HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

初心者でも出来る1000万円の効率的な運用方法とは?

1位:ヘッジファンド

 

いきなりですが、あなたは効率的に資産を運用する方法を知っていますか?多くの人は、ただ口座に入れているだけだったり、資産を運用する事なく過ごしているのではないかと思います。

 

ですが、昨今の不況も影響し、銀行の金利はほぼゼロに等しい状況。近い将来、口座維持のためにむしろ手数料がかかるかもしれないと言われている有様です。

 

このような状態で、従来のように銀行に預け入れておくだけでは、資産運用の方法としてはあまりに非効率でナンセンスです。特に、1000万円単位で資産を保有している人は非常にもったいない状態だと断言できます。

 

投資は元手が命。1000万円単位の大きな額を持っているのであれば、今すぐに運用して資産を増やしていくべきでしょう。

 

そこで今回は、初心者でも簡単に始められる効率的な資産運用方法をご紹介していきます。

 

これを読んで、今すぐあなたも理想的な資産運用を始めていきましょう!

 

では、早速見ていきます。

 

 

 

おすすめの1000万円運用方法

 

おすすめの資産運用方法と一口に言っても、その数はいくつも存在します。その中でも今回は特に「1000万円以上」の資産運用に対象を絞っておすすめ方法を紹介していきます。

 

なぜ1000万円以上かという理由は後ほど詳しく述べますが、一旦は理想の資産運用に必要な額であるという認識でいてくれればと思います。

 

では、早速おすすめ方法を3つ、ランキング形式で見ていきましょう。

 

 

1位:ヘッジファンド

1位:ヘッジファンド

 

1000万円を運用する方法として最もおすすめしたいのは、ずばりヘッジファンドです!

 

ヘッジファンドとは、出資者から募った資金(資産)を元にファンドマネージャーが代わりに運用をし、利益を追求する組織の事です。

 

後述する投資信託とは似て非なるもので、基本的にファンドマネージャーの裁量で運用が行われるため、ハイリスクハイリターンなのが特徴です。

 

ただし、ハイリスクというのはあくまで確率的な話で、実際はとびきり優秀なマネージャーが運用を行ってくれるため、損失を出すケースは滅多にありません。

 

またヘッジファンドは私募形式という形で出資者を募っており、1口約1000万円以上からでないと出資できないなど、限られた人しか利用できないのも大きな特徴です。

 

そんなヘッジファンドですが、逆に言えば1000万円以上持つ人が利用すれば、最高の資産運用パートナーになってくれます。

 

有益な情報があまり市場に出回っていないのだけがネックですが、それでも国内にも素晴らしいファンドはいくつか存在しています。

 

より詳しく知りたい方・利用を検討したい方はより詳細が載っている参考ページのリンクを貼っておきます。

 

こちらもあわせてチェックしてみてください⇒詳細はこちら

 

では、次はおすすめ第2位を見ていきましょう。

 

 

2位:不動産投資

2位:不動産投資

 

ヘッジファンドの次におすすめしたいのは、不動産投資です。不動産投資はファンドへの投資と比較すると、その手堅さが最大のウリであると言えます。

 

例えばよくある例だと、ワンルームマンションなどを購入して賃貸で貸し出せば、年利約数%~運用可能です。

 

つまり、一度購入すれば、借り手がいる限り半永久的に家賃収入が得られる事になるのです。

 

また1000万円以上のコストをかけられるのであれば、ローン等を組まずに不動産投資をスタートさせる事ができます。

 

より手堅く運用する方法を考えているのであれば、不動産投資がぴったりかもしれません。

 

では、最後に第3位も見ていきましょう。

 

 

3位:投資信託

3位:投資信託

 

最後にご紹介したいのは、恐らく皆さんが最も耳にした事があるであろう、投資信託です。

 

前述の通り、投資信託はヘッジファンドとは別物です。運用方法、規模感、投資最低額など、どれを取っても対の存在であると言えます。

 

そんな中で投資信託は、一口あたりの投資最低額が低く、一般の人にも投資しやすいというところにメリットがあります。

 

確かにヘッジファンドは目安1000万円ほど持っていないとそもそも投資が始められませんし、その意味では投資信託はより幅広い層が活用でき、日本では身近な存在のように思えます。

 

しかしもちろん旨味ばかりではありません。

 

より広い層が利用できるという事は、それだけ今回対象としている1000万円以上を所持している人々のメリットが薄まってしまうという事。

 

詳しい理由は後述しますが、ハッキリ言って投資信託は1000万円以上を運用する方法としてはあまり良い方法ではないです。

 

むしろ、少額をコツコツと長期間に渡って運用したい人向けの運用方法と言えるでしょう。

 

さて、いかがでしたでしょうか。ここまでで1000万円以上運用する人向けの、3つのおすすめ方法を紹介してきました。

 

軽く概要が掴めたところで、次はそれぞれの方法について、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

実際に利用する算段であたふたしないためにも、今のうちに詳しい情報を仕入れておきましょう。では、1位のヘッジファンドから順に見ていきます。

 

 

 

ヘッジファンドのメリット・デメリット

 

ヘッジファンドのメリット・デメリットについて、早速見ていきましょう。それぞれ2個ずつ、先にメリットから見ていきます。

 

メリット

 

ヘッジファンドのメリットは、

 

景気に関係なく利益追求ができる
トータルコストが安い

 

の2つです。順に噛み砕いて解説していきます。

 

まず1つ目の景気に関係なく利益追求ができるというのは、先ほど投資信託の説明をした際の話と関わってきます。

 

既に述べた通り、投資信託は景気の波にあわせる運用方法を採用しているため、不景気になるとそれに比例して運用成績も低迷します。

 

あくまで景気の波よりも上回る事を目標としているため、最悪の場合運用成績マイナスとなってしまう事もあります。これでは本末転倒ですよね。

 

その点、ヘッジファンドは景気の良し悪しに関係なく運用してくれるため、不景気になっても安心です。1000万円以上を預けている身からすれば、これほど心強い事はありませんよね。

 

そして2つ目のコストの話についてですが、こちらも投資信託と絡めて考えるとわかりやすいです。投資信託は運用を始めるタイミング以外にも、運用中、運用後の解約時など、複数回に分けて手数料を支払う必要が出てきます。

 

その点、ヘッジファンドは基本的に運用が上手くいった際の成功報酬のみ。仮に運用が失敗したら支払い不要です。

 

確かに初期投資額は1000万円以上からと、少々高めに感じるかもしれません。しかしそれを差し引いてもヘッジファンドは利用するメリットがありすぎる運用方法と言っても過言ではありません。

 

では、逆にデメリットはどうなのでしょうか。裏の側面も見ていきましょう。

 

デメリット

 

ヘッジファンドのデメリットは以下の通りです。

 

初期投資額が高め
国内で流通している情報が少ない

 

まず一点目に関しては、先ほどのメリットの裏返しです。意味はそのまま、一口当たり約1000万円以上からというのは、一般人には多少ハードルが高いかもしれません。

 

また、国内には有益な情報があまり流通していないというのも、良くない点の1つかもしれません。ですが、逆に言えば、それだけ情報や利用者が限定されているものなのですから、実際に利用できるとなればメリットは最大化します。

 

繰り返しにはなりますが、ヘッジファンドを利用する事は、デメリットをはるかに上回るメリットがあります。

 

特に今回の対象である1000万円以上の資産保有者に関しては、管理人も絶対的におすすめな運用方法です!

 

さて、ヘッジファンドのメリット・デメリットが詳しくわかったところで、次は2番目におすすめしている不動産投資のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

 

不動産投資のメリット・デメリット

 

こちらもヘッジファンドの時と同様、2つずつメリット・デメリットを見ていきましょう。まずはメリットからです。

 

メリット

 

不動産投資をする上でのメリットを2つ挙げるとすると、以下の2つになります。

 

安定的に収益が入る
売却益も狙える

 

では、順に見ていきましょう。まず1つ目の理由ですが、これは先ほども見てきましたね。

 

前提として1000万円以上の資産があれば、不動産という安定した現物資産が手に入ります。

 

不動産という安定的な現物資産を運用する事で、継続的に安定した収入源を確保する事ができます。借り手がいる限り食いっぱぐれないので、精神的にも満たされる運用方法であると言えます。

 

また、得られるのは家賃収入だけではありません。質の高い人気物件を手にする事ができれば、いわゆる売却益を狙って転売等も行う事が可能です。

 

まさに、一石何鳥といったところでしょうか。不動産投資をする事で、物理的にも精神的にも安定する事ができそうです。

 

では、そんな不動産投資のデメリットとは何なのでしょうか?

 

デメリット

 

不動産投資のデメリットは、現物取引ゆえのようです。

 

売れ残った場合のコスト
1000万円では足りない場合

 

商売をやっている人には常識だと思いますが、現物を売買・賃貸する方法の最大の懸念は、売れ残りが発生する事です。

 

つまり、借り手が見当たらなかったり、売却先がいない場合などに全てのコストを自己で負担する必要が出てくるというわけです。

 

売れる・借りてもらえると過信してせっかく1000万円をはたいて物件を購入しても、上手くいかなかった時はとても悲惨です...。

 

また、そもそも1000万円では本当の良質物件は買えないのではないかという指摘も存在します。一概にそうとは限らないとは思いますが、それでもその指摘も間違ってはいません。

 

1000万円では買えない物件も中には存在するので、そこは取捨選択の目を養う必要があるかと思います。

 

さて、不動産投資についてもメリット・デメリットがわかりました。最後に投資信託についても同様の内容を見ていきましょう。

 

 

 

投資信託のメリット・デメリット

 

では、投資信託についてもメリット・デメリットを見ていきます。過去2つと同じく、こちらも2つずつ理由を明記しています。

 

メリット

 

投資信託を資産運用方法として採択するメリットは以下の2つです。

 

初期投資額が少ない
情報量が圧倒的に多い

 

再三触れてきましたが、投資信託はヘッジファンドとは逆で、初期投資額が低いのが特徴でありメリットです。一口約数万から運用可能なので、1000万円以上の資産がない人でも利用する事ができます。

 

また、流通している情報も非常に多く、大手メガバンクなどでも軒並み投資信託を推奨する動きを見せています。

 

初心者にも始めやすく、参入障壁が低い運用方法としては、投資信託は優秀なものであると言えるでしょう。

 

では、デメリットはどうでしょうか?こちらも見ていきましょう。

 

デメリット

 

ここまで読んでくれた読者の皆様であれば、もうデメリット2つはお分かりですよね?

 

そうです。

 

トータルコストが高い
景気に左右されマイナスもあり得る

 

まさにヘッジファンドと真逆で、投資信託は数回に分けて手数料を支払う必要があります。加えて、景気にあわせた運用方法ゆえに、運用成績がマイナスになる事もありえます。

 

ただでさえ大切なお金を預けているのにマイナスにされ、更に手数料だけはきっちり取られるとなれば、たまったものではないですよね?

 

現実にはそこまで泣きっ面に蜂のような状況は多くありませんが、可能性として投資信託はこうした不都合な現実に直面するリスクが十分存在します。

 

仮に1000万円以上を預けていたと考えると...。

 

低額はもちろん、1000万円以上の高額投資にもそこまで旨味はなさそうです。

 

さて、おすすめ運用方法3つのメリット・デメリットがそれぞれわかったところで、最後に今回の記事のまとめを見ていきましょう。

 

 

 

まとめ

まとめ

 

今回は、主に1000万円以上の資産を保有している方に向けて、おすすめの資産運用方法を3つに分けてご紹介しました。

 

それぞれメリット・デメリットは存在しますが、それらをよく考慮した上でベストな利用方法を試す事が何より大切です。

 

今回の記事で取り上げた内容以外にも、資産運用の情報はたくさんあります。

 

より詳しく知りたい方、もっと資産運用について勉強したい方はこちら!

タケシが推薦!おすすめファンドランキング