HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方
FPに相談

今回は資産運用の相談相手にFPを選ぶことの良し悪しについてみていこうと思います。

  • 「FPに資産運用の相談をしてみよう。」
  • 「FPの手を借りればベストな資産運用を教えてくれるはず。」

今のあなたはこういったことを頭の中で漠然と抱かれているのではないでしょうか?

資産運用の相談相手としてFPはとても人気が高いのですが、FPを相談相手に選ぶ際には注意をしなくてはいけないことがあります。その注意点というのはFPはファイナンシャルプランニングのプロであり、資産運用や投資商品の専門家ではないことです。

しかもFPの中には資産運用の経験が全くない人も少なくありませんし各プランナーの専門領域はバラバラ。つまりFPに資産運用の相談をするのでしたら担当者の専門領域や資産運用の経験のチェックが欠かせません

そこで今回はFPの特徴、彼らに資産運用の相談をするメリット、質の高いアドバイザー選びのポイントについて紹介していきます。




FPという職業の特徴とは?


資産運用の相談相手にFPを選ぶ前にFPという職業の特徴や彼等の役割について正しく把握する必要があります。そこでこのコンテンツのはじめにFPという職業の特徴について見ていこうと思います。

原則完全中立


そもそもの話になりますが、FPという単語は「ファイナンシャル・プランナー」という2つの文字の頭文字から来ています。この頭文字のとおり、FPはファイナンシャルプランニングのプロなのです。

そんなファイナンシャルプランニングのプロであるFPの特徴はこちらとなっております。

  • 人生設計における財務面のアドバイザー
  • 金融商品のプロではない
  • 原則的に金融商品を販売しない
  • 具体的な投資のアドバイスはできない
  • 中立的な立場から意見をもらえる
  • ライフプランニングの手伝いをしてくれる
  • 資産運用だけでなく相続の相談もできる

ここで取り上げた特徴の中で特に際立つのは金融商品の販売をしないが故の中立性です。

実はFPは証券会社の社員や銀行員のように投資商品を買ってもらうという目的ありきで相談に乗ることはありません。なぜならFPは法律で金融商品の仲介をすることが禁止されているので、売り手の立場に立たずに相談者にアドバイスができるからです。

こういった中立的な立場から資産運用の相談に乗ってくれるのが大きな特徴になります。


彼らを資産運用のアドバイザーに選ぶメリット


先ほどFPの特徴として金融商品を販売しないが故の中立性があると紹介したと思います。この中立性がまさにファイナンシャルプランナーに資産運用の相談をするメリットなのです。

なぜならFP以外に資産運用の相談に乗ってくれる職業の多くは背景に自社の商品を売ることを目的に相談に乗ります。つまり資産運用の相談といっても純粋に相談者の悩みや希望を聞くのではなく、セールスありきの相談なのです。

その一方でFPは投資商品の販売ではなく、資産運用や相続の相談に乗った際の相談料で生計を立てています。この違いを念頭に入れたうえで1つの質問をさせていただきます。

投資商品の販売で生計を立てている人と相談料で生計を立てているFP、どちらがあなたのためになるアドバイスをしてくれると思いますか。

答えは言うまでもないですが、相談料で生計を立てているFPです。このセールスをするという前提に立たずに資産運用の相談に乗ってもらえるのがFPを相談相手に選ぶ最大のメリットです。


彼らを相談相手にするデメリット


中立的な立場から資産運用の相談に乗ってもらえるのが持ち味のFPですが、彼らに相談するのはメリットばかりではありません。そこで先ほどはメリットについてみてきたのでこれからはFPに資産運用の相談をするデメリットについて見ていきます。

そこでまずはじめにFPに資産運用の相談をする代表的なデメリットについてまとめてみました。

  • 資産運用の経験がない人も多い
  • 当たり外れが大きい
  • お金がかかる

それぞれの詳細についてこれから簡単に見ていきます。

資産運用の経験がない人も多い


まず最初に紹介するのがファイナンシャルプランナー自身の資産運用経験です。実はFPという職業は「FP○○級」という資格を取るだけで名乗れてしますので投資経験がゼロの人も少なくありません。

そういった人に資産運用のアドバイスを求めると現実の資産運用とはずれた「トンチンカン」な助言をされることがあります。要するに相談する相手を選ばないと資産運用に取り組む際にマイナスな情報を共有される恐れがあるのです。

せっかく資産運用の助言を求めるのなら自分のお金を使っての資産運用の経験がある人を選びたいですね。

当たり外れが大きい


資産運用の経験と同様に気になるのがアドバイザーとの相性です。先ほども紹介しましたようにFPは資格さえ取れば「FP」として名乗れる分、同じ資格を持っている人でも当たり外れが大きいです。

それにそもそもになりますが、相談者との相性もあります。例えば声が大きい人が苦手な人の場合、元気が良すぎるアドバイザーのことは好きになれない可能性が高いです。

担当するFPと根本的に「ウマ」が合わないことは十分に考えられる点は押さえておいた方が良いでしょう。万が一相性が合わないFPに当たった場合は担当を変更するのも1つの手です。

お金がかかる


最後のデメリットはお金がかかることです。相談料で生計を立てていて完全中立な立場からアドバイスをする以上、資産運用に対する助言料は決して安くはありません。

相場はあなたのお住まいによって変わりますが、どんなに安くても1時間で3,000円程度の費用がかかります。銀行員や証券会社の社員のように資産運用の相談に無料で乗ってくれるわけではないという点は念頭に入れておく必要があります。


質の高いファイナンシャルプランナーを見つけるコツ


ここまでFPの特徴と彼らに資産運用の相談をするメリットとデメリットについてみてきました。これまでの内容を考慮しての話になりますが、質の高い助言をしてくれるFPにならある一定のお金を払う価値は十分にあると思います。

その理由としては素人が相談相手なしに資産運用に取り組むと8割以上の確率で思うような結果が出ないからです。そこでここからは質の高いFPを見つけるために必ずチェックしておきたい4つのポイントについて見ていこうと思います。

  • FP1級を保有しているか
  • プランナーの経歴を確認する
  • 資産運用経験があるか
  • 初回の相談会での相性を見る

ここで紹介した4つのポイントの詳細に関しては上から順に1つずつ見ていきます。

FP1級を保有しているか


まず最初に必ずチェックをしたいのがFP1級の保有具合です。

なぜならFPの資格は3級、2級、1級に分かれており、1級だけは受講に特別な条件があるからです。その条件というのはこちらです。

  • FP2級の保有
  • FP業務に関する1年以上の実務経験
  • 2級がない場合は5年以上の実務経験

要するに1級の資格を保有している場合、資産運用関連の実務を最低でも1年は担当していることが保障されています。この実務を知っているプランナーならば知識しかないプランナーと比較すると格段に質の高いアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

もちろん「FP1級の保有=一流のFP」ではありませんが、最低限の質の担保にはなるので必ずチェックしたいですね。

プランナーの経歴を確認する


先ほどFP1級の有無の確認が大切といいましたが、実はこの資格の有無の確認だけでは不十分。なぜならFP1級は実務経験と筆記試験に通るだけの基礎知識は分かりますが、その人のキャリアや実績までは分からないからです。

それにそもそもの話になりますが、FP1級を取得している人の経歴は様々です。例えば保険会社での勤務経験が長い人もいれば、銀行で法人営業の経験が豊富な人もいます。

FPに資産運用を相談するメリットとして中立性がありますが、どうしても専門領域に関しては一人一人のキャリアに左右されます。例えば保険関連の業務経験が長い場合、保険に詳しくても最新の金融商品には詳しくないことが考えれます。

この点を考えると資産運用の相談をする前に自身の相談内容にマッチしそうな経歴かどうかをチェックしたいですね。

資産運用経験があるか


資産運用の相談相手を選ぶ際に意外と欠かせないのがアドバイザー自身の資産運用経験。なぜなら資産運用の経験が全くないアドバイザーの場合、現実性がやや乏しいアドバイスをする傾向があるからです。

現に筆者にはFP1級を保有している銀行員の友人が複数いますが、投資経験がない友人に資産運用の相談をするとあまり良いアドバイスがもらえませんでした。その一方で自分で投資商品を買った経験がある友人のアドバイスはより現実味のあるものばかりでした。

筆者の友人の話はさておき、自分で資産運用の経験があるとなると現実性のないアドバイスが少なくなるのは事実。それに自分のお金を使って資産運用に取り組もうとしているあなたと同じ立場を経験しているので信頼がおけますよね。

資格やキャリアと同じくらい資産運用経験はアドバイザー選びで重要なので必ず確認することをおすすめします。

初回の相談会での相性を見る


資格の有無、経歴、資産運用経験といった3つのチェック項目を紹介しました。この3つはどれも大事ですが、この3つ以上に大事なものはあなた自身との相性です。

なぜならいかに優秀なFPが正しいアドバイスをしてもその人を信頼できなければ長く付き合うことは難しいからです。

実はFPと契約する場合、資産運用の相談は月に1回といった形で長期的にかかわるのが一般的です。つまり相性が悪いFPと契約をしてしまうと相談にいくこと自体が苦痛になってしまう恐れもあります。

この点を考えると初回の相談会の時点で相性が合うかどうかは必ずチェックしたいですね。万が一資産運用の相談を一回してみて相性が合わないと感じましたら相談相手の変更を検討したほうが良いかもしれません。


資産運用の相談に利用したいFP事務所はここ


このコンテンツではここまでFPの特徴、FPを資産運用の相談相手にする良し悪し、良質なFPの選び方についてみてきました。ここまでの内容でこのコンテンツのポイントは伝えきったつもりですが、質の高いFPが所属する事務所については触れていなかったと思います。

そこでこのコンテンツの最後に資産運用の相談相手に選びたい人気のFP事務所を3つ紹介します。

  • FP法人ガイヤ(東京・大阪)
  • ゆりもとFP事務所(東京・横浜・埼玉)
  • 内山FP総合事務所(福岡)

ここで取り上げた3つの事務所はネット上での評価も高いので資産運用の相談をするのでしたら1つの候補になります。質の高いFPをお探しでしたらここで紹介した事務所に連絡を取ってみることをおすすめします。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング