HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

始めてみよう外貨で資産運用!外貨預金から始める簡単投資術


外貨と聞くと難しく、複雑でリスクが大きいといったイメージがあると思います。

しかし難しく考える必要はなくむしろインフレ傾向の場合、資産運用で外貨は外せない存在であると言えるでしょう。では外貨での資産運用の話を始めていきます。



外貨で資産運用が必要なわけ


わざわざ外貨でリスクをとって資産運用をする必要があるのか?と考える方は多いと思います。確かに外貨には為替リスクという円にはないリスクを背負うことになるからです。

ですが現在、以前のように銀行や郵便局に預けているだけで資産が倍になった時代ではなく、定期預金だけではとても資産運用と呼べたものではありません。

その上、インフレにより預けているだけの銀行口座の資産は目減りし、おまけに少子高齢化で社会保険料は上がっています。とても日本国内だけの投資では資産運用を成功させることはできないと言えます。そこで外国の高金利や為替の差益を資産運用に利用して着実に資産を増やしていく方法を見ていきましょう。

リスク許容度やどれくらいの収益を求める、また自分の性格に合った資産運用法を見つける事が大切です。



外貨建ての商品とは?


外貨で資産運用を始めるにあたってまずどのような商品があるかを知っておく必要があります。特に日本の普通預金と比べてみるとよくわかります。

▼資産運用で使われる代表的な外貨建て商品 矢印が下に行くほどハイリスク・ハイリターン▼

商品 購入場所 特徴 金利 為替手数料(往復)
普通預金 銀行 自由に換金 0.01%~0.05% 0円
外貨預金 銀行 いつでも自由に換金可 0.01%~2% 0.09円~5円
外貨定期 銀行 満期がある 0.01%~6% 2円~5円
外貨MMF 証券会社 満期はない。自由に換金可 外国投資信託の1つではあるが外貨預金の代わりに保有することがある。 0.5%~4% 1円~2円
外貨債券 証券会社 償還期日がある。換金に時間がかかる。 0.5%~数% 1円~2円
外貨


投資信託
証券会社 ファンドの国籍、根拠法が外国にある投資信託。
いつでも解約可
配当はファンドによって異なる 1円~2円
FX 証券会社
銀行
いつでも換金可。24時間取引可能   0円~1円

※取扱う金融機関、通貨によって金利、為替手数料は異なります。


こうして見ると外貨での資産運用にも違いがあることがわかります。今回は手軽で簡単で初心者でもできる外貨預金での資産運用を説明していきたいと思います。



外貨預金を始める前に知っておく


外貨預金には普通預金と定期預金の2種類があります。普通預金は1ドル、1ユーロなどの1通貨単位から始めることができます。定期預金は満期がある預金で期間は1ヶ月、3ケ月、6ケ月、1年などがあり最低預入金額(一般的には100通貨単位)が設定されています。

定期預金は中途解約が原則的にできません。満期日が預入日よりも円安であれば為替差益、円高であれば為替差損が発生します。



取扱い通貨


米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランド・ドル、南アフリカランドなどです。

外貨預金適用金利表(SBIネット銀行調べ)

通貨 外貨普通預金
外貨定期預金
1か月 2か月 3か月 6か月 1年
米ドル 0.02% 0.007% 0.007% 0.007% 0.1% 0.261%
ユーロ 0.01% 0.010% 0.010% 0.010% 0.010% 0.010%
英ポンド 0.04% 0.110% 0.110% 0.110% 0.110% 0.350%
豪ドル 0.450% 1.300% 1.300% 1.400% 1.400% 1.600%
NZドル 0.750% 2.100% 2.200% 2.300% 2.300% 3.000%
南ア・ランド 1.800% 4.500% 4.600% 4.700% 4.700% 6.000%


銀行によって適用金利は異なります。これは銀行が市場金利から各銀行で銀行利ザヤを何%か差し引くからです。大手銀行よりもネット銀行の方が金利が高く為替手数料が安い傾向があります。外貨預金での資産運用の際には銀行選びも重要です。



外貨預金を始める場合の注意点


外貨預金を始める時の預入時の対顧客売相場(TTS)と解約時の時の対顧客買相場(TTB)に注意をしましょう。TTSとTTBには差額があり、その差額が銀行の手数料となるからです。しかも手数料として詳しく明記されてはおらず為替に織り込み済みのためあまり印象に残らないので注意してみておくことが必要です。

ではTTSとTTBの差がどれほどの資産運用に影響を与えるか例で見てみましょう。


例)米ドル TTS(122.37円)TTB(120.37円)往復2円 3ヶ月定期 0.07%


まず、3ヶ月間の銀行手数料の年率換算をします。

計算式 手数料÷公示仲値÷91(3ヶ月)×365日×100

当てはめると 2円÷121.37÷91×365×100=6.61%となります。
更に実質預金利回り=6.61%-金利(0.07%)=▲6.54%となります。


これでは外貨預金で資産運用したくでも銀行に手数料を払うだけになってしまいます。この計算式の数値は各銀行により異なります。TTSとTTBの差が小さいほどよく、金利が高いほど資産運用効率は上がります。

各銀行間でもかなりの差が出る所なので金融機関を選ぶときは慎重に選ぶ必要があります。少しでも賢く外貨預金で資産運用するために必要な知識ですのでぜひ覚えておいてください。

次は円安効果と頻繁に広告されている外貨キャンペーンを利用した際の運用利回りについて例を挙げて説明していきます。


例)預入10,000豪ドル 預金期間1ヶ月 預金金利10%のキャンペーンを利用するとする

①預入時 仲値96.00 TTS 98.50 TTB 93.50
②預入時必要資金 10,000×TTS=985,000円
③1ヶ月後の外貨利息 10,000×10%×31/365=85豪ドル
④源泉徴収税 85×20.315%=17,26豪ドル


1ヶ月後の合計は10,000ドル+(85―17.26)=10,067.74ドルとなります。


例)満期日に5円円安になった場合 仲値101.00 TTS 103.50 TTB 98.50とする

●円受取額 10,067×98.50=991,599円
●運用利回り (991,599-985,000)/985,000×100×365/31=8.24%


つまりたった1ヶ月の利息だけで6,599円を受け取ることができます。
この預入金を10倍の100,000ドル預けたとするとたった1ヶ月で65,990円もの利息を受取ることができます。これで外貨での資産運用が堅実で効率が良いのかがお分かり頂けたと思います。

短期間でしかも預金と名のついている商品でこれほど効率よく資産運用できるものは外貨預金以外に存在しないと言っても過言では無いでしょう。



失敗のない外貨での資産運用をするためには


●損益分岐点を知っておく

為替差益も差損もあるのが外貨での資産運用になります。予め換金時に損益がでない為替相場の分岐点を損益分岐点と呼びます。例に沿って見ていくことにします。


例)米ドル定期 100万円 6ヶ月 金利3%/年 TTS 121.50ドル 


まず100万円÷TTS=8,230.45ドル(ドルでの預入金額)になります。

次に8,230.45ドル×3%÷100×年数(0.5)×0.8(課税20%とする)=98.76ドル(利息)ですのでドル建ての受取金額が8,230.45+98.76=8,329.21になります。すると損益分岐点は円建ての受取金額=預入100万円になると考えると100万円÷8,329.21=120.05円/ドルですので期日のTTBが120.05円なら損益なく預入の100万円が戻ってくると言う訳です。

この計算式は為替がいくらになれば損失になる、もしくは利益になるのかを見るものです。外貨預金、外貨MMF、外国債券など特に長期で金利を目的に資産運用する場合に必要になってきます。



外貨で資産運用する最大のメリット


手数料を理解し、自分に合った金融機関を選んで外貨で資産運用する外貨預金の最大のメリットは預金の安心感と金利差益と為替差益を享受できることです。

特に最近の円安傾向では為替の差益が受けやすく、それと外貨ブームによるキャンペーンも各銀行で広告されています。外貨と一言で言っても様々な資産運用法があり他にも収益を上げたい人や短期売買をメインにする方はFXという方法もあります。

自分の性格や予算、得意分野、期間などを踏まえて外貨で効率よく資産運用を始めましょう。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング