HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資信託を選ぶ際のポイント

 

投資信託を選ぶ際に気をつけておきたいポイントというものがあるのでしょうか?

 

ここでは実際に投資信託を購入する際に気をつけておきたい三つのポイントを紹介することにしましょう。

 

 

 

①商品の特長・運用方針

 

まずは選ぼうとする投資信託の運用方針を確認するべきです。
調べ方としましては投資方針・運用方針の欄に記載されております。

 

慣れてくれば、投資信託の名前だけで運用方針は大体わかると思われます。

 

参考ですが、下記のフレーズを参照にするといいでしょう。

 

「バリュー」
これは、本来の価値より安い銘柄を購入し、価値上昇が見込めたところで決済する手法です。

 

 

「グロース」
銘柄の成長性を予測し、上昇が見込める銘柄の株を買っていく手法です。

 

「アクティブ」
ファンドマネージャーが中心となって運用されていくファンドの事を指します。
基本的にファンドマネージャーの力量によって差が表れやすいところです。

 

「インデックス」
こちらは株価指数に連動して運用するファンドの事を指します。

 

 

 

②運用の実績

 

その投資信託の実際の実績を判断するというのは非常に大事だといえるでしょう。
基本的には3年の実績のないものは判断できないと言われています。

 

よって、3年未満の投資信託を選ばないほうが無難です。
次に純資産額の推移というものに注目してみましょう。当然ですが、純資産額が減少傾向にあるものは選んではいけません。

 

さらに、その投資信託が同じような分野の投資信託と比べて、成績が良いかどうかを比べておくと良いでしょう。

 

 

 

③手数料コスト

 

最後はその投資信託にかかる、手数料を確認するべきです。

 

手数料は販売手数料・信託報酬・解約手数料の三つからなります。例えば投資信託の実績が10%だとしても、手数料が3%だ4%だという場合では話は変わってきます。

 

また、信託報酬も高すぎないかどうかチェックする必要があるでしょう。

 

以上の大きな三つが投資信託を選ぶ際のポイントになります。
参考にしてください。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング