HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

資産運用の始め方 失敗しないための7つのポイント


今回は初心者が成功する資産運用の始め方の説明をさせて頂きます。

資産運用と聞くと損をするのではないかと思う方も多いと思いますが自分に合った商品を選ぶことで堅実に資産を増やしていくことができます。



資産運用の始め方 ポイント① 具体的な資産設計をたてる


資産運用を始める前に資産運用の具体的な目標額や期間、目的を明確にしてどの金融商品で始めるかの大体の計画を立てます。


産運用の始め方 ポイント② 資金の無い初心者は少額投資から始める


資産運用初心者の始め方で大切なことは投資経験が薄いのでまずは少額投資から始めることです。少額投資には気軽に始められる点、損失が小さい点等のメリットがあるため資金がない初心者の方向けの資産運用の始め方です。では少額投資の代表例です。

株式ミニ投資 通常の売買単位の10分の1から購入できます。
投資信託積立 1,000円程からでも可能です。
国債 日本国が発行する債券です。個人向けに販売されているもので1万円から購入可能です。

株式ミニ投資とは証券会社が選定した銘柄の中から自由に選べますが通常の売買単位が1株の銘柄は取扱できません。また指値注文もできません。株の配当、株式の分割、株主優待などの権利は投資家の持ち株数に応じて按分計算されます。


投資信託の積立は毎月決まった日に決まった金額だけ投資信託を買い付けるサービスです。

長く続けやすく、複利効果を得られやすいです。毎月分配型を選ぶと毎月決まった日に分配金を受取ることができます。

国債は安全性が高く、定期預金代わりに購入する場合もありますので国債投資はリスクを避けたい初心者向けの資産運用の始め方です。

資産運用の始め方 ポイント③ 単利と複利の違いを知っておく


複利とは利息が利息を生むことです。

例えば100万円を年利1%で資産運用すると1年後に1万円の利益を得られます。複利とはこの利益を再投資することです。毎年利益を受取る単利と複利の違いを見てみます。資産運用では重要な計算式になりますので覚えておきましょう。

●単利 当初預けた元本に対して利息のみ計算されるものです。

計算式)元本×(1+利率/100×預入期間)
例)預入100万円 利率3% 期間5年の定期預金の場合の満期時の元利合計金額


100万円×(1+3/100×5年)=115万円


●複利 一定期ごとに支払われる利息を元本に足してその新しい元本に対しての利息が計算されるものです。単利と同じ条件で計算します。1年複利と1ヶ月複利の差も見てみましょう。


計算式) 1年複利 元本×(1+利率/100)預入期間
     1ヶ月複利 元本×(1+利率÷12/100)預入期間×12

例)100万円×(1+3/100)5年=1,159,274 
これを1ヶ月複利にすると 100万円×(1+3÷12/100)5年×12=1,161,616となります。


この様に単利と複利でもこれだけの差が出て尚且つ条件が同じであれば利息の再投資の期間が短い方が満期時に受け取る元本は多くなるので覚えておきましょう。



資産運用の始め方 ポイント④ 1年間で得られる収益を具体的に数値化する


成功する資産運用の始め方はまず目標利回りを設定し、具体的な数字を把握します。

利回りは数値が高いほど収益性が高いと言うことです。では代表的な利回りの年平均利回りの算出方法を見ていきます。これは一定期間で得られる利息が1年あたりでいくらになるかを計算し、それを元本で割ったものです。目標金額を達成するのに必要な利回りがわかります。


計算式)(最終的な利益÷元本)÷運用年数×100


例)元本100万円を20年資産運用して150万円まで増やしたい場合

(50万円÷100万円)÷20年間×100=2.5%となります。

この様に資産運用の始め方として収益を具体的に数値化し、それに沿った計画を立てることがまず大切です。



資産運用の始め方 ポイント⑤ 自分のリスク許容度を知る


資産運用を始めるにあたり自分がどれ位のリスクを取れるのかを確認します。

これは年齢や収入、資産、資産運用の経験により決まっています。一般的に年齢が若いほどリスクを取りやすく年齢が上がるにつれて許容度は下がります。


資産運用の始め方 ポイント⑥ 金融商品の種類と向いているタイプ


資産運用を始めるに当たって自分に合う金融商品で運用することが大切です。なぜならば投資には感情で運用成績が左右されたり、性格によって向き不向きがあるからです。

商品 投資法の説明 向いているタイプ
株式 企業が発行する株式の売買で利益を得る投資法 リターンを狙いたい・企業の選別眼を活かしたい・
分析が得意・運用管理ができる
債券 国・地方自治体・企業に資金を貸し、利息を得る投資法 リスクを避けたい・金利で運用したい・資産運用に時間が取れない
投資信託 複数の投資家から集めた資金をプロが運用する投資法 プロに運用を任せたい・少額で分散投資がしたい・資産運用に時間が取れない
海外投資 外国企業の株・外国の発行体の債券・外貨の売買などで運用する投資法 外国に投資・投資対象を増やしたい・通貨を分散したい・為替差益を得たい

この様に資産運用には様々な始め方や其々のタイプに合ったものを選ぶことが大切です。
自分がどの投資法に当てはまるかを確認しておきましょう。



資産運用の始め方 ポイント⑦ 自分専用のポートフォリオを作成する


ポートフォリオとは自分の資金をどの金融商品にどれだけの割合で投資するかを決めた設計図の事です。ポートフォリオの作り方です。

  • ①運用目的を決める・・・いつまでにいくら必要なのかを考える。
  • ②目標額と期間を決める・・投資額をいつまでにいくら増やせばいいかを決める。
  • ③目標の利回りを計算する・・年平均利回りで数値を出しましょう。
  • ④資産の配分比率を考える・・どの金融商品で資産運用をするのか決めて何割の資産を投資するかを商品の性質を見極めながら決める。

やみくもに高利回りの商品ばかりを選ぶのではなく値下がりや倒産などのリスクも考
慮して全体でプラスになるように設計しましょう。



資産運用の始め方は人それぞれ


資産運用の始め方は色々ありますがまずは自分の目的とどの様にお金を増やすかを自覚しておくことが大切です。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング