HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資信託の手数料はどれくらい?

 

投資信託のコスト手数料は具体的にどれぐらいかかるものでしょうか?

 

まず、大きく三つに分かれることになります。

 

 

①販売手数料
②信託報酬
③解約手数料

 

 

①販売手数料
この手数料は基本的に投資信託を購入時にかかるものです。基本的に販売会社に支払われるもので、購入したその瞬間だけにかかる手数料になります。
この手数料は運用とは一切関係のない手数料になりますので、できる限り安い方が良いといえるでしょう。

 

また、販売手数料がかからないノーロードと呼ばれる投資信託もあります。
最近では、証券会社等はこのノーロードの商品を扱うことが多いので、利用してみるのも良いでしょう。

 

 

②信託報酬
信託報酬は、投資信託を保有している期間と、保有している金額によって変動する手数料になります。
一般的にインデックスファンドの場合、アクティブファンドよりも信託報酬が安いと言われています。

 

 

③解約手数料

 

解約手数料は言葉の通り、解約時にかかる手数料のことです。
よく見られるものとしては、投資信託の保有期間により解約手数料が変動するといったものです。

 

 

また、一般的では保有期間が長い場合、解約手数料かな今日もしくは安くなる傾向にあるようです。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング