資産運用関連の本


  1. 「ド素人がはじめる資産運用の本」
  2. 「はじめての資産運用(お金の基本)」
  3. 「銀行員が家族に勧める資産運用術」

自力で資産運用に取り組みたい方は、今回紹介した資産運用関連のセミナーや本を利用してみることをおすすめします。

上級者のブログを参考に真似する


最後に紹介するのは、カリスマ投資家のブログを参考に資産運用の戦略を考えた上で実際の資産運用に取り組む方法です。日本にはアメブロ、はてなブログと色々なブログサービスがあり、各ブログで自身の資産運用の結果を適宜報告している投資家も少なくありません。

いわゆるカリスマ投資家のブログの中には資産運用の成功に役立つ情報や運用手法を公表しているものもあります。ブログの情報通りに運用して資産運用に成功するとは限りませんが、資産運用のプロの投資スタンスは素人でも学ぶことはたくさんあります。

ここでは資産運用の運用結果の向上に繋がる貴重な情報を提供している3つのおすすめブログを紹介していきます。

  1. おさいふプラス
  2. 資産運用相談員kaoruのちょっといい話
  3. タケシのブログ

特に最後のタケシのブログはヘッジファンドに資産を預けた管理人が適宜運用結果を開示している珍しいブログです。ファンドに資産運用を任せて資産がどのように増えたのかを適宜開示しているフログはほとんどないので最近注目を集めています。

タケシの資産運用ブログの詳細はこちら


ヘッジファンドがおすすめの3つの理由

ヘッジファンドがおすすめの理由

ここまで資産運用初級者と中級者にぴったりな3種類の運用手法を紹介してきました。今回紹介してきた「ヘッジファンドの利用」、「セミナーや本の活用」、「ブログを参考にした運用」の中で筆者のイチオシはヘッジファンドの利用です。

おそらくこの話をすると「え、なんで?」と理由が気になるのではないでしょうか?そこでここからはブログやセミナーを使って自力で資産運用に取り組むよりもヘッジファンドに資産運用を任せた方が良い3つの理由を紹介していきます。

期待利回りが高い


ヘッジファンドに資産運用を任せたほうが良い理由の1つは圧倒的な利回りの高さです。

優秀なファンドが運用目標として掲げている年利15%という数値を個人が資産運用で実現することは簡単なことではありません。それに100万円なら年間15%の利回りを出せる個人でも1000万では「損したくない感情」が邪魔をして利回りを十分に出せなくなります。

ヘッジファンドなら普通の個人投資家では実現が難しい年利15%という数値を比較的簡単に実現することができます。この期待利回りの高さはヘッジファンドに資産運用を任せる大きな理由の1つになります。

自分の時間を使わなくて済む


資産運用をヘッジファンドに任せた方が良い2つ目の理由は、自分の時間や手間をほとんどかけずに資産運用に取り組める点です。どうしても自力で資産運用に取り組むとなると本を読んだり、ブログを読んだりと地道な情報収集が欠かせません。

地道な情報収集や資産運用の勉強をするとなると相当な時間と根気が必要になるので途中で挫折する人がほとんどです。ヘッジファンドを利用する場合は、資産運用自体を委託することになるので自分で資産運用の勉強や情報収集に取り組む負担をゼロに出来ます。

お金さえ用意できれば自分の時間を1秒も使わずに済むという点は、毎日がご多忙なあなたと相性が抜群のはずです。

リスク・リターンの配分がお得


ヘッジファンドを利用したほうが良い3つ目の理由はズバリ、比較的小さなリスクで大きなリターンを狙えることです。

ヘッジファンドの15 %という期待利回りは全ての運用商品の中でもトップクラスに高い利回りになります。利回りが高いと損失リスクも高くなるのが資産運用の世界の原則ですがその常識はヘッジファンドにはあまり当てはまりません。

ほとんどのヘッジファンドはマーケット相場がどう動いても大きな損失が発生しないような売却戦略を立てています。ヘッジファンドの売却戦略の中でも特に有名なのは、保有銘柄の売却権利を事前に購入するヘッジ取引があります。

ヘッジ取引を使えばトランプショックのような想定外が起きてもあらかじめ決めた金額で売却できるので損失額を想定の範囲に限定できます。

大幅な損失リスクを気にせずに年間15%以上の利回りを毎年狙えるのがヘッジファンドの最大の魅力です。リスク・リターンの配分で言うととても割の良い運用先ですので最近注目されている資産運用手法の1つです。


おすすめのヘッジファンド比較ランキング

ヘッジファンドのおすすめランキング

実はヘッジファンドの良し悪しは、各ファンドの運用方針を決めるファンドマネージャーの手腕で決まります。そこでここでは優秀なファンドマネージャーが在籍しているおすすめのファンドをランキング形式で紹介していきます。

M&S


第一位のM&Sは、日本では個人投資家が参加できる唯一のアクティビストファンドと呼ばれるヘッジファンドです。

アクティビストファンドとは、議決権の行使を念頭にいれながら特定の企業の株式を買い集め、積極的に経営陣に提案をしながら企業価値の向上を狙うファンドのことを指します。

日本で有名なアクティビストファンドは、10年ほど昔にテレビや新聞を賑わせていた村上ファンドです。M&Sは、村上ファンドのように「もの言う投資家」として株式を保有している企業の経営陣に配当金の割増や企業価値向上への政策提言を行います。

つまり自社株買いや配当金の割増を提案して配当金での儲けを増やし、マーケットが反応して株価が上がれば頃合いを見て売却して売却益も手に入れます。

この手法は配当の割増と株価の変動の関係性を考えるととても合理的な手法です。少し考えてみると当たり前かもしれませんが、配当金の割増が行われると投資家の注目が集まり 「買い」が増えるので結果として株価の値上がりが期待できます。

配当金と株の売却益という2種類の利益を狙うM&Sのファンドマネージャーの運用利回りは業界の中でも際立ちます。驚くかもしれませんが、現在のM&Sのファンドマネージャーの直近4年間の平均利回りはなんと57%。(前職時代の成績も含む)

年利15%を出せば優秀と言われるファンドの世界で4年間の平均利回りが57%というのは驚異的としか言えません。他のヘッジファンドよりも格段に高い利回りが期待できるので当サイト内で紹介しているファンドの中で一番人気です。

M&Sの詳細はこちら

BM CAPITAL


BM CAPITALは、国内の金融機関や海外の金融機関の資本が入っていない独立系のヘッジファンドです。国内の独立系ファンドの1つであるBM CAPITALの最大の魅力は、他のファンドと比較すると格段に少ない元手から資産運用を頼めることです。

大々的に公開されている情報ではないのですが、BM CAPITALは1000万円以下の金額から利用できます。1000万円は決して少額ではありませんが、ほとんどのファンドの最低私募金額が1000万円を優に上回ることを考えると少額から使えるファンドになります。

肝心の運用成績に関しましても15%~18%の年利を安定的に出していますので大手のファンドと全く遜色がありません。独立系のファンドでありながら高い利回りを安定して投資家に提供できている秘密は人材の質の高さにあります。

BM CAPITALの社員の多くは、東大を卒業して外資系の金融機関で金融のプロフェショナルとして活躍した後にBM CAPITALに参画しています。金融の第一線で活躍した経験と抜群の地頭を備えた人材が揃っているので人材の質の高さはファンド業界随一です。

ファンドとしての安心感が高く、最低私募資金額が低いので最近非富裕層の方からも注目されています。資料請求や運用方針の説明は無料で受けることができますので詳細が気になる方は担当者に連絡を取ってみることをおすすめします。

BM CAPITALの詳細はこちら

レッドキャピタル


最後に紹介するファンドはレッドキャピタルという独立系のヘッジファンドです。レッドキャピタルは年間で20%~30%というヘッジファンド業界の中でもトップクラスの運用成績を毎年出しているファンドです。

継続的に高い利回りを出せている理由は、レッドキャピタルの代表が手がけるオプション取引にあります。オプション取引とは何かといいますと狙った銘柄の将来価格を指定し、その金額で売買する権利を買う特殊なトレード手法です。

緻密なシミュレーションに基づいてどう転んでも利益が出る戦略を組むので継続的に高い利回りを出すことができています。一般的には超難解なオプション取引をレッドキャピタルが効果的に実行できている理由は代表の経歴を考えると納得がいくと思います。

レッドキャピタルの代表は東大理三の卒業生であり、高校生時代には、物理オリンピックの日本代表を経験したこともあるので数字に滅法強いです。緻密な数値分析にもとづいたシミュレーションを行った上で売買ルールを決めるので質の高いオプション取引を実現しています。

レッドキャピタルはオプション取引を損切りにも使っているので市場が大きく動いても大きな損失が発生するリスクも小さいです。ミドルリスク、ハイリターンを実現している珍しいファンドなので多くの投資家に注目されている今勢いのあるファンドです。


一番お得な資産運用方法はこれ

一番お得な資産運用はヘッジファンド

このコンテンツではここまで資産運用と投資との違い、資産運用の初心者と上級者におすすめの運用方法について紹介してきました。ここまで紹介してきましたように投資と資産運用のどちらが良いかはあなたが何を目指すかで変わります。

資産運用と投資のどちらがあなたに向いているのかを考えてもらうためにも投資と資産運用のそもそもの方向性の違いについて振り返ってみます。

投資はゼロから「短期間で資産を作る」ために変動性の高い投資商品を買う行為です。その一方で資産運用は今ある資産を可能な限り安全なスタンスで「増やす」行為です。

もしあなたがある程度の資産をお持ちでしたら投資よりも損失リスクが小さな資産運用の方が相性が良いはずです。

この話を耳にして「自分には資産運用の方が合いそう」と思いましたらリスク・リターンに優れた運用手法を色々と探してみることをおすすめします。

ちなみにリスク・リターンの割の良さという点でヘッジファンドを上回る運用手法は皆無といっても過言ではありません。ヘッジファンドの利用は、他の運用手法と違って中程度のリスクで大きなリターンを狙えるのでコストパフォーマンスが抜群です。

特に当サイトで紹介しているヘッジファンドの中で人気No1のM&Sですと損失リスクを抑えながら年利20%~30%を狙えます。資産運用に取り組むのでしたらM&Sのようなヘッジファンドの利用は検討に値する選択肢の1つになります。

M&Sの詳細はこちら



タケシが推薦!おすすめファンドランキング