HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

ローリスクで500万円を運用する際のコツとは?


ローリスクな資産運用で数百万クラスのお金を運用するにしてもどれくらいの利回りを資産運用で期待するかによって考え方は変わってきます。

ここからは500万円の貯金をもつあなたがローリスクな資産運用を考えていると仮定した上で話をすすめていきます。
500万円運用

人によって適切な資産運用のスタンスは変わる


投資にはいろんなやり方がありますので、500万円をローリスクで資産運用をしようとしても、「この投資手法が決定的だ」と断言することはできません。どのようなやり方が向いているのかは、人によってまちまちだからです。


そもそもの話になりますが、育ってきた環境や今の状況や年齢に応じてリスクに対する考え方も変わります。それにどのようなタイプの資産運用が良いかは個々人の性格によっても変わります。

ですから、最終的には自分自身でどんな資産運用が自分の500万円の運用に合っているかを判断する必要があります。

それに自分にぴったりな資産運用が見つかるまでにはある程度時間がかかるものだという考えた方が良いでしょう。



安易なアプローチは資産運用で失敗する


逆にこれだけは良くないという考え方としては、大きく儲けたいとか、楽して稼ぎたいという発想からやり方を決めてしまうことです。

いくら500万円をローリスクに資産運用しようにも、あなたの資産運用にかける時間と情熱によって選べる選択肢が変わります。



基本的な投資スタンスは割安株投資での長期運用


どの資産運用が良いかは一概には言えませんが、500万円のローリスク運用における有効な選択肢の1つとして日本株式への投資があります。

日本株でしたら500万円をローリスクで運用することができます。

それに割安に放置されている銘柄を見つけ出し、長期的な時間をかけて投資するスタンスであれば、ある程度のリターンが見込めます。


もちろん成長株に投資をするにせよ、それ以外の戦略であなたの500万円をローリスクに運用するとしても資産運用の成功には勉強が欠かせません。

ここまでやればいいということがなく熱意や目標に応じて常に勉強をすることが求められます。

もしあなたがローリスクなスタンスで500万円を資産運用するのでしたら運用前に「どれくらいの時間を資産運用に費やす事ができるのか」、「どの程度の熱を持って資産運用に臨むことができるのか」について自問自答する必要があります。


3つの選択肢の中から考える


多くの人が成功しやすいローリスクな資産運用法としては、成長銘柄や割安銘柄への時間をかけたバリュー投資だということは既にお伝えしました。

もちろん「なるほどそうですか」ということで行動に移せるほど人は単純ではありません。

バリュー投資の長期運用という正解を知りながらも、すぐ行動に移せない方にはこれから紹介する3種類の選択肢があります。

①自分にはローリスクで資産運用を学ぶということ自体が向かないと判断をし、リターンの目標値を著しく下げ長期的にみていく②信頼できる資産運用プロフェッショナルを見つけて運用を委託する③3年後から本気で取り組もうと考え徹底的に勉強する

①の長期型の投資に関して言えばいわゆるバリュー投資ではありません。
配当利回りを基準とした銘柄選びや、決算前後のイベントだけに集中して株式を購入するといった赤字から黒字へ転換する銘柄を狙い撃ちすることなります。

要するに確実に勝てるチャンスがくるまでじっと待ち、そこまでは資産運用をしない、というローリスクなやり方を徹底します。

または500万円で国債を買うなり債券を買うなりして、ローリスクの部分を完全に担保したスタンスで500万円の資産運用に取り組むのもよいでしょう。


②のプロに任せる場合は、端的にいえば500万円を運用のプロである資産運用会社に投資をすることです。

このサイトにも年間で3割以上のリターンを毎年出し続けている実績のあるヘッジファンドを紹介していますが、とにかくその道のプロに任せるやり方です。

そのためにも資産運用の勉強をするのではなくあなたの500万円を安全に預けられる資産運用会社(ファンド)を探すことになります。


③の自力での学習は一番過酷です。合理的に株価を分析し、周りの人と違う予測を立てても動じないぐらいの強い信念と確信が持てるほど専門的な勉強をして勝負するというやり方です。

しかも長期投資においては自分が考える将来価値との間にギャップがあると思えば強気のスタンスで市場と向き合うことになります。

つまり500万円全額を投資し終えたとしても、新たな資金を用意して買い増しをするといった攻めのスタンスが時に求められるのです。このやり方をするには相当な勉強が必要になります。


継続をすることの大事さ


1の長期型、2の委託型、3の自力での学習型のうち、あなたにはどのローリスクパターンがあいますか?

どのローリスクパターンを選ぶにせよ資産運用で失敗する人には共通点があります。
それは、簡単な気持ちでやってみて、少しマイナスになったら心が折れて自分には向いていないとやめてしまうことです。

確かに大事な500万円が1万円でもマイナスになるのは嫌なものです。
ですが「ローマは一日にして成らず」という言葉があるように、資産運用で結果を出すためには粘り強く継続する必要があります。

まさに「継続は力なり」という言葉通りです。

継続することが過酷と考える人は、本当に信頼できる利害関係のない人からよい資産運用会社(ファンド)を紹介してもらった方が結果的に満足のいく結果になるはずです。

自分の適性を冷静に判断して、ローリスクな資産運用法を確立させましょう。ちなみに管理人は自力での学習と長期志向型のアプローチは向いていないと判断してファンドに500万円の資産運用を任せました。



タケシが推薦!おすすめファンドランキング