HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

多種多様な運用方法の紹介


資産運用をこれから積極的にやっていきたいという人は、資産運用にはどのような運用方法があるのかを把握することが必要です。

資産運用の方法にはローリスクで安定的に運用する方法から、リスクをとってお金を増やすことに特化した方法まで様々ですが、今回は一般的な資産運用方法について紹介していきます。

目次



リスクのない資産運用方法


ほぼリスクがなく多くの人が利用しているのが、もっとも一般的な資産運用である銀行預金です。

銀行預金には普通預金、定期預金などがありますがこれらはほとんど利息がつきません。

特に現在は超低金利政策が実施されており、数百万円単位で預金をしても1年に数十円しか利息がつきません。

銀行預金は、一定額までは国によって元本が保証されているので、貯蓄にはうってつけの方法ですが、お金を投資して増やしていこうと考えている人には相性が悪い資産運用です。

銀行預金と同様に国債も非常に金利が低いかわりに国によって元本保証されているという点で、これらと同じくリスクのない運用方法となります。


ローリスクな資産運用


リスクはなるべく抑えたいが、少しでもお金を増やしたい、という人にはローリスクの資産運用方法が良いでしょう。

ローリスクな運用方法はリターンも少なくはなりますが、元本割れする可能性はかなり低いです。

例えば地方債や社債などの債券に投資する方法や、投資信託の中でもMRFやMMFと言われるものがローリスクな資産運用方法となります。

MRFとは短期ものの公社債に集中投資する投資信託であり、証券会社に入金すると自動的にこのMRFの購入にあてられています。公社債とは国債や地方自治体の発行する地方債、企業が発行する社債などのことです。

これらは他の投資対象と比較すると、リターンは少ないですがその分安全です。利息は普通預金よりも少しだけ高い程度ですが、自由に引き出しが出来るために、MRFは普通預金のような使い方ができます。

MRFと似ているMMFとは、短期ではなく中長期の公社債を投資対象とした投資信託です。期間が長い分MRFに比べてリスクは高い分やや利回りが高い運用方法になります。


ややリスクの高い資産運用方法


ローリスクタイプの資産運用よりも利回りが高い運用方法となると株式投資や外貨預金、転換社債、投資信託などがあります。

また、ある程度安定的に運用でき、高いリターンを得ることができる方法としてファンドで運用するという方法もあります


ベストな運用はファンド


ファンドの中でも特に有名なのは一部の富裕層が資産運用に利用しているヘッジファンドです。

つい最近まではヘッジファンドは富裕層の専売特許でしたが、最近では、そこまでの資産家でなくても利用できるファンドも登場しています。その中には数百万円から資産運用の利用ができるものもあります。

ファンドの多くは利益を出さなければ、運用しているファンド側も利益が出ないような仕組みになっています。そのプレッシャーから、ファンドは資産運用で利益を出すために真剣に運用に取り組んでくれます。

ファンドの運用は金融業界でノウハウを蓄積した専門家たちによって行なわれるので、自分で銘柄を選んで投資するよりも、多くの利益が期待できます。

ファンドは他の運用方法と比べると多くの報酬を支払わなければなりませんが、期待できる利回りを考えれば、報酬は多いとは言えません。

ファンドに資産運用を任せれば、自分で資産運用に取り組むよりも良い結果が期待できます。本気で資産運用で結果を出したいという人にはおすすめの資産運用の方法です。


タケシが推薦!おすすめファンドランキング