HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方
ヘッジファンドを扱っている証券会社とは?

早速ですが、「ヘッジファンド」と耳にすると、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?

きっと多くの人が「よくわからない」、もしくは「お金持ちが投資する」といったイメージがあるのではないでしょうか?

たしかにヘッジファンドに投資するにはある程度の資金が必要(後ほど詳しく解説)となり、そのためヘッジファンドに投資する方々は自然と富裕層が多いというのが現状です。

ただこのヘッジファンド投資は、証券会社を通じて始めることが出来るということを知っていましたか?実は、証券会社が販売している「投資信託」を購入することでヘッジファンドに投資することが出来ます。

そこで今回は世間でまだあまり知られていないヘッジファンドの基本やおすすめの証券会社、ヘッジファンド投資商品を一から解説していきます!ではまずヘッジファンドとはそもそも何か、について見ていきましょう!





ヘッジファンドの基本知識についておさらい


ではまず初めに、ヘッジファンドの基本知識として「ヘッジファンドとは何か?」と「ヘッジファンドが日本に少ない2つの理由」についてそれぞれ見ていきましょう。

ヘッジファンドとは「自由度の高い運用会社」


ヘッジファンドとは本来「様々な投資商品(株や債券など)に分散投資することで市場のリスクをヘッジ(回避)し、どんな状況でもプラスの利益を追求するファンド(投資信託)」を意味します。

証券会社や銀行などで販売されている投資信託の一種だということです。ただ最近では、そのファンド(投資信託)を運用する組織(会社)をヘッジファンドと呼ぶことが多いということは頭に入れておくと良いでしょう。

「投資信託」と聞くと、ヘッジファンドがグッと身近なイメージになりますよね。そして世間では混合することも多いですが、ヘッジファンドと証券会社は全く違います。

投資家とヘッジファンドの間を仲介する働きを証券会社が担っているのです。このように証券会社を通じてヘッジファンドに投資できることは一つのメリットです。

そして何よりヘッジファンドは「自由度が高い」ことが最大のメリットです。自由度が高いとは「より多くの投資商品に分散投資することができ、リスク回避の手段も豊富」だということです。ではなぜ自由度の高い投資ができるかというと、ヘッジファンドは「私募」という形で資金を集めているからです。

通常の投資信託は、個人投資家を含む幅広い投資家から資金を集めており、これを「公募」と言います。公募の形式では、金融の知識をあまり持っていない人からも資金を集めることが出来るので、そのような投資家たちを保護する必要が出てきます。

こういった背景によって通常の投資信託には厳格な規制が課され、投資商品が限定されているのが現状です。

一方でヘッジファンドは、少数の投資家から資金を集める「私募」の形をとります。彼らは投資に精通している方が多いので、規制を厳しくする必要がなく様々な投資商品を売買したり、デリバティブなどのリスク回避も可能となるのです。そのためどんな状況でもプラスのリターンを出すことが出来るわけです。

以上の点を踏まえるとヘッジファンド投資はとても魅力的ですよね。どんな状況でもプラスのリターンが十分見込めることは投資家目線ではとてもありがたいです。

ただ実は、日本に拠点を置くヘッジファンドは少なく、ヘッジファンドの拠点は海外がほとんどなのです。ではなぜ日本ではヘッジファンドが少ないのかを次に解説していきましょう。

そもそも日本にヘッジファンドが少ないワケとは?


まずヘッジファンドが世界のどこに拠点を置いているのかをグラフでまとめてみました。

ヘッジファンドの拠点のグラフ


欧米にヘッジファンドが多い一方、日本を拠点にしているヘッジファンドは全体の約1%。なぜ日本に拠点を置くヘッジファンドはこれほど少ないのでしょうか?その理由は以下の2つだと言えます。

  • 数学などの学問は欧米の方が発達している
  • 規制や税制面で日本は不利

まず1つ目に、ヘッジファンドは「金融工学」という、投資を数理的に解析する学問に基づいて投資を行うことがよくあります。そしてこの金融工学はアメリカで特に発達しています。

新しい情報や知識が早く手に入る地域の方がヘッジファンドの拠点としては魅力ですよね。こういった背景によってヘッジファンドの拠点はアメリカに一番多いわけです。

また2つ目に、多くのヘッジファンドは「オフショア」と呼ばれる地域(例:シンガポール)を拠点にしています。

オフショアとは、税金に関する法律や規制が比較的優遇される地域のことを指し、ヘッジファンドが運用するにあたって出来るだけ不要なコストを削減するには、このオフショアの地域のほうが魅力的となります。

一方日本では、租税回避に対応するための規制もあり、ヘッジファンドが拠点を置く場所としての魅力はあまりありませんね。

以上の2点から日本に拠点を置くよりもアメリカや、最近ではシンガポールに拠点を置くヘッジファンドが多いです。そのため日本でヘッジファンド投資をしている人も少ないのでしょう。

ですがどんな状況でもプラスのリターンが見込めるヘッジファンドへの投資は、もちろん日本からでも可能です。その一番の方法は「証券会社を仲介する」ことです。ではヘッジファンドの始め方について説明します。


日本でヘッジファンド投資を始めるには以下の3つの方法があります。

  • 証券会社を通じてヘッジファンド投資信託を購入する
  • プライベートバンク(富裕層向けの銀行)を通じて海外ヘッジファンドを買う
  • 投資助言会社を利用して海外ヘッジファンドを直接買う

この3つの中で、日本で最も始めやすい方法は「証券会社を通じて投信を購入する」ことです。なぜなら証券会社の投資信託を買うとなれば最低資金(100万円)がこの中で一番安く済み、ヘッジファンド投資が始めやすいからです。

他の2つの方法では最低資金(1000万円~数億円)が高いことからヘッジファンド投資を始めやすいとは言い難いです。 日本でヘッジファンド投資をこれから始めようという方は、「証券会社を通じてヘッジファンド商品を購入すること」がおすすめということを頭に入れておくと良いでしょう。

ちなみに証券会社でヘッジファンド投資信託を買う時の最低資金は、およそ100万円です。なぜ他の2つと比べて安いのか気になりますよね。その理由「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」について次に解説します。

証券会社の投資信託は「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」


「フォンド・オブ・ヘッジファンズ」とは、複数のヘッジファンドを一つの商品にパッケージしたものを指します。

世界中に多数存在するヘッジファンドから複数選び、それらを1つにまとめているというわけです。証券会社はこの手法を取ることで、ヘッジファンドへの最低投資額を100万円から設定することが出来るというわけです。

またこの仕組みは、100万円から始められることに加え、以下の2つのメリットがあります。

  • 分散投資ができる
  • プロが厳選するファンドに投資できる

複数のヘッジファンドに投資することで、自然と投資戦略や投資商品に分散投資することが出来ますよね。これでより安定した資産運用ができますよね。またプロが選んだファンドなので、自分で一から探さなくても優れたヘッジファンドに投資できるメリットもあります。

このような「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」という手法によって投資資金が100万円からで済むというわけです。ヘッジファンド投資が身近なものになってきましたね。ちなみにおすすめの証券会社やヘッジファンド商品については後ほど詳しく解説します。

ここまでヘッジファンド投資の基本知識や始め方などについて説明してきましたが、証券会社やヘッジファンドはどうやって稼いでいるのかって気になりますよね。

ヘッジファンドについては情報公開があまりされておらず、どのような資金の流れがあるのかは怪しいところです。そこで次は証券会社やヘッジファンドの収入源について詳しく見ていこうと思います。


世間には知られていない資金フローを徹底解剖


では証券会社やヘッジファンド間での資金の流れやヘッジファンドの収入源について見ていきましょう。

証券会社の収入源となる2つの「手数料」


証券会社とヘッジファンドの収入源は異なります。証券会社は「手数料」を徴収している一方で、ヘッジファンドは「成功報酬」を収入源としています。この成功報酬については後ほど解説しますので、まずは証券会社の手数料について解説します。

証券会社の収入源である「手数料」には主に2種類あり、「購入時にかかる販売手数料」と「投資信託の保有にかかる信託報酬」があります。

まず販売手数料は、投資信託の購入時にかかる手数料であり販売会社によってこの金額は大きく異なり、一般的に購入金額の0%~4%。

100万円の投資信託を3%の販売手数料で購入するときは、販売手数料は3万円となり、合計103万円+消費税を払う必要があるということです。証券会社を選ぶ時にはまずこの販売手数料に注目すると良いでしょう。

次に信託報酬とは、投資信託を持ち続ける時に投資家が証券会社に対して支払う管理費用になります。

これは投資対象がヘッジファンドであれば特に高く、なぜならヘッジファンドは金融工学などの高度な技術を用いている故、ファンドの管理が通常の投資信託よりも大変だからです。そのためこの信託報酬は、ヘッジファンドでは年率2~5%かかります。

以上が証券会社と投資家の間で流れる資金「手数料」になります。ヘッジファンド投資商品を購入する際には必ず見ておくべき項目ですのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

では次にヘッジファンドに流れる資金「運用報酬」と「手数料」について説明します。

ヘッジファンドの収入源「運用報酬」と「手数料」


まず運用報酬とは、プラスのリターンを出した時のみにヘッジファンドが受け取る報酬になります。これをヘッジファンドは収入源としているため、どんな状況でもプラスのリターンを追求しています。

つまり、もしマイナスのリターンを出した場合はヘッジファンドの収入はゼロということです。

つまりヘッジファンド運用の責任者であるヘッジファンドマネージャーは結果が全てであり、結果が出なければクビになるという環境で必死にプラスのリターンを追求しています。求人採用や転職サイトでたまに見かけるヘッジファンドマネージャーは年収が高い一方で求められる結果はとても厳しいのです。

そしてこの運用報酬は、一般的に収益目標値を超えた金額に対して20~30%分をヘッジファンドに支払うという形になります。

例えば収益目標値が1億円の場合に、最終的なリターンが1億2000万円だったとすると、2000万×0.2~0.3=400万~600万円をヘッジファンドに支払うというわけです。

次にヘッジファンドも「手数料」を得ています。この手数料は、ヘッジファンドが投資家から集めたお金(預かり残高)の2%が源泉となっています。残高が1億円であれば自動的に200万円の収入をヘッジファンドが得ているというわけです。

以上が、ヘッジファンドが受け取る収入の「運用報酬」と「手数料」ですが、最近この手数料を巡って最近論争が起きており、あの著名投資家ウォーレン・バフェット氏も不満の声を上げています。その現状について説明します。

手数料が高いと不満の声が続出


直近の2016年、ヘッジファンド界は8年ぶりの大規模な資金流出に見舞われました。その理由としては、世界的な低金利による運用成績の悪化もありましたが、一番は投資家がヘッジファンドの手数料に対して不満を抱いているからでした。

先ほども述べた通り、ヘッジファンドは預かり残高に対して2%の手数料と目標収益を上回った金額の20%を収入源としている所がほとんどです。つまり大規模なファンドであれば、平凡な運用成績を出しているヘッジファンドマネージャーの成功報酬よりも2%の手数料の方が高くなってしまうというわけです。

運用成績が悪化している状態で、2%の手数料を払うのは不合理だということで投資家はヘッジファンドへの投資資金を引き揚げ始めているというわけです。ウォーレン・バフェット氏も「世界の投資家は、ヘッジファンド投資によって過去10年で1000億ドル(約12兆円)を浪費している」と述べています。

これを受けてヘッジファンド数は今後減少するとみられ、また同時に手数料の低下も見込まれています。なのでこれを機に再びヘッジファンドへの投資を始めるには適切な環境になってきたのではないでしょうか。

では最後におすすめの証券会社やヘッジファンド投資商品を紹介します。


おすすめの証券会社・商品を紹介!


ここからはヘッジファンド投資を始めるにあたっておすすめの証券会社や商品を紹介しますので注目していきましょう。

ヘッジファンド投資商品を扱う国内証券会社一覧


ヘッジファンド投資のおすすめの始め方は「証券会社を通じて投資信託を購入する」ことでした。「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」と呼ばれる手法が取られているので、最低資金が100万円からで良いのに加え、プロの選んだファンドに分散投資が出来ることがメリットでしたよね。

そしてヘッジファンド投資商品を扱っている国内の主な証券会社は以下になります。

証券会社 商品例
ヘッジファンド証券 エピック・ヘッジファンド・セレクション1
野村證券 ノムラ・グローバルトレンド(資源国)
三菱UFJモルガンスタンレー証券 国際オルタナティブ戦略QTX-ウィントン・アルファ・インベストメント・オープン
SMBC日興証券 サイエンティフィック・エクイティ・ファンド
キャピタルパートナーズ証券 スーパーファンド・グリーン・ジャパン

これらはごく一部でありますが、代表的なヘッジファンド投資商品を載せました。

これらのうち、口コミやセミナー等で有名なのが「ヘッジファンド証券株式会社」というところです。そこで次はこの会社の扱っているファンド商品の運用成績や手数料について徹底解剖していきます。

口コミでよく聞く「ヘッジファンド証券株式会社」とは?運用成績・手数料も大公開!


ヘッジファンド証券株式会社は国内証券会社の一つでありますが、大手証券会社と大きな違いが1つあります。それは文字通り「ファンド商品の販売代行に特化している」ことです。

つまり、優秀な資産運用会社と提携して彼らが運用しているファンド商品を販売することに徹底しているというわけです。

ではこの会社が扱っているファンドについて、運用成績と手数料の2点から見ていきましょう。

こちらが、ヘッジファンド証券株式会社で販売されている2ファンドの運用成績(直近3年)と購入時の手数料になります。

運用成績


期間 運用成績
2015年 4.25%
2016年 4.65%
2017年1月~9月 2.90%


手数料


購入金額 手数料(消費税は別)
100万~1000万円 購入金額の3%
1000万~1億円 購入金額の2%
1億円~ 購入金額の1%

運用成績については、毎年4%~5%プラスの利益を上げていますね。2015年に100万円投資していたとすると、2017年9月末時点で約112万円に増えているというわけです。ただヘッジファンドに投資しているとなると、もう少しリターンは欲しいところですよね。

また手数料ですが、これは比較的安いです。先ほど挙げた国内証券会社のヘッジファンド商品では、手数料が平均4%なのでそれに比べるとお手頃ですね。

以上のことを踏まえると、投資先としての魅力は少し欠けていますね。ヘッジファンドに投資するならさらに大きいプラスのリターンを出しているものの方が良いですよね。そこでより利回りの良いヘッジファンド商品「M&S」を最後に紹介します!

おすすめのヘッジファンド投資商品「M&S」⇒3年で資金が2.5倍に!?


「M&S」とは日本のヘッジファンドであり、毎年とてつもないリターンを上げています。ではどのくらいの成績かというと、、、

期間 運用成績
2015年 29.24%
2016年 45.26%
2017年1月~9月 19.72%

圧巻の数字ですね。毎年2桁以上プラスのパフォーマンスを出し続けているというのは素晴らしいの一言です。 2015年に100万円投資していたとすると、2017年9月末時点では、約255万円に増えているということです。これぞヘッジファンド投資ですよね。

また管理手数料も年率2%ですので低コストで済みますね。低コストで最大限のリターンが出せるとは、これ以上ない魅力商品ですよね。

以上のことを踏まえると、ヘッジファンドへの投資を始めるならばこの「M&S」は間違いなくおすすめです。ぜひ始めてみると良いでしょう。では最後にここまで説明してきたことを総おさらいします。


これまでのおさらい


ヘッジファンドについて最後にもう一度おさらいしていきましょう。

ヘッジファンドについての基本を振り返り


ヘッジファンドとは「自由度の高い運用会社」のことであり、証券会社の投資信託などを通じて投資することが出来ます。

日本では証券会社を通じて投資することがほとんどでしたよね。理由としては、日本に拠点を置くヘッジファンドは数少なく、学問や税制面から考えると欧米やシンガポールなどの新興国の方が魅力的だからです。

そして証券会社は、世界中のヘッジファンドから複数に分散投資する「ファンド・オブ・ヘッジファンズ」という手法を取っています。これによってより低価格(100万円~)から始めることができ、また戦略や投資対象を自然と分散投資できるのです。

資産運用をするにあたって分散投資はとても大事なポイントです。ぜひ頭に入れておきましょう。

資金の流れを振り返り


先ほど触れましたように、証券会社は主に「販売手数料」と「信託報酬」を収入源としていましたよね。販売手数料は投資信託を購入する際にかかる手数料であり、また信託報酬は投資信託を持ち続けると発生する手数料のことです。証券会社を選ぶ時にはまずこの2つの手数料を比較してみると良いでしょう。

次にヘッジファンドは「運用報酬」と「手数料」から収入を得ています。運用報酬とは目標に掲げたリターンを上回った金額の平均20%分のことを指し、手数料はヘッジファンドが預かっている資産(残高)の平均2%分のことでしたよね。

ただ最近ではヘッジファンドの運用成績が悪化しており、手数料ビジネスに歯止めをかけようと多くの投資家がヘッジファンドへの投資から引き揚げています。今後この「手数料」がどれだけ下がるのかは注目ですね。

おすすめのヘッジファンド投資先「M&S」


まずヘッジファンドへの投資先として口コミやブログ、セミナーなどで有名なのが「ヘッジファンド証券株式会社」でしたよね。ファンドの販売に徹している会社であり、運用成績や手数料はまずまずでしたよね。評判ほどの投資先かと言えば微妙です。

そこでヘッジファンドに投資するならおすすめは断然「M&S」です。3年で資金が約2.5倍になるというのは投資対象としてとても魅力的です。ヘッジファンドへの投資を始めるのであれば、まずはこの「M&S」への投資から始めてみると良いでしょう。

これからヘッジファンド界はさらに進化していくと言われています。その進化前に一度ヘッジファンドへの投資を始めてみてはいかがですか?資金が数年で倍増しますよ。ぜひ始めてみると良いでしょう。



タケシが推薦!おすすめファンドランキング