HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

ヘッジファンドに投資する ①


ヘッジファンドに投資をするにはアプローチの仕方が二方向に別れます。それは「国内」と「海外」の、どちらを選択するかということです。

海外ヘッジファンドに投資する場合ですが、まず、FA(ファイナシャルアドバイザー)と呼ばれるエージェントにコンタクトをとります。FAは生命保険会社と保険の販売員の関係性と似ており、彼らは基本的には個人登録の投資顧問業者にあたり、ファンド会社と直接契約を結んでいます。

彼らの収益はファンドの販売報酬や信託報酬の一部から得ることになり、実際に海外ファンド商品の説明や手続きの代行を請け負います。

FAはネットやブログを中心に積極的な営業活動を行っていますが、現在の金融商品取引法では、日本国内で設定登録されていない金融商品を不特定多数に勧誘したり販売することはできません。投資家自体が法的責任を問われる可能性は低いですが、原則的に国内法では違法とされています。

ただし、実際このあたりは曖昧です。

FAは海外において正規の登録を済ませてますので、海外に契約等やりとりするのはまったく合法です。判断は難しいですが、あくまでも、日本の法体系においては無許可なので、万一の際は自己責任で決定するしかないのです。

次に続く
タケシが推薦!おすすめファンドランキング