HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

資産運用では不動産投資が一番リスク低め?


不動産投資で資産運用を考えているならば、まず最低限確認しないといけないことを2点挙げます。どんな投資にもリスクとリターンがありますので、まずはこの点を確認していきましょう。



最低投資資金の存在


一つは不動産投資の最大の難点でもある1000万円を超える投資金が必要だということです。なかなか50万円100万円といった金額では始めることはできません。

資金が多く必要という意味で、そもそもハイリスク投資といえます。

投資初心者がゆえに、リスクを低く抑えたいと考えていても、1000万円単位の投資にならざるをえず、最初からリスクをはった投資ジャンルといえます。

まずはワンルームやアパート経営と考えることが不動産投資の最初の一歩であり、小さいお金をコロコロと雪だるま式に増やすと言ったイメージとは、不動産投資は幾らかかけ離れています。

不動産投資の難点は1000万以上の投資金がひつようなところ


複数の税金の存在


その他のリスクとしては、知識不足のリスクが挙げられます。
どういうことかというと、不動産投資を資産運用で始める際、必ず税金について理解が必要です。

不動産投資は資産運用の中で唯一といっていいほど、投資の前後に他人が介在する業態です。

不動産を購入するときも売るときも、直接契約することは不可能ではありませんが、現実的には不動産仲介業者の力を借りながら進めていくという意味に於いて、初心者がたった1人では始められない資産運用のジャンルといえます。

不動産取得費用として、免許登録料や登記代、印紙代、から業者へ支払う手数料など、不動産は買うときだけでなく所有をしている間も、そして売却する時でさえ税金がついて回ります。

資産運用の初心者が簡単に投資できるものではないことに加え、これら税金の知識も同時に学ぶ必要がある点を、リスクと思うかはあなた次第です。

株式投資と比べると、不動産投資は最初から投資行動としては障壁が高い点が見受けられますね。



手軽さとはほど遠い不動産投資


また、物件を探すには写真やインターネットだけで手軽に始めることは難しく直接現場に出かけて確認する手間が発生します。

初心者にとっては物件の瑕疵など、投資してみてからじゃないと見えないリスクも考えなければなりません。



資産運用で不動産投資を選ぶメリット


リスクの話はこれくらいにして、メリットについて触れましょう。

とにかくリスクを極力おさえ、不動産投資で勝つためには、自分のよく知っている物件を所有し、かつレバレッジをきかせていくことが最大の強みになります。


あなたの属性さえよければ、銀行からの資金を借り入れすることにより自分が持っているお金の何倍の資金を運用することができます。

銀行から融資を受けて物件購入

これこそが、不動産投資の醍醐味。

初心者のあなたがあえて資産運用の中から株式投資ではなく不動産投資を選ぶなら、銀行の借り入れは必須です。不動産だからこそ可能なレバレッジ運用をフル活用しましょう。



不動産投資のデメリット


一方デメリットとしては先ほどの繰り返しにはなりますが、小額からの投資ができないという点です。これ自体が大きなリスクです。

また、簡単に損切りができるものでもなく、大きな時間と労力をかけながら資産運用を始める割に、不動産投資のリターンはある程度決まっています。

せいぜい年間で5%から10%くらいまでの利回りだと考えて良いでしょう。

また、思い立ったが吉日ということで今日から始めようと言ったこともできません。

株式投資であればまずは手元の1万円を、あるいはこの10万円を、いきなり投資して、ということで、習うより慣れよ、が可能です。リスクは限定的なのです。


しかし不動産投資はそうはいきません。


じっくりと時間をかけて理論を学び、いい業者さんとコンタクトをとりながら、現地を往復し、リスクをとって高い買い物をしなければなりません。



不動産投資と株式投資を比較してみる


不動産投資と株式投資は資産運用の代表的な2つのモデルとなっていますが、どちらのリスクが高く、どちらがやりやすいかという点は、あなたの性格や適性に応じて変わります。

もしあなたが属性の良いサラリーマンであれば、積極的に不動産投資を資産運用の一番手と考えるのは悪くはありません。

逆にあなたの属性では銀行の借り入れも難しい場合は、最初から不動産投資を考えずに株式投資に目を向けて集中したほうがいいでしょう。
 

資産運用の二大王道といえる株式投資と不動産投資。

共通していえることは、最初からきっちりと学びさえすれば初心者でも勝ちやすいという点です。投資をする限りリスクを必ず追わなければなりませんが、知識はリスクを確実に減らします。



資産運用の成功のカギは情熱


不動産投資を資産運用の一番手に置いた時には、いままで説明したことを注意しながらも、コツコツと勉強重ねることで、不動産オーナーの道が開かれてくることは間違いありません。

資産運用は対象が株式投資であり不動産投資であり、コツコツ継続して続けることによってスキルアップが見込め、リスクが相対的に減ります。


だからこそ一度始めたら、辞めては損なのです。


情熱が続く限り、やり続けていくことが資産運用の上達の一番の近道です。ですので、情熱を失わない興味のあるものを資産運用で選ぶことが正解になります。

そもそもあなたは情熱を何に傾けることができるのか、自問自答しなけばなりません。
良い時ばかりじゃないく、悪い時でも反省し勉強し続けられるのは、株式ですか?不動産でしょうか?

まずは、そうした客観的な自己分析から、投資の第一歩は始まります。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング