HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

楽しみながら学べる?資産運用のシミュレーションができるゲームとは?


資産運用のシミュレーション

超低金利と言われている日本で、現在もリターンがほとんど得られない銀行預金を行っている人がほとんどだと言います。理由は「リスクがないから」

リスクを極端に嫌う日本は、そもそも金融や資産運用について学ぶ機会もありません。つまり資産運用には絶対に大きなリスクがあると思っているのです。

確かにリスクがゼロだと言えば嘘になりますが、やり方によっては非常に少ないリスクで資産運用を行うこともできるのです。そこで今回は、リスクや方法といった資産運用の基本を楽しく学べるゲームやアプリについて紹介していこうと思います。

専門用語がびっしり並べられた本での勉強は時間もかかりますし、面倒くさいですよね?そんなあなたは今回紹介する資産運用のゲームで楽しく簡単に学んでいきましょう!





資産運用が楽しく学べる今話題の「Fortune Map」


資産運用が楽しく学べる今話題の「Fortune Map」

まず初めに、「Fortune Map」という資産運用のゲームを紹介していこうと思います。

このゲームは「株式会社プロジェクトデザイン」という会社が作成しているボードゲーム型の資産運用ゲームで、25年間の長期的な資産運用を体験することができます。

具体的な資産運用方法やライフプラン設計、経済の仕組みなどを楽しく学ぶことができ、さらにテーマが長期の資産運用のため、生命保険や不動産、株式など幅広い運用を経験できますね。

さらにこのFortune Mapは、保険の代理店や不動産の代理店、証券会社などの社員研修でも用いられているそうです。

ちなみこの資産運用ゲームは、4人~20人で各々が単独でプレーする仕組みになっており、わかりやすく言いますと「人生ゲーム」のようなイメージですね。

このゲームの目的は「今の自分」のカードと「人生の目標」のカードを選択し、その目標を達成するために必要な資産を運用していくことになります。もちろんゲーム内では結婚や出産、マイホーム購入など様々なライフイベントがあります。

このようにライフイベントを経験しながら資産運用をしていき、人生の目標達成していくのがFortune Mapになります。大手企業の研修では、ゲーム終了後に参加者全員で振り返りを行い、戦略的な判断ができたかどうかや、明暗を分けた判断がどこだったのかのフィードバックをするそうです。

楽しくみんなで資産運用を考えながらゲームできるFortune Mapは、資産運用が始めの方でも楽しく学べるゲームだと言えますね!


某RPG風ゲーム?三菱UFJ信託銀行の「信託クエスト」


信託クエスト

続いて紹介するのは「信託クエスト~剣と魔法とお金の物語~」という資産運用のゲームです。

これは三菱UFJ信託銀行が提供しているゲームで、名前から察する人もいるかもしれませんが、某有名RPGゲームに似た雰囲気のゲームですね。スマホに対応していて、ゲームの進行に合わせてタップしていくだけの簡単な操作なので、サクサク資産形成の知識を学べるようになっています。

このゲームの主人公はその時々にそれぞれの選択を行い、資産運用をしていきます。つまりその選択によってエンディングも異なり、11種類ものエンディングが用意されているといいます。

このゲームの世界ではモンスターを倒して稼ぐという概念はありませんが、適切な意思決定をして運用し、誤った選択を行うとゲームオーバーになり、初めからやり直す必要があるのです。

これらを踏まえると、このゲームでは難しく聞こえる資産運用に必要な専門用語を楽しく学べるので、是非一度は試してみたいゲームではないかと思います。


SBIグループ監修の「資産運用DS」


次に、任天堂のDSで資産運用が学べる「資産運用DS」というソフトを紹介します。

これはネット証券最大手のSBI証券を有するSBIグループが開発したゲームで、主に株式や債券、外貨預金、不動産投資(RIET)、預金、保険など金融商品が多く登場します。このような商品を売買しながら、人生をシミュレーションしていくというゲームです。

金融商品独特の聞きなれない用語などももちろんありますが、SBIグループの代表である北尾先生の資産運用講座や検定クイズなど専門用語のレクチャーもあり、ばっちり簡単に習得できるゲームだと言えますね。


株マップ.comの「株式運用ゲーム」


株マップ.comの「株式運用ゲーム」

続いてご紹介するのは株マップ.comという株式の情報サイトが出している「株式運用ゲーム」です。

このゲームでは初期資金として1億円を運用することができ、その元手を6か月間運用した成果を競い合うゲームです。ランキングの上位20位が公開され、どんな株を買っているのか、内訳を見ることもできます。

このゲームでは、日本株であればほぼすべての株に投資でき、リアルな売買を経験できるようになっています。

株式投資に必要なチャートや最新情報など、実践練習も兼ねたうえで行うのであればうってつけのゲームではないでしょうか?


幅広い知識が学べるアプリ「投資道場」


投資道場

次にご紹介するのは、スマホで簡単に始められる「投資道場」という資産運用アプリです。

投資道場はゲームではなく資産運用について学べる無料の電子書籍アプリとなっており、iOSでもAndroidでもダウンロードができます。個別銘柄の紹介や、投資の勧誘、その他営利目的の情報は一切なく、金融知識や判断力(=フィナンシャルインテリジェンス)の向上を目的としています。

内容としては、証券投資の基礎や運用にまつわる証券税制、最近多くの企業が導入している確定拠出年金のいろはが掲載されています。

例えば、資産運用の基礎という項目では「リスクとリターンがどういったものなのか」や、「金融商品ってどんなものがあるの?」といった内容が図解付きで分かりやすく解説されています。

資産運用初心者の方は実際に運用する前に一読されてみてはいかがでしょうか?


便利なシュミレーションアプリ「ぽけっと複利計算」


ぽけっと複利計算

最後に紹介する資産運用のゲームは、「ぽけっと複利計算」です。ぽけっと複利計算もゲームではなく、シュミレーションアプリになります。

計算しにくい複利計算もこのアプリを使うことによって簡単にすることができるので、資産運用の計画をより明確に立てることができると言えます。しかも元本と一定期間一定利率で運用する単純な複利計算だけではありません。

目標金額を設定し、一定期間後にその金額に達成するためにはいくらの元本が必要なのかという計算や、毎月一定金額を一定利率で一定期間積み立てた場合、将来いくらになるのかと意見さんもできます。

さらに、目標金額を設定し、その金額を達成するために毎月いくらずつ積み立てればいいのかという逆算も可能です。

今回紹介してきたシミュレーションゲームやボードゲームなどで運用のやり方を学んだあと利用すれば一層効果が出る資産運用アプリだと言えますね。

こちらはこれから資産運用を始める方だけでなく、既に資産運用を行っている方にもおすすめのアプリでしょう。


ここまでのまとめ


今回は資産運用に必要な知識や経験が得られるおすすめのゲームやアプリをご紹介してきました。

低金利の時代が続き、年金も国の補償もあてにならなくなった今、自分で資産を運用していく必要があります。そのためにもまずは今回紹介したゲームやアプリを利用して楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに当サイトには資産運用を始めるための手順やおすすめの運用方法についてまとめている記事もありますので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね!

>>いざ実践!資産運用の基本やおすすめ運用方法のまとめはこちら


タケシが推薦!おすすめファンドランキング