HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

今話題の仮想通貨投資をゼロから学ぶ


仮想通貨の投資方法は?

仮想通貨に投資するメリットやリスクって気になりますよね。特に仮想通貨は本当に投資をする価値があるのか、危険性はないのかなんて絶対気になると思います。

実は今のあなたが投資を考えている仮想通貨は現在世界中で最も注目を集めている投資商品です。なぜならリップルという通貨の価値が一ヶ月で13倍になったように仮想通貨には一攫千金という夢があるからです。

そんな夢のある仮想通貨ですが、国内では投資している人がまだまだ少ないので実態はあまり知られていません。せっかく投資を考えていても十分な情報がないと本当に投資をしてもよいか迷いますよね。

そこで今回は数年間仮想通貨への投資を継続的に行ってきた筆者が仮想通貨を買うメリットやリスクについてまとめてみました。

これから紹介する内容に目を通せば仮想通貨のメリットやリスクに加えて仮想通貨の買い方や税金制度、そしておすすめの通貨も分かります。

ただし、今回のコンテンツでは仮想通貨とはそもそも何かについては触れていません。もしあなたが仮想通貨の基本的な仕組みについて知りたいのでしたら当ページよりもこちらのニュースサイトの方がお役に立てるはずです。

仮想通貨関連の総合ニュースサイト

さて話を戻します。それではこれから紹介する順番で仮想通貨に投資するメリットやリスク、そして投資を始める方法等について見ていきましょう。




仮想通貨投資のメリットとリスク


仮想通貨投資のメリットとリスク

まずはじめに仮想通貨に投資をするメリットとデメリットについて考えてみようと思います。そのためにも仮想通貨に投資することのメリットとリスクをまとめてみました。

メリット リスク
大きく稼げる 暴落リスクがある
小額から買える 投資詐欺もある
税制面でメリットがある 法整備が不十分

ここでまとめた仮想通貨投資のメリットとデメリットの詳細については「メリット→デメリット」の順番で見ていきます。

2大メリット


まず仮想通貨投資のメリットの詳細についてみていきます。そのためにも先ほど紹介した仮想通貨に投資することの2大メリットを改めてまとめてみました。

2大メリット

大きく稼げる
少額から買える

ここで取り上げた2つのメリットの詳細についてはこれからそれぞれ見ていきます。

大きく稼げる


まず一番最初の「大きく稼げる」理由は仮想通貨の希少性にあります。

なぜならビットコインをはじめとした主要な仮想通貨は発行通貨数があらかじめ決められています。その結果、仮想通貨は買い手が増えれば増えるほど市場に出回る通貨数が減るのでおのずと価値が上がることが見込めます。

つまり買い手が増える前に仮想通貨を買ってしまえば、結果として高い確率で利益が出るのです。しかもリップルというコインが1ヶ月で13倍も価値が上がったように買い手が増える前に投資をすれば、大きな資産を築くこともできます

少額から買える


大きく稼げるのと同じくらい仮想通貨投資で見逃せないのが少額から始められることです。

なぜならビットコインであろうとリップルであろうと主要な仮想通貨の場合、1単位未満から買うことができるからです。例えば仮想通貨投資において最も人気があるビットコインの場合、主要な取引所では0.001BTC単位から買えます。

この0.001BTCというのは、1BTCという基準単元単位の1,000分の1であり仮に1BTCの価格が20万円の場合は200円になります。ちなみに2017年夏時点のビットコインの単価が30万円なので300円以上の元手があれば買えてしまいます

この投資に要する予算が少なくて済むのが仮想通貨投資の大きなメリットの1つになります。

2大リスク


仮想通貨投資のメリットについて見てきたので次に仮想通貨投資のリスクについて見ていこうと思います。そのためにも先ほど取り上げた仮想通貨投資のリスクをあらためて紹介します。

2大リスク

暴落リスクがある
投資詐欺が横行している

ここで取り上げた2大リスクの詳細についてこれから見ていきます。

暴落リスクがある


まず一番初めに取り上げる仮想通貨投資のリスクはやはり暴落リスク。

こればっかりは仕方ないのですが、大きな値上がりが見込める投資商品というのはやはり暴落リスクもあるものです。このことについて仮想通貨の中で最も有名なコインであるビットコインの2017年度の値動き見ればよくわかります。

例えば2017年5月時点でのビットコインの値動きのチャートを見ると5月26日の時点では1ビットコインが30万円を上回っていました。それがなんとその数日後には20万円台前半に急落しました。

要するにたったの数日で投資した仮想通貨の価値が2割~3割、場合によっては半減する可能性もあるのです。この暴落リスクは仮想通貨に投資する際には必ず知っておいたほうが良いでしょう。

投資詐欺が横行している


2つ目の仮想通貨投資に見られるリスクは投資詐欺に遭う恐れがあることです。

投資詐欺と聞くと仮想通貨への投資意欲がそがれるかもしれませんが、この投資詐欺リスクがあるのは紛れもない事実。なぜなら一口に仮想通貨といってもその種類は数百種類を超えており、その中には怪しい団体が運営しているコインもあるからです。

仮に怪しい団体が運営しているコインに投資をしてしまった場合、その運営元が倒産すると投資したお金が戻ってこない恐れがあります。ビットコインやリップルといった代表的な仮想通貨なら問題はありませんが、マイナーな通貨の場合は注意が必要です。

仮想通貨に投資をする場合、ある程度有名なコインや最近注目されているコインに絞って投資することをおすすめします。


入門者向け基礎から学ぶ始め方


仮想通貨投資のメリットとリスク

さてここまで仮想通貨に投資するメリットと投資に伴うリスクについて見てきました。そこでここからは仮想通貨を買うことに興味があるあなたに向けて実際に仮想通貨投資を始めるには何をすればよいのかについて紹介します。

ちなみに当サイトには仮想通貨投資を始める際に見ておきたい入門講座として基本を完全網羅した記事もありますので、こちらもどうぞ。

基礎からわかる仮想通貨入門講座はこちら

必要なものはたったの3つ


実は仮想通貨投資を始めるのは非常に簡単です。なぜならこれから紹介する3つの手順を上から順に行うだけで簡単に仮想通貨に投資をすることができるからです。

  1. 取引所への登録
  2. 最低限の資金を用意する
  3. ウォレットを作る

それぞれの詳しい内容についてはこれからご紹介します。

取引所への登録


仮想通貨への投資に取り組む際にまずやることは取引所に登録をすることです。この取引所への登録というのはシンプルに言うと仮想通貨の売買をするための口座を作るようなものです。

しかもこの取引所への登録はとても簡単。具体的にやることは取引所の公式サイトに入り、メールアドレスを含めた個人情報を登録し、身分証明書の写真をアップするだけ。

代表的な取引所としては「bitFlyer」や「bitbank」があります。こういった取引所の公式サイトに足を運び、個人アカウントの登録を行えば登録が完了した時点で投資に取り組めます。登録料は無料ですし、登録はほんの5分で終わります。

最低限の資金を用意する


さて、取引所の登録が終わりましたら最低限の資金を用意し、クレジットカードや銀行送金等で入金します。入金が完了すれば、入金額の範囲内で仮想通貨を買うことができます。

入金が完了した後は仮想通貨の売買ページに足を運び、仮想通貨の売買に取り組むことになります。売買ページには取引所が取り扱っている仮想通貨とその時点における各通貨の1通貨単位の売買単価が記載されております。

そこで購入レートを確認し、購入単位数を決めた上で決済ボタンを押せば無事に取引が完了します。仮想通貨の購入が完了すれば購入した仮想通貨の単位数が売買ページに反映されます。

ウォレットを作る


さて仮想通貨の購入が終われば仮想通貨を保有したことになるのですが、取引所で通貨を保有し続けることはあまりおすすめできません。なぜなら仮想通貨を取引所に保管し続ける場合、取引所の運営団体が倒産するとコインが消える恐れがあるからです。

有名なケースとしては2014年にマウントゴックスというビットコインを取り扱う当時最大の取引所が倒産した事件があります。このケースではマウントゴックスの取引所に保管されていたビットコインは保有者のもとに戻ってきませんでした。

このケースは極端にせよ取引所に仮想通貨を置きっぱなしにするのはかなりのリスクがある行為です。それではどうすればよいかというと仮想通貨を買った後はウォレットという仮想通貨用の財布を作ってそこにコインを移管すればよいのです。

このウォレットへの移管を行えば仮に取引所が閉鎖されても閉鎖された取引所で買ったコインを失わずに済みます

このウォレットの作成するには「BLOCKCHAIN」をはじめとしたウォレットサービスを提供している会社を利用することになります。こういったウォレットサービスを提供している会社でアカウントを作るだけでウォレットの作成が完了します。

アカウント作成は5分もかからないので仮想通貨に投資するのでしたら必ずウォレットも作っておきたいですね。


失敗しない運用方法と初期資金額


さてここまで仮想通貨投資のメリットやリスク、そして仮想通貨投資の始め方を紹介しました。ここまでの内容を把握すれば今日からでも仮想通貨を買うことができますが、実際に始める前に失敗リスクを下げるコツを知っておきたいですよね。

そこでここからは仮想通貨投資の失敗リスクを下げるコツと目安となる初期資金額について紹介しようと思います。まずは仮想通貨投資で失敗しないための3つのポイントからです。

失敗リスクを下げる3つのコツ


失敗リスクを下げるコツはこれから紹介する3つのポイントを頭に入れた上で投資に取り組むことです。

  1. 主要なコインで挑戦する
  2. 出口を事前に決め、一喜一憂しない
  3. 余剰資金でチャレンジする

この3つのポイントの詳細についてはこれから紹介していきます。

主要なコインで挑戦する


まず最初に紹介したいのが仮想通貨への投資に慣れていない間はある程度有名なコインに投資をすることです。有名なコインの場合、爆発的な値上がりは見込めませんがすでに投資家が多い分、安全性が高いです。

有名なコインとしてはこういったものがあります。

  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサリアム

おそらく今のあなたはここで取り上げたコインなら全てとは言わずとも1つくらいでしたら聞いたことがあると思います。こういったメジャーなコインは流通量が多い分、ネットや書籍で情報を集めやすいので初心者でも投資に取り組みやすいです。

出口を事前に決め、一喜一憂しない


メジャーなコインであろうとマイナーなコインであろうと仮想通貨は急落する時もあれば急騰することもあります。例えば先ほどメジャーな通貨として取り上げたリップルは2017年の4月半ばの段階では約3円でした。

それが2017年の5月半ばの時点ではなんと50円にまで差し掛かりました。要するに一ヶ月で価値は約15倍にまで跳ね上がったのです。

これは喜ばしいことですが、投資の世界はリスクとリターンの幅は一定である以上、一ヶ月で価値が15分の1になるリスクもあります。

この点を考えると短期的な値上がり・値下がりに一喜一憂するのはあまりおすすめできません。一時的な相場の変容に踊らされないためにも事前に損切り価格と利確価格を設定することで売却タイミングである出口を用意するのが良いでしょう。

仮想通貨は株式投資やFXと同様に指値を指定できるので損切設定も利確設定もワンクリック。この一手間を加えるだけで保有している仮想通貨の変動具合に踊らされるリスクが大きく下がります。

余剰資金の一部でチャレンジする


仮想通貨を買う際に最も心がけたいポイントは余剰資金の中の一部で投資に取り組むことです。

なぜなら仮想通貨は他の投資商品と比較するとはるかに変動幅が大きい金融商品だからです。先ほど取り上げたリップルのケースのように1ヶ月で通貨の価値が13倍に増えるなんてことは普通の金融商品ではあり得ません。

こういった変動幅が大きな投資商品は莫大な資産を築く可能性がある反面、投資した資金が大きく減るリスクもあるのでややギャンブルに近いです。この点を考えると宝くじを買うように余剰資金の中の一部を回すくらいのペースで関わるのが賢明です。

嬉しいことにビットコインであろうとリップルであろうと最小購入単位数なら数百円クラスの単価から買えます。仮想通貨は変動性が高い以上、最悪失ってもよいという金額からチャレンジすることを個人的にはおすすめしたいです。

理想的な初期資金額


あくまで筆者個人の経験からの話になりますが、仮想通貨投資に取り組む際のおすすめの初期資金額はこちらとなっております。

  • ・余剰資金の10%未満
  • ・金額ベースなら10万円

まず前者の余剰資金の10%未満というのは、1,000万円の貯金がある人なら100万円未満となります。100万円と聞くと大金に感じるかもしれませんが、1,000万円の貯金があれば失っても大きな痛手になりません。

もし大きな資産がないのでしたら最初は10万円という金額からチャレンジするのが良いでしょう。なぜなら10万円という初期資金はFXや株式投資をはじめとした主要な金融商品の投資に取り組む際の目安となる初期資金額だからです。

ちなみにこの10万円という金額は筆者がはじめてビットコインを買ったときの金額なので個人的にもおすすめしたいです。


気になる税金制度と投資詐欺


どんな投資に取り組むにせよその投資に伴う税金制度と投資詐欺のリスクって気になりますよね。そこでここからは仮想通貨投資周りの税金制度と投資詐欺に遭わないためのコツについて見ていこうと思います。

税金制度について


まずは税金制度について見ていきますが、2017年に仮想通貨で発生した利益は総合課税の対象になりました。総合課税である以上、具体的に課される税率はあなたの総所得によって大きく変わります

あなたの総所得に応じてど課される税率がどのように変わるのかについて一覧にしてみました。

課税対象所得税率
195万円以下 約15%
330万円以下 約20%
695万円以下 約30%
900万円以下 約33%
1,800万円以下約43%

ちなみにこの表では割愛しましたが、仮にあなたの総所得が4,000万円を超えている個人の課税率は55%にまで上ります。この総合課税の詳しい税率については国税庁の公式サイトに記載されているので詳細が気になるのでしたら目を通すと良いでしょう。

さて話を戻します。

いずれにせよ、仮想通貨で発生した利益に課される税率は所得に応じて異なるという点は押さえておきたいですね。ちなみにこの仮想通貨で発生した利益は仮想通貨を現金に換えた瞬間に税務申告の対象になります。

つまり、課税率を下げたいのでしたらあえて現金化する金額を抑えて、税率が低く収まる工夫をするのが良いでしょう。

投資詐欺への対策


税金の問題と同じくらい仮想通貨への投資で気を付けたいのは投資詐欺に引っかからないことです。「投資詐欺」と聞くと「私には関係ない」と思うかもしれませんが、実は仮想通貨関連の投資詐欺は最近増えています。

当たりかもしれませんが、投資詐欺に遭わないコツは詐欺師の代表的な手口を知ることです。そこで投資詐欺の代表的な手口をまとめてみました。

  • ・投資セミナーで無理やり通貨を買わされる
  • ・投資代行の誘いを受ける
  • ・やたらマイナーなコインを紹介される
  • ・有名人の名前を出して安全性を唄う
  • ・価格保証の話を切り出される
  • ・最低入金額が非常に高い

ここで紹介した6つのポイントのいずれかに該当するケースに遭遇した場合は投資詐欺を疑うことをおすすめします。逆に言えばこういった詐欺師の代表的な手口を知った上で仮想通貨を買うようにすれば詐欺にあわずに済みます。


おすすめの仮想通貨ランキング


ここまで仮想通貨への投資のメリット・デメリットや投資の際の注意点について見てきました。ここまでの内容に目を通した上で仮想通貨への投資への興味関心が深まりましたら仮想通貨を実際に買ってみる価値があるかと思います。

そこでこのコンテンツの最後に仮想通貨投資の初心者にぴったりなおすすめの通貨ををランキング形式でまとめてみました

  • ・ビットコイン
  • ・リップル
  • ・イーサリアム

ここで取り上げた3種類のコインの特徴についてはこれから紹介していきます。

ビットコイン


ビットコイン

まず一番初めに紹介したのはビットコインです。どうしてこのビットコインを最もおすすめの通貨にしたかという最も使い勝手が良い上に最も有名な仮想通貨だからです。

そんなビットコインにはこのような特徴があります。


  1. 店舗で使える
  2. 変動幅が比較的緩やか
  3. 現金化しやすい
  4. 情報量が多いので安全性が高い


実はビットコインはビックカメラといった国内の店頭店舗で決済ができるようになっています。ビットコイン決済ができるお店の場合、JRのSuicaやお財布携帯のような感覚で買い物に使えます。

その上、ビットコインは世界中で取引されているために取引量が大きい分、他のコインと比べると値動きが緩やかですし現金化もしやすいです。要するにはじめて仮想通貨を買ってみようとしている人にぴったりなコインなのです。

リップル


リップル

次に紹介する2つ目のコインはリップルというコインです。

このコインはGoogleが出資したことで世界中の投資家からの注目を集めています。そんな世界中の投資家からの関心を集めているリップルの特徴をまとめてみました。


  1. 時価総額が全仮想通貨の中で3位
  2. 送金スピードが速い
  3. 送金手数料が安い
  4. 中央集権型のコインである


特にここで取り上げたポイントの中でも送金関係の特徴が目を見張ります。この点をご理解いただくためにビットコインとリップルにおける送金スピードと送金手数料の違いをまとめてみました。

コインの種類ビットコインリップル
手数料
(平均値)
0.48
(ドル)
0.0003
(ドル)
送金スピード 10分ほど 数秒

このようにリップルは送金手数料の面でも送金スピードの面でもビットコインよりも数倍秀でています。この送金のしやすさから世界中で利用者の数が増えているので今後の値上がりが期待できるので今間違いなく「買い」の仮想通貨の1つです。

イーサリアム


イーサリアム

最後に紹介するのは数百種類以上ある仮想通貨の中で時価総額がビットコインに次いで2位のイーサリアム。ビットコインの次に人気があるイーサリアムの特徴についてまとめてみました。


  1. 取引総額が全仮想通貨の中でNo2
  2. ビットコインよりもシステムが盤石
  3. 今後伸びる可能性が高い
  4. ホリエモンやマイクロソフトが投資済み
  5. 取引数が多いので情報が豊富


実はこのイーサリアムの持ち味は今後大きく伸びる可能性があることです。

その理由は2番目に人気の仮想通貨であるにも関わらず、店頭で決済できる店舗がないことにあります。ビットコインは店頭で使えるお店が増えるにつれ徐々に値上がりがしてきました。

つまり、イーサリアムも決済できる店舗が増えるにつれてビットコインと同じように値上がりが期待できるのです。取引量が多くて安全性が高い上に大きな値上がりも期待できる以上、注目しない手はないと思います。


おすすめの本・ブログ・アプリ


当たり前と思うかもしれませんが、仮想通貨への投資を成功させるには仮想通貨に詳しくなる必要があります。そこでこのコンテンツの番外編として仮想通貨投資に取り組むのなら知っておきたい便利な本・ブログ・アプリを紹介します。

読んでおきたい本


まずはじめに仮想通貨への投資に取り組みたいのならば絶対に読んでおきたい3冊の本を紹介します。

本のタイトル 著者
仮想通貨
(技術・法律・制度)
岡田仁志
高橋 郁夫
山﨑 重一郎
ビットコイン投資入門 小田 玄紀
仮想通貨革命 野口 悠紀雄

特に一番最初の「仮想通貨」という本はこのコンテンツであまり触れていなかった仮想通貨の技術や法制度についてまとめられています。法制度や仮想通貨特有の制度が分からないままに投資をするのはリスクが高いので目を通しておく価値があるかと思います。

役立つブログ


次に仮想通貨に投資をするのなら絶対に目を通しておきたいブログを紹介しようと思います。


貯金1,000万円を仮想通貨に換えた男のブログ
(ブロガー名:@マナ)

毎月28万円を仮想通貨に積立で分散投資!
(ブロガー名:あっきん)

熟練投資家のビットコイン投資ブログ
(ブロガー名:ボリ兵氏)



特に一番最初に取り上げた「貯金1,000万円を仮想通貨に換えた男のブログ」は、ブロガー自身の運用成績も公開しているので投資のリアル感が伝わります。筆者自身も定期的に目を通していますが、仮想通貨関連の最新の情報も紹介しているので定期的に目を通す価値があるブログと言えます。

おすすめのアプリ


最後に紹介するのは仮想通貨に投資するなら絶対にインストールしておきたいスマホアプリです。株やFXと同様に仮想通貨投資に役立つアプリは色々とあるのですが、筆者のおすすめのアプリはこちら。

アプリ名 特徴
COIN CAP 各通貨の時価総額、
1通貨単価が分かる
Blockfolio 保有している通貨の
状況が分かる
BitCharts 各取引所チャート、
取引量が分かる

ここで取り上げた3つのアプリの中でもCOINCAPは特に便利。主要な仮想通貨のリアルタイムの時価総額、1通貨単価の価格、チャートの変容を見られるので今が買いなのか売りなのかが分かります。

相場の動きを瞬時に把握するのは投資の成功率を高める以上、必ずインストールしておきたいアプリの1つです。



タケシが推薦!おすすめファンドランキング