HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

3年で2000万円を2倍に増やす方法


ここでは短期で2000万円を資産運用で倍にするには?という敢えて規格外なテーマで記事を書いてみます。

ただし荒唐無稽な内容ではなりません。

真剣に運用というものに向き合って、短期間で(3年以内とします)2000万円をいかにして倍にできるかという、現実的なノウハウを解説いたします。

目次


分散投資は資産運用の世界の基本


まず、投資の定石をかりてくるならば、

投資は一つのカゴに盛るなという言葉が浮かびます。

つまり2000万円の資産運用をするのであれば、分散して運用しなさいということです。 ところがこのフレーズ、今回ばかりは当てはまりそうにありません。

わざわざ言う必要もないと思いますが、2000万円を短期間で2倍にしようと思えば、それなりのリスクは伴います。

どんな人でも利益を多くだしたときは、分散投資ではなく、一点集中でした。答えは明白ですね。


巷であふれた「儲かった話」を分析する


では、実際2000万円の資産運用をして、どうやったら倍になるのでしょうか。
可能性がある事例としては以下のようなものが挙げられます。

① 買った株が2倍3倍に上がった

② FX で一方向に大きくはったらとてつもないトレンドが生じて一気にお金が増えた

③ 不動産を買ったら倍になって売れた

このようないわゆるお金が儲かった話、2倍になった、3倍になったという話は、1度や2度、巷で聞いたことあるでしょう。

結論から言えばこの3つのうち、現実的なのは一番最初の株となります。

不動産は、やはり倍になるという設定自体、今の時代なかなかありません。

また今回短期を3年としていますので、まず現実味がないです。
論理としては破綻しているということになります。


FX に関して言えば、可能性はなくないです。

しかし非常に博打の要素が強く、短期的に2000万円の資産運用を試みて増やすと言っても、ギャンブルをやるという事は違います。

あくまでも2000万円を正攻法の資産運用スキルによって、いかに短期間で倍にできるかということ考えているわけです。

まじめに言及するならば、FX の「トレンドを読み解く」という行為は非常に難しく、2000万円もの大金を、一点のポジションにさらし、都合のいいトレンドが出るのを祈るように待つという行為は、ギャンブル以外の何物でもありません。

繰り返しなりますが2000万円を短期で倍にしようとする行為=ギャンブルというレベルに貶めるような話をしたいわけではないのです。

賢明なあなたはもう気づいていると思いますが、歴史的に見ても短期間で一気に倍にするには株しかないのではないでしょうか。


毎年20%以上の運用益を出すファンドの実態


ここでは年間で20%を超える運用益を安定して出しているヘッジファンドについて紹介していきます。

例えば当サイト内の人気ファンドランキングNo1のM&Sですと年間2割~3割程度の運用益を十分に狙えます。

M&Sは、いわゆるプロ投資家を相手に株式で運用するFundということになります。富裕層の資産運用の委託先なのです。

もしあなたがM&S に2000万円の資産運用を任せれば、3年間以内に2000万円が4000万円以上に増えることも十分に期待できます。「資産運用で倍を狙う」といっても自分で資産運用に取り組まずにプロに任せるという手もあります。

「プロに任せてあとは寝て待つ」というプランを採用する際にポイントになるのは、ヘッジファンドの運用力の確認です。

このページですべてを解説することはできませんが、さわりをいうのであれば、 M&Sのようなファンドはアクティビストファンドと言われています。

彼らの手法がどれくらいの爆発力があるかということに対して、きっちりと理解しなければ、
ずっと不安なままになるでしょう。

このアクティビストファンドは割安で放置されている銘柄で、かつ時価総額よりも、保有資産が大きい企業を狙って大量に株式を購入します。

議決権を盾に、株主としての主張、たとえば増配や自社株買い、あるいは不採算事業の撤退などを該当企業に提案します。

その企業の価値が大きく高まるような提案をグイグイと押し進めるわけです。

また、もともと割安に放置されている株式ですから、マーケットが何らかのきっかけで反応してプライスが上昇するということも普通にありえます。

このあたりはウォーレンバフェットと同じバリュー投資でもあるわけです。

この二段構えのアプローチを取るのでアクティビストファンドは高い利回りを実現することができるのです。

3年以内に倍以上のリターンを本気で狙うのでしたら資産運用のプロに運用をゆだねるという選択肢は検討に値します。


資産運用は自分でやるべきかプロに任せるべきか


もちろん、テンバーガーなどという奇跡的な株を見つけて2000万円を投資すれば2億円になるなんていう夢の資産運用も株式にはあります。

そこをねらって、2000万円を可能性の感じる銘柄4つほどにしぼって分散投資することも、運用の選択の一つして悪くありません。

あなたが自分の株式投資哲学に100%の自信があれば、ご自身で運用しましょう。

運用中は、保有している銘柄の含み損を見てもなにも動じないという、それだけの投資戦略と投手哲学があればですが・・・・。

そのような意識を持てない、また仮に持っていたとしても、実績をすでに出してるプロに資産運用をまかせる方が確率は高いと感じるあなたは、2000万円の運用を、ファンドに預けてみると決めても決して悪くはないでしょう。

過去の成績から見れば、かなり着実な成果が期待できると言って過言ではありません。

そんなリターンはばかげている、ありえない、怪しい・・・・投資に不安はつきものです。 資産運用の成績が良すぎると逆に怖く感じる人もいるはずです。

不安になる気持ちは分かるのですが、1つ注目に値する事実があります。

金融業界に身を投じてきた優秀なファンドマネージャーが独立し、ファンドを組成し資産運用を始める時は運用益がとびぬけることが多いのです。

ヘッジファンドは100億以下の場合、世界のどこにも相手にされません。
しかし実際は、小回りが利き、決断も早く、競合も少ない。

結果的にイメージどおりの資産運用が可能になって、世界的にみれば極小ファンドが、年間リターンで100%出すことはよくあります。

ヘッジファンドが個人の投資家を募集している時期はだいたい期限つきで限定されています。

あなたの2000万円をどう資産運用するかは、あなたの決断にかかっています。

ファンドに資産を預けることに興味がある方は、M&Sをはじめとした各ファンドの運用手法や投資戦略について問い合わせてみてはいかがでしょうか。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング