HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

投資の成功者が必ず勉強してきた「影響力のあった本」ベスト4冊!


投資の勉強をするには、資産運用関連の多くの本を読む事が一番のおすすめ勉強法です。

投資の手法は10人10色とも言われていて、ひとつの本や投資家の方の手法だけを参考に実践をしてもなかなか結果が出るものではありません。

多くの資産運用や投資の本を参考に勉強をして、自分に合う投資法や共感できる内容を見つけて合わせて行く事で、自分に合った利益が出せる手法が完成します。

資産運用や投資の本を読んでいく中で、必ずしも共感できる内容でない場合もありますし、本によっては 誰でも簡単に資産を○○倍にできるといった内容など、あまり勉強にならない内容の本もあります。

例え、自分の参考にならなくても、色々な人の資産運用方法や投資手法、考え方を本で勉強する事はとても重要です。

特に投資の勉強をしようと本を探している人のなかでも初心者に対しては、すでに別ページにて特集を組んでいるので、関心のある方は下のリンク先をご覧ください。

内容先取り

資産運用や投資の本はしっかりと考えながら読む事で、どのような本でも勉強にはなりますが、短時間で読破できるものではありません。

せっかく本の代金や読む時間を費やすのであれば、有益で参考になる本で効率的に勉強をしたいものです。

では、初心者とは言い難い、少しだけ投資になれた人におすすめの投資勉強本です。


まず株式投資に関して。

「株鬼流最強の株式道場」著者  ザ・鬼株   出版社  がんき出版

「チャート」などテクニカルを勉強したい人向けにはこれになります。

表紙に資産を100倍に増やせ!と書かれている本で、全般的に強気な内容になっています。資産を100倍という言葉を見ると、信頼性にかけるように思われがちですが、誰でも短期間で資産を増やせるという内容ではなくて、王道のチャート分析法をしっかり細かく紹介している書籍です。

強気な印象が強い本で説得力もあるので読んだ後には強気な気持ちにもなれます。

評論家を信じるな。株価と出来高だけが全て。ダマシを見抜け・上昇幅を測定しろ・高い株価の株を買って更に高く売れ。など、興味をそそるような項目が並んでいて勉強できる要素もたっぷりあります。

著者は有名サイトの運営者で投資スクールなども開講しているベテラン投資家ですが、年配の方が書いているとは思えないような時代の流れを汲み取った今風の内容となっています。

資産運用の一助になることでしょう。



「株解析チャートから自動発注ロボットまで! Excel VBAで極めるシステムトレード 」   著 井領 邦弘  出版社  技術評論社

投資はシステムトレードの時代となっています。大口の機関投資家はアルゴリズムとも呼ばれる超高速のコンピューター売買なども行われていますが、個人もFXではMT4と呼ばれる自動売買ソフトが普及したり、独自でシステム構築をして投資を行う時代です。

この本では、Exelのマクロを利用したシステム構築のやり方を解説していて、付属CDーROMで雛形が既にできているのと、VBAのシステム内容も細かく解説されているので初心者でも読みながら勉強すれば誰でも簡単にシステム構築する事ができます。

資産運用の助けとなりうるシステムトレードについて触れています。

チャートの分析方法としては、移動平均線やMACD・ボリンジャーバンド等さまざまな分析方法がありますが、そのロジックをシステムを作りながら勉強する事でより、どういった原理の内容になっているか?というのも勉強ができます。実際に自分でシステムを完成させた時には、チャート分析についても知識が増えている事間違いなしの勉強にも最適な本です。

エクセルでのシステム構築は要領を掴んでしまえば、FXや先物取引に応用させる事も可能で、新たなロジックを作成する事もできます。

投資の勉強という意味では非常におすすめできる本になっています。

この本で基本のシステムを作成できたら、続編となる「新・Excel VBAで極めるシステムトレード 最強パワーアップ編」もおすすめです。






~番外編~

資産運用や投資の解説本は読む事はとても重要ですが、難しい内容も多く読み疲れもしやすいのが特徴です。せっかく本を読んで勉強する意欲があっても集中力が切れたり、モチベーションが低い中で読んでも意味がありません。

そんな中で、直接チャートの解説など投資の手法については触れていませんが、投資家として参考になる本や、面白く読める本があるので紹介します


「波の上の魔術師 」   著 石田 衣良  出版社  文藝春秋

投資本ではなく、普通の小説です。パチプロをやっていた若者が伝説の相場師にスカウトされて投資の世界で活躍する話です。

多くの投資家が読んだ本の代表的な一冊にもなります。

「決断力 」   著 羽生 善治  出版社  角川書店


有名な将棋家の方の本です。資産運用や投資とは関係ない本ですが、精神論が投資にも役立つ内容と評判を呼んでいます。


しかし、投資はいくら勉強しても、最後はセンス

このページでは勉強に値すべきおすすめの投資本を紹介しました。

あとは実践あるのみです。

ただしどこまで行っても、自分の能力の限界も同時にあります。


また、性格的に向いていない人もいます。
そのような方は、いくら投資の勉強を本でやっても空回りです。


やはり餅は餅屋。

絶対に投資で勝ちたいなら、運用のプロに任せるという選択も残されています。


自分で株式投資なり、運用を実践し続けるもよし、しかし、うまく結果が出ないなら、その道のプロに任せるという発想の転換も必要です。

要は資産が増えればいいのですから柔軟に考えて、あなたの資産運用を成功させましょう。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング