HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方
AIを利用した資産運用とは?

AIをフル活用した資産運用の良し悪し


最近AI(人工知能)って色々な所で活用されはじめていますよね。例えば天気予報はビックデータという統計データが使われるようになりましたし、自動車業界でもAIを使った自動運転が注目されています。

このAIを活用した流れは当然資産運用の世界にも及んでおります。現に投資家の資産運用の代行を担当する資産運用会社はトレーダーの長年の勘よりもAIの解析情報を重視するようになりました

このAIが導入されるという流れは今後も資産運用業界で着々と進んでいくことは確実ですが、AIを利用した資産運用ってどんなものかいまいちわからないですよね。それにAIに投資判断を任せることは本当に安全なのかも気になるところ。

そこでこのページではAIを活用した資産運用にはどんなメリットやリスクがあり、最近話題のロボアドバイザーとは何なのかについて見ていこうと思います。





AIを利用した資産運用とは?


資産運用でAIを活用するメリットやデメリットについて考えるにはAIを利用した資産運用の実態を知る必要があります。そこで資産運用でAIを利用する良し悪しを紹介する前に資産運用業界で利用されている主な4種類のAIの用途をまとめてみました

  • データから相場の流れを分析
  • 最適な運用商品を自動で割り出す
  • 資産配分の最適化プロセス
  • 資産運用の全工程の自動化

ここで取り上げた資産運用の世界で利用される4種類のAI技術の詳細については上から順番に見ていこうと思います。

データから相場の流れを分析


どんな投資商品で資産運用に取り組むにせよ、チャートを見てその投資商品の現状の状況(天気)を見ると思います。資産運用の成功には欠かせないチャート分析はこれまではトレーダーの勘や長年の経験が中心になっておりました。

それがAIが発達してからは過去の値動きパターンや標準価格をベースに今後の投資商品の値動きが診断されるようになりました。まさに天気予報で利用されているAI技術を資産運用におけるチャート分析に応用した形です。

このAIを利用して今後の値動きを予測する動きは既に資産運用会社の多くが取り入れております。その結果として資産運用会社の間では優秀なトレーダーよりもデータアナリストの囲い込みが行われているくらいです。

最適な運用商品を自動で割り出す


資産運用の世界でよく利用されるAI技術の2つ目は最適な運用商品の自動探索です。

この自動検索というのは各投資家またはトレーダーが目標とする数値や現状のデータを入力するだけで最適な投資商品が検索されるシステムの事を指します。例えばAIに対してこういった情報を入力するとします。

  • 現在の年齢
  • 投資に取り組む金額
  • 最終的な目標額
  • 達成に要する期間
  • 許容できる損失割合

これらを入力した場合、上の条件を満たす投資商品をAIが自動で見つけてくれるのです。ちなみにこのAI検索で利用される検索結果は過去の投資銘柄の値動きパターン等がデータのよりどころとなっております。

このAI技術を利用すれば自分でぴったりな投資商品を地道に探す手間が省けるので資産運用で大変な投資商品探しが格段に楽になります。

資産配分の最適化プロセス


次に紹介する資産運用の世界で利用されているAI技術は資産配分の最適なデータ分析です。

こちらも先ほど取り上げた投資商品探しと似ていますが、資産運用に取り組む投資家が自身の資産状況などを打ち込むと最適な資産配分が割り出されます。例えばこういった状況を入力するとします。

  • 年収
  • 毎月の支出
  • 家族構成
  • 貯蓄
  • 資産運用のゴール金額

すると、資産をどういった配分に分配するのが最適なのかをAIが自動で出してくれるです。このデータの拠り所は先ほどと同様に入力したプロフィールに近い投資家の資産配分がベースとなっております。

この資産配分を自動算出してくれるAI技術を使えばFPに相談することなく、理想に近い資産配分を知ることができます。

資産運用の全工程の自動化


4つ目に紹介するのは資産配分の割り出しから商品設定、投資判断、投資後の再投資と決済を全て自動で行うことです。

「全て自動?」と聞くとそんなことできるの?と思うかも知れませんができてしまいます。なぜなら現状の年収や年齢、支出状況、許容できるリスク、目標とする年利などを入力すればそれが実現できる資産運用プランや取引ルールが過去のデータから算出されるからです。

このAIが実現する全自動化を資産運用で利用すれば機械が自動で決められたルール通りに資産運用に取り組んでくれるのであなたの時間を使わずに資産運用に取り組めます。

その結果として資産運用に取り組む際にネックになる時間の算出に困らなくなります。それにAIに資産運用の判断を任せる以上、資産運用の勉強を地道に行う必要もないという点も見逃せません。


人の判断と比較して正確性がある


これまでAIを活用した資産運用にはどんなものがあるかについてみてきましたが、資産運用でAIを利用するメリットって何だと思いますか?

実はこの「資産運用でAIを利用するメリット」はいくつもあるのですが、一般的によく言われるのはこちらの3点です。

  1. 分析をする手間がかからない
  2. 人間の判断よりも正確である
  3. 長年の感覚や経験がいらないこと

特にこの中でポイントになるのが「長年の勘や経験」が不要なことと人間の予測よりも正確であることです。この点について少し詳しく見ていきます。

機械は使い手を選ばない


この見出しにあるようにAIをはじめとした機械は使い手を選びません。

つまり、資産運用歴が10年の人が利用しようと資産運用歴が全くない人が利用しようと入力項目さえきちんと打ち込めば正確なデータを取ってくれます。この点は長年の勘や経験がどうしても重要になる目視によるチャート分析や銘柄探しとはことなります。

長年の経験が求められない点を考慮するとAIは資産運用経験がない人にこそ向いています。しかもAIは人間と違ってケアレスミスをしませんし、過去の幅広い事例やデータを参考にしながら最適な資産運用商品を紹介してくれます。

この点を考えると経験があるが故の慢心や一人のトレーダーの独善によって分析結果の正確性が揺らぐ心配もありません。判断の正確さに関してはAIは人間よりも格段に優れているので資産運用経験が豊富な投資家にも役立ちます。


資産運用でAIを利用するリスクとは?


先ほど資産運用でAIを活用するメリットについて見てきたので、次は資産運用でAIを活用するリスク(デメリット)について見てみようと思います。そこでよく言われるAIを活用した資産運用のリスク(デメリット)を一覧にしてみました。

  1. 突発性なケースの対応に弱い
  2. データが少ないものには弱い
  3. 入力でミスをすると全て崩れる

それぞれの詳細について簡単に紹介します。

突発性なケースの対応に弱い


まず一番のAIを利用した資産運用のデメリットはAIは過去のデータを拠り所としているので、前例のないケースに弱いことです。

例えば2008年に起きたリーマンショックというのは過去に起きたことがない「未曾有」の経済危機と言われました。過去のデータ分析には非常に強いAIですが、過去に実例がないものは分析しようがないので対応できないというデメリットがあります。

この突発的なケースへの弱さは今後AIの学習機能が発達すれば改善されるとは思いますが、現状のAI技術ではまだまだ穴があります。そこで過去のデータから最適解を洗い出す面には強みがありますが、資産運用の判断を全て任せることにはややリスクがあります。

データが少ないものには弱い


先ほど取り上げた「突発性」に弱いと関連しますが、AIは過去のデータを拠り所にしている分、データの量が少ない分野には弱いです。

例えば最近の資産運用業界ではビットコインをはじめとした仮想通貨を利用した資産運用が注目を集めています。この仮想通貨を利用した資産運用はブームではありますが、仮想通貨が注目されるようになったのはここ数年ですよね。

なので、仮想通貨を利用して資産運用に取り組んだ人のデータや各仮想通貨の値動きパターンのデータは昔から利用されている株式や投資信託と比較すると取れておりません。この点を考えると分析力に定評があるAIの持ち味は仮想通貨にはあまり使えません。

仮想通貨のケースに限らず、AIの分析が役立つのはきちんとデータが取れる状況に限られるのです。この点を考えるとデータの量に課題があるマイナーな投資商品の分析には正確性を欠くことが想定されます。

入力項目がずれると全て崩れる


また気をつけなくてはいけないのはAIを利用した資産運用は入力した入力項目が正しいことを前提に進めます。

極端なケースですが、500万円の年収のあなたが年収の入力項目を600万円と誤って運用プランをAIに洗い出してもらったとします。この場合、AIはあなたの年収が本当に600万円であるかは認識できないので、誤った条件のもとでの運用プランが出てしまいます。

機械ではなく、あなたの手で資産運用に取り組む場合は適宜運用プランを見直すと思います。それがAIに任せた資産運用の場合はあなたが気づくまでは誤った運用プランのままずっと機械が投資判断を進めてしまいます。

ここで取り上げた入力項目のミスはAIの問題というよりも人間側のミスが原因ですが、AIは使い方を間違えると悲惨な結果になる恐れがあります。そこで資産運用でAIを利用するのでしたら初歩的なミスには気を配りたいですね。


人口知能が使えるロボアドバイザーとは?


あなたが資産運用会社のトレーダーならいざ知らす、ごく普通の個人投資家でしたら資産運用でAIを利用するとなるとこの見出しにあるように「ロボアドバイザー」を使うことになります。

ただ、「ロボアドバイザー」と言われても何なのかよくわからないですよね。そこで簡単にロボアドバイザーとは何者なのかについてこれから見ていきます。

投資商品と投資配分の助言機器


ロボットアドバイザーを端的に表すとこの見出しにあるように投資商品と投資配分の助言機器です。どういうことかというとロボットアドバイザーが入力を求める項目を入力すれば理想的な投資商品と資産配分が出てきます。

しかも具体的な投資商品が検索されるだけではなく、想定されるリスク・リターンなどのコメントも出てきます。また一部のロボアドバイザーはAIが最適化した投資判断を自動で実行してくれるものもあります。

要するにあなたの代わりにあなたにぴったりな投資商品と投資方法を探し、資産運用の代行までしてくるのがロボアドバイザーの凄さ。

ここまでの内容でなんとなくAIが搭載されたロボアドバイザーがどんなものか分かったのではないでしょうか?

現在各金融機関は投資商品を自動て探し出してくれるロボアドバイザーを利用者に提供しております。現状で使えるのは投資信託やETF等一部の投資商品に限られていますが、今後は株式投資なども対象になると言われております。

ロボアドバイザーが一般の利用者でも使えることを見てもAIが資産運用業界で注目されていることが分かりますよね。


ロボアドバイザーの利用方法と比較方法


さて先ほどAIが搭載されたロボアドバイザーとはどんなものかについて見てきました。そこで次にロボアドバイザーの具体的な使い方と各金融機関のロボアドバイザーの比較方法について見ていきます。

ロボアドバイザーの使い方


ロボアドバイザーの使い方は実は簡単です。これから紹介する3つのことを行えば誰でも利用することができます

  1. ロボアドバイザー口座を開設する
  2. 投資に取り組む資金を用意する
  3. AIに求められる条件を入力する

それぞれの詳細な情報についてはこれから見ていきます。

通常の口座では使えない

資産運用でAIを使うためにはロゴアドバイザー口座の開設は資産運用でAIを活用するには欠かせません。なぜなら資産運用でロボアドバイザーを使うためには通常の口座ではなく、ロボアドバイザーに対応した資産運用口座を用意する必要があるからです。

そこでもしあなたが資産運用でAIを利用したいのでしたらロボアドバイザーを提供している金融機関を探し、その会社のロボアドバイザー対応口座を作りたいですね。

口座が定める最低投資額を入金する

AIが使えるロボアドバイザー口座を使うためには口座が定めた最低投資金額を用意する必要があります。例えば最低投資金額が1,000円の口座の場合は、1,000円以下の入金額では投資ができないので、1,000円以上の入金が求められます。

この入金が終了すれば、あとはAI側に求められる項目を埋めれば資産運用でAIを利用することができます。

AIが求める条件を入力する

AIが求める条件というのはあなた個人の情報とあなたが希望する資産運用のスタンスです。

前者の個人情報というのは保有資産の総額や年収といった資産運用に取り組む際に必要になる条件です。そして後者の資産運用のスタンスというのはこういったものです。

  • リスクとリターンのどっちを取るか
  • 複数の投資商品を買うことに抵抗があるか
  • 長期投資と短期投資のどっちが好き?

こういった資産運用関連の簡単な質問にいくつか答えることになります。

個人情報と資産運用関連のスタンスの質問項目を埋めれば、あなたにぴったりな資産運用商品が複数紹介されます。そこで紹介された商品の中から好きなものを選んで資産運用に取り組むことになります。

なんとなくAIを利用した資産運用に取り組む際の手順が分かりましたでしょうか?

複数のロボを比較する際の基準


実は資産運用でAIを活用できるロボアドバイザーは色々な会社が出しています。そこでここでは各社のロボアドバイザーを比較する際にチェックしておきたい4つの項目を一覧にしてみました

  • 提案型か一任型か
  • 手数料はどの程度か
  • 扱っている商品の種類
  • 必要資金

ここで取り上げた4つの比較項目の詳細に関してはそれぞれ簡単に見ていきます。

提案型か一任型か

ロボアドバイザーを比較する際に欠かせないのが搭載されているAIが提案型なのか一任型なのかです。

まず前者の提案型というのはAIが最適な投資商品の候補や理にかなった資産配分を計算をしてくれますが、実際の投資判断は投資家が行うタイプです。つまりあくまでAIは選択肢の候補を洗い出すだけなのです。

その一方で後者の「一任型」というのはAIに投資商品の選定から決済判断そして、決済後の売却判断まで任せられるタイプです。つまり全自動型の資産運用ができてしまうのです。

提案型のAIが搭載されているロボの場合、全自動型の資産運用処理ができないケースがほとんどです。そのためロボアドバイザーを探す際はまずはじめに提案型と一任型のどちらを選ぶかを決めたいですね。

手数料はどの程度か

次に取り上げるのは資産運用でAIプログラムを利用する際の手数料です。

実はロボアドバイザーを利用する際には一定レベルの手数料がかかります。手数料の金額は各社で異なるのですが、大体投資資金の1%前後が目安となっております。

当然資産運用に取り組む際に手数料というのは低いに越したことがありません。そこでAIを利用した資産運用に取り組む際には各社の手数料を比較し、手数料が低いロボアドバイザーを選ぶのが良いでしょう。

扱っている商品の種類

AIを搭載しているロボアドバイザーの比較ポイントの3つ目は扱っている投資商品の種類です。

実はほとんどの会社のロボアドバイザーは投資信託しか扱っておりません。それに取り扱っている投資信託の種類に関しても各社でバラバラ。

例えば一般的な投資信託しか扱っていない会社もあれば、ETFやJ-REITもAIの診断商品に含んでいる会社もあります。当然種類が多い方が最適な投資商品に出会う確率が上がるので種類が多いことに越したことはありません。

なので、どこの会社のロドアドバイザーを利用するか迷ったときは各社のAIプログラムはどういった投資商品を扱っているのかを比較したいですね。

必要資金

実はロボアドバイザーを提供している各会社は資産運用に取り組む際に必要になる資金額は任意で決めております。>

その結果として資産運用に取り組むのに必要な資金が10万円の会社もあれば、1万円の会社もあります。いくら優秀なロボアドバイザーを提供している会社でも必要資金額があなたの資産運用予算を超えていれば宝の持ち腐れになります。

そこで各社のロボアドバイザーを比較する際にはあなたが資産運用のために用意できる予算と合うかのチェックも欠かせません。


おすすめの助言ロボットの紹介


先ほどロボアドバイザーを比較する際に目を通しておきたい4種類の基準をまとめてみました。ですが、どこの会社のロボアドバイザーが優秀なのかは増えてこなかったと思います。

そこでこのコンテンツの集大成として本当に質の高いロボアドバイザーを紹介している会社名とロボの名前をまとめてみました。

会社名 ツール名
SBI証券 FundRobo
楽ラップ 楽天証券
投信工房 松井証券
ウェルスナビ WealthNavi

ここで取り上げた4種類のロボは優れたAIが搭載されていることから資産運用業界の中でも注目されています。特に4つ目に取り上げた「WealthNavi」は管理人のイチオシです。

どうしてこのWealthNaviをおすすめするかというとこのAIツールは手数料が投資額の1%と低い上に投資一任型の機能も付いているからです。

他の会社のAIツールよりも利用できる機能も多く、海外の銘柄を利用した資産運用にも対応しているので利用者の評判が非常に高いです。

インターネット上でおすすめのロボアドバイザーを調べてもほとんど必ず上位にランキングする点も見逃せません。もしあなたがAIツールを利用して資産運用に取り組むことになるのでしたら真っ先にWealthNaviを調べてみることをおすすめします。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング