HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資信託のリスクとは?

 

投資信託のリスクというと、一体どのようなものが存在するのでしょうか?
ご自身が購入される投資信託にどのようなリスクがあるのかは投資をする前に知っておきたい情報となります。

 

 

特に代表的なリスクを挙げることにします。

 

 

為替リスク
海外通貨などで運用する投資信託の場合、現地通貨と日本円との間での為替リスクというものがついてまわります。一例として運用成績が良かったとしても、日本円に戻した時にはマイナスになるかもしれないということです。

 

 

信用リスク
債券などで運用する投資信託の場合、債券の発行体となる国や企業が破綻してしまうリスクのことをいいます。

 

 

流動性リスク
流動性とは金融商品にたいした売買のながれの事を指します。
商いがあまり行われないことを流動性が低いといい、流動性が低い場合、売りたくても売れないといったことや、売れたとしても金額は非常に安くなってしまうといったリスクがあります。

 

 

カントリーリスク
その名の通り、その国によるリスクのことです。
発展途上国などの場合は、政治の不安定さを原因とした、クーデターなどの心配があり、その場合はその国全体の価値が下落してしまうという事が起きてしまいます。
そうなると投資したものの価値が著しく下落したり、また投資そのものが無駄になることがあります。

 

 

市場リスク
マー ケット全体の流れによって生じるリスクです。投資先の会社の業績が良くても、投資家の心理が冷え込んでいると、本来の価値より非常に安く売られてしまう場 合があります。投資家の心理がこのような市場形成していくという関係上、このリスクは常について回ると言えるでしょう。

 

 

金利リスク
金利が固定されている商品の場合生じるリスクで、市場が過熱して右肩上がりで上昇していく側の場合には、相対的にその商品自体の価値が下がる傾向があります。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング