HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

貯蓄ばかりではお金の不安は解消されない


資産運用初心者にピッタリな運用方法を厳選紹介

  • 貯金がなかなか増えない
  • 毎日の生活がギリギリ
  • 老後を考える余裕がない

もしこの3つの中の1つにでもピーンとくるものがあれば、あなたは資産運用初心者にありがちなお悩みを抱えている可能性があります。

そもそもの話になりますがどうして資産運用が必要かといいますと現在の日本では普通にサラリーマンをしていたら常にお金の悩みを抱えることになるからです。 このことを理解して頂くためにも代表的な支出の増加イベントを年代別にまとめてみました。

20代の場合は、結婚を期に支出が増えます。30代の場合は、車のローンや子供の養育費。40代の場合は、子供の大学進学費の捻出。50代の場合は、各種の保険への加入・定年後の準備。60代で定年退職すると会社からの給料もなくなります。

このように年齢が上がるに連れて固定支出がどんどん増えていきます。それでは年収はどうかといいますとサラリーマンの年収は、年齢が上がっても大きくは増えることはありません。

日本のサラリーマンの大半は何年働いても十分な貯金ができないばかりか、年々生活が苦しくなることも十分考えられるのです。

この現実にうすうす気が付いている方の多くは、初心者であるという言い訳をせずに自分にできる範囲で資産運用に取り組もうとしています。もしかしたらあなたもそんな初心者の一人かもしれません。

このコンテンツでは、資産運用初心者がまず身に付けたい資産運用の世界の「基本のき」と資産運用初心者にぴったりな投資商品についてまとめております。

資産運用に関心がある投資初心者の方は目次を参考にご興味のある箇所だけでも目を通して頂けますと幸いです。

目次


「資産運用って何?」という方の疑問に答えます


資産運用初心者の中には、そもそも資産運用って何?という人もいると思います。

そこで、このコンテンツのはじめに資産運用の「概要」・「意義、目的」・「メリット及びデメリット」について紹介していきます。一つ一つ初心者の方にわかりやすく説明しているのでお付き合いください。

そもそも資産を運用することとは?


テレビのCMなどで資産運用って言葉は聞いたことがあると思います。

そんな皆様でも子供や友人に「資産運用って何?」と聞かれた時にはっきりと説明できる人はほとんどいないと思います。心配しなくて大丈夫です。

私も2年前までは、完全に資産運用の初心者で「資産運用って何?」と他人に聞かれて答えることはできませんでした。

資産運用というのは、自分の資産の総額を増やすために今持っている資産を運用することです。なんか、小難しい説明になっているので資産運用初心者の方がぱっと理解できるようにもっと簡単に説明します。

まず資産運用初心者の方は、「資産」って何なのかを理解しましょう。「資産」というのは、現金や不動産をはじめとした私達が持っているお金になる全ての持ち物を指します。

それでは資産運用とはどんなものかと言いますと、今ある資産を使って資産の総額を増やす行為全般のことを指すのです。資産の意味と資産運用が目指すゴールはなんとなく理解できたでしょうか。

実は、資産運用初心者の方も日々資産運用を行っています。ここで紹介する行為を一度くらいはしたことがあるはずです。

銀行に預金。宝くじの購入。ロット6の購入

これらの行為も一種の資産運用です。例えば銀行にお金を預けると僅かですが、利率がつきますし、宝くじやロト6を買えば、資産が増える事もありますよね。

こう考えてみると普通に日本で生活をしていれば、純粋な意味で資産運用の初心者はほとんどいないはずです。要するに今資産運用初心者だという人でも気づかないうちに資産運用に取り組んでいるのです。

目的は、夢や理想の実現


ここでは、資産運用の目的を初心者の方に向けて説明します。資産運用の目的は、自分の理想や望みを達成することです。

「お金があれば、こんなことやあんなことしたい」という思いがある方は、今現在は資産運用初心者であっても資産運用で成功する素質があります。

  • マイホームを建築したい
  • 老後は、ゆっくりとゴルフをしたい
  • 子供を東京の私立大学に通わせたい

このような望みを心の中に持っていないでしょうか。多くの人は、「お金があれば〇〇したい」という願望を持っています。お金で達成できる願望を持っていれば、資産運用に取り組む動機ができるので結果として良い結果が見込めるのです。

現に私たちが普通に抱く夢や理想はお金があればだいたい達成することができてしまいます。例えば・・・・

8,000万円あれば、キャッシュで家を買えます。5,000万円あれば、老後に毎日ゴルフができます。1,000万円あれば、子供を私立の大学に通わせられます。

ここで紹介した金額を普通に貯めるのは難しいはずです。ただし、資産運用に取り組んでコツコツと財産を増やしていけば、今現在資産運用初心者の方でも十分に手が届きます。

もちろんお金があれば、全ての目標や理想が叶うとはいいません。しかしながら、ある程度の夢や理想を叶えることができますし、資産運用に取り組んで夢を達成した投資初心者はたくさんいます。

彼等のようにお金を理由に諦めていた夢や理想の実現を目指すことが、資産運用の目的なのです。

メリットは、夢の実現・デメリットは、損失リスク


ここまで初心者の方に向けて「資産運用とは何か」と「資産運用の目的」を簡単に説明しました。そこでここからは、資産運用初心者の方に資産運用のメリットとデメリットを紹介します。まずは、両者をまとめてみましたので御覧ください。

メリット
将来の理想を実現するチャンスがある。資産を大きく増やすチャンスがある。効率的な副業ができる。将来のお金の不安を消せる

デメリット
資産を減らすリスクがある。借金をするリスクがある。給料の一部が使えなくなる。

メリットとデメリットの詳しい内容については、投資初心者でも簡単に分かるようにこれから説明していきます。

理想の実現とお金の不安の解消


資産運用は、お金の不安の解消と理想のライフプランの実現に大きく役に立ちます。もしあなたが会社から給料をもらっているサラリーマンの方でしたら何かしらのお金に対する不安を抱えているかもしれません。

例えば、「貯金がなかなか貯まらないこと」や「子供の養育費を十分に準備できない」なんてことはないでしょうか?

もしあなたがこういった不安を解消したくても普通にサラリーマンをやっていればその悩みを抱え続けることになります。ましてや「老後に○○をしたい」とか、「マイホームが欲しい」といった願望を達成するのは劇的に給与が増えない限り難しいと言わざるを得ません。

ただし資産運用に取り組んで自分で資産を増やすことに取り組めば、お金の不安が軽くなり、自分の夢を達成するための道が開かれます。それに資産運用はパチンコやギャンブルと違ってきちんと勉強すれば、今初心者の方でも高い確率で結果を残せるのです。

損失リスクは、原則不可避


資産運用は、持っている資産を運用するので当然損失リスクはあります。

「損失リスク」という言葉を聞くだけで深く考えずに嫌悪感を示す初心者の方もいるかもしれません。ただし「リスク」という言葉に過剰反応する資産運用初心者の方の中には、資産運用のリスクを正しく理解していない人もいるはずです。

そこでここでは、資産運用初心者の方に向けて資産運用に付きまとう損失リスクについて簡単に説明していきます。

まず資産運用初心者の方に知って頂きたいのは資産運用には損失リスクはありますが、投資額全てが無くなることは基本的にないということです。これを知ると資産運用に対する恐れが軽くならないでしょうか?

もちろんこのことを知っても資産運用に対する漠然として不安を抱える資産運用初心者の方もいるでしょう。

そういった方は、FXのような元金以上の取引ができる投資に手を出すのを控えると良いでしょう。元本以上の損失がでないので、初心者がついやってしまう痛い失敗をしてしまっても致命的な損失は発生することはありません。

最悪でも借金はあり得ないという保証があれば、どうしても資産運用のリスクが気になる投資初心者の方の不安も軽くなるはずです。

損失リスクを知る

初心者が資産運用をはじめるために準備すること


ここからは資産運用初心者の方を対象に資産運用のはじめ方について説明していきます。まず初めに資産運用初心者の方に知って頂きたいのは、資産運用をはじめるためにやらなくてはいけないことはたったの2つであるということです。

最低限の元手を用意。証券会社で口座を開設する。

この2つをやるだけで今資産運用初心者の方でもすぐにでも資産運用をはじめることができます。

そこで「元手の準備」と「口座の開設」の詳しい内容を資産運用初心者の方に向けて紹介していきます。

元手というのは、資産運用をはじめるための準備金のことです。

準備金と聞くと「貯金なんてないよ・・・」と思う資産運用初心者の方もいるかもしれませんが、ご安心ください。資産運用は1万円程度の少額からはじめることができます。

例えば資産運用初心者に人気がある日本の国債は1万円から購入できます。このように元手のハードルはかなり低いので、定期的な収入があれば貯金が少ない資産運用初心者の方でも簡単に初期資金を用意できるはずです。

ここまで資産運用の初期資金について投資初心者の方を対象に説明してきました。ここまでの内容が分かれば、初心者が押さえておきたい初期資金周りの知識は十分です。

そこでここからは、証券会社で口座を開設する際の流れについて資産運用初心者の方を対象に説明していきます。

まず初心者の方に知っておいて欲しいのが、証券口座を開設するにはお金がかからないということです。

証券口座の開設は、ネット証券でも大和証券のような店頭型の証券会社のどちらでもできます。店頭型もネット型もWEB経由で口座開設を行えますので、資産運用に関心がある初心者の方はまずは気になる証券会社のホームページを見てみましょう。

あくまで個人的な意見ですが、資産運用に取り組むのならば投資初心者であっても店頭タイプの証券会社よりもネットタイプの証券会社を使うのが良いでしょう。

どうしてネットタイプの証券会社が良いかと言いますと店頭タイプの証券会社と比較数と取引時の手数料が格段に低く設定されているかです。

もちろん資産運用初心者の方の中には店頭型証券会社の手厚いサポートに魅力を覚える方もいるかもしれません。そういった初心者の方には店頭型の方が相性がよいこともあるので、店頭型とネット型のどっちがよいかは各投資初心者の趣向によるところが大きいです。

ちなみに証券会社の口座は、「一般口座」・「源泉徴収ありの特定口座」・「源泉徴収なしの特定口座」の3種類があります。

個人的には資産運用初心者の方は、「源泉徴収ありの特定口座」の開設が望ましいです。この口座は証券会社が源泉徴収をしてくれるので、資産運用初心者がやると時間がかかりがちな税金関係の手続きの手間が最小限に収まります。

一般口座・源泉徴収ありの特定口座・源泉徴収なしの特定口座。初心者は源泉徴収ありの特定口座がおすすめ

いかがでしょうか。ここまで資産運用初心者の方に資産運用のはじめ方について紹介しました。最低限の元手を準備して証券口座の開設を行えば、今現在資産運用初心者の方であってもすぐに資産運用をはじめることができます。


口座開設がおすすめの証券会社の紹介


色々な証券会社の中で初心者が口座を開設するのにおすすめの証券会社を紹介します。まず、資産運用初心者の方が証券会社を選ぶ際におすすめの3つの基準を紹介します。

1:手数料の安さ。2:取り扱い商品の種類。3:得意な金融商品のジャンル

手数料というのは、金融商品を売買するときに必要になる仲介手数料です。当然安ければ、安い方がよいです。また各証券会社が取り扱っている金融商品の数はバラバラですし、各社それぞれで得意な金融商品と苦手な金融商品があります。

そのため、ご自身の興味がある金融商品に強い証券会社で口座を開設するのが望ましいです。ちなみに資産運用初心者の方は、投資初心者に人気がある投資信託という金融商品に強い証券会社を探してみるのが良いでしょう。

ここからは、資産運用初心者の方におすすめの4つの証券会社を紹介します。

マネックス証券。SBI証券。カブドットコム証券。SMBC日興証券

ここで紹介した4つの証券会社は、手数料も安く取り扱っている商品も多いです。この4つの中でもとりわけマネックス証券とSBI証券が資産運用初心者の方には良いでしょう。

マネックス証券は、手数料が業界最低水準であることに加えて資産運用に関するメルマガやオンラインセミナーが充実しています。そのため、市場の動きや投資に関する基礎的な知識が少ない初心者の方には非常に使い勝手が良いでしょう。

SBI証券は、ネット証券会社の中で取り扱っている投資信託の本数が最も多いです。そのため、資産運用初心者と相性が抜群の投資信託に強みがあるので初心者に最適な証券会社といえます。


3種類の初心者と相性の良い投資商品


ここでは、どんな種類の資産運用があるかを紹介し、初心者の方と相性の良い3種類の投資商品を特集します。まずは、代表的な8種類の資産運用方法をリスク別に分けた上で紹介していきます。

8種類の代表的な運用手段


8種類の代用的な資産運用方法をローリスク・ミドルリスク・ハイリスクの3つに分けてまとめてみました。一緒に一つ一つ見ていきましょう。

ローリスク・ローリターン系。預金。国債。外貨預金

預金というのは、銀行にお金を預けることです。おそらくこれは資産運用初心者の方でもやっているのではないでしょうか?銀行にお金を預ければ本当にわずかですが、資産総額が増えるので銀行預金も立派な資産運用です。

国債というのは、日本の国債を購入することで毎年もらえる金利で利益を上げる方法です。銀行の窓口でも買えますし、国債は安全性が高い金融資産なので資産運用初心者の方に人気があります。

外貨預金というのは、円をドルやユーロに変えて預金することです。通常の預金と違って外貨交換後の為替レートの値動きで利益が狙えますし、外貨の年利は日本円の年利よりも高いので銀行に寝かせても普通預金よりは利息がもらえます。

ここで紹介した3つの資産運用は、損失リスクが限定的なので資産運用の経験がない初心者の方に人気があります。

ミドルリスク・ミドルリターン系。投資信託。株式投資。不動産投資

投資信託というは、証券会社が運用する投資信託を買い、投資信託の基準価格の変動によって損益が発生する金融商品です。初期投資額が少なくて済みますし、銀行の窓口でも購入できるので資産運用初心者でも買いやすい金融商品と言えます。

株式投資は、企業が発行している株を購入して株価の変動で利益を狙うタイプの資産運用です。日本国内で最も人気がある金融商品ですので、あなたの周りにもやっている人がいるかもしれません。

こちらも投資信託と同様に比較的少額が取り組むことができるので資産運用初心者の方にも人気があります。

不動産投資は、不動産を購入して購入した物件の転売や家賃収入で稼ぐタイプの投資です。家賃収入という安定した固定収入が手に入りますし、最悪自分が住むという選択もできるのでサラリーマンに人気がある資産運用の1つです。

ハイリスク・ハイリターン系。先物取り引き。FX取引

先物取引は、穀物や石油などの将来の価格を予想し、その時のレートと予想時のレートの差額で損益が発生するタイプの投資です。少しギャンブル性があり、自分の将来価値の予測が当たれば利益が出ますし、仮に外れれば損失が発生します。

FXは、外国通貨の値上がり、値下がりの結果によって損益が発生するタイプの投資です。為替変動で利益を出すことになりますので、通貨が割安な時に買って割高になった時に売るということを繰り返すことになります。

先物取引とFX取引は、レバレッジ機能が使えるので元金をはるかに上回る規模の取引を行えます。初心者の間はこのレバレッジ機能を使うのは最小限にとどめるのが賢明ですが、短期で大きなリターンを狙いたい人には都合のよい資産運用と言えます。

ここまで投資初心者から投資上級者にまで人気のある8種類の資産運用の概要を投資初心者の方を対象に紹介してきました。ここで紹介した8種類の中でも資産運用初心者の方と相性が良いのは、国債・投資信託・株式投資の3つです。

それぞれの詳しい説明につきましてはこれから紹介していきます。

損失リスクが怖い人に最適な日本国債


資産運用初心者の中には、元本保証を求める方もいると思います。元本保証を求める方には、日本国債の購入が良いでしょう。

日本国債は、銀行の預金よりも利率が高いことに加えて元本が保証されます。ここでは、国債の金利を紹介します。

国債の銘柄 利率
固定3年 0.05%
固定5年 0.05%
変動10年 0.28%

利率自体は、高くはないですが0.02%という銀行に預けた際の金利と比較すると旨味があります。また、国債は預金と違ってすぐに現金化できないので、貯蓄という目的で資産運用をはじめようとしている投資初心者の方にも人気があります。

元本が保証されていることに加えて銀行よりも利率が高いので多くの資産運用初心者の方に人気があります。資産運用で資産を減らしたくないという投資初心者の方とは相性が抜群です。

少額からはじめられる投資信託


投資信託のポイントを資産運用初心者でも分かるように説明しますと、資産運用会社が運用する投資信託(ファンド)にお金を投資し、その投資信託の値動きで利益を狙う投資商品です。

投資信託の運用を担当する資産運用会社は、投資家から預かったお金を不動産や債券といった様々なタイプの投資商品に分散投資します。

この分散投資による運用の結果、資産を増やすことができれば利益が発生します。他方で運用の結果、資産が減ってしまうと損失が発生します。このため、基本的に元本が保証されることはありません。

投資信託は元本が保証されないにも関わらず資産運用初心者に人気があります。どうして投資信託は資産運用初心者に人気があるかと言いますとこれから紹介する3つの特徴があるからです。

1:少額からはじめることができる。2:全額を損失することは稀。3:大きく稼ぐことができる

1つ目の少額からはじめられることに関しては、積み立て型の投資信託ならば毎月1,000円からはじめることができます。この資金面のハードルの低さは、はじめての資産運用に取り組む初心者の方には非常に評判が良いです。

2つ目の全額損失のリスクに関しては、運用会社は、分散投資をするので元金全てがなくなることは基本的にありません。つまり、大きく資産が減ることはほとんど起きないので、損失リスクが小さく収まります。

この点は資産運用のリスクを避けたがる資産運用初心者の方にとても都合が良いかと思います。

3つ目の大きく稼ぐことに関しては、銀行預金や国債の利率と比較すると格段に利率が良いのです。一般的に投資信託の年間利回りは3%と言われており、この利益率は10年国債の約10倍です。損失リスクが低い金融商品の中では利益率が高い部類に入ります。

ここで紹介した3つの特徴があるので投資信託は、資産運用初心者と非常に相性が良いのです。資産運用をはじめたばかり、またはこれからはじめようとしている初心者の方は投資信託の利用を考えてみると良いでしょう。

3つの旨味がある株式投資


株式投資は、資産運用の初心者にはリスクが比較的高い種類の投資商品です。

それではどうして初心者におすすめの投資商品として紹介するかと言いますと株式投資には3つのうま味があるからです。3つの旨味につきましてはこれから1つ1つ資産運用初心者の方に向けて説明していきます。

1:大きく稼ぐチャンスがある。2:株主優待サービスを受けられる。3:定期的に配当がもらえる

株式投資は株の売買を通して利益が発生するので、株価が大きく上がれば、それだけ多くの利益が発生します。つまり銀行に預金することや国債を購入することと比較すると大きく資産の総額を増やすことができるのです。

また会社の株式を保有すれば会社から特典が毎年もらえます。例えば、ある航空会社は株主には通常よりも安い金額で航空券を販売していますし、ある飲食店は毎年サービス券を株主に配ります。

この特典は投資初心者であろうと上級者であろうともらえます。資産運用初心者の中には株主優待特典狙いで株式投資を始める人もいるくらいです。

さらに資産運用初心者に嬉しいのは、株式を持っているだけで毎年会社からお金が貰えるのです。どうしてお金がもらえるかと言いますと株式会社は、利益を出すと配当金という形で利益の一部を株主に還元しなくてはいけないからです。

ここまで紹介してきましたように株は持っているだけで配当や優待券を手に入るので、資産運用初心者の方には運用益以外の恩恵もあるのです。

ただし、株式投資は投資初心者に良い事ばかりではなく、株価が下がればダイレクトに損失が発生します。そのため、投資初心者の方は、株の売買に取り組む前に株式投資のリスクについてはよくよく理解した方が良いでしょう。


投資初心者におすすめの3種類の資産運用方法


ここでは投資初心者の方におすすめしたい3種類の賢い資産の運用方法を紹介します。まず投資初心者と相性が良い3種類の資産運用方法を一覧にしてみましたのでご覧ください。

1:逆算型投資。2:積立型投資。3:分散投資

1~3の詳しい内容につきましては、資産運用初心者の方を対象にこれから1つずつ説明していきます。

ゴールから逆算する逆算型投資


実際に資産運用に取り組む前に資産運用の目的と目標金額を明確にします。ほとんどの初心者の方は、目的や目標金額を持たずに資産運用をスタートします。

目的と目標を決めずに資産運用をはじめた投資初心者の8割以上が、最終的に損失を計上しています。逆に言うと資産運用で成功している2割の投資初心者はきちんと目標を立てているのです。

2割の投資初心者になるためのポイントは、「成功の定義」をきちんと定めた上で資産運用に取り組むことです。ちなみに資産運用の世界における成功というのは、目標金額と達成期限を決めて、それを達成する事です。

例えば、35歳のサラリーマンが定年後に毎日ゴルフをするためのお金を貯める事を目的に資産運用をスタートしたとします。その場合、65才までにいくら必要なのか。どの程度の元手金額から投資を始めるのかによって運用方法が変わります。

35歳が毎日ゴルフをするためには65歳までにいくら必要?

65歳までに貯める金額を3,000万円と定義し、手元の資金を500万円とします。このケースですと、30年間で2500万円増やす必要がありますよね。30年間で2,500万円と言いますと、年間83万円以上の利益が見込める運用手段を選ぶ必要があります。

このように短期的な資産運用の成果にとらわれるのではなく、ゴールから逆算して考えれば自ずとやることが明確になります。

この逆算思考は、投資のプロの考え方ですが初心者でも知っていれば簡単にできます。逆算さえできれば資産運用初心者であっても筋の良い運用計画を立てられますので、投資では常に逆算を心がけるのが良いでしょう。

少額から無理せずはじめられる積立型投資


この積立型の投資は、毎月の給料の一部を投資にあてて無理せずに資産運用に取り組めるので投資初心者に人気があります。

そもそもの話ですが、資産運用は競馬やカジノのようなギャンブルと違い、今すぐ結果を出せるものではありません。

そのため、初心者の方は自分の私生活を崩さない範囲でコツコツと継続することがポイントになります。特に積み立て型の投資なら毎月数千円から資産運用に取り組めるので資産運用初心者の方でも無理せずに継続することができるのです。

特に投資初心者に人気の積み立て型の投資信託ですと毎月の積立額を1,000円以下に設定することさえできるのです。1,000円以下から始められるので、元手が無い方や最初は小さく資産運用に取り組みたいという初心者の方には使い勝手が非常に良いのです。

勉強でも仕事でも継続が大切なように資産運用も続けることが大切です。積立型の投資を利用すれば、無理しないペースで資産運用に取り組めますので投資初心者の方は利用してみてはいかがでしょうか。

損失リスクを下げられる分散投資


リスクが怖い投資初心者におすすめの資産運用手法は、運用対象を複数にする「分散投資」です。分散投資は、プロがやる運用方法ですが、原理さえわかれば初心者でも利用することができます。

初心者が分散投資を行うメリットは、元金全額がなくなることを予防できることです。例えば、500万円を一つの会社の株で運用していた場合は、その会社が潰れると全額なくなります。

他方で500万円を5社の会社に100万円ずつ投資すれば、1社が潰れても全額がなくなるわけではありません。初心者の時こそ、一点張りをするのではなく分散投資をするのが良いでしょう。

1社だけでの投資ではそれがだめになったらすべて終わり分散投資ならリスク回避に

ちなみに運用のプロと初心者の大きな違いの一つに分散投資の質の違いがあります。初心者のうちはプロのように完璧な分散投資を考えることは難しいと思いますが、分散投資自体は投資初心者でも実践できるはずです。

100万円を初心者が効果的に増やす方法


いくらの元手で資産運用をはじめるかは悩みどころですが、初心者に人気の初期資金額の1つに100万円があります。

そこでここからは資産運用初心者におすすめしたい100万円の運用方法を紹介していきます。ちなみに今回紹介する内容は500万円の元手からから資産運用をはじめる初心者の方にも10万円の元手で資産運用をはじめる初心者の方にも参考になるはずです。

まずは、100万円の資金を何年でいくらに増やしたいのかのゴールを決めましょう。このゴール設定の時点で資産運用の勝敗の9割が決まってしまいますので、初心者であろうとゴール設定には力を入れたいものです。

そして、ゴールが決まりましたら毎年何%の利回りが必要になるか計算しましょう。この計算結果によって最適な資産運用方法が決まります。

毎年の運用目標が決まれば、その目標が達成できる投資商品を探すのが王道ですが、初心者が計画通りの運用を行える確率は高くありません。そのため、資産運用初心者の間は、自分で投資に取り組むのを諦めるのが実は目標達成に繋がる一番の近道なのです。

それではどうすれば良いかと言いますと、ご自身の運用目標を達成してくれそうな運用会社を見つけてそこにお金を預けるのです。

そもそも運用会社って何かといいますと、個人投資家の資産運用を本人の代わりに請け負ってくれるプロの業者です。運用会社に資産運用を任せれば、年間で10%を超える利回りが出ることだってあるのです。

しかも資産運用を任せるので初心者であるあなたが資産運用に取り組む必要はありません。

ただし各運用会社の運用能力はバラバラなので過去5年程度の運用実績を調べた上でその会社の運用能力を調べたいですね。

いずれにせよ、運用会社を使えば資産運用の初心者であっても自分が目標とする年間の利回りを達成できる可能性が十分にあるのです。

ただし、運用会社は10%~20%といった現実的な高利回りを求めるので、短期で資産を大きく増やしたい初心者の方には向いていないかもしれません。

もし借金の返済などのために短期間で元手を大きく増やす必要があるときは、利益率が高い上に初心者でも比較的簡単に取り組めるFXが良いでしょう。

FXにはレバレッジという機能があり、この機能を使えば投資経験がない初心者であっても元手を短期間で大きく増やすことができます。もちろんレバレッジにはリスクもあるので初心者が使うのでしたら、ある程度の損失リスクを覚悟する必要はあります。

逆にその覚悟さえあれば、投資経験が全くない資産運用初心者の方であっても短期でお金を大きく増やすチャンスが手に入ります。

いずれにせよ資産運用初心者が100万円を増やすのでしたら、最初に「いつまでに100万円をいくら増やす」というゴールを明確にするのが良いでしょう。

ゴールさえ明確になれば、初心者のあなたの代わりに資産運用を担当してくれる業者を探すことや、適切な投資商品を見つけることができます。


本をはじめとした資産運用の勉強ツールの紹介


資産運用初心者の方の中には、初心者に効果的な資産運用の勉強方法や初心者向けのおすすめの書籍をお探しの方もいると思います。

そこでここからは、資産運用初心者の方におすすめの資産運用関連の書籍とその他の勉強ツールについて紹介します。まずは、資産運用初心者だからこそ読んでおきたい3冊の名書について一緒に見ていきましょう。

「臆病者のための億万長者入門」「超簡単 お金の運用術」「金持ち父さん・貧乏父さん」

1冊目の「臆病者のための億万長者入門」は、お金の増やし方に関する基本的な考え方をわかりやすく紹介しています。とりわけこれまでの人生でお金について深く考える機会がなかった投資初心者の方には非常におすすめの書籍です。

2冊目の「超簡単 お金の運用術」は、色々な種類の投資についてまとめています。ほとんどの資産運用初心者は、投資に関する知識がありません。この本を読めば現時点では資産運用初心者の方であっても短期集中で投資に関する基礎的な知識を吸収することができます。

3冊目の「金持ち父さん・貧乏父さん」という本は、全世界でベストセラーになった有名な書籍です。個人的には資産運用初心者の方には、下手な投資関連のテクニックを紹介している書籍の何倍も役に立つ本だと思います。

本文自体は中学生でも読めるような簡単なストーリーになっていますが、投資や資産運用に関する本質が学べます。マネーリテラシーが最も効率よく身に付く書籍ですので資産運用初心者の間に読んでおくと良いでしょう。

ここまで資産運用初心者に役に立つ3冊の書籍を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。もし気になる書籍がありましたらアマゾンや本屋で買ってみてもよいでしょう。

その上での話ですが、資産運用で結果を出すためには、実戦経験を重ねる必要があります。そのため、初心者であろうとある程度勉強をしたらすぐに自分のお金で投資に取り組んだ方が良いかと思います。

ただしいきなり自分のお金を使って投資をはじめることにためらいを感じる資産運用初心者の方もいるでしょう。そういった初心者の方は、本よりも実戦に近いトレーニングを積める資産運用関連のゲームを始めてみてはいかがでしょうか。

スマートフォンのアプリストアーや任天堂が出しているゲームソフトを調べれば資産運用や株式投資に関するゲームがたくさん見つかるはずです。ゲームとは言え、資産運用の流れが学べるので、資産運用初心者の方には多くの気づきがあるはずです。

ちなみに筆者のイチオシは、ニンテンドーDSの「SBIグループ監修 はじめよう!資産運用DS」というゲームです。

このゲームは、リアルに限りなく近い資産運用をゲーム上で行うことができます。しかもゲームのストーリーが、資産運用初心者が資産運用をはじめてみるというものなので、資産運用初心者の方なら「自分事」としてゲームに取り組めるはず。


ブログ記事との効果的な関わり方


資産運用関連のブログは、インターネット上にたくさんあります。ブログの中には有益な情報もありますが、信憑性のない情報も数多くあるので注意が必要です。

特に資産運用初心者の間は、「〇〇をすれば儲かる・〇〇株が上がる」関連の情報には注意をした方がよいでしょう。

まず大前提として覚えておきたいのは、本当に儲かる話は、ネット上に無料で配信されることはほとんどないということです。

この前提があった上で資産運用初心者におすすめしたいブログは、証券会社が公式に配信しているブログです。

どうして証券会社の公式ブログが資産運用初心者に役に立つかと言いますと他のブログと比較すると信憑性が低い情報が少ないからです。

しかも証券会社の公式のブログは、投資のプロが資産運用のコツやマーケットの状況を解説してくれます。投資のプロが提供してくれる情報は、資産運用初心者の方には大いに参考になるはずです。

もちろん公式ブログ以外のブログにも目を通すのも悪くありませんが、初心者の間は情報の取捨選択ができないことが多いので情報を鵜呑みにしないように気を付けましょう。

「信じすぎず、活用する」というスタンスが資産運用初心者にとって最適なブログとの距離感かと思います。


セミナーの選び方とおすすめの利用方法


初心者を対象にしているセミナーは、たくさんあります。ただし一部のセミナーの中には、自社サービスへの加入を強要するものや信憑性のない情報を提供するセミナーもあるので注意が必要です。

特に気を付けたいのは、質の低い講師から誤った情報を教えられ、それを信じ込んでしまうことです。

このことを考えると「何が正しくて何が間違っているのか」がわからない初心者の方が安易に資産運用セミナーに参加するのはマイナスに働くことがあります。

このことから資産運用初心者の方がセミナーに足を運ぶのでしたらこれから紹介する3つのポイントを意識するのが良いでしょう

1:セミナーの内容を信じ過ぎない。2:参加する目的を決める。3:初心者を対象としたものに参加する

この3つさえ頭に入れておけば、セミナーに参加する時間は有意義になるはずです。ちなみに色々な初心者向けセミナーの中で本当に役に立つ情報を提供しているのはこれから紹介する2つの団体のセミナーです。

SBIマネープラザ。ファイナンシャルアカデミー

ここで紹介した2つの団体は、初心者向けのセミナーを数多く開催しています。ご自身が学びたい項目と合致した初心者向けセミナーがあれば、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。


投資初心者におすすめしたい資産運用の必勝法


このコンテンツでは投資初心者の方が資産運用に取り組む際に心がけておきたいポイントについてまとめてきました。ここまでの内容が分かれば、投資初心者がまず身に付けておきたい資産運用の基礎的な知識を理解したことになります。

もちろん資産運用の世界は知識量が結果に結びつくわけではないので十分な運用結果を出すためには相応の投資経験が必要になります。

「石の上にも3年」という言葉があるように資産運用で結果を出すためには3年程度の投資経験と継続的な勉強が必要になると考えた方が良いでしょう。

3年と聞くと少し身構える資産運用初心者の方もいるかと思いますが、ご安心ください。この3年というのはあくまで一般的な投資商品で資産運用に取り組んだケースの話です。

やり方次第では下積みを積まずに資産運用で投資のプロ並みの運用結果を出すことができるのです。そのやり方というのは、資産運用を自分でやるのではなくて専門家に任せてしまうことです。

日本国内には個人の資産運用を代行してくれる運用会社がいくつもあります。運用会社に資産運用を任せてしまえば、たとえ資産運用の経験がゼロの初心者であっても投資のプロ並みの運用益を狙えます。

日本国内には色々なタイプの運用会社がありますが、筆者のイチオシはヘッジファンドと呼ばれている独立系資産運用会社です。

ヘッジファンドに資産運用を任せれば、4年以内に預けたお金が倍に増えるなんてことも珍しくありません

4年で初期資金を2倍に増やすという芸当は資産運用初心者には難しいですし、投資のプロでも簡単な話ではありません。プロ顔負けの運用成績を毎年高確率で出してくれるのがヘッジファンドという独立系資産運用会社の持ち味です。

当サイトでは国内で人気のあるヘッジファンドを厳選して紹介しております。地道な下積みを積まずに資産運用で結果を出したい投資初心者の方でしたら利用を検討する価値はあるはずです。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング