HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

資産運用に取り入れたい仮想通貨の投資

仮想通貨の投資

最近、セミナーやブログなどでよく見る「仮想通貨への投資」。ただ仮想通貨には多少「詐欺」のイメージがあるかもしれません。

事実、2014年にビットコイン取引所マウントゴックスが破綻したことからそのようなイメージを抱かれている方は多いようです。ですが現在、仮想通貨の国内取引所は続々と金融庁の登録を受けていますので、投資するには十分安全な環境が整っています。

そこで今回は今後さらなる価格上昇が見込まれる仮想通貨への投資について「そもそも仮想通貨とは?」という所から投資をするにあたっての魅力、仮想通貨関連の最新情報などを一挙紹介したいと思います!

これで仮想通貨への投資も安心して始めることが出来ますよ。
ではまず仮想通貨への投資を始めるにあたってぜひ理解しておきたい「仮想通貨とは?」から見ていきましょう!





仮想通貨への投資を始める前の入門編


ではまず投資の説明の前に、仮想通貨についての説明からしていきます。

仮想通貨とは「インターネット上の通貨」


仮想通貨とはインターネット上に存在する通貨のことを指します。通常私たちが日常で使う通貨は日本円やアメリカドルなどであり、紙幣や硬貨という目に見える形で存在しますよね。

ですがこの仮想通貨はインターネット上に存在するので目に見えないお金というわけです。そのため目に見えないことから「仮想」という名がつけられているわけです。

そしてこの仮想通貨最大の特徴は「中央管理者が存在しない」点です。従来の通貨である日本円などは国が発行・管理しており、また投資における株式や債券もその発行会社が管理しています。

ただこの仮想通貨にはそのような中央管理者がいない中で発行や決済などが行われるのです。ではなぜそのようなことが可能なのか、その画期的な技術「ブロックチェーン」について次に解説します!

ちなみに当サイトには、仮想通貨の入門講座としてゼロから学べる基礎やおすすめの本についてまとめた記事もありますので、興味がある方はこちらをどうぞ。

>>今話題の仮想通貨入門講座はこちら


仮想通貨の最大の特徴「ブロックチェーン」とは


ビットコインを初めとする仮想通貨はこのブロックチェーン技術のもと管理されています。ブロックチェーンは文字通り「ブロックがチェーン(鎖)状に連なって管理されているシステム」を意味し、分散型台帳技術とも呼ばれます。つまり仮想通貨の管理を分散して行うというわけです。ただこれだけではよく分からないと思いますのでもう少し詳しく解説します。

まず「ブロック」というのは仮想通貨の取引や決済などの記録を管理・保存するものであり、インターネット上に存在します。このブロックは新しい取引が起こるたびに生成され、それまでのブロックと鎖状でつながっているというわけであります。絵にすると以下のイメージになります。 仮想通貨の投資

このようにオンライン上で取引履歴が次々にブロックに刻まれ、更新されていくのがブロックチェーンです。そして各ブロックは暗号化されて連なっており、一つのブロックに記録された内容を変更・取り消しすると、他のブロックの内容を全て変更しなければならない仕組みになっています。

そのため政府のような中央管理者はいませんが、データの改ざんや不正を防ぐようにできているわけです。

この技術は仮想通貨のみならず様々な分野での応用が試されています。最近ではアメリカのマサチューセッツ工科大学で希望者を対象に、ブロックチェーン技術で保管する成績証明書を発行したとのことです。

ちなみにこのブロックチェーン技術は2008年に「サトシナカモト」と名乗る人物による論文で発表され、この技術によって現在の仮想通貨が存在しているわけです。

以上が仮想通貨を管理する技術「ブロックチェーン」についてでした。仮想通貨の全体像は把握できましたか?それでは仮想通貨に投資をするにあたっての心得を解説します。

仮想通貨への投資で心得ておくべきこと


株式にせよ仮想通貨にせよ、投資をするにあたってはまず以下の2点を押さえる必要があります。

  • ・余剰資金の範囲内で投資を行う
  • ・分散投資を徹底する

まず投資において「余剰資金(収入から生活費などの必要経費を差し引いた分のお金)で始めること」は必須のルールです。なぜなら全財産を投資に回すと破産するリスクが一気に大きくなるからです。

そのうえ仮想通貨への投資となると値動きが大きい分、資産の動きは他の投資商品よりも自然と大きくなりますので、仮想通貨への投資では余剰資金から始めると良いでしょう。

また「分散投資の徹底」も大事で、これは「仮想通貨だけでなく様々な投資商品に投資する」ことを意味します。例えば株式のみに投資していたとすると、リーマンショックのような金融危機では株価は大暴落し、大損を被ることになります。

ただこの時に他の投資商品(例:円や金などの安全資産)にも投資していたとすると、資産の減少を小幅に抑えることができ、投資としては大成功となるわけです。

このように仮想通貨への投資においても「余剰資金から始めて分散投資をする」ことは必須のルールです。この点は仮想通貨への投資を始める前に一度確認しておくと良いでしょう。

ではいよいよ仮想通貨への投資の魅力を解説します!


暗号通貨の魅力やリスクを大公開!

魅力やリスク

まずは仮想通貨投資についての魅力を3つ紹介します。

仮想通貨への投資魅力一覧


仮想通貨に投資することには以下の3つの魅力があります。

  • ・他の投資商品よりも大きな利益を稼ぐことができる
  • ・価格が上昇しやすい
  • ・国の景気動向・経済状況に左右されない

ではなぜこれらの魅力があるのかを1つずつ見ていきましょう。

仮想通貨投資では大きく儲けることが出来る

仮想通貨は株式や債券などの投資商品と比べて大きな利益を稼ぐことが出来ます。なぜなら仮想通貨は「値動きが大きい」からです。

仮想通貨の市場は他の投資商品と比べてまだ成熟していません。日本で最初に株式が取引されたのは1878年なのに対し、仮想通貨の最初の取引は2009年なんです。

そのため仮想通貨市場に参入している投資家の数は、他の市場と比べて圧倒的に少なくそれだけ値動きが大きく動くようになっています。

事実、2017年4月時点のビットコイン価格は1BTC=約12万円だったのが6か月後には約72万円と6倍も価格が上昇しています。

このように仮想通貨市場はまだまだ未成熟なため、価格の動きがとても大きいです。なので少額からでも大きな利益を稼ぐことができ、初心者の方でも大きく儲かる可能性は十分あります。

価格が上昇しやすい

次に仮想通貨の価格は上昇しやすい性質を持っています。これは特にビットコインの特徴でもあるのですが、仮想通貨は「発行量が決まっている」のです。

通常日本円などの通貨は国がその時の需要に応じて発行する量を決めています。つまりその時の経済状況などを踏まえて適切な価格に固定しようと試みているわけです。

一方で仮想通貨では発行量が決まっています。つまり人々の仮想通貨に対する需要が大きくなるほど仮想通貨の価値は高まり、価格が自然と上昇します。

そしてH.I.Sやぐるなびなどがビットコイン決済を導入したことから、ビットコインの需要はさらに増加することが予想されています。今からビットコインへの投資を始めればお金が自然と上昇するというわけです。

国の経済動向・景気に左右されない

最後の魅力として、仮想通貨は国の動向に左右されません。これは先ほど説明したブロックチェーン技術によるもので、国が管理するわけではないことが最大の理由です。

先述の通り仮想通貨は中央管理者が存在せず、仮想通貨ネットワークの参加者同士で管理をしあうものであるので経済や政治の動向の影響を受けないのです。

事実、直近の北朝鮮ミサイルについては株式や為替相場は敏感に反応し、下落しました。ですが仮想通貨は北朝鮮のミサイル騒動時にも価格は上昇しており、投資家の資金がビットコインに集まりました。

このように国が管理していないからこそ経済動向などに価格が左右されないのが仮想通貨の魅力の1つです。


以上の魅力を踏まえると仮想通貨への投資はとてもおすすめです。多くのアナリストも価格の上昇を見込んでいるので、投資する魅力は十分あります。ただ一方でこれらの魅力の裏に潜む仮想通貨のリスクについても見ていきましょう。

仮想通貨投資のリスクとは


ビットコインをはじめとする仮想通貨への投資には以下の3つのリスクが存在します。

  • ・ハッキングされる可能性
  • ・取引所の破綻
  • ・詐欺通貨も存在

それぞれ具体的に説明します。

ハッキングされる可能性

仮想通貨につきまとう最大のリスクは「ハッキング」です。仮想通貨投資を行う際にはハッキング対策を行うことが非常に重要となります。ではハッカーたちの狙いはというと「仮想通貨取引所」になります。

仮想通貨取引所には顧客の資金が多く集まっており、ハッカーたちは取引所のシステム不備などに付け込んで仮想通貨を盗もうと試みます。これは仮想通貨がインターネット上に存在する通貨であるがために起きることであり、今後も仮想通貨への投資をするにあたってハッキング対策は必要です。

ただハッキングの対策法としては「ウォレット」の使用が有効です。

仮想通貨取引所で購入したビットコインなどをウォレットと呼ばれるもので保管するというわけです。このウォレットの形態にはスマホアプリやUSBメモリーなどがあり、ネットワーク上から切り離して仮想通貨を保管することでハッキングの被害を受けずに済むことが出来ます。

このように仮想通貨へ投資をする時にはまずハッキングのリスクが存在します。そして次にハッキングによって取引所が破綻するリスクもあるので見ていきましょう。

取引所が破綻する可能性

仮想通貨に投資をする際には、仮想通貨取引所に自分の口座を開設する必要があります。ただこの取引所は外部からの攻撃(ハッカーが主)により顧客の仮想通貨が盗まれ、破綻する可能性があります。

事実2014年2月に当時世界最大手のビットコイン取引所であった「マウントゴックス」がハッキングの攻撃を受けて、約75万ビットコイン(3,400億円)を盗まれるとの事件がありました。

またマウントゴックスは顧客の資産を返済できるだけの資金を持ち合わせていなかったため破産、顧客が預けていたお金は戻って来ませんでした。

このように取引所自体が破綻する可能性は、仮想通貨投資に存在する大きなリスクであります。ただこの仮想通貨取引所については、後ほどおすすめの取引所「ビットフライヤー」を紹介するので心配する必要はありません!

ビットフライヤーは金融庁の登録も受けているので仮想通貨への投資を始めるには最適です。ただ以上のような破綻リスクは頭に入れておくと良いでしょう。

詐欺通貨も存在

仮想通貨の中に詐欺コインは存在します。最近の仮想通貨市場の価格上昇の流れに乗って、個人投資家向けに本来存在しない仮想通貨を販売する業者は多数存在します。

このような業者は一般的にセミナーなどで詐欺コインの魅力を解説し、その場で資金を募る形を取っています。そこでよく出てくるのが「HYIP(ハイプ)」を謳った詐欺です。

HYIPとは「高収益投資プログラム」を意味し、ある仮想通貨に投資するだけで日利数%という超高配当が得られるというものです。

日利1%で1年間運用すると資金は3~4倍にまで増えている計算です。仮想通貨の世界ではこのような夢を持たせて資金を集める詐欺が横行しているので、頭に入れておくと良いでしょう。

以上が仮想通貨投資に存在するリスクの一覧です。ただ現在では上記のリスク対応策がありますので、仮想通貨への投資も安心して始めることが出来ます。では次におすすめの仮想通貨を3種類紹介します!


おすすめの通貨を3つ紹介

おすすめの通貨を3つ

では仮想通貨の投資におすすめの通貨を紹介します。

おすすめの仮想通貨を紹介


私がおすすめする仮想通貨はこちらです。

  • ・ビットコイン
  • ・イーサリアム
  • ・リップル

やはりビットコインは一番人気であり、今後も大きな需要が見込まれますのでおすすめです。それに加え、アルトコインの中でもイーサリアムやリップルは今後企業間での送金などで使われることが予想されますのでおすすめの仮想通貨です。

ただ投資をするにあたってはこれらの通貨の概要についてもう少し詳しく知っておきたいですよね。

そこでまずビットコインとはそもそもどういう仮想通貨なのかを見ていきましょう!

最高値を更新するビットコイン

bitcoin

ビットコインは先ほど説明した「ブロックチェーン」技術の下で機能している、世界で最初の仮想通貨です。このビットコインは他の仮想通貨に比べて取引量が一番多く、2017年11月時点で1ビットコイン=約85万円と最高値を更新しています。ではなぜこれだけビットコインが注目されているかというと以下の2つの魅力

  • ・価格の上昇が見込まれる
  • ・決済手段として導入されている

があります。

まずビットコインの価格は今後さらに上昇することが見込まれます。先ほども述べた通りビットコインの発行量は決まっており、需要が大きくなるにつれてビットコインはより貴重なものになります。そしてビックカメラを初めとする多くの企業がビットコイン決済を導入していることから、今後ビットコインへの需要はさらに大きくなることが予想されるので、価格の上昇が見込まれるというわけです。

またビットコインは他の仮想通貨に比べて決済手段に優れています。ビックカメラやH.I.S等の企業がビットコイン決済を導入しており、日常での決済手段にビットコインは優れています。また円やドルなどにスムーズに換金できることもビットコインへの注目が集まっている理由です。

このようにビットコインは以上の2つの魅力から最も注目を集めている仮想通貨と言えます。仮想通貨に投資する時にはまずビットコインの購入を検討していると良いでしょう。

では続いてイーサリアムについてです。

契約内容も記録するイーサリアム

Ethereum

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨であり、ビットコインの次に注目されています。このイーサリアム最大の特徴は「スマートコントラクト」と呼ばれる仕組みです。

スマートコントラクトとは「ブロックチェーン上で契約を実行・保存する仕組み」です。ビットコインのブロックチェーンでは取引記録の内容を管理するにとどまりますが、イーサリアムでは取引で行われる契約も管理できるというわけです。

例えば、ある金額をいつ送金するといった契約がスマートコントラクト上では自動的に実行され、契約が実行されればその内容も保存されるという形です。

このように取引記録だけでなく、契約内容も管理できるのがイーサリアムの最大の特徴です。企業間での決済手段に導入されることも見込まれているため、今後さらにイーサリアムへの需要が大きくなると思われます。

仮想通貨の投資を始めるにはイーサリアムも選択肢の一つに考えておくと良いでしょう。
では最後にリップルを紹介します。

送金に特化したリップル

ripple

リップルは時価総額3位の仮想通貨であり、グーグルや三菱東京UFJ銀行などが出資していることから注目を浴びています。リップルが注目を浴びるその理由は「従来の送金システムを便利にする仲介用の仮想通貨」であることが大きいです。

今まで円をドルに両替して送金する場合、

  1. 送金を行う日本の銀行に円を預ける
  2. 日銀を仲介
  3. コルレス銀行(外国への送金時に中継となる銀行)を仲介
  4. アメリカの中央銀行を仲介
  5. アメリカの銀行に到達

するという流れでした。両替や送金までに複数の銀行を経由するので、余分な仲介コストや手数料が存在します。

一方でこのリップルを使えば、円からドルに両替・送金する際に銀行などの金融機関を仲介させる必要がないのです。具体的には、円をドルに両替・送金する場合、

円 → リップル → ドル

の流れとなり、銀行などの金融機関を中継する必要が無いのです。これにより送金にかかるコストや手数料を大幅に削減することが出来るわけです。

このように従来の送金システムを一層便利にするという将来性が期待され、大手企業はリップルに出資しています。仮想通貨の中でも特に将来性が期待できるリップルは、投資対象としてとても魅力的ではないでしょうか。ぜひ一度頭に入れておくと良いでしょう。

以上が仮想通貨投資におすすめの3つの通貨になります。それぞれ独自の特徴を持っており、どれも需要がさらに大きくなることが期待できますね!今後の動向に注目していきましょう!

では次に仮想通貨への投資の始め方を紹介します。


実際の始め方や取引方法を解説


始め方

仮想通貨投資を始めるにはまず仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。その点から見ていきましょう。

仮想通貨の取引所に口座を開設することからスタート


仮想通貨に投資するにはまず「仮想通貨取引所に口座を開設すること」が必要です。仮想通貨の投資とは「仮想通貨の売り買いを行うこと」であり、あなたがビットコインを買いたいと思ってもビットコインを売ってくれる人がいなければ買うことは出来ません。

そこで役立つのが仮想通貨取引所です。

取引所は手数料をもらう代わりに「買いたい人」と「売りたい人」を結ぶ役割をし、仮想通貨の売買を可能にしているのです。なので仮想通貨に投資するにはまず取引所に口座を開設する必要があるというわけです。

ただここで注意したいのが「仮想通貨取引所選び」。先述のように取引所はハッキングされて破綻する可能性もあるため、セキュリティに優れた所で口座を開設したいですよね。

そこで次におすすめの仮想通貨取引所ランキングを紹介していこうと思います!

おすすめの仮想通貨取引所ランキング


こちらが仮想通貨投資におすすめの取引所ランキングになります。

順位 仮想通貨取引所 手数料 種類 安全性 主な特徴
1 bitFlyer(ビットフライヤー) 0.01% 6種類 ビットコイン取引量世界No.1、資本金が高く安全
2 coincheck(コインチェック) 0円 14種類 取り扱い通貨数は14種類、チャート画面が見やすい
3 Kraken(クラーケン) 0円 10種類 海外の仮想通貨取引所、セキュリティに自信あり

このランキングは主に3つの項目(手数料、通貨種類数、安全性)に基づいて選びました。安全性については金融庁に登録済みか、資本金の高さを基に評価を付けています。

以上を踏まえるとビットフライヤーが一番おすすめの取引所です。ビットコインの取引量は世界一であり、資本金も十分に高いことから仮に破綻したとしても顧客の資金を返済するだけの余裕は十分あると思います。

ではこのビットフライヤーで実際に投資や取引を始めるやり方を紹介します!

ビットフライヤーの口座開設方法を紹介


ではビットフライヤーでの口座開設方法を順に説明していきます。

1.まずビットフライヤーの公式サイトを訪れると以下のようなページが表示されるので、メールアドレスを入力してアカウント作成ボタンをクリックします。

公式サイトへアクセス

2.次は利用規約に関するページです。全てにチェックを付け、「bit Flyerをはじめる」をクリックします。

4つの項目にチェック

3.すると次は個人情報を入力するページに移ります。

個人情報

4.銀行口座情報も入力すると、あとは入力した住所に郵便はがきが来ます。このはがきを受け取り次第、仮想通貨の購入が始められるという流れになります。

仮想通貨への投資を始めようと思う方は、まずビットフライヤーの口座を開設することから始めてみると良いでしょう。

では最後に今後の仮想通貨の動向などについて紹介します。


将来性やビットコインの最新状況を紹介

将来性やビットコインの最新状況

実は今後仮想通貨に投資する「投資信託」が誕生しようとしています。まずはその投資信託から見ていきましょう!

仮想通貨の投資信託が購入できる日は近い


2017年9月19日にSBI証券などで知られるSBIホールディングスは、アメリカのヘッジファンドと共に仮想通貨を投資対象とする投資信託を組成することを発表しました。これにより今後「投資信託を通じて仮想通貨に投資する」方法も誕生することになります。

投資信託を通じて仮想通貨に投資できるのは便利ですよね。取引所に口座を開設する面倒が省かれ、運用のプロに投資を委託できるのは投資家としては有難いです。

このような仮想通貨の投資信託は今後さらに増えていくと思われ、その背景には「仮想通貨に投資するヘッジファンドの増加」があります。

仮想通貨に特化したヘッジファンドは2017年に入ってから急増しており、2016年時点で11本だったのが2017年に入って80本以上にまで増えています。 さらに各ヘッジファンドは機関投資家から資金を集めようと、仮想通貨デリバティブの導入を始めています。ちなみにこの流れは今後も続くと思われ、数年後には日本の金融機関で仮想通貨の投資信託が購入できると思われます。

このように仮想通貨市場は2017年に入ってから急速に変化を遂げています。今後とも仮想通貨への投資関連のニュースは要チェックですね。では流通量最大の仮想通貨ビットコインの最新状況についても見ていきましょう!

ビットコインのさらなる分裂


ビットコインには従来問題点を抱えていました。それは「ブロックチェーンのサイズが一般的な決済システムと比べて小さい」ことです。

これまでは各ブロックに記録できるデータ量は1MBまでであり、取引量が増えるとスムーズに決済・取引することが出来ない可能性がありました。そこでまず2017年8月に取引データのサイズを4分の1にすることで、ブロックに記録できるデータ量を実質4倍に増やすことに成功しました。これが「SegWit」と呼ばれるアップグレードです。

ただこの解決法に全員が満足したわけではありませんでした。SegWitは「ブロックのサイズを変えずに記録できるデータ量を増やす」という試みでしたが、マイナーの中にはブロックのサイズそのものを大きくする方が良いと考える人達もいたのです。

そこで2017年11月に「SegWit2x」と呼ばれるアップグレードの実装が予定されました。このアップグレードは「ブロックサイズを1MBから2MBに拡張する」という内容であり、取引データの記録をさらにスムーズにしようとする試みでした。ただこのSegWit2xは先日中止が発表され、理由としては

  • 全員がSegWit2xに合意しているわけではない
  • ハッキングの可能性が高い

の2つだと言います。ビットコインコミュニティ内での対立によるメリットは小さいと考えられたのです。

このようにビットコインは上記のようにさらなるアップグレードが予想されます。いずれはブロックサイズを拡張するアップグレードも実装されるでしょう。今後のビットコインをはじめとする仮想通貨の動向にはますます注目が必要ですね。

では最後にこれまでの仮想通貨投資についてまとめます!


ここまでのまとめ


仮想通貨はインターネット上に存在する通貨であり、政府のような中央管理者が存在しません。そして先述の通り仮想通貨の取引・決済の記録は、ブロックチェーン上で保存・管理されています。ブロックが鎖状で連なっているイメージでしたよね。これらが仮想通貨の概要です。

そして仮想通貨への投資にはメリット・デメリットがそれぞれあるので、下にまとめてみました。

メリット デメリット
  • 儲かる可能性が大きい
  • 価格が上昇しやすい
  • 国の経済状況に左右されない
  • 取引所が破綻するリスク
  • ハッキングされる可能性
  • 詐欺通貨が存在

以上を踏まえると出来るだけデメリットは解消したいですよね。そこでおすすめの仮想通貨や取引所を載せておきます。

おすすめの仮想通貨 おすすめの取引所
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • bitFlyer
  • coincheck
  • Kraken

仮想通貨への投資を始める方はまず以上の通貨・取引所をおすすめします。

最後に仮想通貨への投資は今後さらに加速すると思われます。仮想通貨の投資信託を通じた投資も今後可能となりますし、また時価総額1位のビットコインについてはさらなるアップグレードが行われると思われます。仮想通貨へ投資する時は、今後の動向をチェックしていきましょう!

では資産運用に仮想通貨投資をぜひ取り入れてみましょう!


当サイトには気になる仮想通貨投資の税金方法や知っておきたい節税方法をまとめた記事もありますので気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

>>知っておきたい仮想通貨の税金についてはこちら


タケシが推薦!おすすめファンドランキング