HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

29歳以下の若者におすすめの運用方法とは?


20代の若者が資産運用で成功するための3つのコツ

資産運用とは、どのくらいの元手でどのくらいの期間を使ってどのくらいのリターンを求めるかによってその手法が変わってきます。

ここでは、20代の若者が資産運用で成功するためにどのような運用をしていけばよいのかについて紹介していきます。

目次



20代の若者にぴったりな資産運用とは?


20代、30代、40代、50代とそれぞれの取り巻く環境と資産運用に使える資金が変わってきます。20代の方が資産運用をはじめるのでしたら20代の特性に合ったジャンルの資産運用に取り組んだ方が良い結果が期待できます。

それぞれの世代で環境と運用に使える資金は変わってきます


まず、20代の資産運用を語る前に、一般的な20代は現代の日本社会でどのような特徴をもつのかを統計データから確認してみましょう。

▼世帯主の年齢階級別にみた1世帯当たり-世帯人員1人当たり平均所得金額 図:世帯主の年齢階級別にみた1世帯当たり-世帯人員1人当たり平均所得金額
当然といえば当然ですが、データから20代は他の世代と比べると収入も貯蓄額も圧倒的に少ないということが分かります。

▼世帯主の年齢(10歳階級)別にみた1世帯当たり平均貯蓄額-平均借入金額 図:世帯主の年齢階級別にみた1世帯当たり-世帯人員1人当たり平均所得金額
資産運用は、「手元にあるもの」を「いかにして増やすか」というアプローチと少ない手元資金を「いかにリスクをとって爆発的に増やせるか」というアプローチに分かれます。

20代のあなたが取り組むべき資産運用法は、人生という時間もまだ長く、いくらでもリカバリーできることを考えれば、後者を選ぶことが最適といえるでしょう。


若さを利用してリスクをとっていく


20代の資産運用には、これから紹介する5つの特徴があります。

  • ①他の年代よりもリスクが取れる
  • ②家族を養う責任がない
  • ③資産運用にあてることができる資金が他の年代よりも多い
  • ④元手があまりない、といったところでしょう。
  • ⑤時間は十分にある

この①~⑤を踏まえて対策を考えると国内株式から始めるのがお勧めです。少額でスタートでき、リスクがとれる20代だからこそ迷わず始められます。

逆に不動産投資や債券などは初期の投資額が大きくなりがちなので20代の方にはあまりお勧めはできません。

20代だからこそリスクの取れる株式投資を


運用対象を日本株と決め、20代から本気で学ぶ


20代から資産運用で成功するために、また、爆発的に収益を増やすためにも、日本株にしぼって学ぶことをおすすめします。ここでは20代の方に人気がある株を使った資産運用について紹介していきます。

株を始める前に知っておくこと


当たり前ですが株で利益をあげることは簡単なことではなく、利益を出す人がいれば損失を出す人もいます。

現に株で資産運用を始めてみたものの思うような結果を出すことができず、損をだして短期間でやめてしまう人も結構います。

20代の資産運用では他の年代よりも長い時間軸で資産運用に取り組めるというのが最大のメリットであることを忘れず、長期的な目線で資産運用を始めてみましょう。

そして何よりもあくまでも余沢資金ではじめることが大切です。

実際に取引を始めるにあたって


株取引を行う際に銘柄を決めることは容易ではありません。

会社四季報を一つ一つ分析するには膨大な時間がかかり、並々ならぬ努力が必要だからです。会社員をしながら株の分析など物理的に不可能です。

そこで銘柄を選択する際に参考になるのが投資専門の経済雑誌や証券会社のアナリスト推奨銘柄など安定している銘柄です。最初の銘柄選択までゼロから自分でやるのは難しいので、まずは目安として、プロに頼るのも一つの方法です。

慣れてきたらあなたが日々使っている商品で今後需要が伸びそうなものや、街で見かけたものなどあまり知られていないが今後成長しそうな企業を発掘し投資することも一つの方法ではあります。資産運用に絶対などはなく、可能性は無限にあります。

銘柄選びで失敗しないためにも銘柄を購入する前にこれから紹介する2つのポイントはきちんと把握しておく必要があります。

  • ①株価収益率(PER)
  • ②株価純資産倍率(PBR)

① 価純利益(PER)とは企業の収益力をみるものです。同業他社や過去の数値などと比較しPERが高い=株価が割高、PERが低い=株価が割安と判断します。

計算方法は「株価÷1株あたり税引き後利益」になります。

② 価純資産倍率(PBR)とは企業の純資産価値に着目したもの。
同業他社や過去の数値と比較し値が高いと株価が割高、低いと株価が割安と判断します。

計算方法は「株価÷1株当たりの純資産」になります。

PERとPBRは最低限知っておく必要があるので意味は覚えておいてください。

若者が陥りがちな資産運用の失敗


20代でよくみられるのが直ぐにリターンを求めるが損切りがなかなかできないという点です。少しの利益を確定し、損失がでたら、なかなか見切りがつけられず、損失が拡大してしまい結果として資産運用で思うような結果が出ません。

20代では特に自分に対する自制心も強くないので、この点は注意です。

あなたの性格にもよりますが資産管理、情報収集を徹底的に行うことや目標数値をあらかじめ決めておくといった事前の準備で資産運用のリターンが大きく変わってきます。

20代で始める資産運用の本当の価値を知る


20代で資産運用を始められるあなたは大変幸運だと私は思います。

なぜならば20代は時間があるが家族を養う責任もなく最大限にリスクを取れる年代だからです。いわば本当の意味で資産運用を楽しめる年代でもあります。

もちろん資産運用は長期戦ですし、日本株を使った資産運用をマスターするのは一長一短ではなし得ません。マスターが簡単ではないとはいえ日本株は、学べば学ぶほど上達することができます。

FXなどギャンブル性の高い投資商品に目が行くのは理解できますが、これらの投資対象は知識の積み上げが難しいです。

唯一、日本株だけが、学べば学ぶほど力が着実に積みあがる性質を持っています。 20代から資産運用を成功させるために日本株を勧める理由はまさにそこです。

FXなどギャンブル性が高い投資対象は、人によってはとてつもない利益をたたき出すことができますが、運の要素が非常に大きいです。

運は長続きしません。そして資産運用は運でやるものではありません。

着実に確実にあなたのスキルが上達すれば、20代のあなたは将来にむかってまだまだ収入は増えますから、複利効果で資産が増えていきます。

それに20代のあなたに株式市場はワンパターンな動きをするのでチャートを読み取ればある程度高い確率で良い結果が期待できます。

これはそもそも資本主義自体が同様の動きを繰り返していることに起因します。資本主義は収縮と膨張を繰り返しながら、増えていく性質を持っています。

チャートという簡単な話から言えば、上がれば、下がります。下がれば、上がるのです。これを見てもわかるように経済は繰り返しが多いのです。

それにとんでもない大暴落や、大高騰が、数年に一度、マーケットには訪れるのです。これは誰もが認める経済の法則でもあるのです。

ですから、あなたは根気強く資産運用を継続して運ではなく、分析と経験の蓄積で資産運用を成功させていきましょう。そうすれば、ある瞬間にとても大きな利益が発生します。


爆発的な収益が得られるまで資産運用を継続する


資産運用は長期戦になるので結果を出すためには、目先の損益にこだわりすぎずに粘り強く資産運用を継続することが大切になります。

特に20代であれば、時間という可能性を味方につけることができるのでコツコツと資産運用を継続するメリットは大きいです。

銀行に預けても資産はほとんど増えないので自分の資産を増やしたい20代の方は、資産運用を始めてみるのがよいでしょう。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング