HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

お金を投資するということ


お金を投資するということは、つまり、投資をしてお金を増やしていくということです。

しかし、投資には、多少なりともリスクが伴います。

そのため、そのリスクを最小限に抑えながら、お金を増やしていくことが、投資の基本であり、マスターしておかなければならいポイントになります。リスクを最小限に抑えるのは、とても難しいことのように思われる方もいらっしゃいますが、実は、誰でも簡単に習得することが出来ます。

投資の基本として、リスクを最小限に抑えるために必要なのが、分散です。1つのものに全ての資産を投資してはいけません。仮に値が暴落した場合、大金を失うことになってしまうからです。そのため、1つのものに資産を投資せず、例えば2つ以上の銘柄に分散して投資をしましょう。分散しておけば、1つが破綻または値が暴落しても、損失を半分以下に抑えることが出来ます。

そして、更なるリスク回避のため、2つ以上の銘柄への分散と同時に行って頂きたいのが、資産クラスの分散です。資産クラスの分散とは、例えば、株式だけに投資するのではなく、債権や不動産、投資信託にも分散して投資をするということです。

仮に株式全体が暴落した場合、株式だけに投資をしていると、全てのお金を失ってしまうことになります。ですので、株式が暴落した時に値段の上がりやすい債権にも投資しておくことをおすすめします。また、投資先は国内だけではなく、海外のものも組み入れて投資をしておくと良いでしょう。

日本の経済が悪化した場合のことを考えると、海外に投資しておいた方が、資産の損失をある程度食い止めることができるため、安心です。

分散投資イラスト


その他、リスクを最小限に抑える投資として、初心者の方にもおすすめなのが、純金積立です。

投資には、株式・債権・不動産・投資信託など、さまざまな種類がありますが、中でも、純金積立は、リスクが低く、月々1,000円から購入可能なため、少しずつ投資をすることが出来ます。

金は、金自体に不変的な価値があるため、価値がゼロになることはありません。金に投資をして、大きな損失を出すということがないため、リスクがとても低いのです。

また、金は世界中で換金することが出来るため、将来、日本紙幣の価値が無くなったとしても、金を持っていれば、資産を残すことが出来ます。

さらに、金は、インフレ時でも価値が下がらず、逆に価値が上がる可能性が高いため、インフレになる可能性も考えられる今日の日本において、金投資の人気は高まっていくでしょう。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング