HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

不動産を使った資産運用の良し悪しとは?


このコンテンツでは不動産を使った資産運用の特徴と成功の秘訣についてまとめています。

今のあなたは不動産を利用した資産運用に少なからず興味を持っていると思います。それにもしかしたら一度くらいは不動産投資のセミナーに参加したかもしれませんし、参加はしなくても不動産会社からセミナーの勧誘を受けたことくらいならあるのではないでしょうか。

実は今あなたが気になっている不動産投資は色々な資産運用の中で最も確実性が高い資産運用として注目されています

もちろん不動産投資も資産運用である以上、デメリットや失敗リスクはありますし、あなたとの相性の問題もあります。そこでここからは、不動産を使った資産運用に取り組む際の大前提と不動産投資のメリット・デメリットについて紹介していきます。

目次

  1. 物件の購入には費用がかかる
  2. 不動産投資の成功の鍵は税金の理解
  3. 他の資産運用よりも手間がかかる
  4. 資産運用で不動産を選ぶメリット
  5. 物件を扱うが故のデメリットとは?
  6. 株式への投資と建物への投資の比較
  7. リスク・リターンよりも情熱が大切



物件の購入には費用がかかる


不動産投資に取り組む前に大前提として押さえておきたいのは1000万円を超える資金が必要になることです。他の資産運用と違って不動産投資は、50万円100万円といった金額では始めることはできません。

資金が多く必要という意味では、着手へのハードルが高い資産運用といえます。

はじめての不動産投資であるがゆえに、リスクを低く抑えたいと考えていても、不動産の購入には1000万円単位の資産を回すことになるのである程度のリスクがあります。この点は、小さいお金をコロコロと雪だるま式に増やす一般的な資産運用とはジャンルが異なります。

不動産投資の難点は1000万以上の投資金がひつようなところ


不動産投資の成功の鍵は税金の理解


実は不動産投資は他の資産運用と違い、投資の前後に他人が介在するという特徴があります。

不動産を購入するときも売るときも、普通は不動産仲介業者の力を借りることになります。その際に最低銀の不動産の知識がないと仲介業者とのやり取りも円滑に進まなくなります。

それに不動産投資に取り組むとなると色々な場面で税金の知識が求められます

不動産取得費用、免許登録料や登記代、印紙代、から業者へ支払う手数料など、不動産は買うときだけでなく不動産を所有をしている間も、そして不動産を売却する時にも税金が発生します。

不動産の売買には税金が常に付きまとう以上、不動産を使った資産運用で成功するには税金に関する理解が欠かせません。


他の資産運用よりも手間がかかる


不動産投資は不動産を探して買う以上、インターネットだけで手軽に始めることは難しいです。

もちろん電話やネットで不動産を買うことは不可能ではありませんが、さすがに物件の内観や外観を見ずに電話一本で買いたくはないですよね。物件を確認する手間を考えると株や投資信託と比較すると気軽にはじめることはできません。

特に資産運用の初心者の場合、物件の瑕疵をはじめとした投資してみてからじゃないと見えないリスクにも気を配る必要があります。不動産投資は不動産という高額な実物を扱う以上、手軽に取り組もうとすると手痛い失敗をする恐れがあります。

不動産で資産運用に取り組む際のリスクの話はこれくらいにします。


資産運用で不動産を選ぶメリット


次に色々な資産運用がある中で不動産を使った資産運用を選ぶメリットについて見てみます。

不動産を使った資産運用には、リスクを極力抑えた上でレバレッジを効かせながら自分のよく知っている物件を所有できるという強みがあります。

実はあなたの社会的な属性がよければ、銀行からの資金を借り入れすることにより自分が持っているお金の数倍~数十倍の価値がある資産をを不動産を通して運用することができます

銀行から融資を受けて物件購入 これこそが、資産運用として不動産投資に取り組む醍醐味。

初心者のあなたがあえて資産運用の中から株式投資ではなく不動産投資を選ぶなら、銀行の借り入れを使わない手はありません。

年収が800万円前後のサラリーマンや公務員がレバレッジ運用をすれば、銀行の融資を受けることで居住マンションを買うことができます。それにキャッシュフローを意識さえすれば、20億、30億規模の不動産を所有することも夢ではありません。

ここまで大それた目標じゃなくとも、年収が350万以上あれば都内の中古ワンルームマンションに投資できます。一番手堅く収入を得る方法は、銀行の借り入れで「都内」の「駅の近く」にある「中古」ワンルームに投資し、返済を居住者の家賃でまかない、完済後に自分の資産にすることです。

資産運用の手段としては無理がないので一般のサラリーマンや公務員に人気があります。気になる利回りに関しても安定して5%、立地や物件によれば10%が狙えるので利回りに関しても優れています

ワンルームマンション投資の詳細はこちら


物件を扱うが故のデメリットとは?


繰り返しにはなりますが不動産投資のデメリットは、小額からの投資ができないという点です。これ自体が大きなリスクです。

それに不動産を使った資産運用は、思い立ったが吉日ということで今日から始めようとしても、簡単にスタートはできません。株式投資であればまずは手元の1万円を、あるいはこの10万円を、いきなり投資して、ということで、習うより慣れよ、が可能です。

しかし不動産を扱う不動産投資ではそうはいきません。

じっくりと時間をかけて理論を学び、信頼のできる会社とコンタクトをとりながら、現地を往復し、リスクをとって不動産を実費で買うことになります。時間の面でも費用の面でも金融商品を使った資産運用と比べるとリスクがあります。


株式への投資と建物への投資の比較


不動産投資と株式投資は資産運用の代表的な2つのモデルとなっていますが、どちらのリスクが高く、どちらがやりやすいかという点は、あなたの性格や適性に応じて変わります。

もしあなたが属性の良いサラリーマンであれば、積極的に不動産を使った資産運用に取り組むのが良いでしょう。サラリーマンという社会属性をフルに使って銀行から借り入れをすれば、複数の不動産を保有することも出来ます。

逆にあなたの属性では銀行の借り入れも難しい場合は、最初から不動産投資を考えずに株式投資に目を向けて集中したほうがいいでしょう。

資産運用の二大王道といえる株式投資と不動産投資。

共通していえることは、基礎からきっちりと学びさえすれば資産運用初心者でも勝ちやすいという点です。投資をする限りリスクがゼロにはなりませんが、資産運用に関連する知識を増やせばリスクは確実に減ります。


リスク・リターンよりも情熱が大切


これまで紹介したことに注意しながらコツコツと不動産の勉強を重ねれば、不動産オーナーの道が開かれてくることは間違いありません。

資産運用は対象が株式であり不動産であれ、コツコツ継続して学び続けることによってスキルアップが見込め、リスクが相対的に減ります。 言うなれば資産運用の成功は「継続」である以上、一度始めた資産運用を途中で辞めるのは損なのです。

情熱が続く限り、やり続けていくことが資産運用の上達の一番の近道です。ですので、情熱を失わない興味のあるものを資産運用で選ぶことが正解になります。

そのためにも不動産を買う前に数ある資産運用の中で、何に情熱を傾けることができるのか、自問自答する必要があります。時流が良い時ばかりじゃないく、悪い時でも反省し勉強し続けられるのは、株式ですか?不動産でしょうか?

この客観的な自己分析が、資産運用の成功の第一歩です。

自己分析をした上でやっばり不動産が良いということでしたらどこかの不動産会社のセミナーに参加をしてみて不動産の勉強をすることをおすすめします。

おすすめの不動産セミナーはこちら


タケシが推薦!おすすめファンドランキング