HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方
資産運用の意味って何?

資産運用って何をすることなのか、どんなことを意味する用語なのかはいまいちわからないですよね。特に資産運用に取り組む意味や目的、そしてどういった運用方法を採用するのがベストなのかは考えても答えが出てこないもの。

現に資産運用に取り組んでいる人の少なくとも7割は資産運用の意味を正確に理解せずに誤った運用手法を採用しております。つまり、資産運用の意味を正しく理解し、正しい運用方法を知るだけで上位3割の個人投資家になれるのです。

そこでこのページでは資産運用とはどんな行為であり、銀行預金や資産形成とは何が違うのか、ベストな運用方法はなんなのかについて見ていこうと思います。





資産運用という言葉が指す意味とは?


どんな単語にも意味がある以上、資産運用が何かを知るためには「資産運用」という単語が何を意味するかを把握するか理解することが欠かせません。そこで資産運用という言葉の教科書的な意味をまずは取り上げることにしました。

今ある資産(現金)を投資や貯蓄に回し、資産の総額を増やすこと

この意味ってなんとなく分かるでしょうか。もう少し先ほど紹介した資産運用の意味を補足すると今あなたが保有している財産を財産が増える見込みのある行為に回すことを意味します。


期待利益から見る銀行預金との違い


実は資産運用の意味を考える際に重要になるのが先ほど紹介した「今ある資産(現金)を投資や貯蓄に回し、資産の総額を増やすこと」の中の「資産の総額を増やすこと」です。

こう考えてみると銀行に普通預金でお金を預けることは資産運用の根本的な目的とはずれます。なぜなら、現在の日本の商業銀行の普通預金の金利は0.02%~0.05%と非常に低いからです。

例えば金利が0.02%の銀行に500万円を普通預金で預けると1年後いくらの金利が付くかというと、、、、

500万円×0.0002の計算式で出てくる1,000円です。つまり500万円を銀行に預ける場合、1年後に預けた500万円は500.1万円にしか増えないのです。

これでは資産運用という言葉の意味が指す、「資産の総額を増やすこと」という条件をほとんど満たしません。つまり資産運用という言葉の本質的な意味を考えると銀行に預金をするというのは真の資産運用とはややずれる行為になるのです。


比較で分かる資産形成との相違点


さて先ほど資産運用の本質的な意味を考えると資産総額を増やすことは欠かせないと言いました。ですが、資産総額を増やすことを目的に投資商品を買うことは資産運用ではなく、資産形成に該当するケースが往々にしてあるので注意が必要です。

資産形成とは何か、資産形成という言葉が意味することは資産運用という言葉の意味と何が本質的に異なるのかについてこれから見ていきます。

資産を作るのが資産形成


この見出しにあるように資産形成という言葉の意味はその単語の通り、資産を新たに形成することを指します。

つまり、今ある資産を増やすのではなく、これから資産を作ることを指すのです。具体的に言えば、貯蓄がほとんどない社会人が株式投資をはじめることやFXに手を出して一儲けしようなんてものが資産形成になります。

なんとなく資産形成という言葉が意味するものの想像ができたのではないでしょうか。それでは資産形成という言葉の意味と資産運用という言葉の意味を比較すると何が本質的に異なるのかについて考えてみます。

本質は作ることと増やすこと


この見出しにあるように資産運用という言葉の意味と資産形成という言葉の意味の違いを考える際に欠かせないのが、「これから作る」のか「今あるものを増やすの」かの違いです。

例えば今ある1,000万円を1,200万円に増やしたいという今ある資金をベースに現実的に増やすことは資産運用になります。その一方でこれから100万円を作るケースや今の100万円を5年で2,000万円に増やすという非現実的な運用ペースを心がけるのは資産形成に該当します。

投資行動が資産運用になるのか、資産形成になるのかの判断基準がなんとなく掴めたでしょうか?

ベストな商品はゴール次第


さてここまで資産形成という言葉の意味と資産運用という言葉の意味の違いについて見てきました。いまさらながらどうして資産形成と資産運用の意味や目的を比較したかというと、どちらを目指すかで最適な運用商品が変わるからです。

例えばこれから資産を作ることが根本のゴールになる資産形成の場合、元手が不十分でも資産を作れるものを選ぶことが欠かせません。具体的にはレバレッジが使える先物投資や仮想通貨などですね。

その一方で現実的に今の資産を増やすを意味する資産運用の場合、利回りが大きい反面、総額を減らすリスクが大きい投資商品は根本の資産運用の意味を考えるとあまりそぐいません。

最適な投資商品は資産形成か資産運用化で変わる以上、最適な運用法を考える前にあなたが取り組みたいのは資産形成なのか、資産運用なのかを明らかにしたいですね。

資産形成に関する最適な取り組み方は別ページで取り上げるので、ここからは資産運用における最適な取り組み方について見ていきます。


どんな運用方法がベストなのか?


ここまでの内容で資産運用という言葉の意味についてはばっちりだと思います。そこでここからはこれまで見てきた意味を持つ資産運用に取り組む際に欠かせない3つのポイントをまとめてみました。

  1. 目標に沿った運用商品を選ぶ
  2. 大きな損失が出ない工夫をする
  3. 運用先を複数にする

ここで一覧にしたそれぞれの特徴については上から順番に取り上げようと思います。

目標に沿った運用商品を選ぶ


先ほど資産運用という言葉の意味を紹介した時に「現実的なペースで資産を増やすこと」が欠かせないとご紹介したと思います。

ここで鍵になるのが資産運用に取り組む際にどの程度の利回りを狙うのかというゴールをきちんと決めることです。なぜなら、各投資商品の利回りは違う以上、どの投資商品があなたに合うのかはあなたの目標次第だからです。

例えばあなたが資産運用を通して毎年5%の利回りを狙うとします。このケースですと5%の利回りが狙える投資商品で資産運用に取り組むのがあなたには合います。

その一方で元本保証がある代わりに5%の利回りが狙えない国債や5%以上の利回りが狙える半面、リスクがあるFXはあなたにはそぐいません。

いずれにせよあなたにぴったりな投資商品というのはあなたの目標に合った商品です。そこで資産運用に取り組む際は目指す目標を決め、それに合う投資商品選びをすることをおすすめします。

大きな損失が出ない工夫をする


「今ある資産を増やす」という資産運用という言葉の根本的な意味を考えると資産運用の失敗は「今ある資産を減らしてしまう」ことになります。

この「資産を減らす」というのはできれば避けたいと思いますが、完全にゼロにすることは事実上不可能です。ですが、工夫をすれば資産総額を大幅に減らすリスクはほぼゼロにすることは不可能ではありません

具体的な工夫の候補としてはこういったものがあります。

  1. 必ず損切ルールを定める
  2. レバレッジ機能を使わない
  3. リスクの高い商品は買わない
  4. 投資先を複数にする

こういった工夫をすれば、よほどのことがない限り、事前に想定外の損失が発生しない仕組みが作れます。特に1番上に取り上げた損切ルールを掲げることは非常に有効です。

なぜなら損切というのは、決めた金額以下になったら売却することを意味する言葉だからです。つまりもしあなたが損切ルールを決め、そのルール通りの運用を心がければ最大損失額を許容範囲に抑えられます。

大きな損失を出すことを防ぐことが欠かせない資産運用においてこの損切は非常に重要になります。

運用先を複数にする


先ほど5%の運用を目指すなら5%の利回りが狙える運用商品を買う必要があると言いましたが、それだけでは不十分です。

少し難しいかもしれませんが、可能であれば複数の投資商品に投資をし、5%の利回りが狙えるように資産分散をするのが望ましいのです。なぜなら、資産運用の世界では「卵を1つのかごに盛るな」という言葉あるからです。

この言葉が意味するのは特定の運用商品だけに頼った資産運用は危険だということです。なぜなら、単一の商品で資産運用に取り組む場合、その商品の価値がゼロになることは資産総額がゼロになることを意味するからです。

株式であろうと投資信託であろうと究極的には胴元が潰れるリスクがあります。特に企業の不祥事が勃発している今日では1種類の日本株で資産運用に取り組むのは相当なリスクがあります。

なので、複数の投資先に資産を分散し、その上で目標となる利回りを実現するのが資産運用における正しいアプローチになります。


おすすめは運用会社に委託すること


このページでは資産運用という言葉が指す意味や資産運用と資産形成の違い、そして具体的な運用手法のコツについて見てきました。そろそろこのページも終わりに近づいてきたので、ここまでの総括と最後におすすめの運用先を紹介します。

このページの内容のおさらい


まず最初に取り上げるのはここまで取り上げてきた内容の簡単な総括です。

資産運用の意味とは?

  • 今ある資産を現実的に増やすこと

資産形成と資産運用の意味は違う

  • 前者は資産を作るもの、後者は今の資産を増やすもの

運用の際の大原則はこちらの3点


  • 目標に沿った運用商品を選ぶ
  • 大きな損失が出ない工夫をする
  • 運用先を複数にする

ここで取り上げた内容をしっかり押さえれば資産運用の意味や目的、そして運用の際の大原則はばっちり。ただし、資産運用の意味や目的を知ることと実際に上手な運用ができることはまた別の話ですよね。

そこで最後に資産運用の経験が浅い人でも簡単に成果を出せる運用先を紹介します。その運用先というのは資産運用会社の利用です。

資産運用会社の利用とは?


運用先としておすすめなのは、資産運用会社を使うことと言いましたが、資産運用会社って何者かわからないですよね。

凄く簡単に言うと個人投資家の資産運用を個人投資家の代わりに担当してくれる会社です。いうなれば資産運用の代行者みたいなものです。

そんな代行業者である資産運用会社に資産運用を任せれば投資の「と」の字が知らない人でも相応の利回りを実現できます。その「相応の利回り」というのは利用する会社にもよりますが、年利ベースで大体10%~20%です。

この10%~20%という利回りを出すのは個人投資家では結構厳しいです。それに資産運用を完全に委託する以上、資産運用の意味を知らなくても問題ないですし、何より自分で勉強したり運用商品を選ぶ手間をかけなくてもよいのも大きなメリットです。

資産運用に取り組む際の手段は色々とありますが、確実性の高さにおいて資産運用を委託することほど良いものは基本的にないので選択肢の1つには億価値があると思います。

資産運用を代行してくれるおすすめの会社については当サイトではランキング形式で取り上げております。気になりましたらランキング表に記載されている会社の名前をクリックしてみることをおすすめします。


タケシが推薦!おすすめファンドランキング