HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資信託とファンドの違い

 

投資信託とファンドは、一般的に金融商品として同じようなものとして認識されていますが、果たして本当に同じものなのでしょうか?

 

具体的には投資信託とファンドというのは同義語のようで捉えられておりますが、ファンドと投資信託の最も大きな違いは投資信託は行政の監督を受けた投資信託委任業者によって然るべき管理の下、運営されているという点が挙げられます。

 

投資信託も一般的にファンドと呼ばれることがあるため、混乱しがちですが、ファンドと言いますと、投資信託以外の金融商品を指すこともあります。

 

ちなみにファンドですが、一般的には顧客から集めた資金を投資顧問会社などの機関投資家が運用する金融商品を指します。

 

例を挙げますと下記のようなものがそれに該当します。

 

公募投資信託
私募投資信託
特定金信託
その他(匿名組合など)

 

これらの例を見ますと、ファンドに関しては、様々なものが販売されているといえます。

 

ただ近年、こういったファンドにおきましては、しかるべき行政の監督下になく、証券取引法といった投資家を守るための規則や、金融商品を扱う上での規制が適用されていないこともありますので注意が必要です。

 

早い話がファンドといった商品の中には、いかがわしいものも多く存在するということです。

 

投資信託は広義の意味でファンドの一つになりますが、投資家が安心して投資が行えるよう行政により、管理されたし金融商品と言えます。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング