HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

1000万円運用したら貯金はいくら貯まる?


1000万円の貯金があることを前提に話をします。
1000万円の貯金を貯めたあなたは、まず今の時点で何歳ですか?

20代なら素晴らしい、30代でもなかなかのものです。結婚も可能ですよね。40代であれば、1000万円くらいの貯金はやっぱりほしいものです。


何歳であってもいいのですが、もしあなたが、コツコツと1000万円を貯めたタイプの方なら、今後の資産の伸びも大きくは期待できないという現実を受け止める必要があるでしょう。


一番大事なのは、1000万円貯金したように、これからの将来をコツコツ貯金するという方針は、現在の日本社会で生きていくにはあまりにも楽天的ではないか、ということです。


銀行に預けても1,000万円はほとんど増えません。コツコツ貯金するのは1,000万円を運用する際にはあまり良い資産運用とは言えないのです。


あなたが貯金してある1000万円。この1000万の貯金を皮切りに貯金ではないタイプの資産運用を模索してみてはどうでしょうか。

現在の日本でそれなりの富を手にしている人は、どこかのタイミングで貯金以外のタイプの資産運用にチャレンジして資産を増やしております。

それは1000万円を貯金してきたその行動とは、明らかに別のハンドルを切ったことで、人生を変えたはずなのです。

彼等のように1,000万円の貯金がたまった今この瞬間を資産運用に着手するきっかけにしてみるのが良いのではと管理人は考えております。


もちろんひとえに運用といっても、さまざまな方法があるので、1000万円運用したらいくら貯まるといったことは一概には言うことはできません。

FXでの運用なのか、アパート購入なのか、マンション購入なのか、株式で運用するのか、ヘッジファンドなど資産運用のプロに任せるのか、選択はたくさんあります。

不動産投資以外で手軽にできる運用方法であれば、スワップ狙いのFXなんかは人気があります。

オーストラリアドルといった高金利通貨で3倍程度のレバレッジをきかせることによって利回り8%以上を確保することは容易に可能でしょう。それにやり方次第では年間の利回りが10%以上となることもあります。

1000万円の10%と計算した場合、100万円が1年間で貯まっていくということになります。もちろん為替の変動といったリスクと常に隣り合わせとなりますが、手堅く着実に増やしていくことができます。


他にも1000万円の貯金があれば都内で中古アパートを購入なんてことも可能でしょう。銀行から借り入れをうまくできれば最高です。

これならFXとは異なり年間で200万円以上の利益を出すことも可能ですし、サラリーマンの収入を加えれば、あっというまに再度1000万円の貯金をつくることができます。

こういったスケールで資産運用を続けていけば、最終的にはマンションを購入なんてことになり、運用当初からは想像もつかなかったような額が貯金できたりします。

色々な資産運用がある中で徐々にステップアップしていくことが可能なのが、不動産投資です。例えば高額物件の購入が不安だという場合は、小さな築古のマンションのような物件からスタートしてみることもできます。

1000万円を運用してさらに大きな貯金にする際は、賃貸収入を目的とした不動産投資が非常に安全で効率が良いです。

1000万円を何で運用すれば貯金がいくら貯まるのか?

他の選択肢を考えると資産運用のプロに貯金で貯めた1000万円の運用を任せるというやり方があります。

投資信託は運用成績が悪いのでオススメしませんが、プロの資産運用会社と直接契約して資産運用を任せてみるのです。

資産運用のプロはヘッジファンドと呼ばれ、彼等に1000万円の資産運用を任せれば毎年200万円を超えるリターンが狙えます。

1000万円の運用方法は色々とありますが、ヘッジファンドほどの利回りが期待できるものはそうはありません

どんな運用方法を利用するにせよ1000万円の資産運用を成功させるためにはあなたの考えや性格にあった運用先を見つけることが重要になります。


タケシが推薦!おすすめファンドランキング