HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

不動産投資

 

不動産投資とは、その名の通り不動産を購入し、その物件を利用して、定期的に賃料収入で収益を得るというやり方と、購入した物件の不動産価値が上昇した際に売却をして売却益を得る というやり方の2つの手法に開かれます。

 

前者の定期的な賃料収入を得るやり方をインカムゲインと呼び、不動産価値上昇を見込み価値が上がった時点で売却によって利益を得ることをキャピタルゲインと呼びます。

 

バブル期であれば、このキャピタルゲインを狙った不動産投資が主流でした。
当時は経済もうなぎのぼりでしたので、それだけ建てた分、不動産も価値上昇が見込めたといわれております。

 

ただし、最近では価値上昇がそれほど見込めないことと投資家達が安定した収入を求める為、不動産投資の主流はインカムゲインに寄っているといわれています。

 

 

 

不動産投資はミドルリターン

 

安定した賃料収入と価値上昇による売却益の両方狙える辺りから投資商材としてはミドルリスクミドルリターンと呼ばれる部類に入ります。

 

不動産を購入するという点で、初期投資額がかなり必要だと思われがちですが、ある程度の年収がある方であればローンを組むことが可能なので比較的小額の自己資金で始めることが可能です。

 

月々のローンそのほとんどを家賃収入で返済することが可能な為、新たに借りたお金で自己資産を形成できるといったこともメリットといえるでしょう。

 

下記は実際に管理人がお会いしてきた不動産業者ですが、不動産投資に関するノウハウを無料で配布してます。知識の一つとして読んでおいて損はないでしょう。

 

不動産投資の知識が無料で手に入る水戸大家さん

 

 

 

1000万円で不動産が買えるか?

 

 

1000万円だけを使って不動産投資をするのは実際的には無理です。
通常マンション投資や、ビル一棟買いの投資の場合は、銀行からの融資をひっぱって投資をします。

 

現金で不動産投資をする人はほとんどいません。
レバレッジを使って効率よく利益を稼ぐのが不動産投資、つまり、融資を引っ張るのが王道です。

 

ところが融資を引っ張るということは、それなりの属性、年収を持っていなければ銀行は貸しません。

 

1000万円投資できる資金があったとして、不動産を対象に資産運用することに賛否が分かれるのは、この属性と年収、そして、投資金が非常に大きくなる点です。

 

 

自分で株取引をしたり、ファンドに資金を投じることに比べて、不動産はそもそも敷居が高いのです。資金が大きいという点と、属性によってはやりづらい、という面です。

 

あなたが1000万円を運用しようとして、不動産に目を向けた場合、1000万円だけではなかなか不動産は購入できないのが現状です。

 

 

 

REITが開くあらたな可能性と、その限界

 

このように、不動産投資を本格的にするのであれば属性年収が求められます。

 

あなたの属性がそれに対して問題なければいいのですが、そうじゃない場合は、株式投資やそれ以外のものを考えるほうが得策です。

 

たとえばREITなども、同じ不動産を投資の対象としながらも資金に関しては1000万円で取り組むことが十分にできるので、この場合はおすすめといえるでしょう。

 

投資信託やファンドにおいても、REIT関連の商品はたくさんあります。
不動産に関する知識に長けていて、また関心もあって、しかし手元には1000万円しかなくて、銀行融資は厳しいという方は、REITを調べてみるのもよいでしょう。

 

ただしREITはかなり保守的な資産運用になりますので、年間10%までの利回りでよいなら取り組む価値があります。
それ以外の利回りを期待しているのであれば、不動産投資はやめて、資産運用専門の会社に依頼をするか、ご自身で株取引やそれ以外の金融派生商品を学ぶかすることがよいでし
ょう。 

タケシが推薦!おすすめファンドランキング