HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方
2017年におすすめの資産運用

「2017年におすすめの資産運用を一挙大公開」


「2017年におすすめの資産運用を知りたい」
「今年の目標の1つは資産運用を始めることだ!」

もしかしたら今のあなたはこんなことを考えながらこのページにたどり着いたのかもしれません。

実は資産運用には時流があり、毎年おすすめの運用商品は変わります。例えばつい数年前までは中国関係の投資がブームでしたが、2017年現在では中国関連の投資ブームは見る影もなくなりました。

この話を聞くと2017年はどんな資産運用がおすすめであり、2017年と相性抜群の運用手法って何なのか気になりますよね。

そこで今回は2017年におすすめの投資商品や賢く資産運用に取り組む方法について見ていこうと思います。ざっと目を通せば2017年に急騰が期待できる投資商品や今年から賢く資産運用に取り組む方法が分かります。





2017年におすすめの資産運用商品


先ほど資産運用には時流があり、おすすめの投資商品はその年度で変わるという話をしたと思います。そこでここでは2017年の資産運用に利用しておきたいおすすめの投資先をランキング形式でまとめてみました

  1. 資産運用会社
  2. 仮想通貨
  3. JREIT
  4. 日本株
  5. 貴金属投資

ここで一覧にした2017年におすすめの投資商品を利用した資産運用の概要については上から順番に見ていきます。

資産運用会社


まず最初に紹介する2017年度におすすめの資産運用は資産運用自体を資産運用会社に任せることです。

そもそもこの資産運用会社とは何かというと、機関投資家や個人投資家の資産運用を代行する運用機関です。資産運用会社には様々な投資商品に精通したアナリストや敏腕トレーダーが多数在職しているので毎年高い運用利回りを出します。

具体的な運用利回りは各社でバラバラですが、優秀な運用会社の場合は毎年13%~15%程度の運用利回りを継続的に実現しています。トランプショックや北朝鮮問題が勃発した2017年度も変わらず出せる見通しなので、投資先としては非常に魅力的。

投資先として非常に魅力的な資産運用会社の課題を取り上げると資産運用に取り組む際に必要になる初期資金額です。

実は資産運用会社各社の最低投資額が500万円前後に設定されており、他の資産運用と比較すると格段に大きな元手が必要になります。ですがもちろんそれだけの元手を用意する価値は十分にあります。

そこで500万円以上の資金を問題なく用意できるのでしたら資産運用会社以上に2017年におすすめの投資先はありません。

仮想通貨


ビットコインやリップルといった仮想通貨の名前は聞いたことがあるかと思います。

実はビットコインをはじめとした仮想通貨は2016年末から急騰をはじめ、2017年現在では一種のバブルになっております。例えば先ほど取り上げたリップルという通貨の場合、2016年の11月時点では最小単位の単価が0.9円でした。

それが2017年の5月時点では45円にまで上がりました。

たったの半年でなんと約50倍の値上がりです。仮にあなたが2016年の11月時点で20万円をリップルに投資をすれば2017年の5月の時点では1,000万円が手に入ることになるのです。

流石にリップルのようなケースはそうそう出るものではありませんが、2017年には続々と新しい仮想通貨ができております。その中には第二、第三のリップルが出てくることは十分に考えられます。

そこで2017年に資産運用に取り組むのでしたら資産の一部を仮想通貨に投資をして仮想通貨バブルを体験することをおすすめします。

コイン選びを間違えなければ投資した金額が大きく増えることが見込まれるので、資産運用の期待利回りがぐんと上がります。

J-REIT


2017年におすすめの資産運用の3つ目はJ-REITです。この2017年におすすめしたいJ-REITというのは不動産に特化したタイプの投資信託です。

J-REITは投資信託の1種である以上、初期投資額は1万円以下に収まるタイプの資産運用です。しかもJ-REITを運用する資産運用会社は投資家から集めた資金をマンションやビルといった複数の不動産案件に投資します。

つまりJ-REITを利用すれば少額で複数の不動産物件に投資をしたことになるのです。しかも2017年現在の日本は2020年にオリンピックが控えていることもあり、密かに土地が高騰しているという実情があります。

こういった背景を考えるとJ-REITは2017年にはかなり「買いな投資商品」となります。そこでもしあなたが2017年におすすめの投資商品の中で初期費用がかからない商品をお探しでしたらJ-REITに注目したいですね。

日本株


4つ目に取り上げる2017年度におすすめの資産運用は株を利用した資産運用です。

どうして株式投資が2017年度におすすめかというと2016年の8月以降から日経平均株価は右肩上がりだからです。それに株式投資は資産運用の世界では珍しく明らかな割安な銘柄を確実に探すことができる投資商品なので比較的勝ちやすいです。

少し専門的な話になりますが、PER・PBR・EPS・配当性向といった指標を見ればお得な銘柄かどうかは分かります。資産運用の世界には絶対はないとはいえ、明らかなお得な銘柄はほぼ確実に値上がりする以上、中長期的には高確率で勝てます。

そこでもしあなたが2017年に本気で資産運用で勝ちたいのでしたら株式投資の勉強に真剣に取り組み、株を買ってみるのが良いでしょう。

貴金属投資


次に紹介する2017年度におすすめの資産運用は貴金属投資です。

実は金やダイヤモンドといった貴金属は世界経済が不安定だと相対的に価値が上がります。なぜなら金やダイヤモンドといった貴金属は実物である以上、株や通貨をはじめとした金融商品とは真逆の値動きをするからです。

翻って2017年以降の世界動向について考えてみると相当荒れることが考えられます。例えばアメリカの場合はトランプ政権が誕生しましたし、日本国内でも2017年は北朝鮮のミサイル問題や大企業の不祥事の発覚が相次いでいます。

世界の経済や政治が荒れれば荒れる程実物の価値が上がる以上、2017年の間に資産の一部を貴金属に換えておくのはかなり理にかなった選択です。しかも金をはじめとした貴金属は埋蔵量に限りがある以上、2017年以降も継続的な値上がりが期待できます。


投資初心者向け賢い4種類の運用術


ここまで2017年におすすめの資産運用商品について見てきました。そこでもしあなたが2017年におすすめの資産運用商品に興味があるのでしたらここまで紹介してきた商品の購入を検討するのが良いでしょう。

なお、2017年におすすめの投資商品を買う以前にまだ資産運用をはじめていないなんてこともあるかもしれません。その場合でしたらこれから紹介する4種類の賢い始め方を参考に今年から資産運用に取り組むことをおすすめします。

4つの賢い始め方とは?


まずはじめに今回取り上げる4種類の賢い資産運用の始め方を一覧にしてみました。

  1. 給与の5%で積み立て投資をする
  2. NISA口座で株式投資に挑戦
  3. ロボアドバイザーの力を借りる
  4. 投資顧問会社と契約する

ここで取り上げたそれぞれの詳細について1つずつ見ていきましょう。

給与の5%で積み立て投資をする


まずはじめに取り上げる2017年から資産運用に取り組む際の賢い方法は給与の5%の自動積立です。

これはどういうことかというと毎月の給与の5%を株や債券や投資信託といった投資商品に自動で回すことを指します。この5%の自動積立のメリットは資産運用に回すお金は毎月の給与の一部のため、最初に莫大な初期資金を用意しなくてよいことです。

それに投資に回す金額は5%に過ぎない以上、失っても致命的なダメージを負うことはありませんし、気軽な感覚でスタートできます。この点は2017年にはじめて資産運用に取り組む側にとっては都合が良いと思います。

NISA口座で株式投資に挑戦


2017年から資産運用に取り組もうとしているあなたにおすすめしたいのはNISA口座の利用です。

そもそもNISA口座とは何かというとNISAという利益額が100万円以下に収まる少額投資が非課税になる口座のことを指します。例えば年間で80万円の利益が資産運用で出た時の課税金額が通常口座とNISA口座ではどのように異なるのかをまとめてみました。

比較項目 NISA 通常
税率 0% 20.32%
税金額 0円 162520円
最終利益 80万円 637480円

ここで見てみましたようにNISA口座で資産運用に取り組むのと取り組まないとでは、最終利益で16万円もの差が出ます。NISA口座は誰でも開設することができる以上、2017年から資産運用に取り組むのでしたら利用しない手はありません。

ロボアドバイザーの力を借りる


2017年にはじめて資産運用に取り組む際に必ず頭を抱えるのが投資商品選び。

特にどんな投資商品に資産をどの程度配分するかはある程度資産運用の経験を積んでもなかなかつかめないものです。そんな時に利用しておきたいのが自動であなたに最適な商品や資産配分を紹介してくれるロボアドバイザーです。

このロボアドバイザーを利用する方法は簡単で、ロボアドバイザー機能がある証券口座を開設し、ロボアドバイザーが質問する項目にこ回答するだけ。

ロボアドバイザー付きの証券口座に関しては2017年現在では大手の証券会社の多くが提供しています。そして2017年現在に稼働しているロボアドバイザーが質問する代表的な質問はこういったものです。

  • 「リスクとリターンのどちらを重視する?」
  • 「あなたの年齢は何歳なのか?」
  • 「最終的にいくらの資産を作りたいのか?」

こういった簡単な質問に答えるだけでロボがあなたに最適な資産配分や投資商品の効果を洗い出してくれます。自分で最適な投資商品や最適な資産配分を考えたり、探したりせずに済む以上、2017年から資産運用を始めるあなたにぴったり。

投資顧問会社と契約する


2017年から資産運用にはじめるのでしたら投資顧問会社の手を借りるというのも悪くありません。

そもそもこの投資顧問会社とは何かというと個人投資家に対して適切な投資商品の紹介や投資の助言をする会社のことです。優秀な投資顧問会社の場合、その会社のいうとおりに資産運用に取り組めば自ずと資産が増えてしまいます。

何事もそうですが慣れるまでは優秀なコーチの力を借りることは非常に有効です。そこで2017年から資産運用に取り組むことをお考えでしたら、2017年度中は投資顧問の力を借りてしまうのもかなり良い選択と言えます。

なお、資産運用自体を外部機関に任せることに抵抗がないのでしたら資産運用会社に運用自体を任せてしまうのも手です。資産運用会社に運用そのものを委託すれば2017年から資産運用を始める人であっても年利10%程度の成績は見込めます。


結局投資はプロの手を借りるのが一番


このページではここまで2017年におすすめの投資商品と賢く資産運用に取り組む方法についてまとめてきました。そろそろこのページも終盤に近付いてきたので、ここまでの内容を改めて振り返ってみます。

2017年におすすめの投資商品とは?


この見出しにあるようにまずは改めて2017年におすすめの投資商品をランキング形式でご紹介します。

  1. 資産運用会社
  2. 仮想通貨
  3. JREIT
  4. 日本株
  5. 貴金属投資

ここでランキング形式で取り上げた投資商品は2017年に注目されており、2017年の夏時点では順調に値上がりをしております。そこでもしあなたが2017年度におすすめの投資商品をお探しでしたらこの5つの中から何かを選ぶことをおすすめします。

賢い投資の始め方


次に2017年から資産運用をはじめるのでしたら知っておきたい諸選択について振り返ってみます。そのためにもこれまで紹介してきた2017年から資産運用に取り組む人におすすめしたい4つの賢い始め方を振り返ってみます。

  • 給与の5%で積み立て投資をする
  • NISA口座を利用する
  • ロボアドバイザーの助言に頼る
  • 資産運用のプロの手を借りる

特に一番最後の資産運用のプロの手を借りるというのは2017年から資産運用に取り組むのでしたら利用しておきたい選択肢です。2017年現在においては資産運用のアドバイスをしてくれる投資顧問会社は数多くありますし、資産運用を委託できる運用会社もたくさんあります。

特に資産運用会社を利用する場合、運用自体を任せることになるので2017まで投資商品を買ったことがないという経験不足を補えます。そこでもしあなたが2017年から資産運用をはじめて資産総額を増やしたいのでしたら運用会社の利用は検討したいですね。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング