HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

目指せ1000万 効率の良い資産運用の方法2013

資産運用ってなに?知らない人は学ぼう


2013年、1000万貯蓄するため、まず初めに大事になるのが「資産運用」をきちんと理解しておくことです。

将来の自分の未来を豊かにするのは今、2013年の自分しかありません。
将来、自由で楽しく暮らしたいのならば資産運用を理解しておく必要があります。

資産運用は何もお金だけが全てではありません。その「方法」を理解しておくことが物事を見抜く力をになるでしょう。


例えば「1000万を貯めたい!」という人がいたとしましょう。
その人の年収500万だとすれば、何も使わない過程で考えれば2年かかります。

しかしこれは年収全てを何も使わなければの話です。
実際には「年金」「健康保険」「税金」「生活費」にお金を回すことになるので、結局のところ、年収500万でも手取りは370万前後になり、そこから生活費が使われます。


この場合、1000万貯めるとすれば、よっぽど頑張れる人であっても5年以上はかかると見ていいでしょう。2013年から始めたと過程した場合、2018年過ぎぐらいに溜まるような感覚です(かなり生活費を削った話)しかしこれは、効率の問題からすると、1000万をただ貯まるのをまつだけで、かなり悪いといえます。

1000万円を貯めるまでたんたんと時間を費やすのは、自分の限られた時間を無駄にするといってもいいでしょう。

正しい資産運用の方法を知るということが、人生という時間を稼ぐことにもなるのです。

少額でも資金がたまった段階から順次資産運用に取り組みながら、1000万という目標を一日でも早く達成しましょう。資産運用のやり方さえ間違わなければそれは可能です。



資産運用の方法とはどんなものがあるのか?


2013年、資産運用方法は沢山ありますが、その中でも代表的なものをピックアップしてご紹介します。



投資信託…各国の債権、不動産を運用しているのが投資信託といい、そこへ投資すること。
2000年以降金融機関で一斉に商品開発・販売され、2013年、投資先としてはトップのジャンルであるが運用成績は今一つ。

FX…小額の資金を元にして、外貨の売買を行うもの。レバレッジ(証拠金)を使えば資金より倍の金額で取り引きが可能。その分、ハイリスクになるので注意

不動産投資…2013年前後から人気を集めている投資方法。土地や不動産を購入し、それを賃貸したり売却したりする方法。ただし1000万円以上の資金をあらかじめ用意する必要あり。

金投資…2013年頃にはあまり行っている人は少なくなっている投資ではあるが、この投資方法は金の価値が暴落しないのである意味賢い方法。




ただし、金の価値は日々変動するので、お金を儲けるという面ではあまりオススメは出来ません。どちらかというと、お金を資産の価値に変える方法といっていいでしょう。

他にも多くの資産運用方法がありますが、今紹介したものは「アベノミクス効果」によって浸透率が急増したものです。


その中でも最も資産運用方法として多いのが「株式投資」です。
1000万円達成するために、少額からでもさっそく運用が可能です。


この資産運用方法は2013年~現在までの間で、かなり投資人口が増えています。
それは「アベノミクス効果」によって、売買高が活発になってきているからです。「確実に稼げる」というものではありませんが上手におこなえば資産を増やすことが可能です。


アベノミクスのタイミングをとらえ、元手が100万の人が、株式取引で1000万以上になった人はとても多くいます。

効率の良い株式投資

効率の良い資産運用方法は人によって違いがありますが、自分に合う方法を選ぶことで、将来の生活のゆとりを保つことが出来るでしょう。

資産運用を上手におこなうことで、未来をより素敵にすることが出来ます。まずは、自分が将来何をしたいのかを考えておくと良いでしょう。

その中で、自分に合う方法を探し、良く調べて実行をするようにしましょう。

株式投資を始めるのに2013年は遅すぎる、ということはありません。

来年以降まだまだ株式市場は活性化し、出来高があがることをアナリストたちは予想しています。お金の行き場所は、株か、不動産か、債券くらいしかありません。

株式に興味があるのなら、2013年はスタートイヤーといてふさわしいでしょう。1000万を目指して今から株式を学びはじめましょう。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング