HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

債券投資

 

債券とは国や企業などが資金を調達するために発行する証明書のようなものと理解すると良いでしょう。

 

債券投資とは国や企業から発行される債券を購入するということで、簡単に説明すると、国や企業にお金を貸すということになります。

 

一般的に国であれば、「国債」。企業であれば「社債」と呼ばれるものです。

 

債券投資の具体的な仕組みですが、基本的に債券を保有している間は定期的に利息が受け取れます。

 

当然ながら、債券購入の際に償還期間も決まっており、期間を満了しますと元本がそのまま保障され戻ってくる仕組みです。

 

これにより、投資として捉えた場合、比較的安全でローリスクであるということがいえます。期間が満了したら元本が返ってくるといった点では、定期預金と非常によく似ておりますが、債券の場合は定期預金よりも金利が高いのがポイントです。

 

金利の具合ですが、それは債券を発行する国であったり、企業の信用力によって変わりますが、基本的に定期預金よりは高いとされています。

 

FX や株式取引といったように、瞬発力のある大きなリターンは期待できませんが、基本的に元本が保全されているという安全性から非常に安全な投資案件だと言われています。

 

ただし、債券を発行している国や企業が倒れてしまったら、元本割れをおこす可能性も含んでおります。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング