HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

ヘッジファンドは絶対利益が出せるのか?


ヘッジファンドの利益は、手数料の他に、20%ほどの成功報酬を取る場合や、投資家への分配金の上限を割合設定し、それ以上は全てファンド会社側の報酬となるといった基準は設けているところが多いです。

一見すると投資家にとって不利な形態に見えますが、そうであっても、その会社に資金が集まる時は集まります。

その理由としては、それに見合うほどの運用成績を何年も出し続けられているからです。ヘッジファンドのほとんどは、ハイレバレッジで利益をかさ上げする手法を用います。

しかし、ヘッジファンドといえど、相場全体が下落してしまうと運用成績も落ち込むといった傾向は否めないものです。「絶対利益追求型」とヘッジファンドは言われていますが、あくまでもこれは目安です。

どんな時でも「必ず利益を生む」といった完璧な戦略を持ち合わせるのは不可能ですし、そんな戦略は存在しません。

しかしながら、リーマンショック以降、世界同時不況と言われながらも素晴らしい運用成績を出しているヘッジファンド会社も多く存在します。(この時期のパッシブ型投資信託はその基準価額を大いに下げました)

これら運用手法や実績に長けたヘッジファンドですが、投資信託と同様に「運用方針」や「目論見書」があり、投資家は購入を検討する際十分な情報を得ることが可能です。


また、以前の記事でも書いてますが、ヘッジファンド会社は国内にも存在します。

ただし、そのほとんどが外資系投資銀行出資者であるため、元々資産家や富裕層を相手に莫大な資金を運用しています。

顧客との守秘義務という観点からも、露出を控える傾向がありますが、一方では幅広い社会的認知も彼らにとっては急務でもあるようです。

ヘッジファンドなら、運用担当者と直接話をする事ができるので投資家としては安心材料の一つです。

毎月分配型の「なかなか増えない投資信託」を買うぐらいなら、日本の、能力の高いエリートで構成されるヘッジファンドを選ぶことをおすすめします。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング