HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

公務員にぴったりな3種類の資産運用を大公開


世間では公務員は「高給取り」と言われていますが、平均給与は年々下がっています。

しかも公務員の副業は法律で禁止されているので、一般のサラリーマンよりも収入を増やすことへのハードルは高いです。

公務員の副業禁止規定の中でポイントになるのは、資産運用で発生した利益は副業にはあたらない点。これは資産運用としてカウントされます。

つまり、資産運用なら公務員も自由に取り組め、利益を出しても何1つ問題がないのです。 本やブログで調べて資産運用を考えても、公務員の方に特化した内容はなかなかありません。

ここでは、公務員の副業禁止規定に該当しない資産運用の中で、特に公務員の方におすすめしたい3種類の資産運用を紹介しております。





資産運用は確定申告が必要だが副業規定の対象外


国家公務員や地方公務員、人によっては憧れの対象である公務員の世界。

しかし柔軟性には欠け、副業は原則禁止であり、副業を行うと懲戒処分の対象になってしまいます。しかしながら公務員の副業禁止はあくまで「原則」で、例外となるケースがあります。

例外として認められるケースの中で特に代表的なものについてはこれから紹介していきます。

  1. 不動産投資による収入
  2. 金融資産の売買による資産運用
  3. 実家の農林水産業のお手伝い
  4. その他公的な申請が認められた時

このように不動産投資や金融商品の売買で利益を得ることは公的に認められていますので、現在公務員として働きながらも、お金に対する不安をお持ちの方は、資産運用に取り組むのがおすすめです。

ただし、いくら公式に資産運用が認められているといってもこれから紹介するルールを守らないと処分の対象になります。

  1. インサイダー情報の利用はNG
  2. 確定申告は自分で行う
  3. 業務時間外で行う

特に2の「確定申告」は必ず行いましょう。

資産運用で発生した利益を税務署に申告しないと脱税行為とみなされ追加徴税を食らいますし、公務員の場合は懲戒処分の対処になることがあります。

副業禁止の規定がある公務員は公的な勤め人ですので、特に確定申告など法的な義務を疎かにしないようにしましょう。

仕事をなくすことに直結していますので、国家公務員、地方公務員の方は注意しましょう。

また、資産運用のおすすめの一つに株式売買がありますが、株の売買となれば通常は特定口座で取引します。つまり申告の義務が必要ありませんので自動的に納税を済ませることができますね。

その際も、NISA口座を開設しましょう。NISAは本やブログで一時さんざん告知されていましたので、知っている人は多いかと思います。

毎年一定の利益までは非課税という特別な口座を一人ひとつ設けることができるので、これから株をやるならNISA口座開設をおすすめします。

確定申告は毎年3月に個人はしますが、期間は1月1日から年末までの一年間の損益の通算です。時期が3月なのでぎりぎりまでを通算するのかと勘違いする人もいます。

副業禁止ということで、特に株や投資信託などやってこなかった公務員の方も多いはず。

確定申告の時期や納税に関しては年末に差し掛かる前から十分に検討しておくことをおすすめします。


不動産投資は公務員にこそおすすめ


色々な種類の資産運用がある中で最も公務員と相性が良い資産運用は不動産投資です。

不動産投資が公務員と相性が良い理由は、公務員の社会的な信頼性の高さからローン審査で有利になるからです。

公務員の社会的な信頼性は超大手企業のサラリーマン並みなのでローンを借りる際の金利もかなり低く抑えられます。

ちなみに不動産投資は不動産を買った後は、不動産の管理を管理会社に任せることができるので時間的な制約が少ない資産運用の1つとして有名です。

管理会社に不動産の管理を一任すれば、自分で管理する手間が省けますので本業に支障が一切生じずに不動産経営を行えます。

つまり不動産投資は、「本業に支障がない範囲内で」という公務員の世界における資産運用のルールもばっちり満たしているのです。このように不動産投資という資産運用は、信用性の面でも時間的な側面においても公務員の方におすすめの資産運用です。

不動産投資に興味を持つ公務員は最近増えており、公務員向けのアパート経営講座も都内ではよく開催されています。

不動産投資は借り手さえ見つかれば、定期収入が手に入る資産運用なので第2の収入源が欲しい公務員の方にピッタリ。

本を見てもブログをみても公務員でマンションを持つ人はあまり出てきません。副業禁止が常識なので、大丈夫と分かっていてもブログなどで公開をしない人が多いのでしょう。気持ちはわかりますよね。

国家公務員にとって相性抜群の不動産投資ですが、融資を受けてまで資産運用したくない人であれば、株や投資信託、後述するFXなどに手を伸ばす他ありません。

いずれも副業には当たらないので、資産運用の選択肢に入れてよいかもしれませんね。

業務時間外に行えるFX


小さな初期投資で大きなリターンを狙いたいのならば、FXを始めてみてはいかがでしょうか。

FXユーザーのブログはネットでもたくさんあり、ノウハウや最新情報を得ることも可能です。FXにはレバレッジというオプション機能があり、この機能を利用すれば少ない元手で大きな金額の取引を行うことができます。

特に海外のFX口座を利用すれば、損失の上限額を元金に抑えた上で元金の数百倍クラスの規模の取引を行えます。しかも海外FX口座の場合、24時間通貨の売買を行えるので公務員としての業務が終わった後の時間帯に取り組むことができます。

公務員の給与は安定している分、大きな収入は得るチャンスはありません。公務員という安定を捨てずに大きな収入を手に入れたいのならば、給与の一部をFXという手段で資産運用に充てるのも賢明な選択と言えるでしょう。

地方公務員や国家公務員の方は定時で退勤できる分勉強する時間がありますし、株と違って24時間取引可能なので、公務員とは相性がよいです。

「毎月の給与の5%」といったルールを決めて業務時間外にFXに取り組めば、安定を捨てずに一攫千金を狙えます。

初期費用も数千円クラスに抑えることができるので始めやすいという利点もありますね。


株主優待が嬉しい株式投資


日本国内で最も人気がある資産運用の1つである株式投資は、公務員の方にもおすすめできる資産運用です。

株式投資の何が良いかと言いますと株式の売買による売買益に加えて株式を持っているだけで株主優待サービスと配当金が手に入ることです。

特に株主優待が手厚い株式銘柄は、保有するだけでお得な特典がもらえるので公務員の方にも大人気。

公務員の方にも人気がある株式投資には自動売買設定があり、その機能を利用すれば自分が定めた条件通りの売買を機械が自動で行ってくれます。

つまり、自動売買を利用すれば業務時間中に本業の業務を行いながら株式の売買に取り組むこともできるのです。この点は平日の朝から夕方過ぎまで仕事に忙殺される公務員の方にとって非常に都合が良いはずです。

ただし職務を通して知り得た情報をもとに株式の売買を行うとインサイダー取引になります。その点だけは注意した上で株式投資に取り組むようにしましょう。

また株と似た投資商品として投資信託もあります。

投資信託は購入さえすれば後は資産運用のプロの手によって運用してもらえる商品なので、多忙な公務員の方にはおすすめです。

ネット上には、投資信託を分散して買い、トータルの収支がどのように推移しているか逐一報告するブログなどもありますので、検討してもよいかもしれませんね。



公務員の資産運用に関するまとめ


以上、コンテンツでは、公務員と相性の良い3種類の資産運用を紹介してきました。

資産運用は公務員の副業規定に該当しないので第2の収入源を確保したい公務員の方にとって非常に都合が良い存在です。

特に今回紹介した株、不動産投資、FXという3種類の資産運用は、本業に支障をきたさずに取り組めるので公務員の方にぴったりな資産運用です。

ただし1つだけ忘れてはいけない事実があります。それは、自力で資産運用に取り組む人の8割以上が満足のいく結果を残せていないということです。

株にせよFXにせよ素人が簡単に結果を出せるほど資産運用の世界は甘くはありません。本気で資産運用で結果を出したいのならばプロの力を借りることを考えるのが良いでしょう。

投資信託はどうしても日経平均やインデックスといった経済全体の、しかも値上がり局面にかける商品である側面は否めませんので、上昇局面はもちろんのこと、下落局面でも収益機会をとっていくヘッジファンドに運用を委託することをおすすめします。

本当に資産運用のスキルに長けたプロ集団は、投資信託の先には存在しません。
独立系と言われるように、銀行や証券会社から資金を受けるのではなく、自社の成績1本で機関投資家や年金から資金を預かるのがヘッジファンドです。

彼等の力を借りれば、おおよそ7年以内に預け入れたお金を3倍に増やすこともできてしまいます。もちろんヘッジファンドにお金を預けることは資産運用になるので公務員の副業規定的にも問題はありません。

資産運用を通してお金の不安を解消したいという公務員の方にとって、ヘッジファンドは最高の相棒に成り得ます。

ただしそもそも認知されにくい存在ですし、個人投資家の資金を受け入れるヘッジファンドは多くないので、その点ではセミナーに参加したり、運用者から手法を直接聞くなりして、納得したうえで投資することをおすすめします。

こちらにヘッジファンドをはじめとするおすすめ資産運用方法をまとめた記事もありますので、気になる方はこちらをどうそ。

>>おすすめの運用方法や運用のコツはこちら
タケシが推薦!おすすめファンドランキング