HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

株式投資がなぜ資産運用に向いてるのか


資産運用を考える時、不動産に取り組む人もいます。FXを取り組んでる人もいますね。
それ以外でいえば、日経225先物やオプションなどの金融派生商品で資産を増やそうと真剣な方もいます。

しかし、今も昔も資産運用の王道は株式投資ではないでしょうか。
ここではなぜ株式投資が資産運用の対象として一番適用しているかについて説明をします。

今も昔も資産運用の王道は株式投資です

株式投資が資産運用に向いている3つの理由


1:資産運用しようとする時に手数料が安い

株式投資は非常に手軽に始められるだけではなく手数料が非常に安いのです。
例えば1000万円分の株を買った場合あなたが証券会社に支払う手数料は10,000円程度です。売るときも同様に10,000円程度かかるとすると、合計で20,000円になります。

1000万円で考えた場合つまりは0.2%が資産運用するためのコストになるのです。
これが不動産であれば


  • *購入そのものに金がかかる
  • *業者が介在するために仲介手数料が発生する
  • *その他保有中に、建物そのものに対する修繕費や、テナントとの問題が勃発する
     可能性がある。さらに税金等も長期保有で多くかかってくる。



資産運用とはお金を増やすということです。
あなたの手のもとにあるお金の一番手っ取り早くかつ低コストで増やすには、株式投資が向いているのです。



2:株式投資は基本的な性質がある

株式投資がなぜ資産運用で一番適しているのかというと、株には簡単な性質があるからです。その性質さえ理解できれば、あとはいくらでも攻略方法があるのです。


それはなんでしょうか?
それはずばり、株には適正価格があるという考えです。


株式市場には多数の参加者がいて、参加者たちがそれぞれいろんな考えをもちながら株式売買をくりかえします。本来適正であるべき価格はその時々のタイミングに応じ株価が上がってたり、あるいは異常に低く放置されていたりと、株価は適正な範囲だけにとどまらず常に上がったり下がったりしているのです。


ここがまさに株式投資の勝てるポイントになります。


資産運用において安全に結果を出すには、株のあるべき価値をしっかりと試算できる知識を身につけることです。

この知識さえ身につけることができればあなたは株に勝てます。断言してもいいです。

結局株は今の株価でその株を買うことが「お買い得」なのか「高すぎるのか」という判断だけです。

その判断ができるようになればあなたも資産運用に成功したも同然です。割安な株を購入し、本来あるべき価格に戻るまで保有していればいいのです。

早ければ数ヶ月、遅くとも1年や2年の間で適正価格まで戻ります。



3:FX など他の金融商品に比べて極めて分析幅が狭いこと

株式投資と違い、FXは世界各国の政治情勢、経済動向にくわえ、宗教的イベントなど、分析する要因が多すぎて手が回りません。

資産運用で確実に成功させるには、つまり、あなたの手元のお金を確実に増やすためには、対象の株をしっかりと調べ上げることがまず第一です。

四季報をはじめ、電話してIR担当に質問したり、株の本当の価格を導き出すための材料が十分にそろっているのが株式投資の世界です。



根気強く学び株マスターになるか、運用をプロにまかせるか


株式投資が確実に勝てるものであることは、上記のことだけでなく、プロの資産運用会社が運用を株式でしていることからも明白といえます。

世界の名だたるファンドはその資産運用をFXではまずやっていません。

たしかに不動産ファンドはあります。が、不動産ファンドでは利回りは期待できません。
結局効率面、成績面からいっても、株式投資しかないのです。

では確実に勝てるはずの株で勝てないのはなぜか?

それは以下の2点だけです。


① 含み損に耐えられるほど自分の戦略に自信がもてない

② わかっているけど、株をマスターするだけの学習を怠った。またはその情熱がない



自分の性格をよく知る


「よしわかった!」と、株式投資を極めて資産運用を成功させたいけど、自分で努力するのは無理、または向いてないとおもう投資家は非常に多いです。

もしあなたが株式投資での資産運用を本当に志すと決断したなら、2年ほどかけて本気で理論から入り失敗を繰り返しながらも取り組んでみましょう。

しかしもし、そこまで株式投資に情熱がないならば、資産運用のプロに任せることをお勧めします。

ちなみに投資信託は大手金融機関が儲けるためだけのツールですから、アテにせず、ファンドと直接契約しましょう。単純に営業会社に支払うコストが無駄だからです。


選択は2つに1つ。

株式投資を時間かけて自分でやるか、またはプロに任せるかです。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング