HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資信託の分配金

 

投資信託で言うところの分配金とはどのようなものでしょうか?
定期預金みたいに、いつも決まった額をきっちりもらえるものでしょうか?

 

そもそも分配金というのは投資信託の運用マネージャーが運用した結果、そこで得た収益を投資家に分配するものです。

 

さらにこの分配金と呼ばれるものですが、定期的に分配金が支払われるタイプの投資信託と、そうでないタイプの2種類に分かれます。

 

一見、定期的に支払われるタイプの方が得のような感じがしますが、分配金を出さない投資信託がだめだというわけではございません。

 

投資信託は投資家から集めたお金をまとめ株式や債券などに投資をしています。そして、株式で投資を行った場合は「配当金」、債券で投資を行った場合は、「利子収入」と呼ばれるものが入ってきます。また、この株式や債券を売買することで、「売買益」といった収益を得ることもあります。

 

この「配当金」・「利子収入」・「売買益」の収益が投資家に支払われる分配金の分配原資となります。

 

そして分配金を出さない投資信託の場合ですが、その場合はこれらの収益分を信託財産の中に貯蓄しますので、定期的に分配金を出す投資信託よりも中長期運用で見た場合は複利効果が得やすくなるといった特徴があります。

 

定期的にある程度の定額報酬をもらうか?
中長期でじっくり寝かせてそれなりのリターンを狙うかといった考え方の違いと言えるでしょう。

 

ただしこの分配金は株価や為替の影響受けるため、その時に応じて分配金の金額が変動したり最悪の場合は分配金が出なくなることもありますので注意が必要です

タケシが推薦!おすすめファンドランキング