HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資は人生を幸せにする


6つの観点から資産運用の必要性を徹底検証

テレビや新聞でよく目にする資産運用ですが、普通にサラリーマンをしていれば資産運用に取り組まなくても生きていけます。

株やFXといった資産運用を始めるには、時間もお金もかかるので、なんとなく資産運用に興味を持っている人でもなかなか始めるきっかけに出会わないものです。

普通に生活をしていれば、そんなに必要性を感じない資産運用ですが、有意義な人生を過ごすためには必要不可欠な存在です。

このコンテンツでは、有意義な人生を過ごすために資産運用が必要である6つの理由について紹介していきます。今まで資産運用を始める必要性に迫られなかった方におすすめしたい内容になっております。

有意義な人生の為資産運用が必要である6つの理由

目次
  1. 定年まで働けない可能性があるため
  2. 老後の充実には資産運用が必須
  3. 子供の養育費を考える必要性
  4. 資産運用は年金への依存度を下げられる
  5. 万が一のトラブルの準備をする必要性
  6. 早期退職制度の選択肢を残すため
  7. 6つの資産運用の必要性のまとめ



定年まで働けない可能性があるため


資産運用の必要性を感じていない人の大半は、定年まで働いて定年後は貯金と年金で生きていこうと考えています。

この考え自体は間違っていないのですが大きな問題が2つあります。そもそもの話になりますが、定年まで無事に働ける保証はどこにもありませんし、年金がきちんともらえるかも正直わかりません。

漠然と描いているライフプランの土台が崩れるリスクを考えると資産運用に自分で取り組む必要性が生じるはずです。

超高齢者社会になっている現在の日本では、年金受給の年齢が引き上げられるという噂もよく耳にします。それに65歳から85歳までの20年間で6000万円~8,000万円程度のお金が必要と言われています。

定年後には年金がもらえるからと資産運用の必要性を感じていない人が多いのですが、定年の年齢が伸びた時のことを考える必要があります。

仮に年金受給対象年齢が75歳まで伸びた場合は、75歳まで働かなくてはいけません。40代や50代を対象に早期退職者を募集している企業が多い中、60歳を超える高齢者にまともな給与を支払う会社はほとんどないはずです。

年功序列制が残っている日本社会では、年次が高くて仕事ができない社員は早期にやめてもらいたいというのが会社の本音です。仮に60歳以降で職を失った場合は、新たな職場を探すのは大変ですし、見つかるかもわかりません。

定年が伸びなかったとしても終身雇用が崩壊している現在の日本では、1つの会社で働き続けられる保証は何一つありません。今やっている仕事が10年後に残っているかも分からないので、年金がもらえるまで働き続けられると考えるのはリスクがあります。




老後の充実には資産運用が必須


定年になれば、仕事に行く必要性が無くなるので自由な時間が手に入ります。いざ自由な時間が手に入ってもお金が無ければ、できることに制約がかかるのでせっかくの時間を有意義に過ごすことができません。

資産運用の必要性の有無を判断するためにも老後生活のリアルを考えてみることがポイントになります。

現在65歳以上の夫婦が国から支給される標準的な年金金額は、22万円です。手取り22万円と考えるとおそらく多くの家庭の場合は、毎月の収支が赤字になるはずです。

定年前に貯め込んだお金で毎月の収支の赤字を補填していくのが、多くの人の定年後の暮らし方です。

定年前に十分な貯金を作れれば良いのですが、作れる見込みがない人は現役時代の蓄えを前提に老後の生活を考えるのはリスクがあります。

それに今後の日本を考えるとインフレが発生して物の価格が上がることは十分考えられますし、高齢になると病院を利用する機会も増えていきます。つまり定年後に毎月必要な諸経費が大幅に増える可能性が十分にあるのです。

こう考えてみると資産運用の必要性が全く無い人は、莫大な貯金を持っている一部のお金持ちだけです。

ちなみに日本人の平均寿命は、男女共に80歳を超えていますので定年してからも十分なセカンドライフの時間があります。

現役時代にできなかったゴルフや旅行に時間を使うためには、貯金と年金に頼るのではなく、ご自身で資産運用に取り組む必要があります。

老後の生活水準を落とさないためには、毎月35万円程度のお金が必要になるといわれています。それに贅沢な生活をするのならば、この毎月必要な35万円以外に別途必要になるお金を用意しなくてはいけません。

現在現役で働かれている人の中には、資産運用の必要性を今ひとつ感じていない人もたくさんいます。老後はかなり先だと思いますので資産運用の必要性に迫られないことはよく分かるのですが、資産運用は原則として長期戦です。

充実した老後を過ごすためには、1日でも早く資産運用の必要性に気がつくことがポイントです。現在資産運用の必要性を考えていない方は、この機会に老後のプランと収支計画を考えてみることをおすすめします。

老後の生活に資産運用の必須


子供の養育費を考える必要性


多くの大人は、自分の子供に良い教育を受けさせたいと思うものですが、教育にはお金がかかるのです。

良い教育を子供に受けさせるには、相応の教育コストがかかります。例えば子供を私立の大学に通わせる場合は、4年間で1000万円近くのお金がかかります。

1,000万円というのは莫大な額ですが、少額からでも資産運用をはじめれば、貯められない金額ではありません。子供の学費の問題を考えてみると資産運用の必要性を感じる方も多いはずです。

それに子供に良い教育を受けさせたいと思うのでしたら大学入学前にも莫大な教育コストがかかることを覚悟しなくてはいけません。

小学校と中学校は、義務教育なので原則としてお金がかかりませんが、私立の中学に入れるとなると話は別です。

私立の中高一貫に入学させると毎月の数万円の学費に土日の塾の月謝がかかるので、下手をすると月に10万円程の教育費がかかってしまいます。

経済状況と子供の学歴にある程度の相関関係がある以上、子供の将来を考えると教育費を上手に工面する必要性に迫られます。資産運用に関心が高くない人でも自分の子供の将来には、関心があるはずです。

現在資産運用の必要性に迫られていない方は、ご自身の子供の将来を考えてみることをおすすめします。子供の幸せを考えるのならば、資金面で子供の将来をバックアップするためにも資産運用をする必要性に迫られるかもしれません。


資産運用は年金への依存度を下げられる


現在の日本では、1000兆円程度の借金を抱えています。抱えている借金の大部分は、日本人が国債という形で保有しているので大きな問題になっていませんが、財政的に日本は安定しているとは言えません。

日本が財政破綻することはあまり想定できませんが、財政カットのために今後年金の支給額が少なくなる可能性は高いです。年金の支給額が大幅に減る可能性があると考えると資産運用の必要性を感じないでしょうか。

会社を定年退職すると定期的に入ってくる収入は、毎月支給される年金だけになってしまいます。会社を引退しても毎月の支出はそんなに変わりませんので貯金を切り崩す生活を送ることになるはずです。

それに年金の支給額や年金の支給対象年齢は、日本政府の決定で大きく変わります。50歳や60歳になった時に年金の受給制度が変わるとセカンドライフの設計において大きな痛手を負うことになります。

年金に老後を依存することは、政府の決定に自分のセカンドライフを預けることを意味します。こうなってしまうと一種のギャンブルのように自分の老後を運に任せることになってしまいます。

「年金を頼りにするな」と言うつもりはありませんが、支給額が半額に減っても定年生活を送れる準備はしたいですね。

年齢的に資産運用の必要性をそんなに強く感じていない方も全面的に年金に依存した老後設計はリスクが高いと理解した方が良いでしょう。こう考えてみると資産運用の必要性は、若い人にも多少なりともあるはずです。


万が一のトラブルの準備をする必要性


長い人生何が起こるかわかりません。現在資産運用をはじめる必要性を感じていない人は、知らず知らずのうちに大きなリスクを抱えていることになります。

少し考えてもらいたいのですが今後離婚や病気を始めとして色々なトラブルに見舞われる可能性は十分にありますよね。こういったリスクを考えると今の生活が普通に続くと考えるのはリスクが高いのです。

今後何があるかは分かりませんが、確実に言えることは、どんな時でもお金があれば心強いということです。

原則として何かトラブルがあれば、お金で解決することになります。身の不幸に見舞われた時にまとまったお金がなければ、弁護士や医師の力も借りられません。

こう考えてみるとまとまったお金を持つことの必要性を感じないでしょうか。まとまったお金を作る際に問題になるのは、多くのサラリーマンは退職金以外でまとまったお金を手に入れる機会がないということです。

定年前にまとまったお金を作るためにも自分で資産運用に取り組む必要があります。特に家族を持つサラリーマンの場合、資産運用に臨むことは自分のためよりも家族のためになります。

例えば不動産投資に着手した場合、事故や病気で家族を残した状態で亡くなったとしても不動産という資産を家族に残せます。それにローンで不動産を購入した場合は、ローンを組んだ本人が亡くなれば、保険会社が残りのローンを肩代わりしてくれます。

子供を持つと支出が増えるサラリーマンの場合、自分で資産運用をしなければ大きな蓄えを作ることができません。まとまったお金が無ければ、想定外のケースが起きた時に身動きが取れなくなります。

何か起こってからでは遅いので、事前に最悪のケースを想定してある程度のお金の準備をしておく必要があります。


早期退職制度の選択肢を残すため


窓際族という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

いわゆる40代や50代で出世競争から外れて会社から事実上の戦力外と見なされて閑職に追いやられた人達です。 今資産運用の必要性を感じていない方は、自分が窓際族になる姿を考えてみてください

会社に居場所がないのに転職をすると年収が下がるので家族のことを考えると辞めたくても辞められない。日本ではこういったお金に人生の選択肢を制限されている人がたくさんいます。

仮に窓際族になってもある程度財産に余裕があれば、早期退職者制度を利用して環境を変えるという選択が取れます。

早期退職者制度というのは、会社が人員を減らす目的で通常よりも多額の退職金を支払うことで退職者を集める制度です。

この早期退職者制度を利用すれば、通常の倍近い金額の退職金を受け取ることができます。しかも再就職の面倒まで会社が見てくれるので、比較的すんなりと新しい職場を見つけることもできます。

自分の人生という有限の時間を有効活用するためにも自分を取り巻く環境を変える選択肢を持っておきたいものです。

自分の人生の選択を制限せざるを得ないほとんどの理由は、お金です。家族を養えない、生活ができなくなるという理由から多くの人は思い切った選択ができなくなります。

その結果、限られた人生を毎月の収入を手に入れるために我慢するという選択をせざるを得なくなります。仮に年収が半額に下がっても家族を養うことができれば、より自分にとって幸せな選択を取ることができるはずです。

その1つの手段として資産運用を通してお金の不安を軽くすることは、とても有効です。今資産運用の必要性を感じていない人でも自分の幸せのためと考えれば、少しは資産運用の必要性を感じるのではないでしょうか。


6つの資産運用の必要性のまとめ


ここまで6つの観点から資産運用を始める必要性を紹介してきました。

資産運用を始めなくても今すぐ困ることはありませんが、将来的に大きなリスクを抱えることになります。一度しかない人生を有意義に過ごしたいのでしたら資産運用にはできるだけ早く取り組みたいものです。

このコンテンツに目を通してみて少しでも資産運用を始める必要性を感じましたら少額からでも始めてみてはいかがでしょうか。投資信託や株式投資なら1万円程度のお金から始めることができるので、まとまったお金を用意する必要がありません。

なかなか資産運用の必要性を感じる機会はありませんので、このコンテンツを読んで資産運用の必要性を感じた方はこの機会に行動に移すことをおすすめします。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング