HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資初心者に最も人気のある投資商品とは?


1,000円からはじめられる資産運用!それが投資信託

株式投資、生命保険、不動産投資と色々なタイプの資産運用がありますが、最も低いハードルで取り組める資産運用は投資信託です。

投資信託は他の資産運用と違って専門的な知識がなくても始められますし、1,000円あれば誰でも好きな投資信託を買えてしまいます

このコンテンツでは、色々な資産運用がある中でもっとも時間とお金をかけずに取り組める投資信託について紹介していきます。

副業や資産運用をお考えなら、身近なのは投資信託
目次



資産運用で人気の投資信託の特徴とは?


このコンテンツに目を通されている方の中には投資信託がどういうものかいまひとつ掴めていない人もいるかと思います。

そこでこのコンテンツのはじめに投資信託がどういったものであるかについて資産運用初心者の方でも分かるように説明していきます。

投資信託というのは、資産運用のプロが複数の投資家からお金を募り、集めたお金を投資家の代わりに運用するタイプの金融商品です。

複数の投資家から集められたお金は資産運用のプロによって株式や生命保険といった投資商品に分配投資されます。分散投資によって発生した損益は、投資信託への投資額に応じてそれぞれの投資家に分配されます。

よりシンプルに説明すると資産運用のプロにお金の運用を任せ、損失が出たら投資家全員で負担し、利益が出たら投資家全員で山分けするという金融商品です。

投資信託で資産運用に取り組む際にチェックしておきたいのは、基準価格と分配金です。まずは基準価格について見ていきましょう。

基準価格というのは、投資信託における1口の金額のことです。投資信託で資産運用に取り組む際は投資信託を1口単位で買うことになるので基準価格は必ずチェックしたいですね。

2つ目の分配金というのは、投資信託で利益が発生した時に投資家に還元されるお金のことです。還元される分配金は、投資信託の保有口数に応じてそれぞれの投資家で山分けすることになります。

ちなみに分配金の支払い方法はそれぞれの投資信託で大きく異なります。年1回分配金を支払う運用会社もあれば、毎月分配金を支払う会社もあります。投資信託を購入する際には投資信託を運用する運用会社の分配金のポリシーは確認したいですね。


株や終身保険より投資信託をおすすめする理由


日本国内には株や終身保険をはじめとした色々なタイプの資産運用があります。ここでは色々なタイプの資産運用と比較した上で投資信託を使って資産運用に取り組んだほうが良い4つの理由について紹介していきます。

少額から着手ができる
投資信託は、大きな元手を準備する必要が無いのでお金に困っている学生でもはじめることができます。実のところ、積立型の投資信託を利用すれば、月数千円程度から資産運用をはじめることができます。

専門的な知識がいらない
投資信託は株やFXや不動産投資とは違って実際の運用は資産運用のプロが担当します。プロに資産運用を任せることになるので、株式投資やFXと違って特に専門的な知識がなくても資産運用に取り組めます。

損失リスクが低い
投資信託を運用する資産運用のプロは投資家から預かったお金を複数の資産に分配した上で運用してくれます。分散投資が徹底されているので元本が大幅に減るリスクは低いです。

銘柄の数が多い
日本国内には色々な種類の投資信託があり、それぞれで必要となる初期資金額や期待利回りが異なります。

本当に色々な銘柄がありますのであなたのご要望を満たす銘柄も探せばきっと見つかるはずです。この銘柄の種類が多いというのは投資信託の大きな特徴の1つといえます。

いかがでしょうか。ここまで投資信託で資産運用に取り組む4つのメリットを紹介してきました。ここで紹介した4つのメリットの中で1つにでも魅力を覚えましたら投資信託はあなたにぴったりな投資商品と言えるでしょう。

投資信託ではじめるメリット


他の資産運用と比較して見劣りする点


資産運用初心者の方や元手があまりない人にも相性の良い投資信託ですが、デメリットももちろんあります。ここでは、他の資産運用と比較した上で投資信託に見受けられる3つのデメリットをまとめてみました。

手数料コストが高い
投資信託は、資産運用会社に資産運用を任せるので毎月一定の信託報酬を支払うことになります。ご自身で株やFXをやっていれば、業者にコストを支払う必要が無いので、運用の結果に関わらず毎月一定の金額が費用としてかかるのはデメリットと言えます。

信託報酬の目安は、運用会社に預けている金額の1%程度です。運用で損失を出してもこの信託報酬は固定でかかるのでコストを払いたくない人には相性が良くないかもしれません。

元本が保証されていない
投資信託は、預金や国債のように元本が保証されているタイプの資産運用ではないので、元本が減る危険性を理解する必要があります。 どうしても元本が減ることを避けたい方とは相性がよくない資産運用です。

運用会社の実力次第
資産運用を第三者に任せる以上、任せた相手の実力によって資産運用の結果は大きく変わります。万が一運用能力が低いファンドが運営する投資信託を買ってしまうと期待する運用結果が得られない可能性があります。

ここまで投資信託に関する3つのデメリットを紹介しました。比較的リスクが低いタイプの運用方法ですが、リスクが低いがゆえのデメリットもあります。投資信託をはじめる前に今回紹介した3つのデメリットを理解することが大切です。


4種類の投資信託の違い


投資信託と一括りにしても色々な種類の投資信託があります。ここでは資産運用でよく利用される4種類の投資信託の特徴の違いについて紹介していきます

ETF


ETFは、証券取引所に上場していて市場価格で販売されているタイプの投資信託です。基準価格で売買されるタイプの投資信託と違い、購入価格がリアルタイムで変わるので株と似ている特徴があります。

売買価格が、市場の動きに応じて常に変動するので通常の投資信託よりも市場動向を読み取るセンスが必要になります。一般的な投資信託よりも信託報酬が少なくて済むという特徴があります。

J-REIT


J-REITは、投資対象を不動産に特化したタイプの投資信託です。

投資信託を運用する資産運用会社は、投資家から集めたお金を複数の不動産に投資して家賃収入や不動産の売却益で利益を狙います。発生した利益は通常の投資信託と同様に投資家で山分けになります。

もちろん投資信託の1種ですので不動産投資のような大きな初期投資は必要ありません。不動産投資に関心がある方と相性がよいタイプの資産運用です。

MRF


MRFは、安全性の高い債権を中心に運用する種類の投資信託です。主な運用対象が債権という安全性の高い資産なので元本が大きく減るリスクが低いという特徴があります。よりリスクが低いタイプの投資信託をお探しの方と相性が抜群です。

外貨MMF


外貨MMFは、信頼性の高い海外の債権や社債に特化したタイプの投資信託です。

海外関連の債権は、国内の債権よりも利率が高いので、国内債権を中心とした投資信託よりも高い分配金が期待できます。海外の債権や社債に関心がある人にとって非常に都合の良いタイプの資産運用といえます。


ここまでETF、J-REIT、MRF、外貨MMEという4つのタイプの投資信託を紹介しました。今回紹介した4つのタイプの投資信託は資産運用で人気の投資信託ですが、他にも色々なタイプの投資信託があります。

例えば現物への投資をメインとしているコモディティファンドや先物投資などに積極的に投資するブルベアファンです。他にも色々な投資信託がありますので、投資信託で資産運用に取り組む際にはご自身で投資信託の種類を調べてみると良いかと思います。

各種投資信託


銘柄選びの鍵はポートフォリオの作成


色々な種類の投資信託があるので、どの投資信託を買えばよいか迷ってしまう人もいるかと思います。そんな方々のため理想的な投資信託を見つけるために心がけたい5つのポイントについてまとめてみました。

購入の前にポートフォリオを考える
ぴったりな投資信託を見つけるためにも今の自分の資産配分が分かるポートフォリオを作ってみましょう。ポートフォリオを考えれば、今の自分がどういった種類の資産を手に入れる必要があるかが分かります。

特化した投資信託を複数利用する
現状の資産配分をチェックした上で保有したほうが良い資産を一覧にしましょう。その上で今の自分が手に入れるべき資産分野に特化したタイプの投資信託を購入するのが良いでしょう。

ファンドの信託報酬に着目する
どんなタイプの投資信託で資産運用に取り組むべきかが分かれば、自分にぴったりな投資信託の候補を複数挙げてみましょう。

複数挙げた候補の信託報酬を確認し、信託報酬ができるだけ低い投資信託を探すようにしましょう。信託報酬は資産運用会社に支払うコストですので低いに越したことはありません。

ファンドの資産規模の確認
資産残高が少ないファンドの場合、ファンドが償還されるリスクがあるので資産規模は購入前にきちんと確認したいものです。

1つの目安としては、100億円程度の資産があるかどうかです。100億円クラスの資産があるファンドは、幅広い分野の投資商品に預かり資金を分散できるので安定した運用が期待できます。

分配金に執着しない
投資信託で資産運用を行なう方のほとんどは、分配金の有無に着目しますがこれはあまり褒められた行為ではありません。

分配金を出すタイプの投資信託はファンドに発生利益がプールされないので複利効果を有効に使えません。購入した投資信託をある程度の期間保有する予定があるのでしたら分配金の有無にはあまりこだわらないほうが良いでしょう。


ここまで資産運用において投資信託選びで心がけたい5つのポイントを紹介してきました。今回紹介した5つのポイントを意識すれば投資信託選びでミスをするリスクは大幅に下がります。


より利益率の高い資産運用を厳正紹介


ここまで投資信託の特徴と投資信託を使った資産運用のメリット・デメリットについてまとめてみました。

投資信託は損失リスクが低く、少ない予算で取り組めるのではじめて資産運用に取り組む人や資産を安全に運用したい方に人気があります。もちろんリスクの低さはリターンの低さを意味するので大きなリターンは望めません。

もし資産運用で資産を大きく増やしたいのでしたら、投資信託よりも利益率が高い投資商品で資産運用に取り組む必要があります。

色々な運用手段がありますが、個人的にはヘッジファンドにお金を預けてみることをおすすめします。ヘッジファンドを利用するには、一定のまとまったお金が必要ですが、投資信託のように資産運用をプロに任せることができます。

しかもヘッジファンドに資産運用を任せれば、3年~5年程度で預けたお金が2倍に増えることが期待できます。この高い利益率は投資信託を使った資産運用では到底実現ができませんので、資産運用で高いリターンを狙う方はヘッジファンドの利用を検討するのが良いでしょう。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング