HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

資金運用に着手する際の3つの手順


資金を運用するには順序があります。
ここでは、資金運用を3つにわけて説明をしていきます。


ステップ1 目的に応じて資金をわけて運用する


これから投資をはじめるというあなたがまずすべきなのは、持っている資金を目的別に分けることです。

いつでも使える、生活費などのための「流動性資金」、これからの人生で発生するライフイベントに備えた「安定性資金」、そして投資して増やしていくための「収益性資金」です。

自分の持っている資金をこの三つに分類してみて、収益性資金にどれだけ割り当てることができるのかを明らかにした上で、具体的な投資の方法へと入っていきます。

流動性資金,安定性資金,収益性資金

ステップ2 投資対象の選択


収益性資金にどれだけあてることができるかが分かったら、次は資金運用する上での投資対象を選択するステップです。

投資対象とは「株式」「債券」「不動産」「投資信託」「ファンド」などのことですが、初心者におすすめなのは「投資信託」です。理由は少額からできるからです。

資金運用、最初は不安に感じる方もいるかとおもいますので少額からをおすすめします。


投資信託といっても、その中には様々な種類があります。


まず投資信託には「公社債投資信託」と「株式投資信託」などの種類があります。

公社債投資信託とは、国債、地方債、社債などの債券にのみ投資する投資信託で、リターンは少なくても安定的に運用することができます。しかし投資する以上、もう少しリターンがほしいという人も多いでしょう。

そんな人は国内株、国際株、公社債などに分散して投資する株式投資信託を選ぶといいでしょう。

また投資信託は、投資期間が長いほど安定的に運用できると言われています。なぜなら、相場の動きは短期的には大きく変化することがありますが、長期的には変動リスクを小さくすることができるからです。また短期での購入・換金を繰り返すと、それだけ手数料がかさんでしまいます。

長期で資金運用するのは、この点からもメリットがあります。

投資信託には分散投資、専門家による運用という特徴がありますが、この投資信託よりも大きなリターンが見込めるのがファンドの利用です。


ファンドは最初の投資金が数百万から


ファンドはある程度まとまった資産を持っている人向けですが、ファンドを利用する投資家の増加によって、従来のハイリスク・ハイリターンからミドルリスク・ミドルリターンへと変化してきています。

投資信託の場合は、少額から始められる代わりに、一年あたりの利回りは数%から高くても十数%程度です。

しかしファンドにお金を預ければ、一年あたりの利回りは数十%から倍以上にものぼることがあります。これがファンドが人気を拡大してるポイントです。


一般的にファンドはリスクが高いイメージで、特に投資初心者からは敬遠されがちですが、それはたんに情報不足です。

ファンドは投資信託が投資対象としているような株式、債券など以外にも、デリバティブや未公開株、不動産、コモディティ(商品)など様々な対象に投資します。

つまり投資信託よりさらに多様な対象に投資するため、それだけ運用者には専門知識や経験が必要にはなりますが、その分リスクヘッジになりより安全に運用できるのです。

また運用の自由度が高いため、投資信託よりもさらに多くの戦略を用いて運用することができます。これらの特徴から、ある程度まとまったお金を資金運用したいと考えている個人投資家には、ファンドがおすすめです。


ステップ3 実際に購入しよう


ここまで進んだら、実際にファンドを購入してみましょう。

購入するには、まず証券会社や銀行などの金融機関にて口座を解説する必要があります。販売する会社によっては、電話・インターネットから申し込むことができるところもあります。

申し込んだら、次にファンドに預ける資金を支払い、入金確認されたら「取引報告書」が送られてきます。これで購入完了です。

あとは定期的に送られてくる取引報告書や運用報告書に目を通して、実際に運用していくことになります。投資において、本やインターネットで得られる知識は限られています。まずは実際にファンドに預けてみてはいかがでしょう。

実際の資金運用で効率を目指すなら、個別のファンド=資産運用会社と契約することをおすすめします。

しょうか。


タケシが推薦!おすすめファンドランキング