HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

日本で最も人気がある投資の概要


株式投資とは?という疑問に中学生でも分かるようにお答えします

多くの日本人は株式投資という単語は耳にしたことがあるかと思います。しかしながら株式投資とはどんなものであるかを正しく理解している人はあまり多くいません。

そこでこのコンテンツでは、株式投資の基本中の基本についてまとめてみました。株式投資とはどんなものなのか詳しく知る機会がなかった人にはとりわけお役に立てる内容になっているかと思います。

中学生でもわかる株式投資

目次



株式投資とは何か?


シンプルに株式投資について説明しますと会社が発行した株式の売買を通して利益を狙う投資行為です。ちなみに株式というのは会社が発行した株券のことです。

株式の価格は、会社の業績や世界経済の動向によってリアルタイムで変動します。価格の変動によって銘柄の価値が購入時よりも高くなればその値上がり分が利益になります。

逆に保有銘柄の価値が購入時よりも低くなれば損失が発生します。このように株式投資の全体像は会社が発行した株式を購入し、その銘柄単価の変動によって損益が発生するというものです。

そのため、株式投資の成功の秘訣は銘柄の価格が安い時に購入し、銘柄の価値が上がった時に売却するということです。ここまでの内容が理解できましたら株式投資の全体像を正しく押さえた事になります。


多くの日本人に親しまれている3つの理由


株式投資に取り組んでいる日本人は多く、成人した日本人の5人に1人はどこかの会社の株を一生涯で一度は購入するというデータがあります。どうして日本国内では少なくない人が株式投資を行うかといいますと株式投資にはこれから紹介する3つの特徴があるからです。

  1. 株を買うだけで特典がもらえる
  2. 誰でも少ない元手で始められる
  3. 資産運用なので副業規定に該当しない

それぞれの特徴について簡単に触れていきます。

株を買うだけで特典がもらえる


株式を購入すると配当と株主優待サービスを毎年手に入れることができます。配当というのは、会社が出した利益の1部を株主に還元する行為を指します。配当は利益が出た年度には必ず行われるので毎年お小遣い程度のお金が銀行口座に振り込まれます。

優待サービスというのは、会社が株主に対して提供している特別サービスのことです。例えばディズニーランドを運営しているオリエンタルランドという会社は、株主に対して毎年1日パスポートを配布しています。毎年1日パスポートが無料でもらえるなんてとてもお得だと思いませんか。

少ない元手で始められる


株式投資を始めるには大きな初期投資が必要ありません。10万円クラスの資金があれば、買いたい銘柄を自由に買うことができますし、ミニ株というタイプの株式ならば数千円で買えてしまいます。

このように株式投資はまとまった資金がない人でも気軽に始めることができるので始めやすいという特徴があります。

資産運用なので副業規定に該当しない


株式投資は資産運用に該当するので副業を禁止している会社でも株式投資を行っても処分の対象になりません。そのため、株式投資を始めればサラリーマンをやりながら会社の給料以外の収入源が手に入ります

株の売買は休憩時間やトイレの中でもできるので収入を増やしたいサラリーマンにとって非常に都合の良い存在です。


今日から株式投資を始めるには?


誰でも気軽にはじめることができる株式投資ですが、株式を買うためには証券会社で証券口座を開設する必要があります。どうして証券口座を開設しなくてはいけないかといいますと株の売買は証券会社の口座がないと行なえないからです。

そのため株式投資に興味を持ったのならば、どこかの証券会社で証券口座を開設しましょう。証券口座の開設には1円もお金がかかりませんし、口座開設手続きもWEB経由で簡単に行なえます。

ただし日本国内にはたくさんの証券会社があり、各社で手数料が異なるのでどの証券会社を利用するのかについては慎重に考える必要があります。また初めて株式投資に取り組むのならば、株式投資の正しい始め方を学んだ上で株式投資に取り組んだ方が良いかと思います。

⇒5分で分かる株式投資の始め方


タケシが推薦!おすすめファンドランキング