HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

「ヘッジファンドとは?」という疑問を5分で解消


ヘッジファンド会社の実態は?

ヘッジファンドと聞くとあなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

もしかしたら「よくわからない海外の会社」とか村上ファンドのように会社を乗っ取る危ない会社なんていう想像をされるかもしれません。

いずれにせよ普通に日本で過ごしている我々とはなじみが薄いヘッジファンドですが、彼らの投資判断は世界経済と日本経済に小さくない影響を与えております

その結果としてヘッジファンドは相場のやんちゃ者、金融のエリート、お金の亡者、資本主義の権化等と世界中のメディアで報道されています。

そんな世界中のメディアでマイナスの報道をされることが多いヘッジファンドとは何者なのでしょうか?

このページではこの「ヘッジファンドとは何か?」、彼らは一体何をしているのか、そして彼らに投資する手順について考えてみます。





究極の資産運用会社


そもそもヘッジファンドとはどんな意味を持つ組織なのかについてまずは考えてみようと思います。

端的にヘッジファンドの説明をする投資家から資金を集めて、彼等の代わりに彼等の資産を運用する会社です。要するに投資家の代わりに資産運用の企画から実行までを行う投資家ご用達の投資の代行業者です。

一見するとヘッジファンドは投資信託の運用会社と似ています。現に複数の投資家から資金を集め、その資金を複数の投資商品に投資をし、投資の代行料をもらうという点は変わりません。

この話をすると「投資信託の運用会社とは何が違うの?」と思うかも知れませんが、根本的な性質が全くの別物なのです。

現にヘッジファンドは幅広い投資家を対象にした投資信託の運用会社と違い、一般的な個人投資家を相手にせず、ごく一部の富裕層や、資産家しか顧客にしません。

要するに投資信託は全個人投資家を対象にした商品であり、ヘッジファンド商品は一部の富裕層のための私募型の金融商品なのです。なんとなくヘッジファンドとはどんな会社であり、ヘッジファンド商品とはどんなものであるのかわかったのではないでしょうか?

気になる運用手法


ヘッジファンドとは何かについては見てきたので、次にヘッジファンドの運用手法とはどんなものかについて見ていきます。

基本的な運用のやり方は両建て


この見出しにあるように多くのヘッジファンドは両建てという運用手法を基本的にな運用スタンスに添えております。

そもそも両建てとは何かと言うと売りと買いを同時に立ててマーケットに臨む投資スタンスの事を指します。

多くのヘッジファンドは「買い建玉」と「売り建玉」を組み合わせることにより、どんな景気変動が起きても利益が出るようなポートフォリオを設計します

両建て以外に目を向けるとETFや先物のような金融派生商品(デリバティブ)等にも積極的に投資を行い、積極的に利益を求めます。

要するにヘッジファンドは上げ相場でも下げ相場でも、ありとあらゆる手法を駆使して、高いリターンを出すことを使命にしています。

その結果としてヘッジファンドはプロ中のプロの資産運用会社、あるいは資産運用チーム、集団、という意味合いで資産運用の世界では認識されております。

投資信託との根本的な違い


ヘッジファンドと投資信託の根本的な違いは運用方針にあります。両者の間ではどのように運用方針が異なるのかについて見ていきます。

投資信託の運用方針


投資信託は絶対的な利益を求めるヘッジファンドと違い、何かの指標に基づいて運用目標を決めることが多いです。例えば経済指標との連動で運用目標を決める投資信託の場合、日経平均などの指標数値を数%超えるように運用目標が設計されます。

一例として日経平均が18000円から27000円に上がったとします。この場合、日経平均は50%上昇している以上、日経平均と連動したファンドはこの50よりも上を狙います。

逆に18000円から9000円に下落した年の場合、日経平均の動きは50%マイナスということになりますよね。

このケースでは、投信はこれよりも成績がよければいいでしょ?というように運用成績が形成されます。 つまりあくまでも、その時々の経済全体に連動した成績を出すことしかできないのが投資信託です。

ヘッジファンドの運用方針


一方でヘッジファンド場合、経済全体がプラスになろうが、マイナスになろうが、一定のリターンを出すことを投資家から求められます。

この意味をよく考えてください。

投資信託は平たくいえば、気休めの運用です。あくまで基準指標と連動しながらのんびりと運用していく形になりますね。

ヘッジファンドはそれに比べ、本気の資産運用に取り組んでいる、と言えるのです。要するにヘッジファンドは投資信託と違い、「絶対的な利益」を追求するスタンスで投資家の資金を運用します。

その結果として経済全体の基準指標にとらわれずに自社で運用目標を独自で定め、その目標を達成するためにあらゆる投資手段の利用を検討します。要するにヘッジファンドと投資信託とでは運用目標の定め方から運用方針の考え方まで全く異なるのです。


海外の機関投資家の正体は日本人?


これまでヘッジファンドの特徴や運用方針について見てきたので、次に日本で報道されるファンド関連のニュースの裏事情について見てみます。

各国の機関投資家の正体とは?


たまに新聞やネットのニュースで「各国の機関投資家が株を買い増ししている」だとか、「一斉に売り出した」というような話を耳にすると思います。

「各国の機関投資家」といわれると、本社を海外に置くファンドや莫大な資産を持つ外国人の投資家をイメージするかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

なぜなら各国の機関投資家の中にはかつて日本で活動していた運用会社も含まれるからです。

少し考えて頂きたいのですが、日本でたちあがったヘッジファンドが、その後運用成績よく順調に伸びた場合、日本国内で豊富な資金が集まります。そうなるとそのファンドは優秀なスタッフを集めることもでき、より一層利益を追い求めるようになります。

その結果、利益を拡大するための一環として法律面・税制面で優遇されている香港やシンガポールに移籍することが良く起こります。シンガポールはタックスヘブン地域と呼ばれており、日本国内よりもはるかに税制面で優遇されていますからね。

日系の運用会社が海外ファンドに


その結果もともとは日本人に率いられ、本社を日本においていたファンドであっても最終的に所在地がアジア諸国に変わってしまうのです。

こういったヘッジファンドも外国籍のファンドにカウントされ、日本人が運営をしていても、マーケットの中では「海外の機関投資家」、と呼ばれます。要するに海外の機関投資家の中身は実は元日本で活躍したヘッジファンド(または個人)であるケースも少なくないのです。

いずれにせよ、力のある日本発ヘッジファンドも外国人投資家に転じることが多いのです。これが外国の機関投資家の動きによって日経平均株価やTOPIX が変動することがよくあることの裏事情です。


実はヘッジファンド商品の購入は簡単


さてここまでヘッジファンドとは何者であり、彼等の投資手法等について見てきましたがいかがでしょうか?

実はここまで取り上げてきた特徴を持つヘッジファンドに投資をする方法は簡単であり、購入手順さえ知っていれば誰でもヘッジファンド商品を買えます。具体的な購入手順についてはこれから見ていこうと思います。

直販も金融機関経由も可能


この見出しにあるようにヘッジファンド商品の購入方法は大きく分けると直販と金融機関経由に分かれます。

金融機関経由


まず金融機関経由というのは、野村証券や大和証券のような大手の証券会社が取り扱うヘッジファンド商品を購入することを指します。自分の手間をかけずにヘッジファンド商品を買いたいのでしたら証券会社経由で買ってしまうのが手っ取り早いです。

ただし、証券会社が扱うヘッジファンド商品の種類はお世辞にも多いとは言えず、証券会社を経由する分不要な手数料がかかるという難点があります。

そこでもしあなたが手数料を払いたくなかったり、本当にあなたに合うヘッジファンドに投資をしたいのでしたら、直販を選ぶのが無難。

直販とは?


直販でヘッジファンドと契約するのが良いと言いましたが、直販とは何かわからないと購入しようがないですよね。あまりピンとこない直販という言葉は新規で投資家を募集しているヘッジファンドに連絡を取り、投資契約を締結することを指します。

  • 「ヘッジファンドと直接契約?」
  • 「ヘッジファンドはお金持ちのものでしょ?」


なんて思うかも知れませんが、心配は不要。

実はここ最近準富裕層をメインターゲットとした独立系資産運用会社が増えてきました。こういった準富裕層をメイン顧客にしたファンドの多くは1,000万円程度から投資ができ、医師や上場企業のサラリーマン、公務員にも人気があります。

要するにヘッジファンド商品はある程度の資産がある人にとっては比較的簡単に手が届くものになりつつあるのです。

そんな今では割と身近になっているヘッジファンド商品にはどのようなリスクがあるのかついてこれから見ていきます。


投資に伴うリスクとは?


ヘッジファンド投資に伴うリスクの中で特にチェックしておきたいのはこちらの2点です。

  1. ファンドの倒産リスク
  2. 元本の損失リスク

当たり前かもしれませんが、ヘッジファンド投資に充てる資金はリスクマネーです。

リスクマネーである以上、銀行預金や国債のような元本保証はないですし、ファンドが倒産すれば預け入れた資産が全て無くなるリスクもあります。

「預けた資金が無くなる」という話を聞くと急にリスクが気になるかもしれませんが、心配はご無用。

なぜなら国内のヘッジファンドの多くは海外の一部のアグレッシブなファンドと違い、無理のない運用目標を掲げているので倒産リスクは限りなく低いです。

それに各ヘッジファンドはFX、株式投資、オプション、先物と複数の投資商品に投資する分散投資を行っているので、元本が大きく減ることもあまり想定できません。

要するにファンドの倒産リスクも元本の損失リスクも安全な運用を心がけているファンドを厳選すれば恐れるに値しないのです。そこでもしあなたがヘッジファンドへの投資を考えているのでしたら利用ファンドはよくよく選びたいですね。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング